« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020/04/27

家訓・遺訓を知らずして、戦国武将の好き嫌いを論ずるなかれ!

誰が好きかで、その人の性格・考え方・処世術がわかるのが「武士の家訓」だ!

 

 テレ朝が、本日(427日午後700954)、「禁断企画」と銘打って「日本人が本当に好きな戦国武将総選挙」という番組をやるようだが、どういう基準で選ぶのか!?

 AKBの総選挙あたりにあやかろうという魂胆か。

 あおるに事欠いて「禁断」とは、どういう趣向か!?

 禁断症状の「禁断」か? 「クスリをくれ」という中毒患者のうめき声か?

 アダムとイブが禁断の木の実(リンゴ)を食べてエデンの園を追放されたという、あの「禁断」か? 食べるとヤバいことになるという意味なのか。

 いずれにしろ、意味がようわからん!

 

 「国民10万人がガチ投票!」というキャッチまでついている。

 10万人程度で、「禁断」云々というところがしみったれている。

 同じ吹くなら「100万人がガチ投票!」ぐらいやったらどうだ!

 いや、どうせ吹くなら「1000万人がガチ投票!」の方が景気がいいぞ!

 いやいや、「コロナもぶっ飛ぶガチ投票!」でどうだ!

 

 それはさておき――

  生きるか死ぬかの戦国乱世に名将あり、知将り、徳将あり、謀将あり。

 いくさ上手か、統率力か、器の大きさか、駆け引き上手か、民の人気か、知略の巧者か、文武の達人か……。

 「武士の家訓」には、人生を勝ち抜く秘訣満載されている!

 

 父から子へ、子から孫へと伝えた「武士の家訓」は〝処世術の宝庫〟だ!

命がけで身につけた戦国武将の貴重な教えが、箇条書きの短い文章から手に取るように伝わってくる。

 徳川家康、豊臣秀吉、織田信長、武田信玄・信繁、上杉謙信、伊達正宗、今川義元、徳川光圀(水戸黄門)、徳川吉宗、藤堂高虎、毛利元就、北条早雲、島津斉彬、島津斉彬、加藤清正、黒田如水(官兵衛)・長政、上杉鷹山、徳川斉昭……

 彼らが乱世を勝ち抜いた〝秘訣〟に「家訓」あり。

 父から子へ、子から孫へ、孫から曾孫へ……果てしなく受け継がれ、「家訓」を守った家は栄え、「家訓」を破った家は衰退ないしは滅亡した例が多い。

 Photo_20200427044101 (4月16日発売/本体価格1800円--と、ちゃっかりPR)

(城島明彦) 

2020/04/24

だから、いわんこっちゃない! 軽症コロナ自宅療養患者の死去!

東京なら五輪選手村のマンションなど、空き家を使えといっているのだ!

見て回る者がいない場所はNG! 家族への感染の恐れもある! 

 

 こうなることはわかっているのに、「医療崩壊阻止」の一点張りで、手を打てない行政や医療機関のバカさ加減にはあきれる。

 こういうのを[「後手後手に回る」というのだ。

(城島明彦)

2020/04/22

「マスク増産」で厚労省に緊急提言! 生産累計を一元管理し、HPで日々発表せよ

生産過剰にならぬように注意すべし

 

 シャープに続いて日立もマスクを生産の生産に踏み切った。

 他のメーカーのなかにもマスク生産をするところが出てきた。

 結構な話だが、あっちでもこっちでもマスクを生産した結果、マスクが余ったということにならないようにしたいものだ。

 それには、

  今、どれくらい必要なのか

  今日時点で、どれくらいのマスクが生産されているのか

  どの県、どの市では、どれくらい不足し、どれくらい必要なのか

 といったデータが厚労省に集まるようにし、市区町村、各メーカー、消費者にわかるようにしてもらいたい。

 他のコロナ関連商品についても、同様だ。

 

(PR)拙著が先日(4月16日)発売されたが、コロナ騒動にぶつかってしまった。

  かわいそうだと思った人は、読んでね。

  大事なところは太字にして読みやすくしてあるよ。

  武士の家訓を「学問」「学友」「読書」といったテーマ別に詳細に分類した本は、本邦初!

  現代につながる教訓として役立ててほしい。

  318ページで、本体価格は1800円。 

  Photo_20200422140301

(城島明彦)

2020/04/16

「武士の家訓」は、日本人必読の〝令和のバイブル〟だ! 

コロナ騒動に揺れ動く「今をどう生きたらいいのか」を教えてくれる

 

 この本を読まずして日本人というなかれ!

 苦難を乗り切る知恵と処世術を名将から学ぶのだ!

 ――そう思いながら、私は『武士の家訓』を書いた。

 

 武士の家訓や遺訓は、徳川家康、豊臣秀吉、織田信長、武田信玄、上杉謙信、伊達政宗、毛利元就、藤堂高虎、島津斉彬、徳川吉宗、上杉鷹山らの名将・知将・勇将・謀将たちが、死と背中合わせになりながら必死に体得した「戦国乱世をたくましく生き抜く知恵と処世術」を、わかりやすい言葉で箇条書きにして子孫に書き遺した究極の教えである。

 

 コロナ・パンデミック狂騒時代の今、武士の家訓・遺訓に記された珠玉の教えは、私たちに含蓄ある戒めとして心に響くはずだ。

 以下の6つの章で構成される『武士の家訓』に引用した家訓・遺訓は百を優に超え、読者に勇気と知恵を与えてくれるはずだ。

 

  第1章 「友人選び」の鉄則 ~人生が充実するか否かは友人次第~

  第2章 ライバルに勝つ秘策 ~敵を攻略するには、こう戦うべし~

  第3章 諫言・説得に失敗しないための心得 ~波風立てず丸く収める奥の手を探れ~

  第4章 人生行路の上手な舵の切り方 ~賢人たちの遺訓・家訓~

  第5章 「学び」で壁にぶち当たらないために ~飛躍したいなら、死ぬまで勉強だ~

  第6章 人の評価基準は「礼儀作法」にあり ~尊敬される人格を目指せ~

 

  定価:本体1800円 4月16日発売

          既刊本

(城島明彦)

2020/04/15

雑感「新型コロナ、街閑散、マスク、暗鬱時代」

こんなときには、川柳でもいかが?

 

 日曜日には地上波でディズニー制作の映画「シンデレラ」を観た。

 DVDを含めると4度目の鑑賞だが、何度観ても飽きない。

 さすがディズニーと思いながら、遠い昔に学校から観に行った「白雪姫」の映画を思い出した。

 

 コロナ、コロナで明け暮れる日々だが、こんなときには、冗談と笑顔が一番かもね。

 

  メロンにも マスクをつけた ものもあり  (スーパーにて)

  コロはダメ 名称変えろと コロンブス  (トイレにて)

  大型の マスクつけても ブスはブス  (街中にて) 

(城島明彦)

2020/04/11

コロナ騒ぎを喜んでいるのは、カルロス・ゴーンと小池百合子だけか

川柳でもいかが? 明けても暮れても「コロナ」「コロナ」じゃ、たまりません

 

 拙者など、『武士の家訓』の発売(4月16日)がコロナの外出自粛と重なってしまったが、コロナなんかに負けてたまるか、気を取り直して、次の本の執筆中だ。

 しかし、息抜きも必要! というわけで、本日は川柳。

 

  コロナいや マスク重ねて 窒息死

  桜散る されど「さいた」(最多)は コロナかな

  外出自粛 焼きイモぱくぱく 屁はブーブー

  ドライトマト 選ぶあんたが 干物だよ

(城島明彦)

2020/04/08

元気な男の子、集合! 金太くんと遊ぼう

外に出られないから、今日は家で「ことばあそび」だ

 

 緊急事態宣言が出たから、たいくつだろ?

 今日は家のなかで、「ことばあそび」をしよう。

 さあ、はじめるよ。

 

 「金太、待って!」 (きんた、まって!→金玉って!)

  その声は、あさだまお(浅田真央)ちゃん!

  しかし金太は、マイルス・デイビスのジャズを聴いていたので居留守を使った。

 真央「金太、マイルス」  (きんた、まいるす→金玉、居留守)

  真央ちゃんに邪魔されて、怒る金太。

 真央「金太、まじぎれ!」 (きんた、まじぎれ!→金玉、痔切れ!)

   初めて金太をすぐ近くで見て、驚く真央ちゃん。

 真央「金太、まじかに見た!」 (きんた、まじかにみた→金玉、じかに見た)

  真央ちゃん、笑顔を浮かべる。

 真央「金太、真央すき?」 (きんた、まおすき?→金玉、お好き?)

  大きくうなづく、金太!

 ――こんな感じで遊ぶんだよ。

  

 金太「金太、参りますか」 (きんた、まいりますか→金玉、いりますか)

  そうはいったものの、金太、早くも息切れか。

  ここからは、真央が金太の行動を中継するぞ!

 真央「金太、任してよ」  (きんた、まかしてよ→金玉、貸してよ)

  驚く金太。

 真央「金太、回れる?」 (きんた、まわれる?→金玉、割れる?) 

  金太、イテテといいながら、大きくうなづく。

 真央「金太、町出た!」 (きんた、まちでた!→金玉、血出た!)

  イテテと叫んだ金太だが、すぐに元気回復、ヒル(蛭)のいる森を抜けた。

 真央「金太、真昼にチューされた」 (金玉、ヒルにチューされた)

  ヒルに血を吸われて、ふらつきながら、商店街へ行く金太。

 真央「金太、マグロ買った」 (きんた、まぐろかった→金玉、グロかった)

  続いて、真央ちゃんへのお土産の真鯛のしっぽをつかんで、ぶら下げる金太。

 真央「金太、真鯛すき!」 (きんた、まだいすき!→金玉、大好き!)

  金太、感激して涙を流す。

 真央「金太、まるい線ゆるむ」 (きんた、まるいせんゆるむ→金玉、涙腺ゆるむ)

  代金を払おうと、ふろころに手を入れる金太。

 真央「金太、まないた?」  (きんた、まないた→金玉、泣いた)

  買いたいのは「まな板」ではないと首を振り、ふところをさぐる金太。

 真央「金太、まさぐる」 (きんた、まさぐる→金玉、探る)

  すり減ってヨレヨレのお札をながめる金太。

 真央「金太、摩耗イヤ!」 (きんた、まもういや→金玉、もうイヤ)

  真央ちゃんに嫌われ、傷心の金太、フライパンを火にかけた。

 真央「金太、豆炒る」 (きんた、まめいる→金玉、滅入る)

  真央ちゃんと口げんかし、言いまかされる金太。

 真央「金太、負ける」  (きんた、まける→金玉、蹴る)

  負け続ける金太。

 真央「金太、負けるが勝ちよ」 (きんた、まけるがかちよ→金玉、蹴るが勝ちよ)

   ガッツポーズをする金太。

 真央「金太、学べよ」  (きんた、まなべよ→金玉鍋よ)

  叱咤(しった)される金太。

 真央「金太、マカオに接近中」 (きんた、まかおにせっきんちゅう→金玉、顔に接近中)

  がんばる金太。

 真央「金太、真下に着いたよ」 (きんた、ましたについたよ→金玉、舌についたよ)

  また、負け続ける金太。

 真央「金太、負けだらけ」 (きんた、まけだらけ→金玉、毛だらけ)

  金太が落とし穴に落ちて死んだのは、その帰り道でのことだった。

 真央「金太、魔界で失神」  (きんた、まかいでしっしん→金玉、嗅(か)いで湿疹(しっしん)

  動かなくなる金太。

 真央「金太、祭られた」 (きんた、まつられた→金玉、釣られた)

(城島明彦)

 

2020/04/05

安倍首相よ、東京五輪選手村マンションを「コロナ隔離病院」にせよ!  分譲5,632戸+賃貸1487戸の部屋数を、使わない手はないぞ!

部屋数は、一万室を超えるぞ!

 

 WHOは「検査、検査、検査」といったが、

 東京は、「隔離、隔離、隔離」だ。 

 

 安倍首相よ、マスクなんか配ってる場合か。

 アパホテルの利用も悪くはないが、未使用の選手村のマンションの病院化が急務!

 「コロナ終息の証しとして東京五輪を開催する」というのなら、五輪の選手村を「コロナ隔離病棟」にせよ。

 五輪にこだわるなら、それ以上の世界への情報発信力はないぞ。

 

 軽症者の自宅療養は危険。保菌者である以上、軽症であっても、同じ家のなかにいたら、伝染するのは目に見えている

 風評も広がりやすい。

 〝東京伝染音頭〟でも流行(はや)らせるつもりか。

 ゴースト化しつつある団地の有効活用も考えたらどうか!

(城島明彦)

 

ぼ~っと生きるんじゃないよ、学校が休みでも「考える」ようにしょう!

今日のテーマも、昨日に続いて「うんち」だよ
 

 「うんち」だけに、関係の深い「しり」取り遊びもあるけど、今日は別の問題だ。

 では、さっそくいってみよう。答えてね。

 ではその前に、かつぜつ(滑舌)をよくしよう。

 みなさん、ごいっしょに!

 

 今日も元気だ、うんちがくさい!

 12345678910、だるまさんがころんだ、だるまさんがコロナだ!

 

【問】 「うんち」のつく言葉を知っているだけあげなさい。

 

 〔ヒント1〕 ともだちとか近所にいないかな。

 〔ヒント2〕 元総理大臣で、いま財務大臣をしているのは、誰?

 〔ヒント3〕 どこどこの家というとき、どう呼んでる?

 

 もうわかったよね。「○○うんち」の○○に入る名字を考えればいいんだよ。

 

〔正解例〕

 〔ヒント2〕は、麻生(あそう)太郎だね。

 麻生さんの家のことをどう呼ぶ?

 「あそうんち」だよね。

 こういう呼び方ができるのは、

 佐藤、伊藤、加藤、後藤などのように名字の最後が「う」の名字だよ。

 「さとうんち」「いとうんち」「かとうんち」「ごとうんち」……。

 

 名字以外にも、

 「うんちん」(運賃)「うんちく」(蘊蓄)というのもあるんだよ。

 

 もうじき城島明彦センセイの『武士の家訓』が出るぞ、しっかり読んで学習するように! 

  今日のお勉強は、これまで!

  奇慄(きりつ)! 霊(れい)!

(城島明彦)

2020/04/04

よい子のみんな、元気かい? うんこドリルで、勉強してるかい?

コロナなんかに負けないで、元気にあそんでいるかい?

 

 みんなは、「うんこ」ってことば、だいすきだよね。

 今日は、その「うんこ」のおはなしだよ。

 

 その前に、とってつけたように、世界情勢(じょうせい)のお話だ。

 メキシコでは、大人気だった「コロナビール」の発売を中止したと時事通信じじつうしん)が流していたぞ。

 たいへんだよな、

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10、だるまさんがころんだ、だるまさんがコロナだ

 コロナさんがころんだ、コロナさんがコロナだ!

 ってことだからね

 

 大阪じゃあ、

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10、てんじんさんのもみじ、てんじんさまもコロナ

 になっちゃってるから、もうたいへん。

 

 でも、ジ~ジは元気だよ。

 昨日なんか、2時間も歩いたんだよ。

 おまんぽけい(お万歩計)を忘れて家を出ちゃったから、何歩あるいたかよくわからないけど、2時間たっぷり歩いたんだよ。

 おかげで、足がふらふらりんこになっちゃったよ。

 

 歩いた場所は、神奈川県の鶴見川(つるみがわ)ぞいの道だから、

 鶴見川漫歩(まんぽ)

 ってことだね。

「まんぽ」ってのは、「そぞろあるき」って意味だよ。

 これがもし東京の江戸川(えどがわ)べりだったら、

 江戸川漫歩

 墨田川(すみだがわ)ぞいだったら、

 墨田川漫歩

 ってことになるわけだ。

 で、そのときもしも酔っぱらっていて、ふらつく千鳥足(ちどりあし)で江戸川つつみを散歩したら、

 これがほんとの

 江戸川乱歩

 ってことになるぞ。

 隅田川漫歩か江戸川乱歩か

 きみは、どっちがいい?

 実はね、ジージは作家になったとき、墨田川漫歩ってペンネームにしようとしたんだ。

 そしたら「ふざけんじゃねぇ」って、しかられて、あきらめたんだよ。

 いい名前なのにねえ。今から変えようかな。

 いちど聞いたら忘れないよね。

 

 江戸川乱歩は、アメリカの推理作家の、

 エドガー・アラン・ポー

 を漢字にあてはめたってことは知ってるかい?

 エドガー・アラン・ポーは、アルコール中毒(ちゅうどく)で、いつもふらふらしていたから、

 乱歩

 って呼び名にぴったりだね。

 

 おっと、どっこい、脱線してしまった。

 ジ~ジは何しにお漫歩したかっていうと、ツクシ取りに行ったんだよ。

 (^^♪ つくつくぼ~し、つくつくぼ~し、つくりんしょ~

 と鳴く、あのセミじゃないよ。

 土手とかに生えている植物のツクシ、スギナの兄弟だよ。

 

 ところがね、こまったことになったんだ。

 うんちをしたくなったんだ。

 

 まわりに、しげみはなし。こまった、こまった。

 

 土手だから、ときおり、ジョギングしたり、自転車をこいで運動している人が通りかかるから、注意していないとヤバイんだ。

 

 ただ、見はらしはいいから、遠くにも人のすがたがないのを確認して、土手を少しくだって、しゃがんだんだ。

 

 うんとたまってたんだね、ズボンを下げて、しゃがんだとたん、

 ブリブリッ

 という音とともに、でっかいうんちが大量に出たよ。

 音はブリブリだったけど、うんちの中身は、ゆうべ食べたアジとサンマだったけどね。

 

 あ~すっきりした!

 そう思って、ティッシュを取りだそうとしたそのときだったんだ。

 「そんなとこで、なにしてるんですか

 という大きな声!

 びっくりして、もう少しでうんちの山にシリモチをつくところだった!

  

 いつのまにか、土手の上からおっさんが見おろしているじゃないか。

 いったい、どこから? このおっさん!?

 

 土手のむこうがわの竹やぶから出てきたらしかった。

 しまった、そこを確認するのを忘れていた。

  たけやぶやけた(竹やぶ焼けた)

 上から読んでも「たけやぶやけや」、下から読んでも「たけやぶやけた」じゃなかった、

 くやんでみても、あとのうんち、じゃなかった、あとの祭り

 

 そのおっちゃんの視線はジ~ジのむきだしのおケツと、その下の、

 湯気の立っている、てんこ盛りのうんちに!

 

 けいべつするような、ばかにしたような、その目。

 

 ジ~ジは、はずかしさで、気もちがどうてんしてしまい、思わずこんなことを口ばしっていたんだ。

 うんこチンチン!

 

 ああ、はずかし!

 こんなことって、あるんだね。

(城島明彦)

2020/04/01

世界中が〝コロナ戦争〟でパニック状態なのに、〝平和の祭典〟東京五輪は延期開催と浮かれ、昨日は富士山大爆発時の被害想定発表で不安をあおる! アホかいな! 

コロナ陽性の感染経路不明? 「心当たり」はあろうが! それをデータ化すれば突き止められるだろうが! 政府はしっかりせんかい!

 

【自粛・人権・過信&軽視――コロナ日本蔓延を加速させた3大要因】

 ①自粛……自粛要請だと?

  何を「生ぬるい」ことをいっている。それをいうなら、「禁止命令」「違反者には罰則」だろうが!

  〝ボーダーレス超高速無差別感染〟が起きている最中に、「渡航はひかえるように」とか「自粛要請」をしたところで、聞く耳もたない連中がいっぱいいる。

 馬耳東風と聞き流した京都産業大生の海外旅行が、レベルアップしたのではないかと疑いたくなるような「海外のキツ~イ新型コロナ」を持ち込み、次から次へと感染させたのが、いい例だ。そいつらは犯罪者だ。罰せない理由がどこにある。

 

 ②人権……「個人情報保護」という名の人権配慮が、蔓延加速の一大原因だ。

 どこの誰が陽性患者で、どこで誰と濃厚接触し、どこの何に手を触れまくった接触したとか、どこで飛沫を飛ばしたといったような危険重大情報が、人権という名のもとに「隠匿」されるから、何の罪もない人や何の関係もない他人が「知らないうちに感染し、死んだ」という状況が現出しているのだ。

 他人が気をつけたり注意するようにするために、罹患者の個人情報を強制的に開示できるようにしないと拡散は防止できない

 

 志村けんのコロナ死で、実兄が遺骸に触れられず、遺骨箱だけ受け取ったと話し、それが報道されて初めて、「エッ、そうなんだ」「そんなに怖い菌なんだ」と知った者がほとんどだろう。

 今まで、そういうことをいった医師は一人もいなかった。

 「そのことは隠せ」と国からいわれていたのか。それとも、テレビに出てきて解説している医師たちが無知だったのか。

 

 ③過信と軽視……この〝二律背反もどき〟が〝ころなっち〟の超拡散のキーワードだ

 クドカン(宮藤官九郎)がいみじくもいった。「過信していた」と。去年のNHK大河「韋駄天」のシナリオを書いているから〝オリンピックの呪い〟かも。

 

 志村けんの死も、コロナへの軽視と「俺は大丈夫だ、罹患するわけがない」という過信が招いた。野球選手、サッカー選手なども皆、そうだ。

 飲酒とコロナの関係についても、医師らは明確なことは発言してこなかった。

 推測、可能性として、危険と思われたことは発言し、注意を喚起すべきだったのではないか。

 医者どもの怠慢がコロナ拡大を招いた一要因でもある。

 

一方、「軽視」といえば、絵コンテがデタラメだったのは世界最多コロナ感染超大国イタリアのコンテ首相、のんびりチェスにふけっていたのは同じくコロナ超大国スペインの妻感染サンチェス首相らは、中国の武漢の事態を軽視し、初動対応を誤った

 

 トランプもひどい。コロコロコミックならぬコロナコロナパニックに宣戦布告ってか。おそすぎるがな。

 武漢以後、イタリア、スペインなどヨーロッパ諸国に拡散しているのを見て「対岸の火事」視し、アメリカは大丈夫発言を繰り返し、強硬な防疫体制を取らなかったために、みるみるうちに、〝コロナが超高度成長〟を遂げ、世界に冠たる〝コロナ超大国〟となった。

 足元に火がついてから、カネにものをいわせて、後手後手の対策を打っているが、トランプタヌキの皮算用だ! 

 

【小池百合子】 のぎん好き女、危険につき、要注意!

 トランプ〝軽視〟大統領、後手後手の安倍〝ゴテノミクス〟首相と思っていたら、今度は〝不安アオリイカ都知事〟のお出ましだ!

 あおる、煽る、不安をあおる都知事再選狙いの小池百合子は、要注意。

 前回の選挙時のやり方を見れば、ようくわかる。

 この女、引っ掻き回すの大好き! パフォーマンスにつき要注意だ!

 

【音喜多駿】 こいけ、たおせ!

 小池に煮え湯を飲まされた音喜多駿よ、都議会議員から参議院議員になった根性を、今度は都知事選に向けよ。

 再選を阻止するくらいのド根性を持って、おまえが立て! 

 立候補して、小池に裏切られたてんまつをまくし立て、厚化粧のタヌキの化けの皮をひっぺがしてやれ! 

 

【そのまんま東】 このまんま西枕者続出でいいのか! 

 鼻眼鏡でのんきに評論こいてんじゃねえぞ。

 菊池桃子じゃ、役不足!

 音喜多では知名度に難があると思うなら、〝とうがん(冬瓜)ハゲ〟そのまんま東よ、おまえが都知事選に立て! 

 義を見てせざるは、つるっぱげだ!

 応援参謀にたけしをいただいて、築地の〝アオリイカ女〟小池百合子を打倒せよ!

 

 今日のクルクルパ~ンデミック毒演会は、ここまで――。

(城島明彦)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »