« 2021年10月 | トップページ | 2022年1月 »

2021/12/23

「オミクロン株、猛威」で、政府分科会の尾見会長が嘆いたとさ、「尾身、苦労す」ってか?

今年も年末年始は〝コロナ〟と格闘なのかいな? oh,year(おお、嫌)だ!

 

 岸田首相は「車座」と「スピード」と「誠意」が身上だけど、オミクロンの感染スピードには追い付けません。 

 アベノマスク、捨てるんなら、ちょうだい! 

 どこへ申し込んだら、ええんでやんす? 

 口をついて出るのは、古~い歌謡曲「裏町人生」の出だしの歌詞だっちゅうの!

   ♪ 暗い浮世の この裏町を~

 暗いはcrycrycrycry!

 「コロナはやめて」

 と叫びたいオイラでありんすのレストラン、ってか。

 「方丈記」とばかり向き合っていたら、頭のなかが、

 おっぺけぺっぽ、ぺっぽっぺ~

 になってしまった。

 どこまで続く泥濘(ぬかるみ)ゾロアスター教だがね。

 「ぬかるみと小柳ルミ子の違いを説明しなさい」

 あゝ、わしも昇天間近か? 

(城島明彦)

2021/12/18

まだ生きてるわよ! ってか

車の免許更新ついでに、ブログも久しぶりに更新

 

 2日前に運転免許更新にいってきましたじゃ。

 慣れないことをすると、ドッと疲れますのう、ドットコム。

 

 世間は、またまたまた新しいコロナ出現の話でもちきりじゃが、オラは、コロナでなくてもヨレヨレだ。

 年は取りたくありませんなあ、御同輩!

 

 もう、いや。

 いってることが、ブレまくりよる。

 これがホントの、〝イヤン・ブレミングの左手の法則〟ってか。

 自分でいって、自分で疲れてしまっただ。

 

 世間じゃ、もうじき、ハッピィ・ニュー・イヤーだが、

 おらっちは、ハッピ(法被)、もう、いや~っ! てか。

 

 ♪ 鴨の河原に 千鳥が騒ぐ

   またも血の雨 涙雨

 

 わし、今、鴨長明の『方丈記』と取り組んどりますのや。

 来年の春先には書店に並ぶ予定でございます。

 けど、体力が落ちまくっていて、しんどいですわ。

 寄る年波には、勝てまへんなあ。

 名寄岩ってか。

 こういう四股名の関取がいたの、知っとるけ?

 「なよろいわ」って読むんだす。

 北海道の地名ですかな。

 

 昨夜は、久しぶりにアマゾン・プライムで、映画鑑賞であった。

 この1年で、旧作映画を何本見たか。

 100本や200本では、ききませぬが、見すぎて〝鑑賞疲労〟だっちゅうの。

 年をとっても限度という者を知らぬ、愚かなオイラであります。

 ♪ おいら岬の 灯台守は~ の、あれだな。

 

 観たのは、日活映画『丹下左膳』3部作でございます。

 古~い映画だよ。むろん、白黒だい。

 ワイシャツ真っ白、ブラウス真っ白、シロダイだい!

 何ていう、古~いCMソングが頭をかすめるなんざ、オイラもあの世に近づいている証拠だい。

 でもって、「丹下左膳」の主演は、水島道太郎。

 ちゅうても、今の人には、わかりませんわな。

 監督は巨匠マキノ雅弘。

 1950年代の映画とは思えないほどの名演出でござります。

 水島の丹下左膳は、凄惨な感じがして、なかなかのもんでござえやす。

 

 久しぶりのブログ更新は、疲れるばってん、けふは、このあたりで失敬させていただきますわ。

(城島明彦)

 

 

 

 

« 2021年10月 | トップページ | 2022年1月 »