« 新コロナウィルス蔓延は〝ドジ連鎖〟にあり! 武漢のドジ、中国のドジ、ダイアモンド・プリンセス号のドジ、WHOのドジ、日本の厚労省のドジ…… | トップページ | 短編小説『春の日の花と輝く ~わが初恋は、ラベンダーピンクに揺れて~』 »

2020/02/20

どこの誰が「ダイヤモンド・プリンセス」号の救出に関与しているのか!? 国家プロジェクトメンバーの氏名を全員公表せよ!

「東京五輪中止」も視野に入ってきたぞ! 国会で「花見の会」がどうのこうのと延々やっている間に、疫病が蔓延し、人が死に、国家的威信を急凋落させた日本の危機管理対策のあまりのお粗末

 

 ゴジラ映画を始めとする映画では、国を挙げての危機管理体制が構築され、総理大臣が指揮を執る様が、面白おかしく描かれるが、日本では、でたらめばかりが罷(まか)り通っている

 

  カルロス・ゴーンの税関スリ抜け国外逃亡事件

 そして今回の

  ダイヤモンド・プリンセス号を「水際」でどう「手際」よく処理するか事件

 

 この二件には、日本の国家的威信がかかっている。

 

 その防御対策法いかんではでは、

 「日本はすごいな」

 と世界に思わせることができた。そうなれば、国家的威信の向上である。

 

 しかし、それは夢のまた夢に終わってしまったどころか、日本は世界の嘲笑の的となってしまった。

 

 国会議員連中は「口先だけは達者なアホ」の集まりか。

 国会では、連日、「花見」の件ばかりが繰り返し延々と質疑されているというお粗末。

 

 ネットでは、神戸大学(感染内科)の岩田健太郎教授が国のやり方に「ゾーニング」(安全域か否かの区別を明確にすること)
等で異議を突き付け、世界的な大騒ぎになっている。

 ただし、この人も、たった2時間しか船内の様子を見なかったようだが、自分のやり方と厚労省がイニシアティブをとって設置した対策チームのにやり方が違うとイチャモンをつけたわけだが、では、今の検疫チームには、どういう大学のどういう教授やどういう医院のどういう医師らがスタッフに関わっているのかは、一切わからない。

 ゾーニングについては、(レベルのほどは不明確だが)「5日にすでに実施されていた」とされているが、岩田教授はこを知らなかった。

 政府も、船側の責任なのか、厚労省側の責任なのかは不明だが、もっとスピーディーに国民が安心できるような情報を次々と手際よく開示しないから、こういう厄介な問題がおきるのだ

 しっかりせんかい、安倍政権!

 

 〝岩田教授の反乱〟には、当然、医学界の派閥地図も当然絡んでいて、岩田教授はチームに入れてもらえなかったという「私怨」も当然告発の背後にあると推測しなければならないだろう。

 

 岩田教授が発信した動画はあっという間に世界に拡散し、「日本外国人特派員協会」は、岩田教授と回線でつない記者会見を開催し、各国の駐在員が質疑応答をし、それが本国のテレビを通じて報道されるところまでいっている。

 

 岩田教授の毀誉褒貶は、内々の恥(日本の恥)を世界にさらしたという点では、今後バッシングを受けるかもしれないし、厚労省や他の権威を公然と批判したことで、いずれ、国立大教授という地位を失うかもしれない。

 

 しかし、岩田教授がいっていることが間違っているわけではない。

 それならそれで、ネットで発言する前に厚労大臣あるいは安倍首相に、直訴とか提言すべきだったのではないか。

 それとも、そうしたにもかかわらず、安倍首相やら厚労大臣が聞き入れなかったから、しっぺ返ししたのか?

 直訴・提言したとしても、どれくらい力のある人物にそうしたかが問われる。

 予算委員会が行われている最中なので、質問に立つ野党議員に直接電話するなりして、問題点を訴えるという手もあった。 

 

 そうしたことをやらずに、「日本のやり方はおかしい」とSARSなどの鎮火にも関わった専門医がネットで世界に発信することは、「日本を売る」という行為に取る者も当然出てきて、痛くもない腹を探られかねない事態にも発展する。

 

 本日(2月20日)には厚労省職員と内閣官房職員まで感染していたとの記者発表があった。

 さて、この次は国会議員か、大臣か、総理大臣か?

 ボーッとしてんじゃねえぞ! 

 

 医師も罹患しているが、黄熱病の研究をしていた野口英世がアフリカで黄熱病に罹患して死んだ例とは、比較にならないお粗末さだ。時代も違うし、化学・医学の進化レベルは、当時とは雲泥の差がある。

 

 「後手後手JAPAN

 「お粗末防疫体制国家、NIPPON

 というイメージを世界に与えてしまった。

 誰にその責任があるのか。複数の戦犯は誰なのか。

 安倍政権も情けないが、野党連中も、「花見の会がどうの」などとクダラナイ質問ばかりしていないで、人の命がかかった「新型コロナウィルス蔓延事件」の防御・撲滅対策に関する代替案を明示しながら、実名を挙げて政府を責めるくらいの根性を見せたらどうなのか。そうすれば、支持率もあがるぞ。

 

 東京五輪まであと半年しかないが、新型コロナウィルスは終息するのか?

 東京五輪は過去に1回中止になったということを忘れてんじゃないだろうな。

しっかりせえよ、ニッポン政府!

(城島明彦)

« 新コロナウィルス蔓延は〝ドジ連鎖〟にあり! 武漢のドジ、中国のドジ、ダイアモンド・プリンセス号のドジ、WHOのドジ、日本の厚労省のドジ…… | トップページ | 短編小説『春の日の花と輝く ~わが初恋は、ラベンダーピンクに揺れて~』 »