« 骨折り損の くたびれ儲け | トップページ | コロナ接種の4回目、5回目が進まないのは「イヤな思いをしたトラウマが原因」だ »

2022/11/10

小春日和とコスモス

少し肌寒く感じられるような秋風が好き! 

 なんて言い方は、乙女チックで、後期高齢者のオイラには不似合いだが、

 そんなことをいいたくなるような、今の気候、天候は、しのぎやすくて、いいですなぁ。

 何といっても、湿気がないのがいいですな。どうも、失敬なんちゃって。

 いいですといえば、イーデス・ハンソンはどうしたんやろ。

 この時期、目に触れるのは、赤、白、ピンクの花をつけたコスモスですな。

 コスモスといえば、トリコモナスじゃなかった、cosmos宇宙ですか。壮大ですなぁ。

 宇宙といえば、昔なら国定忠治(くにさだちゅうじ)、まぢかなところでは皆既月食でしたな。

 日本語じゃあ、秋桜ですか。美しい字づらですな。

 芝桜ってのもありますなぁ。お客さん、柴漬けはどうどす?

 

 柴漬けといやぁ、京都大原の柴漬けが浮かびますが、コスモスでオイラの頭に真っ先に思い浮かぶのは、

 F1グランプリを取材にいったときの鈴鹿のコスモスなんよ。

 アイルトン・セナが生きていた頃の話だっちゅうの。古いでっしゃろ。

 白子駅から鈴鹿サーキットへ向かう道の脇の空き地にいっぱい咲いていたのが、印象的だったんよ。

 あの頃のホンダ・エンジンはぶっちぎりの速さだった。

 中嶋悟さん、お元気ですか。ホンダ・エンジンで、1・2・3・4(ワン・ツー・スリー・フォー)。神わざでしたな。

 

 晩秋から初秋にかけて、ぽかぽかと温かい日を小さな春のようだという意味で「小春日和(こはるびより)といいますが、

 中学生くらいまでは、小春日和は春のことで、

  「小さな春って、どんな春だろう」と思っていた。

 ♪ ちいさい秋 ちいさい秋 見つけた

 っていう唱歌はあるが、

 「でっかい春、大きな春って何だろう?」

 「じゃあ、売春は、なぜ春を売るなのか?」

 売春はいけませんぞ、売春は。売春にアンパンチッ! バイバイ、しゅ~ん。

 

 「青い春が青春」というのは、なんとなくわかったが、「白い秋が白秋」というのは、よくわからなかった。

 北原白秋とハクション大魔王の関係について述べよ。

 いやいや、思春期の少年にとっては、世の中、わからないことが多すぎた。

 くしゃみ(苦沙弥)センセイ、おせえて! 

 「少年老い易く、学成りがたし」と聞いて、膝が少しだけガクッとなった? んなわけないか。

 小春と大春の謎が解けたのは、トイレに入ったときだった。

 大をするとき、なぜか小も出る。そうか、大は小を兼ねる。これだったんだ。

 くしゃみ3回、ルル3錠! ル~ルルルル~ 夜明けのスキャットさわやかコカ・コーラ。

 ん? 意味がわかんねえってか? いってるオイラもわからないのだから、ほかの人にわかるわきゃナイジェリア。

 でもって、小春日和だ、鼻歌でもどうどす?

 ♪ 京都 大春 三千院 

 (城島明彦)

 

« 骨折り損の くたびれ儲け | トップページ | コロナ接種の4回目、5回目が進まないのは「イヤな思いをしたトラウマが原因」だ »