2023/01/04

「団塊の世代」なんて生ぬるい! 今じゃ「断崖の世代」だ、あとがない!

そこのジイちゃん、バアちゃん、新年おめでとうやあらへんがな。

 めでたいのは、あんたらのオツムの方やでぇ!

 よう聞きや。

 昔は「犬を歩けば、棒にあたる」いうたけど、今はちゃうでぇ。

 「犬も歩けば、ボーッとしたジジババにあたる」いうんやで。

 そこんとこ、ようわきまえて道を歩かんと、えらいめにあうで。

 

 今のご時世は、街に出て石投げたら、ジジババにあたるわな。

 けど、ジジババいうても、一緒くたにしたらあかんでぇ。

 まちまちや。

 あっちにもこっちにも、ぎょうさんいよるのが、団塊の世代や。

 

 団塊世代の連中は、戦後の1947年から49年にかけて、どどっ~と大量に生まれよったから、赤ん坊のときは、あっちで「這い這い」、こっちで「這い這い」しとりました。

 それが小学校にあがるようになると、次々と建て増した校舎のあっちで「ハイハイ」、こっちで「ハイハイ」と元気に挙手するようになったわな。

 競争社会やから、ボーッとしとったら、取り残されたんや。

 

 そういや、昔はハエのことを「ハイ」というてへんかった?

 夏休みになると、あっちでもこっちでも、「ハイハイ」というわけや。

 

 それが中高生にもなる時分には、

 ♪かわいいベイビー、ハイハイ

 と、歌うようになってましたな。

 コニー・フランシスの歌やがな。

 日本では中尾ミエが歌ってましたで。

 昭和も30年代後半の話ですな。

 

 もっと進んだ悪ガキあたりは、エルビス・プレスリーの「GIブルース」あたりを口づさみながら、大人っぽく変装してストリップ小屋にもぐり込んで、あきれるくらい厚化粧の踊り子が、

 「ハイハイハイハイ」

 と掛け声かけながら、たくしあげたスカートの中に顔を突っ込んで、クンクン匂い嗅いでハイになってるアホな奴もおったんや。

 〇〇君、君のことや!

 

 なかには煙草スパスパ、シンナー吸ってハイ、ハイになる奴もいましたなぁ。

 「スーダラ節」で人気爆発の植木等なんかは、はい?

 「ハイ、それまでよ~」なんて歌うてたくらいや。

 

 そういう青春前期を過ごした団塊の世代も、今じゃあ、続々と後期高齢者入り。

 あっちでヨロヨロ、こっちでフラフラ。

 それが今じゃあ、カラオケで、プレスリーの「ロカ・フラ・ベイビー」を歌って、オダを上げる始末や。

 ロカフラベイビーちゅうても、廊下をフラフラ歩く赤ん坊の歌とちゃうぞぉ。

Rock A Hula Baby」というレッキとした名前がついたんやでぇ。

 

 あの頃のどの家の父ちゃんも月給は少なかったけど、毎年毎年、昇給してたもんな。

 母ちゃんは母ちゃんで、父ちゃんにチン上げを要求うるもんで、父ちゃんは残業残業また残業で疲れた体にムチ打って、夜のお勤めに励んでましたわな。

 ああ、しんど。シンドバットや。

 

 おあとがよろしいようで、今日のところは、これにてオシマイ!

 おっと、忘れるとこやった。

 宣伝や、宣伝や。

 大河ドラマの「どうする家康」の便乗本、買(こ)うてんか。

 過当競争で、たいへんなんや。

 大河ドラマ観るんやったら、1冊、頼むわ。退屈させ変でぇ。

 Photo_20230104190201Pop

 ほな、さいなら。

 (城島明彦)

2022/12/05

明け方のW杯のスぺイン戦ライブ中継を観戦し、体調を崩した

年は取りたくない。徹夜したら風邪をひいてしまった

 

 コスっタリカで昇天しそうになった日本だったが、おスぺイン戦では先取点を採られても一気に逆転したから、観ている方も〝昼夜逆転〟で精神状態もハイになり、高齢者連中の真っ白になったの頭のなかではトルコ行進曲が鳴り響き、腹のなかは真っクロアチアで今の日本、あまりいいことがないから、かつて無敵艦隊で世界を制覇したスペインを倒したことで、日本中が狂喜乱舞だ、江戸川乱歩。

 ♪可愛いベイビー、ハイハイ!

 状態になってしまった。(といっても、若い人にはわからんだろうな)

 

 ——ってな冗談はさておき、老化の尺度は徹夜後の体調でわかりますな。若い者は徹夜も平気だが、ジジババにはこたえる、こたえる。

 高齢大国ニッポンでは、W杯のスペイン戦のライブ中継をテレビ観戦し、体力を消耗してコロナに感染したジジババが大勢出たというぞ。

 オイラはコロナにこそかからなかったが、風邪をひいてしまった。

 その点、今夜は午前零時からだから安心というわけにはいかぬ。勝てば興奮して眠れず、負ければ腹が立って眠れず。

 結局、朝まで眠れない人が大勢出るのではないか。それが心配ってか。

 昼夜逆転で眠れないときは、こういう本でも読んでみて! なに? 退屈して眠たくなるってか?  オー、ノー! 興奮して、ますます目が覚めてしまって、体に悪いかも。世の中、うまくいきませんな。

 Photo_20221205160001

 (城島明彦)

 

2022/11/24

元大関朝乃山が、幕下力士相手にまた負けた。精神面に致命的弱点があるのか?

精神面に不安定すぎる。どっしりしているのは体格だけか? 

 

 対戦相手をまったく相手にしない相撲を取って当たり前なのに、負けた。

 「油断した」という言い訳は通用しない。

 心と体に隙があったから負けたのだ。

 先場所も1敗して優勝できず、十両昇進が成らなかった。

 今場所はすでに勝ち越しているので、来場所の十両昇進=関取復帰は確定しているが、陥落以降は全部勝って当たり前

 そう思っていた相撲ファンは多かったから、落胆しているのではないか。

 今の大関には不甲斐ない連中が多いから、朝乃山には大きな期待が寄せられている。

 そういう声に応えられるように、褌(ふんどし)を引き締め、いや、まわしを固くきつく締めて、来場所こそ、ぶっちぎりの強さを発揮して15戦全勝で十両優勝してもらいたいものだ。

 格下相手に負けた理由は、朝乃山自身が痛感しているだろうから、来年の初場所以降は、二度と同じ過ちをしないようにするだけだ。

 来年のNHK大河ドラマの主人公は徳川家康だが、家康は同じ過ちを二度繰り返すことはなく、戦う相手に自分が苦しめられた戦い方をして、ついに天下を取ったのである。

 「朝乃山は、格下相手に不覚を取った痛恨の体験を相撲に活かした」

 と誰もが感じるようになったとき、朝乃山は大関に復帰し、横綱を目指せる大器に成長したといえるだろう。

(城島明彦)

2022/11/22

拙著『家康の決断』。来年の大河ドラマ「どうする家康」の便乗本、本日発売! 

決断には大中小があり、「今日はどの服を着ようか」と迷う「選択」も決断の一種だ

 

 出版物に「商機」という言葉を当てはめると、 NHK大河ドラマ「どうする家康」が放送される来年は「家康もの」の本がそれにあたる。

 現在、出版社はどこもかしこも不況にあえいでいるので、「家康もので稼ごう」と考え、その結果、似たような本が続々と発売され、過当競争が起き、共倒れになることが多い。 

 私も声をかけてもらったので「家康もの」を執筆し、本日発売と相成った次第。

 題して『家康の決断』。

 Photo_20221122135501  

 気取っていうと、「NHK大河ドラマ関連本」、早い話が「NHK大河便乗本」。

 本書のミソは、年代別(10代、20代、……60代・70代)に章立てした点だ。現時点で、こういう書き方をした家康本は出ていないから、以後、その手の本が出たら「拙著をまねた」ということになる。早い者勝ちである。

 吉田松陰(松陰の妹を主役にした「花燃ゆ」2015年)、西郷隆盛(林真理子原作の「西郷〈せご〉どん」2018年)、渋沢栄一に続いて、この家康本で、私のNHK大河ドラマ便乗本は4冊目になる。

 Photo_20221122135701 Photo_20221122135801  1_20221122140101
 吉田松陰のことを書いた拙著は『吉田松陰「留魂録」』(「留魂録」は松陰が処刑される前夜に書き残した遺書)で、この本はかなり売れ、今も読まれている。松陰を演じた伊勢谷友介が、劇中、妙な演技をするので「どういう解釈をしているのか、おかしな奴だ」と思っていたら、その後、大麻で逮捕され、ミソをつけた。

 西郷隆盛本は、「面白い。売れたでしょう」とよくいわれ、テレビ番組にも出演したが、あまり売れなかった。

 

 渋沢栄一のことを書いた拙著は新書で、日本の近代化を阻害しているのは『論語』といって徹底的に『論語』を排斥した福沢諭吉に対し、渋沢栄一は『論語』を崇拝し、バイブルとして愛用していた。その両者の違いを対比して論じ、そのような見方をした本は過去現在を通じて1冊もなく、目のつけどころはよかったが、二兎を追ったせいか、あまり売れなかった。拙著発売後、岩崎弥太郎と渋沢栄一を比較した本が出たが、そちらの方は売れたようだ。拙著でも岩崎弥太郎と福沢・渋沢の対比を論じていたが、一部に過ぎなかった。
 なかには『福沢諭吉と渋沢栄一』を面白いと思ってくれた人もいて、中学受験予備校の模擬テストに使ってくれた。その問題は、後日、紹介する。 

 ついでに、時代ものの拙著を紹介。

 Photo_20221122143601 Photo_20221122142501 Photo_20221122142601 Photo_20221122142401 Photo_20221122142502 Photo_20221122142402

 本日のところは、ここまで。拙著発売の告知でした。

(城島明彦)

2022/11/18

閣僚は統一教会とべったり、海域は北朝鮮や中国に威嚇されっぱなし、物価は高騰しっぱなし……こんな日本に誰がした

 いつの間にか、暮らしにくい国になった日本

 かつては世界を震撼させるほど働きまくった日本人が、いまじゃ、一見、のんびり優雅に働いている。
 そんな日本に、北朝鮮はやりたい放題だ。ICBMは撃ち放題。拉致した日本人を返そうともしない。

 そのつど日本政府が発するコメントは、バカの一つ覚えとしかおもえない「遺憾」「厳重抗議」だとさ。

 排他的経済水域内に北朝鮮のICBMが撃ち込まれ、中国の無人航空機が領空を飛び、ロシアの軍艦が津軽海峡を通過しても、ぼんやり見ているだけ。

 経済力にしたって、どんどん低下している。

 かつての日本の国力は、どこへいったのか。

 政治家も官僚も経済学者も経営者も、私欲を捨てて、国のためになることを、もっと目に見える形でやらんかい!

 (城島明彦)

 

 

 

 

2022/11/17

窓を開けて寝たら風邪をひいた

気がつけば、冬の一歩手前。古い映画を見て過ごす日々。

 

 年を取ると、ボ~ッとするのは頭だけじゃありません。

 体もですわ。

 若いつもりで、風呂上がりにパンツ一枚、ランニングシャツ一枚で寝込んでしまい、寒くて目を覚ますと、明け方だった。

 男なのにオカンや。寒気がし、くしゃみ連発ですがな。

 その後、発熱、胃やら腸やらが痛くなり、下痢したので、もしかしたらコロナと思った。

 しかし、オイラはしぶとい。ただの風邪だった。

 安い風邪薬と正露丸で、熱も腹痛を撃退だ。というと、聞こえはいいが、シンドイ思いをした。

 若い頃なら1日寝ればケロッと治る病気も、年を取ると抵抗力や回復力が低下するせいか、3日もかかった。

 

 ベッドに寝ていたが、退屈なので、you tubeにアップされている古い名作映画を片っ端から見た。

 東映映画あり、松竹映画あり、東宝映画あり、大映映画あり、新東宝映画あり。

 〝100万ドルのエクボ〟といわれていた20代の頃の音羽信子は、きれいでしたな。

 淡島千景のデビュー作「てんやわんや」は、おかしな映画ですなあ。

 結婚を噂されたながら破局した葉山良二と芦川いづみのラブロマンス映画も捨てがたい。

 今風の美人顔だった若き日の北原三枝、美少女時代の吉永小百合が主演する映画は、数えきれませんぞ。
 大映の看板女優山本富士子と菅原謙二の恋愛映画、同じく大映の叶順子主演の恋愛映画も、なかなかなもんでしてな。

 結婚前の田宮二郎と藤由紀子の産業スパイ映画も、面白いですぞ。

   片岡千恵蔵の近藤勇は、「パッツ」という例の息継ぎが懐かしいですな。

 いやいや、懐かしの銀幕スターたちは、時の経つのを忘れさせてくれますなあ。 

 テレビ番組がくだらなさすぎるおかげで、古い映画鑑賞に明け暮れる日々ですわ。

 

 だが、どう考えても、著作権を無視した代物で、画質があまり良くないものが多いが、ただで観られるのだから文句はいえない。

 東宝映画の助監督をしていた若い頃は、カメラアングルとか、カットつなぎとか、専門的なことが気になったが、今はスジを楽しむだけ。

 you tubeに飽きると、アマゾンのプライムビデオの1950年代から1960年代の日活映画を観て過ごした。

 古い映画を好んで観るのは、当時の銀座や横浜の街や店や風景がどうだったかがわかるからだ。

 

 オイラ、酒が飲めんのでなあ。

 人が苦労してつくったものを、コーラやコーヒーを飲み、センベイをかじりながら、

 「映画なんて、自分でつくるもんじゃない」

 などと、時には毒づいたりもする。

 家で、好きな時間に好きなだけ、映画を見られるなんて、いい時代になりましたなあ

 だるまさんがころんだ 1・2・3・4・5・6・7・8・9・10

 オイラもあんたもパー 1・2・3・4・5・6・7・8・9・10

 (城島明彦)

 

2022/11/14

〝栃若時代〟の映画『土俵の鬼 若ノ花物語』(1956年12月公開)を観た

子どもの頃、観たくても見られなかった映画『若ノ花物語』をアマゾンのプライムビデオで観た

 

 劇中、若ノ花の実際の取り組みが出てきた。

 横綱の吉葉山、鏡里、大関の朝潮、松登、大内山をはじめ、安念山、成山、鶴ヶ峰、宮錦といった懐かしい力士との対戦が見られ、面白かった。

 その取り組みのなかには、かの有名な大技「呼び戻し」もあって、「おお、これこれ」と思ったものだ。

 映画を見て、もう一つ思い出したのは、若ノ花自転車で花籠部屋と自宅を往復していたこと。こういうことも、当時の相撲大好き少年はよく知っていた。

 すっかり忘れていたのは、若の花と栃錦が水入り2回の大相撲になったが、最初の水入りの際、栃若が相手の健闘を讃えるかのように互いに微笑んでいたことと、次の取り組みの後で、再開したということ。

 日活映画では、若い頃の若ノ花は青山恭二、花籠親方は坂東好太郎だが、若ノ花という四股名(しこな)は親方が大ノ海を名乗る前の四股名だったということも劇中で語られる。

 

 映画では、奥さん役が北原三枝、いわずと知れた〝昭和の大スター〟石原裕次郎の奥さんだ。

 当時の相撲少年は、皆、若ノ花の長男勝男くんが、ちゃんこ鍋をひっくり返して大やけどを負い、死んでしまったが、それでも出場し、土俵に上がる前まで首に数珠をかけていたといったエピソードなどは、漫画雑誌の記事を通じて、よく知っていた。

 昭和30年代の少年たちが夢中になったのは、相撲、野球、プロレスで、当時、「怒涛の男 力道山物語」(1955年東映)、「鉄腕投手 稲尾物語」(1959年東宝)などの〝スポ根(こん)〟映画は結構つくられ、いっぱいあった漫画誌は競って人気力士や選手の物語を別冊付録につけたものだった。

 力道山の映画は少年の頃、夏休みに商店街の空き地で無料上映されたときに観た。そして、それから半世紀以上も経った2年ほど前にプライムビデオで改めて観たが、いくつかのシーンを間違いなく記憶していたことがわかって、郷愁にひたった。

 力道山は、セリフ回しもうまかったが、日頃から無口な若ノ花はうまくなく、その点を考慮したのか、せりふはすくなかった。

 私は、小学生時代、相撲が強かったこともあって、化粧まわしをつけた力士のブロマイドを集めていて、ある日、学校へもって行って友だちに見せびらかしていたところ、先生に取り上げられ、返してもらえずなかった。小学1年生から4年生までコツコツと集めたので、100枚は越えていたのではないか。

 その先生のことは好きだったが、プロマイドを返してくれなかったそのことだけはいまだに不満に思っている。
 他人から見れば、どうということのない出来事も、当人にとっては、生涯、忘れられない重大な出来事なのだ。

 思い出とは、そういうものなのではないだろうか。

 (城島明彦)

2022/11/13

白装束に顔を隠す長い髪――大相撲九州場所初日、観客席に一瞬、あの〝貞子〟が映った!?

あれは誰だったのか? 本日から始まった大相撲11月場所(九州場所)

 

 若元春と翠富士の勝負が始まる寸前、実況するNHKテレビの映像に、観客席にいた「長い髪が顔を覆った、うつむき加減の白装束の若い女」の姿を映し出した。

 若元春(東前頭4枚目)は、来場所の大関がかかった若隆景(東関脇)の実兄。その若隆景は高安(東前頭筆頭)に負けた

 両者の勝負は、翠富士が勝ったが、その女が気になって、その後も、勝負そっちのけで、観客席を注視していたが、その女の姿を見つけることはできなかった。 

 あれは、何だったのか?

 (城島明彦)



2022/11/12

コロナ接種の4回目、5回目が進まないのは「イヤな思いをしたトラウマが原因」だ

遺伝子工学でコロナの変異を止められないのか? 

 

 「北海道で新種のコロナ罹患者(陽性)が過去最多を更新した」というニュースが流れ、国や都の諮問機関が「第8次の流行が今度のは怖い」などといって、接種率を増やそうと躍起になっているが、なぜ接種率が伸び悩んでいるかがをよく理解していないようだ。

 私は、4回目の接種の案内を受けてから、4か月以上が経つが、接種したいと思わないそういう気持ちにされられたのだ。

 尾身会長以下、そういうことがわかっていないのではないのか。

 

 私の場合、1回目、2回目は、個人病院で接種を受け、接し方にも満足だったが、3回目のときはその医院では受け付けられないシステムに変わったそうで、離れたところにある別の大きな総合病院へ行くことになった。

 その結果、「医学生なのか、インターン中なのか、いずれにしろアルバイトっぽい」と思える若い医師に、流れ作業的な乱暴な注射の仕方をされ、不快な思いをした。肩のかなり上のズブリと注射され、その間、不快そうな顔をし、まったく無言だった。

 他に人がいなかったら、そいつを蹴倒してやっただろう、それくらいイヤな思いをした。

 しかも、1回目や2回目では副反応は大したことはなかったが、3回目に初めて副反応がひどくなったそんな体験をしたら、4回目、5回目は、もっとひどい副反応が出るのではないか。誰もがそう思うに違いない

 そういう経験をした人がかなりいるのではないか。

 4回、5回と進んで接種を受けに行く人は、そのような不快な目に遭わなかったラッキーな人だ。

 

 医は仁術。医師は、ただ治療するだけの職業ではないコロナ禍で身を粉にして働いている医師・看護婦の姿には頭が下がったが、そういう人たちの〝聖なる医療行為〟に水を差している〝悪質な医師〟の存在が見落とされていることを忘れてはならない

 疲れていても患者にイヤな顔を見せるな。それができないなら、医者をやめろ。

そういうやつらは、医師の心得を説いた江戸時代の医師緒方洪庵(おがたこうあん)「扶氏(ふし)医戒の略」12箇条を無視しているか、ちゃんと理解できていないに違いない。洪庵は、大坂の適塾」で教え、福沢諭吉はそこの出身だ。適塾は、今の阪大医学部の前身だ。福沢が北里柴三郎を支援したのは、そういう履歴と関係が深く、緒方の教えは福沢を通じて慶應病院の医師らにも受け継がれているはずだ。

 カネで私大の医学部に入学した連中なのか、そういう基本的なことさえわきまえていない若造の医師が目に付く。

 厚労省や市区町村の広報も、そういうチェックをしていないのではないか。

 尾身会長も、4回目、5回目の注射を受けた人が少ない理由が、そういうところにあるなどとは、考えたこともないのではないか。

 

 私が4回目の接種に行かなかったのは、来年のNHK大河ドラマ「どうする家康」の便乗本『家康の決断』を執筆中だったこともある。

 そういう時期に接種を受けて、3回目のようなひどい状態になったら、発売日の11月22日までに執筆を終えられなくなると思ったからだ。

 普通なら、執筆期間中の万が一のコロナ罹患を防ぐために、進んで4回目の接種に行くはずが、現実はその逆、安全のために接種を拒んだのだ。つまり、ひどかった3回目の副反応が完全にトラウマになっていたのだ。

 

 遺伝子工学で遺伝子を操作をしてウイルスの変異・暴走を食い止められないのだろうか。

 予防薬の開発より、そっちを早くやった方がいいのではないか。

 (城島明彦)

2022/11/10

小春日和とコスモス

少し肌寒く感じられるような秋風が好き! 

 なんて言い方は、乙女チックで、後期高齢者のオイラには不似合いだが、

 そんなことをいいたくなるような、今の気候、天候は、しのぎやすくて、いいですなぁ。

 何といっても、湿気がないのがいいですな。どうも、失敬なんちゃって。

 いいですといえば、イーデス・ハンソンはどうしたんやろ。

 この時期、目に触れるのは、赤、白、ピンクの花をつけたコスモスですな。

 コスモスといえば、トリコモナスじゃなかった、cosmos宇宙ですか。壮大ですなぁ。

 宇宙といえば、昔なら国定忠治(くにさだちゅうじ)、まぢかなところでは皆既月食でしたな。

 日本語じゃあ、秋桜ですか。美しい字づらですな。

 芝桜ってのもありますなぁ。お客さん、柴漬けはどうどす?

 

 柴漬けといやぁ、京都大原の柴漬けが浮かびますが、コスモスでオイラの頭に真っ先に思い浮かぶのは、

 F1グランプリを取材にいったときの鈴鹿のコスモスなんよ。

 アイルトン・セナが生きていた頃の話だっちゅうの。古いでっしゃろ。

 白子駅から鈴鹿サーキットへ向かう道の脇の空き地にいっぱい咲いていたのが、印象的だったんよ。

 あの頃のホンダ・エンジンはぶっちぎりの速さだった。

 中嶋悟さん、お元気ですか。ホンダ・エンジンで、1・2・3・4(ワン・ツー・スリー・フォー)。神わざでしたな。

 

 晩秋から初秋にかけて、ぽかぽかと温かい日を小さな春のようだという意味で「小春日和(こはるびより)といいますが、

 中学生くらいまでは、小春日和は春のことで、

  「小さな春って、どんな春だろう」と思っていた。

 ♪ ちいさい秋 ちいさい秋 見つけた

 っていう唱歌はあるが、

 「でっかい春、大きな春って何だろう?」

 「じゃあ、売春は、なぜ春を売るなのか?」

 売春はいけませんぞ、売春は。売春にアンパンチッ! バイバイ、しゅ~ん。

 

 「青い春が青春」というのは、なんとなくわかったが、「白い秋が白秋」というのは、よくわからなかった。

 北原白秋とハクション大魔王の関係について述べよ。

 いやいや、思春期の少年にとっては、世の中、わからないことが多すぎた。

 くしゃみ(苦沙弥)センセイ、おせえて! 

 「少年老い易く、学成りがたし」と聞いて、膝が少しだけガクッとなった? んなわけないか。

 小春と大春の謎が解けたのは、トイレに入ったときだった。

 大をするとき、なぜか小も出る。そうか、大は小を兼ねる。これだったんだ。

 くしゃみ3回、ルル3錠! ル~ルルルル~ 夜明けのスキャットさわやかコカ・コーラ。

 ん? 意味がわかんねえってか? いってるオイラもわからないのだから、ほかの人にわかるわきゃナイジェリア。

 でもって、小春日和だ、鼻歌でもどうどす?

 ♪ 京都 大春 三千院 

 (城島明彦)

 

より以前の記事一覧