2017/07/24

白鵬の致命的問題点は、立ち合い時の「フェイク」にあり!


「白鵬・日馬富士戦」が教える「白鵬の致命的問題点」

 〝張り差し横綱〟白鵬は、名古屋場所の優勝のかかった千秋楽結びの一番の対戦相手日馬富士に対しては、なぜか、〝伝家の宝刀〟張り差しに行かず、片手をちょいと顔の前に突き出しただけだった。
 この手口は、他の競技でいうと「フェイント」である。

 私がこの言葉を初めて知ったのは、中学生の体育の授業でバスケットをしたときだった。
 Wikipediaの「フェイント」の冒頭を引用しよう。

 フェイント (feint) は、球技・格闘技などで相手を惑わせるためにする動作である。
 フェイク (fake) とほぼ同義であり、『特定動作をするふりをする』と一般的には解釈されている。

 そう、アメリカの記録的低支持率大統領がよく口にする、今はやりの「フェイクニュース」の、あの「フェイク」と同義語なのである。

 つまり、「正々堂々」と対極にある動作が「フェイク」という名のギミック(策略)である。
 「フェイント」は絶対にやってはならないというわけではないが、そればかりやるのは問題ということなのだ。


横綱に求められるのは、正々堂々とした相撲

 正々堂々というのは、力士なら(口に出して、はっきりいうかいわないかの違いこそあれ)誰もが嫌がる「張り差し」を連日のように用いない、誰もが感心するような立派な取り口をすることをいう。

 「張り差し」は、以前は、
 「番付の下位の者が上位の者には行わない」
 という暗黙に近い了解があったが、モンゴル勢がそれを無視して頻用したために、それが日本人力士にも伝染し、いつのまにか上位に対しても時折、「張り差し」をするという〝下剋上〟が行われるようになった。

 それでも、どの力士にも、
 「横綱相手に張り差しはできない」
 という思いがある。

 「張り差し」というのは、上位の者がその地位を利用して下位の者に行う〝一種のパワハラ〟なのだ。
 このことは過去のデータを調べれば明々白々である。

 白鵬は、そういう相撲界慣例を逆手に取っているから、私は「卑怯だ」といい続けてきたのだ。
 横綱が、連日にわたって、用いる手ではないこと。

 まして、顔の前に「手を突き出す」という奇手を、千秋楽で同じ横綱相手に平然と繰り出すという神経が、「横綱にふさわしくない不純」であり、「精神が腐っている」というのである。
 白鵬がこの奇手を使ったのは、初めてではない。それ以前に何度もある。

 平幕力士ですら、立ち合いざま、「相手の顔の前にひょいと片手を突き出す」ような奇妙な技をしばしば用いる力士は、そうはいない。
 小兵力士や何度対戦しても勝てない力士が、苦肉の策として行うのなら、「どうしても勝ちたいのだな。しょうがない奴だ」ということですまされるが、天下の大横綱が同じ手を使ったら問題なのである。

 ただし、千秋楽の日馬富士戦は、立ち合いを除けば、それこそ見事な横綱相撲だった。
 そういう素晴らしい相撲が取れるのに、姑息な立ち合いをしたり、相手の嫌がる「張り差し」を連日のように駆使するところに問題があるということを私は主張し続けているのだ。


横綱相撲にふさわしい取り口をせよ

 かつての大横綱大鵬は、つねに堂々たる立ち合いを心がけ、相手に先に突っかけられても、堂々と受けて立ち、堂々たる横綱相撲で相手を下した。
 そういう相撲を「横綱相撲」というのである。

 歴代の横綱を振り返ると、張り差しで失神した大乃国(今ではスイーツ大好き親方で、憎めない人柄)とか「猫だまし」というおかしな手を使った三重ノ海(のち日本相撲協会理事長)という情けない姿をさらした横綱もいるにはいるが、白鵬のように何度もフェイントをかける横綱は皆無である。

 横綱はただ勝てばいいというものではない。
 白鵬には、その点の理解と実践が欠けている。そこが致命的だ。

 かつて私は、物書きになる前に勤めていたソニーのことを新聞に連載し、本にもしたときに、
 「日本を代表する企業にふさわしい評価を得なければならない」
 と書いたことがある。

 トヨタ、ホンダ、パナソニック、日立などは、相撲でいえば、横綱のようなもの。トップの発言も、企業実績も、それにふさわしいものを求められる。
 そういう評価を得ている企業は、どんな手口を使っても構わないから売り上げを伸ばすというやり方は許されないのである。

 私が白鵬に厳しいことを、しつこくいい続けているのは、それと同じなのだ。

 白鵬が「張り差し」に執着し、フェイントをかましたりする相撲を見ていると、
 「真の横綱は、どうあるべきか」
 という自覚が欠けているとしか思えないのである。


年齢的衰えを「姑息(こそく)な取り口」でカバーする悪知恵横綱

 千秋楽の取り組みの話に戻すが、日馬富士とのがっぷり四つの大相撲を制して花道を引き揚げる白鵬は、珍しく荒く激しい息づかいをしていた。
 そこに、白鵬の卑劣に近い「張り差し連発手口」を読み解くカギがある。

 解説者も口にしていることだが、「年齢的な体力の衰え」である。
 しかし、それを指摘するところまでは素晴らしいが、そこから先がバカだ。

、横綱それも「ぶっちぎりの史上最多優勝のタイトルホルダー」だからこそ、 そういう姑息な取り口はすべきではない、というべきところを、
 「張り差しを行ったり、立ち合いで体をかわしたりするのは、年齢的な衰えをカバーするための工夫だ」
 などとノー天気なことをいっている。


親方も相撲協会もバカ

 白鵬は、対戦相手の側頭部への強烈な張り差しで、動揺を誘うと同時に、脳へ衝撃(ダメージ)を与えることで、「気力」(条件反射力や戦闘意欲)「知力」(思考力)「体力」をダウンさせ、自分に優位になるようにしている。
 白鵬が、日本大相撲史唯一の〝張り差し横綱〟となったのは、「体力の衰え+悪知恵」に起因している。

 アマチュア相撲では禁じ手とされ、プロの力士でも例外なく嫌がっている「張り手」「張り差し」を白鵬が連発しまくる以上、他の力士は対抗策を練らなければならない。

 だが、白鵬を想定した「張り差し」にどう対抗するかを、普段の稽古でやっている相撲部屋は皆無だ。研究し、稽古しまくっていたら、毎度毎度、負けるはずはなかろう。 親方連中は、そろいもそろって大馬鹿者じゃないのか。


白鵬と対戦してきた力士も大馬鹿だ

 何度も何度も「張り差し」という同じ手で顔面を張り倒され、中には脳震とうを起して土俵に崩れ落ちる醜態までさらしてきた力士は一人や二人ではない。
 そこまでいかなくても、張られた衝撃で、自分ではわからないうちに出足が鈍くなって、ぶざまな相撲を取った力士は、それこそ土俵の砂の如く、掃いて捨てるほどいる。
 それでも恥とも悔しいとも思わず、何ら実りある対策を打ち出せていない。

 名古屋場所で、唯一見るべき取り組みをしたのが、白鵬の張り差しを「柳に風」の要領で、殴られた力に逆らわずに動いて勝った御嶽海だけだった。

 日本古来の伝統である国技を。これだけ〝張り差し〟やら〝フェイント〟やらと好き放題にされても、悔しがらない日本人力士を「馬鹿」といわずして何という。
 「満員御礼になれば、それでよし」と思っている大相撲協会も同様だ。

 白鵬が、これまで大相撲に果たした功績は大したものだが、そういう地位にふさわしい相撲ができないとなると、困った問題だ。
 大相撲名古屋場所千秋楽で見せた日馬富士とがっぷり組んでからの立派で堂々とした相撲が取れるにもかかわらず、「ただ勝つため」「ただ記録を伸ばしたいだけ」のために、姑息な妙な立ち合いしかできないのなら、さっさと引退すればいい。

(城島明彦)

2017/07/22

今日は、左手で張り手、右腕で顎にエルボーだった! これが横綱相撲か!?


「またプロレス技もどきか」と思った相撲ファンは多いのではないか

 いわずと知れた白鵬の14日目の豪栄道相手の取り口だ。
 昨日は、「右手を使った張り差し」と「左手を使った〝チョーク〟(首絞め)」だったが、今日は大関豪栄道相手に、「左手を使った張り手」と、その直後に「右腕を使った〝エルボー〟(肘鉄)」を顎にぶち込んだ。

 そのとたん、ちょっとやそっとではパワーが落ちない豪栄道の体から力が抜けたのが見て取れた。
 戦闘意欲を削がれたのは、前日の対戦相手高安も同様だった。

 こんな汚い手を連日にわたって使いまくる横綱は過去にいないし、現役の関取衆の中にもいない。
 「荒っぽい」という表現を超えている。
 日本大相撲協会よ、NHKよ、何度も何度も同じことをいわせないでくれ!

 「目には目を」ではないが、「張り手には張り手を」やってみたらどうか。
 両者が立ち合いざま、互いに相手の顔面を張り飛ばす!
 こんな面白い光景が連日、何度もくりかえしたら、観客は大喜びだ。

 だが、横綱より下位の力士は、相手が横綱ということで遠慮してしまい、やれないという現実がある。
 本日の白鵬の対戦相手だった豪栄道も、荒っぽい相撲を取る力士で、張り手をよく使うが、白鵬相手には遠慮して使わない。
 悪知恵の働く白鵬は、そのあたりのことを百も承知で、荒っぽい手口を繰り返しているのだ。

 「若い頃の白鵬と違って、今は、力の衰えを技でカバーしている」
 などとノー天気なことをいうNHKの解説者がいたが、馬鹿じゃないのか。
 白鵬の相撲は、プロレス技に近い。
 それを巧妙にやり続けているから恐ろしいのだ。
 NHKは、それぐらいのことには気づけ!
 日本相撲協会もバカの集まりか?

 NHKは、〝白鵬の手口〟をきちんと分析したらどうか。
〝張り差し横綱〟白鵬が「張り差し」をした瞬間を超スローモーション再生をして、取組相手のどこをどのように手が張っているか、そしてその瞬間、ストップモーションをかけて、相手力士がどのような反応ないしは表情をしているかを、じっくり視聴者に見せたらどうだ。

(城島明彦)

2017/07/21

どこまで汚いのか、白鵬! 喉輪(のどわ)と見せて禁じ手(頸動脈圧迫)で高安を下すとは!?


白鵬は猛毒を持つ〝巨大ヒアリ〟だ.! 日本の美風を食い荒らす!

 大相撲名古屋場所13日目の取り組みで、白鵬は堂々とぶつからずに、ひょうと体をかわした後、「喉輪」と見せかけて、高安の頸動脈を強く締めた。

 これは、明らかな「禁じ手」で、顎に手をあてがう本来の「喉輪」とは別物で、プロレス技の「チョーク」である。
 しかも、衆目監視の中で、それと気づかないように巧妙にやるところが、白鵬の汚いところ。

 喉輪をされても勢いは止まらないが、頸動脈を強く圧迫されたために、その直後の高安の動きは、明に見えて鈍くなった。
 取り組みをじっくり見れば、そのことがよくわかる。

 こういう汚い手を繰り返して史上最多勝を達成しても、日本古来の武道である大相撲の真のファンは決して喜ばない。

 なぜ正々堂々とした取り口で高安を下さないのか。

 勝ち名乗りを受けた後、懸賞金でガッツポーズをしたり、この日は懸賞金を両手で顔の前に掲げ、礼をした。 
 日本相撲協会に聞きたい。
 「一見、素晴らしいように見えるが、大鵬も千代の富士も、北の湖も貴乃花も、そのようなおかしな所作をしたことは一度もない。いつから、そういう見慣れない所作が許されるようになったのか!?」

(城島明彦)

2017/07/20

御嶽海よくやった! 新発見だ! このやり方なら〝張り差し横綱〟白鵬に勝てる!


白鵬の盲点、発覚! 張り手をされた反対側に回り込めば勝てる!

 〝張り差し大好きの品性下劣大横綱〟白鵬は、力士なら誰もが嫌がる「張り差し」を、この日も意図的にやったが、昨日(大相撲名古屋場所11日目)の御嶽海はそれを研究し尽くしていた。

 力士、親方、私も含めた相撲ファンの全員がそれまで思っていたのは、
 「張り差しをした方の手は、脇があくから、そこを責めろ」
 ということだった。

 それが常識だと思っていたが、実はそうではなかった。
 そのことを気付かせたのが、白鵬戦で見せた御嶽海の取り口だった。
 さすが東洋大出身の元大学横綱。頭を使った。

 白鵬は、例によって、立ち合いざま、右手で御嶽海の顔面を強打した。
 その瞬間、日頃の稽古の成果もあって、御嶽海の体が反応したということもあろうが、
 「白鵬の意識が張り手をしようとする右手に集まっている」
 という判断がとっさに働いていたのはなかろうか。

 つまり、張ろうとする瞬間、白鵬の意識はそこに集まっており、張らない側への意識は希薄になっていることに御嶽海は無意識のうちに気づいたのだ。
 もっとわかりやすくいうと、殴られた勢いで押された方へ飛ばされるように素早く動いて、逆時計回りに回りながら出し投げを打って寄り立てた。
 相手を呼び込むような体制に持ち込んだのである。

 そうすれば、張った相手は、その方角へ体がよろける。その弱点を突けば、相手はあわてる。
 こういうことをした力士は、これまでいなかった。
 今まで気づかない取り口だったのだ。

 さっそく他の対戦相手も、今日からやってみるとよい。


各相撲部屋は、稽古に「張り差し」を取り入れろ!

 稽古で、「張り差し」の取り組みを繰り返しやっている相撲部屋などない。
 〝悪辣横綱〟白鵬は、そこに目を付けているのだ。
 
 連日のように白鵬が〝張り差し〟をする以上、それをどうかいくぐるかを、稽古でやるしかないのではないか。
 今まで、そういうことをやらずに来たことが白鵬に張り差しを使い放題にさせた原因ではないのか。
 
 何が最多勝だ。
 〝最多張り差し横綱〟だということもいってから、そういえ。

 〇参考までに、かくいう私の身元は、確かであります。下記が近年の著書で、現在、西郷隆盛の著書を執筆中でございます。

 Photo Photo_2 _cover Photo_3 Photo_4 Daifugo_cover_2

(表紙写真をクリックすると、でっかくなります。出版社は、最後の1冊はプレジデント社で、残る5冊は致知出版社)

(城島明彦)

2017/07/08

ピークを過ぎたのか? ウィンブルドンの錦織を見て思ったこと「敗因は、9つあり!」


攻守に精彩を欠き、格下に完敗

 テニスのウィンブルドンの中継を見ながら、錦織に勝ってほしいと思いと思っていたが、格下のスペイン選手ロベルト・バウティスタ・アグート相手にいいところなく、3-1で完敗。

 テニスウェアがどっちも白で見分けがつかないのに、打ち方までそっくり。
 錦織が勝ったのかと間違えることが、しばしば。

 このところ、いいところまで行くのに、そこに壁が立ちはだかり、「優勝」まで行けない試合が増えてきた。

 年齢的な衰えなのか。
 相手選手に研究されつくしてしまったのか。
 一種のスランプなのか。
 あるいは、盛りを過ぎたのかもしれない。

 それらのマイナス要素を克服して、さらに上を目指すには、意図して攻め方、守り方を変える必要があるようにに思える。


昨日の敗因は、9つ

 ①これまで負けていない相手なのに、研究され尽くした。
 ②ファーストサーブが、まったくといっていいほど入らなかった。
 ③ダブルフォールトが多すぎた。
 ④落ち着いてやれば、入っている狙いすましたドロップショットがネットに引っかかることが多く、精神的なゆとりを欠いていた。
 ⑤ラリーが長くなると負けることが多かった。
 ⑥(いつもそうだが、この日は特に多かった)左右に振られ過ぎた。
 ⑦体のキレがいつもより悪く、バランスを崩してレシーブする場面がしばしば見られた。
 ⑧相手をいらだたせる打ち方(つまり、この日の弱点)をゲーム中に見つけることを怠り、逆に自分の弱点を相手につかまれ、そこを責められた。
 ⑨ここぞというところで、力が出なかった(アドバンテージまで行きながら、逆転負けすることが多かった)。

 弱点を克服し、さらに大きくなって、次はガンバレ!

(城島明彦)

2017/06/25

献辞 安倍晋三殿 「公私は事にあり、また情にあり」


佐藤一斎の『言志晩録』を肝に銘ずべし

 今、西郷隆盛の本を執筆中でありますが、その西郷翁が大きな影響を受けた江戸時代の儒者佐藤一斎の『言志晩録』(げんしばんろく)の一つを、慎んで近年まれにみる名宰相安倍晋三殿に献ずる次第であります。

  公私は事(こと)にあり、また情(じょう)にあり。
  事公(おおやけ)にして情私(わたくし)なる者之(これ)あり。
  事私にして情公なる者も之あり。
  政(まつりごと)を為(な)す者、宜(よろ)しく人情・事理(じり)・軽重の処(ところ)を権衡(けんこう)して、以て其(そ)の中(ちゅう)を民に用うべし。

 こういう意味であります。

  公私は、物事にも人情にもある。
  物事は、公的なことで私情が絡むこともある。
  物事は、私的なことで公として処理しなければならないこともある。
  政治を行う者は、人情、物事の道理、重要度などを検討し、中正・中庸な判断を国民に示さないといけない。

Photo_3  Photo_4 ※クリックすると写真は大きくなります。

(城島明彦)

2017/06/23

「このハゲーッ!」と豊田真由美に罵倒された元秘書を「励ます会」をつくれ!?


矢沢永吉、交通事故現場で「やっちゃえ日産」といったのか?


 日本〝劣〟島、ジメジメしてきて、東京以外にも全国で〝頭狂人〟、続出ですな。

▼まずは、矢沢永吉。交通事故を起こしちゃいましたな
 
 事故の程度が軽いか重いかは問題ではない。車のCMで、偉そうな口調でいっているのが問題。

 矢沢の交通事故で、気になったのは、次の3点。

 ①日産車に乗っていて事故ったのかどうか?
 ②「やっちゃえ日産」といって事故を起こしたのかどうか。
 ③事故後、矢沢が「やっちゃった日産」とぼやいたかどうか。

 テレビのワイドショーは、矢沢だけでなく、過去の車のCMに出ていたタレントと、交通事故の関係も含めて、こういうことを放送しないといけない。

 ビールのCMだって、起用されているタレントは、ホントにそのビールだけを飲んでいるのか!? こういうのを徹底取材して流したら、高視聴率を稼げまっせ!
 落ち目のフジテレビあたり、どうです?


▼〝発狂ハゲおやじ〟籠池のオヤジの〝あんこ〟万札事件

 「もらった百万円返すのだ」
 と息まいて、ミセス安倍の経営する店へ押しかけたが、不在。
 そのとき、封筒から引っ張り出して取材記者に見せびらかした万札は、上と下のみ万札で、真ん中はただの紙切れ。

 こういうしかけを詐欺師用語で、〝あんこ〟というのだ。

 このハゲおやじ、次は自宅へ行ったが、会えるはずもないことは子どもでもわかる。
 この〝ハゲ〟、何を考えているのか!?

 こういうおやじであることに気づかず、深入りしたミスター&ミセス安倍は、「アホ」「人を見る目がない」ということになりますな。


▼「森友学園問題」は、ぜひ証人尋問をやり、豊田真由美に質問させたかった!

 そのときは、「このハゲ!」を連発して、国会中継の視聴率を上げてほしい。
 豊田真由美は、自由党に入って森裕子とコンビを組んで、上から目線で、怒鳴りながら質問してもらいたい。

 〝もりとよ暴言恐喝ペア〟!

 もり上がりまっせ!


▼馬脚を現しつつある小池百合子!

 元TVキャスターの経験を活かしまくり、顔をどこへ向けたらいいか、どういう表情をつくったらいいかを知りつくしているおばさんだけに、衆愚は騙されやすい。

 彼女が一番気にしているのは、支持率アップでございます。
 つまり、大衆の顔色を窺いながら、政策を決めていく〝大衆迎合政治家〟ですな。
 これは、古代ギリシャの時代から行われてきた「デマゴーグ」(衆愚政治)と背中合わせ。
大衆の愚かさを逆用した、あざとい政治手法でございます。

 築地と豊洲両立論など、もろにそれ。
 一見、「いいじゃないか」と思えるものの、当事者が怒っておりますな。
 金がいくらかかるのかは明かさず、「何となく、よさげ」と思えることを、次々とぶちあげていく。

 これは、政治的無知層を巧みに利用し、煽り立てる〝デマゴーグ〟(扇動政治)の手法で、古代ギリシャの時代からあるのでございます。

 大衆演劇の役者・小池百合之丞(こいけゆりのじょう)にとって、衆愚の支持率アップが何よりのハゲみになるのでありますな。

(城島明彦)

「このハゲーッ!」と豊田真由美に罵倒された元秘書を「励ます会」をtuくれ!

矢沢永吉、交通事故現場で「やっちゃえ日産」といったのか?

 日本〝劣〟島、ジメジメしてきて、頭狂人、続出ですな。

▼まずは、矢沢永吉。交通事故を起しちゃいましたな。
 
で、気になったのは、次の3点。
①日産車に乗っていて事故ったのかどうか?
「やっちゃえ日産」といって事故を起こしたのかどうか。
③事故後、矢沢が「やっちゃった日産」とぼやいたかどうか。


▼〝発狂ハゲおやじ〟籠池のオヤジの〝あんこ〟万札事件

 「もらった百万円返すのだ」
 と息まいて、ミセス安倍の経営する店へ押しかけたが、不在。
 そのとき、封筒から引っ張り出して取材記者に見せびらかした万札は、上と下のみ万札で、真ん中はただの紙切れ。

 こういうしかけを詐欺師用語で、〝あんこ〟というのだ。

 このハゲおやじ、次は自宅へ行ったが、会えるはずもないことは子どもでもわかる。
 この〝ハゲ〟、何を考えているのか!?
 

▼「森友学園問題」は、ぜひ証人尋問をやり、豊田真由美に質問させたかった!

 そのときは、「このハゲ!」を連発して、国会中継の視聴率を上げてほしい。
 豊田真由美は、自由党に入って森裕子とコンビを組み、上から目線で、怒鳴りながら質問してもらいたい。


▼馬脚を現してきたじ、小池百合子!

 元ニュースキャスター、顔をどこへ向けたらいいか、どういう表情をつくったらいいかを知りつくしているおばさんだけに、テレビを見る側の人間は騙されやすい。

 彼女が一番気にしているのは、支持率アップでございます。
 つまり、〝大衆迎合政治家〟ですな。
 支持率アップが何よりのハゲみになるのである。

(城島明彦)

2017/06/16

暑いのう、脳まで暑いぞ、熱い脳!


30度だって!? カンベンしておくれでやんす

 暑くなると、出てきますな。
 お化けじゃない、くるくるパ~プリンってぇ奴。

 ♪ きょうと おおはら さんぜんいん
 ♪ 狂頭 大原さん全員
 ♪ 京都 大腹 産前淫

 路上の何かを探している爺さんがいた。
 そばを通りかかると、
 「暑いですねえ」
 と挨拶してきたので、黙って通り過ぎるのも悪いと思い、
 「何か落としました?」
 と尋ねたら、にやっと笑って、
 「脳天、逆落(さかお)としだっちゅ~の!」
 といって、へらへら笑った。

 前歯が三本抜けていた!

 (こいつ、危ない奴だ)
 と思ったので、目を合わさないようにして、
 「よっこい庄一! ノー散らす、Go!  Yes,ノー散らし寿司! 暑いの、暑いの、飛んでけ~ぇ!」
 と思いっきりでっかい声で叫んでやったら、おびえた目でこっちを見た。
 (こわいのはこっちだってぇの)

(城島明彦)

2017/06/03

〝卓球の天才少年〟張本に特大の「喝!」だ! 雄叫びがうるさい! 


醜い! 勝つたびに雄叫(おたけ)び付きガッツポーズをするな!

 卓球の世界選手権がドイツで行われ、テレビ東京が中継しているが、見ていて不愉快になった。
 天才少年張本智和の雄叫びは異常だ。
 見ている者を不愉快にさせる。
 
 勝てば叫び、負ければ沈黙する。
 負けたとき、なぜ絶叫しないのか。
 そんなスポーツがあっていいものか。
 両親やコーチたちは、なぜ注意しないのか。
 
 相手の気持ちも考えろ。
 卓球は、下品なスポーツなのか。
 スポーツマンシップとは何かをよく考えろ。

 勝てばうれしいに決まっている。
 叫びたくもなろう。
 気持ちはわかるが、それをぐっと噛みしめるのが日本男児だ。
 敗者の健闘をたたえる気持ちを忘れている。
 絶叫しないと勝てないのなら、選手をやめろ!

 将棋の藤井少年を見習え!

(城島明彦)

より以前の記事一覧