« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019/09/30

見て不快な慰安婦像(トリエンナーレ事件)は、「表現の自由」をはき違えている

「表現の自由」といっても、公序良俗に反するものは許されてはいない

 

 昭和30年代後半から40年代後半(1960~1975年頃)くらいまで青春時代を送った私のようにな世代では、「表現の自由」をめぐって思い出すのは、裁判沙汰になった以下の2件だ。

 古くは作家伊藤整の翻訳『チャタレイ夫人』。

 作家野坂昭如(あきゆき)の小説『四畳半襖(ふすま)の下張り』。

 今の「わいせつ概念」からすれば、「こんな程度で?」と誰もが思う内容だが、当時は「表現の自由」からは逸脱していると判断されたのである。

 今では、浮世絵の交接個所の描写が、デフォルメされてはいるが、そのまま出版される時代になった。

 このように、わいせつの概念や表現の自由に対する考え方は、その時代の思想や社会的状況の影響を受けるのである。

 

 

「宗教の自由」がオウム真理教の無差別大量殺人を可能にした!

 

 社会主義国や共産主義国では、映画・絵画や新聞・テレビ・ラジオ・雑誌などのメディアに対する厳しい制限――検閲ないしはそれに近い抑圧――がある。

そういう不自由は、日本はない。われわれ日本人は、犯罪を犯さない限り、何でも自由に発言できるし表現も出来る。それが自由主義だ。

韓国も表面的にはそうなっているが、国民への「反日思想」の教宣(プロパガンダ)が存続する限り、真の自由主義とはいえない。かつてのナチスドイツと一脈通じる恐怖がその背後に見え隠れする。慰安婦問題は口にするが、ベトナム戦争のときに韓国軍がベトナムの婦女子に働いた「おびただしい件数の性暴力と私生児誕生」にはホッカムリだ。

 

 「宗教の自由」の名のもとに、サリンを製造して無差別殺人を行い、国家体制を転覆しようとしたのはオウム真理教だった。「〇〇の自由」には、こういう危険性が伴うことを強く認識しないといけない。

 

 

バラバラ死体をテレビニュースは写さないのは「表現の自由」に反するのか

 

 一般人の感覚で、わいせつと判断されるものや犯罪がらみのもの、生理的に不快感を覚えるもの(目をそむけたくなるような不快感を催すもの)、人道的に許されない残虐でむごたらしいもの、被写体となる人の人格を毀損するものなどは、「表現の自由」から除かれても文句はいえない。

  処刑される俊寛の写真や再現VTR

  バラバラ殺人する写真やVTR

  セックス中の場面

  赤ん坊が顔を出した出産中の妊婦の秘所をアップで写したVTR

  強姦された若い女性の局部アップ写真やVTR

  首を吊った人の写真やVTR など

 短い言葉でいうと、公序良俗に反する表現は、公的な展示や露出は出来ないようになっている。その判断の前提となっているのは「節度」だ。

 開催県愛知の大村 〝カトちゃんペッ〟知事は、みそもクソも一緒くたにして、補助金は出さないといった国と裁判で戦うと息まいている。何を考えているのだか。国民の税金を「反日運動」に使って喜ぶ国民や企業がどこにいる。愛知県の税収の大本のトヨタの意見でも聞いてみたらどうなのか。

 

 

なぜ表現を制限しなければならないのか

 

 「表現の自由」と謳いながら、実態は、何でもかんでも自由ということにはなっていないのだ。

 なぜ、そうしているのか。

 わかりやすい例でいうと、心身ともに未発達な幼児などの子供の身体や精神の成長に悪影響を与えるからだ。

 

 たとえば、トリエンナーレで、親と一緒に「慰安婦像」を見た児童は、自身では正しい判断が下せないから、その説明次第ではゆがんだ印象が脳裏に強く刻まれる。韓国の児童らがまさにこれだ。

 慰安婦像は、芸術性を云々する前に、日本を攻撃するために造られた〝政治的な意図のある像〟である。

 この像のことを幼児や子供に説明する(思想教育をする)なら、中立的な立場で説明しなければならない。 

 朝日新聞などは、「表現の自由」を悪用し、事実に反する慰安婦の情報を記事にした。事実でない報道は、読者を裏切る以外に「洗脳」という役割も果たした。

 「表現の自由」には、こういう利用のしかたもあるということを忘れてはならない。 

 

 

多くの日本人が嫌がっている慰安婦像をなぜ日本人が展示するのか

 

 さて、今回のトリエンナーレで問題にされた慰安婦像である。

 アメリカの公園にまで展示されている慰安婦像を喜んでいる日本人は何人いるのか。

 日本は、太平洋戦争に突き進んで敗戦国となり、屈辱を強いられた。

 それは1945年で終わった戦争だ。

 その反省に立って、日本は敵国だったアメリカの庇護を受けて〝奇跡〟ともいわれた経済成長を成し遂げ、平和国家となったのだ。

 それから74年もたつのに、韓国は、事実関係を捏造してまで慰安婦問題をくり返しくり返し持ち出すことで、日本に嫌がらせをしてくる。

 

 日本は、前を見て進んできたし、今もそうしている。

 だが韓国は違う。うしろばかり見ている。

 

 そういうゆがんだ考えを一変させるべき若い人たちが出てこないのは、洗脳されてきたからだ。つまり、教科書で「反日思想」をたたき込まれたからだ。これは個々人の責任ではない。国家の犯罪だ。

 

 飛躍するのに自身ががむしゃらに努力して国家としての地位、民族としての地位の向上を図ろうとするのではなく、特定の他人(日本人)や他国(日本)を(仮想敵国として)おとしめることで、自身の国家や民族の相対的な地位向上を図ろうとしてきた。

 非常にマイナーな暗くて情けない戦略といえる。

 人の悪口をいいふらしまくって、自分の評価を高めようとする人間は、誰からも信用されず、人格を疑われるだけだ。

 このことを韓国人は、強く認識しないといけない。

 

 そこに韓国の悲劇がある。

 韓国が飛躍するには、いつまでも過去にとらわれず、明日を見なければならない。

 こんなわかりきったことをできないと、国際社会からどんどん孤立していくだけだ。

 『反日種族主義』という本が韓国でベストセラーになっている。この本を支持する人とそうでない人は相半ばするといわれているが、国家が隠してきた真実の姿を知るようになるのは、いい傾向だ。

 

 

百年の計は教育にあり 

 

 日本は、明治維新を迎えたとき、先進の西欧のやり方に学んだが、最も力を入れたのは教育だった。

 百年の計は教育にあり、だ!

 一度約束したことは、どんな犠牲を払っても守るのが、人の道、国家としての道ではないのか! 

 韓国もそうすべきではないのか。それにはまず、韓国の若者が「反日思想」「嫌日思想」から脱却して、前向きな未来志向を心がけ、国を再建するしかないのだ。国を変えなきゃ、韓国の未来はない。心ある韓国の若者は立ち上がれ!

(城島明彦)

 

2019/09/29

「コンプライアンス違反の〝悪徳〟企業」(幹部が金品を不正受領した関電、日産ほか)に「詐欺罪」を適用せよ

コンプライアンスが聞いてあきれる。「上場禁止」にするなど、違反企業を厳罰化せよ

 

 どの企業も、HPを見ると、そうするのがごく当たり前のように「コンプライアンス遵守」などと書いてある。

 にもかかわらず、日産のゴーン、西川両トップらの「企業の私物化による私腹肥やし」に続いて、関電の幹部多数が関わっていた「不正金品授受」が表ざたになった。

 これが「コンプライアンス違反」でなくて何なのか。

 

 ここで警鐘を鳴らしたいのは、

 「コンプライアンスという言葉が空文化・死文化していないか」

 ということだ。

 

 コンプライアンスに反する行為をしたトップが謝罪・退任して、それで終わりにしている上場企業がなんと多いことか。

 詫びておしまい。それでいいのか!

 コンプライアンスを「なめている」いや「なめきっている」としか思えない。

 なめていないなら、

 「違反したときは、トップ退任などの責任をとります」

 「上場廃止にされても構いません」

 などと、堂々と書き添えて宣言したらどうだ。 

 

 企業トップはその企業の代表者だ。

 企業トップの言動は、その企業を象徴している。

 その象徴が、HPで謳った「コンプライアンス宣言」に反するような犯罪や犯罪まがいの行為に走ったことが露見したら、その企業の社風や企業行動そのものへの責任が問われることになる。

 

 トップがコンプライアンス違反を犯した上場企業は「上場廃止」にするくらいに厳罰化せよ。

 そうでもしないと、コンプライアンスという言葉や概念に対する認識を甘くみる企業が今後も絶えないのではないか。

 正義感を失っていない弁護士や法律学者たちよ、立ち上げれ!

(城島明彦)

2019/09/28

〝市原の強突くババア〟(ゴルフ場オーナー)「鉄柱倒壊は天災だから補償しない」だと! 手抜き工事を徹底チェックし、ババアに鉄槌(てっつい)だ! 

先の台風15号で民家を押しつぶしたゴルフ場の鉄柱倒壊は、天災のせいとどうしていえる?

ババアの言い分は、東京電力の弁明と同じだ。

 

 万全の備えをしたが、それでも台風にやられたのであれば、「天災のせい」といえるが、「以前の台風襲来時にはネットを外していたが、今回ははずさなかった」という近隣住民の証言も、すでに報道されている。

 となると、「天災への(万全の)備えを軽く見ていた」「危機管理を怠った」ということになる。

 

 事前に何らかの対策を打っていたら、対策を風速がどんなに強くなっても、工事の仕方次第では、びくともしなかったかもしれないではないか。

 

 台風予報はされていたのに、「そんな大きな台風が来ることなどない」と、勝手に高をくくって、何の対策・備えもしなかったのだ。

 安全対策を軽く見た落ち度は当然負うべきだ。

 手抜き工事なら「未必の故意」で法的な天罰が下る可能性もある。

 

 民家にしても、一律に屋根が吹き飛ばされたというのは、おかしい。

 被害を受けた家には気の毒だが、すべての家の屋根が吹き飛ばされたわけではない。

 築年数の違い、工法の違い、建築材料(木造か鉄筋か)の違い、立地条件の違い(隣に風をさえぎる背の高い家屋があるかないか、林やビルがあるかなど)といった、さまざまな条件で、被害の度合いは当然異なる。

 

 保険会社の調査と国や県や市区町村の調査とでは、被害度の見立ても異なってくる。それらを突き合わせて、総合的に判断する必要がある。 

 まずは科学的検証をスピーディに行い、しかる後に人道的な面も加えた補償を考えるべきではないか。

 「強突く」(ごうつく)とは「強欲」のことだ。 

 

  ※以下は追記 (10月10日に記す)

 「未必の故意」がわからないという人がいるので、わかりやすくいうと、本件であれば、

 「強烈な台風が来たら、鉄柱が倒れるかもしれない」

 と思いながら、何の対策も講じず、そのままにしておいたら、矢張り鉄柱が倒れたことをいう。

 この法律用語は、私が早稲田大学政経学部1年生のときに「民法」の試験に出たので、以来、頭にこびりついている。

(城島明彦)

2019/09/27

貴景勝の相次ぐケガは河野景子(元親方夫人)の呪いか

稀勢の里と同じ「大胸筋断裂」は、〝大凶禁〟を暗示か?

 

しこ名の断裂

 貴景勝というしこ名は、

  師匠だった貴乃花の貴 自身の本名である貴信の貴

  師匠夫人だった景子の景  ※戦国武将上杉景勝に因むだけではなかろう

  勝利の勝

 と解釈できる。

 要するに、貴景勝は二子山部屋の親方貴乃花(花田光司)と景子(旧姓河野)夫婦の夢と希望と愛情から生まれたしこ名(四股名)だったのである。

 だが、貴と景は夫婦別れした。つまり、親方夫婦の間に「亀裂」(=断裂)が入ったのだ。

 日馬富士事件(貴乃花の弟子の貴ノ岩に同じモンゴル出身の横綱日馬富士が暴行、引退に追い込まれた事件)で、貴乃花は相撲界を引退20181月、貴乃花の二子山部屋は消滅。次代の相撲協会理事長の目は消えた。

 退職が正式に決まった201810月、貴乃花は長年連れ添ってきた景子夫人との離婚も公になった。結婚したのは1995年だから23年間の結婚生活ということになる。

 

ちゃらちゃらした家系(貴乃花一族 )

 河野景子は元フジテレビの人気女子アナだったが、貴乃花の父で親方でもあった貴ノ花(初代)は、女優藤田憲子と結婚したが離婚。

 スッチーと結婚した貴ノ花の長男〝お兄ちゃん〟こと若乃花(2代目若乃花。初代は叔父で名横綱若ノ花)も離婚している。

 どことなく〝派手でチャラチャラした家系〟のような印象を受ける。

 

相撲部屋消滅で「はい、さようなら」と離婚

 貴乃花は、相撲は強かったし、相撲道も共感を呼ぶが、いっていること、やっていることは〝どこかヘン〟だ。

 そうです、貴乃花は〝ヘンなおじさんです

 へんといえば、最近時々テレビに出る貴乃花の長男(優一)も、どこかヘンだ。

 

 河野景子は、元女子アナだけに、一見、まともで立派なことをいっていたように思えるが、貴乃花を陰で支えてきたように演技していただけ。もとはといえば「できちゃった婚」に「ブチ切れ離婚」の適当な女。日馬富士事件という肝腎なところでは、体を張ってでも夫の暴走を諌止(かんし)できなかった。

 もっとも離婚に至るまでには、さまざまな問題・要因があっただろうが、そういう深いところまで理解ができない第三者の目には、そう映る。そもそも河野景子は、今日のようにタレント化した女子アナの元祖的存在だったのだ。

 

 となると、河野景子も、やはり打算まみれの〝ヘンなおばさん〟の範疇に入るのだ。

 部屋が消滅したら、「はい、さようなら」では、相撲ファンや世間が許さぬ。

 それを平然とやってのけたのが、河野景子という魔女だ。

 ――というのが、私の考えである。

 

大胸筋断裂という爆弾

 さて、ここからが貴景勝の前途に関する本題だ。

 貴景勝は、稀勢の里に次ぐ日本人横綱として期待されてきたが、関脇に転落した夏場所で10勝以上(123敗)の好成績を残し、大関復帰を決めた。

 その根性は見上げたもの。だが、あとがいけない。

 その代償として、全治6週間とされる「大胸筋断裂」という大けがを負い、来場所は欠場見込みなのだ。

 思い浮かべるのは、稀勢の里。

 稀勢の里は、大胸筋断裂が完治せずに引退に追い込まれた。

 それくらい大変な負傷が大胸筋断裂だ。

 

 大胸筋は、その名が示すように胸にあり、腕をうごかす大きくて広い重要な筋肉である。

 立ち合いで、相手の力士の頭や手や体がそこにぶち当たれば、それだけでも大きな負担がかかる。組んでも押しても投げても、大胸筋を使う。

 そういう部位の筋肉は、完治しにくい。騙しだまし使うという小細工がきかない

 

 稀勢の里は、横綱だったから何場所でも休場できたが、貴景勝はそうはいかない。

 2場所休んだら大関から陥落する。

 そうならないように、無理に出場するしかない。

 厄介なことになったものだが、貴景勝には力士としての魅力がある。

 何とか完治させてあげたい。

 

貴景勝の最近の5場所の成績

平成3011月場所 小結 132

平成311月場所  関脇 114

令和元年5月場所  大関 348

令和元年7月場所  大関 全休

令和元年9月場所  関脇 123

 令和元年11月場所  大関 ?

 

(城島明彦)

2019/09/24

ドラゴンズ、5連勝(対戦相手De・ヤ・広・神2連戦)なら3位だ!

昨日の広島戦での負けは大きいが、まだ一縷(いちる)の望みはあるでよ

 

 中日は、絶対に勝たなければならない昨日の広島戦に延長戦で負けた結果、残る広島戦を含めて5試合全部に勝たないと、勝率で広島を抜き去ることができなくなった。

 

 ここぞという一番で勝てないというのは、底力がないということだ。

 ドラ戦士は、このことを頭と体に叩きこんでおかないといけない。

 

 ドラゴンズのヨーダ(与田)監督は、スターウォーズのヨーダの力を借りて、久しぶりのAクラス入りを勝ち取れるのか。 

 せめて最後ぐらい、意地と根性を見せなあかんで! 

 最後の最後(最終戦)まで、1つでも星を落としたら承知せんぞ!

 (城島明彦)

2019/09/21

〝殺人企業〟東電の元経営陣は無罪ではない! 「万が一」をなめてかかった経営判断の誤りだ!

「経営陣の危機管理が大甘」だったから事故は起きた

 

 福島第1原発事故で、東京地裁は「東電旧経営者3人は無罪」という判決を下したが、巷にはブーイングの声が満ちあふれている。

 何事も、突然起こったように見えて、必ず〝前兆〟〝予兆〟がある。東北大震災も同様だったが、察知できなかっただけだ。

 

富士山が大噴火する

 と警鐘を鳴らした研究者がいたが、それを真に受けて疎開した関東圏の人はいなかった。

 

第三次世界大戦が勃発するといって、庭に水爆にも耐えられる防空壕(シェルター)を作り、2、3年分の食糧を備蓄した」

 という人が過去に実際にいたが、そういうニュースが流れると、

「ばかなやつだ」

 と、ほとんどの人が嘲笑した。

 

 だが、原発事故の怖さは、チェルノブイリ事故で誰でも知っている。

 しかし、あれはソ連(当時)の危機管理に問題があっただけで、管理体制を盤石にすれば原発事故など起きないと、日本では考えてきた。軽く見たのである

 

「原発を15メートルを超える大津波が襲って破壊する可能性なきにしもあらず」

 という国の報告書が出されたが、東電の経営者は、

「そんなことはありえない」

 と軽く考えたから手を打たなかったのだ。

 一言でいうと、

「用心深くなかった」

 のだ。

 

 「被ばく」する危険性と隣り合わせの「原発」という施設や設備で「電気」を製造している会社と、コロッケや鉛筆を製造している一般企業とを同一視することはできないのだから、危機管理に対する考え方が均一であっていいわけがない。

そこまでやるか、と思えるくらいの過剰防衛体制を構築したか否か」という視点で、経営者の判断をチェックしないといけないのだ。 

 近年の地球は、昔とは違っている。東北大震災のときも、地球の温暖化、天候異変、海流の蛇行異変、生態系の激変など、さまざまな面で、昔とは地球環境が様変わりしていた。

 そういう時代になっていると認識すれば、

「過去の定規・尺度に当てはめる危機管理では危ない」

 ということは容易にわかる。

 だが、東電のトップ連中は、

15メートル級の大津波など、来るわけがない。そんなものに大金を投じるバカがどこにいる」

 と考えたから、何も手を打たなかったのだ。それは明らかに「経営判断のミス」である。

  

東電と京アニ事件の共通点 

 

  京アニ事件にしても、

「見たこともない狂人がいきなり現れて社屋にガソリンをぶちまけて火を放つ」

 というような事態は、常識では想定できない。

 だが、自由に誰でも出入りできないような厳重なセキュリティが施されていたら、あそこまではいかなかっただろう。

 そう考えると、危機管理に誤りがあった。

 

「どこまで危機管理を行うか。(万が一を超える)〝億が一〟とか〝兆が一〟といった確率で起こるかもしれない出来事や事件に備えて、大金を投じるか否か」

 は経営陣の判断になる。

 つまり、東電事故は同社の経営陣に責任があったことは明白で、国にも監督責任があったといえる。

 さらにいうと、京アニの社長にも危機管理を軽く見たという点で経営責任があるということになる。

(城島明彦)

 

2019/09/20

長生きの秘訣は自虐ネタ「老醜を 笑い飛ばして ボケ知らず」

「迎秋! いろは川柳狂室」(ジジババ〝自虐〟番外へん)の開講だよ

 

 「いろは」は「以呂波」と書きますが、それじゃあ、おもしろくありませんで、ここでは「異老婆」と書いて、「いろは」と読むんですぞ。

 むろん、こじつけですがな。かたいことはいいっこなしでございます。

 

 男は強くなければいけません。女にもてなければいけません。クールでなければいけません。

 剣豪なら、さしずめ眠狂四郎ってぇところですかな。

 さよう、令和のキーワードは「狂」であります。

 女優ならば、昭和であれば、狂マチ子に岸田狂子、平成ならば小泉狂子に鈴木狂香に深田狂子……。

 時代は令和に変わりましたが、「狂」に変わりはないのですぞ。

 そうなのら、狂は永遠に不滅なのら!

 てなわけで、令和元年、「異老婆川柳狂室」の開講であります。

  

 人間は、やっかいですな。

 ジジババになって、姿かたちが汚らしくなってまいりますてぇと、ボーッと生きてるくせに、意固地になりますな。

 羞恥心てぇものがありますからして、自虐ネタを飛ばすには勇気がいりますな。

 自意識過剰てぇやつですかな。

 

 そういう生き方をしているから、ボケてくるのでございます。

 

 ♪コッ、コッ、コッ、コッ、コケッコー、私はミネソタの卵売り

 という大昔(1951〈昭和26〉年)に流行った歌「ミネソタの卵売り」(林家木久扇がテレビでときどき歌いますな)の歌詞をもじって、

  

 ♪ボッ、ボッ、ボッ、ボケッター、私はミネソタのボケ老人

 と笑いながら自虐的に大声で歌えるようにでもなれば、一人前であります。

 

 この替え歌か、「少年探偵団」の替え歌がよろしいいでしょうな。

 ♪ボッ、ボッ、ボケたら老年探偵団

 

 同じボケるにも、陰々滅々ではなく明朗快活でありたいものですな、御同輩!。

 

 そうなる前の「ボケ防止」には、屁をひねり出す要領で、自虐ネタを織り込んだ川柳を連発するのが一番の薬ですぞ。

 というのが、オイラの説でしてな。

 

 自虐川柳といっても、難しく構えるには及びませんでな。

 うまいへたは関係ありませんぞ。

 あれこれ思案するには及びませんや。

 思ったままを、そのまま「五七五の句」にすればよいのでありましてな。

 

 講釈はこのくらいにいたしまして、あっしが先日、下痢便のように次から次へとひねりだしたる「いろは川柳」を列記しておきますので、参考にしておくんなさい。

 

 ……いけませんわ いわれてみたい もう一度

    色気なし 食い気はありの くそババア

    歯の治療 巨乳看護師 目当てです

    はめますよ できたて入れ歯に 息荒げ

    色の道 やめられません これだけは

    いけません お菊にバイブは やめなはれ

    いやんばかん(馬韓) 弁韓(べんかん)辰韓(しんかん) 歴史で習った?

    言い出しっ屁(ぺ) くそうてたまらん めまいした

    インキンに タムシに水虫 あゝいやだ

    飯田橋 わたしのハシは 朱塗りだよ

 ……老人と なめたらあかん 金あるぞ

    ローソンで サラミくわえて 110番

    挟んでと いったら店員に にらまれた

    老骨に ムチを打ったら 死んじゃった

    ローソクを 見るたび股間 ひくつかせ

    論よりしょうこ はいだしょうこに 中川翔子

    ロケットを 飛ばす夢見て 寝小便

    六回も 挑んだ爺さん 恥骨骨折 (R15)

 ……はさまった 電車のドアで 昇天だ

    はらみたい だけど私は 九十歳

    歯が痛い 高い治療費 もっと痛い

    俳諧師 芭蕉も最後は 徘徊か

    歯抜けババ オペラはだめでも おフェラOK

    恥ずかしい 年でもなかろう 青姦どうや

    発車オーライ 気づけばベッド 水びたし

    半ズボン 気づけばキン〇マ 丸出しだ (R15)

 ……にんにくと スッポン食って 鼻血ブー

    妊娠と いってみたいが わし、男

    人間じゃ わたしゃ干物じゃ ありません

    肉がいい 糸こんにゃくは いりません

    にっこりと 笑っただけでも 不気味なり

    肉食って 精力つけて どうする気

    にじみます ぼやけています ジジイ検眼

 ……ほんのりと 頬赤らめた 日もあった

    包帯を 巻いて膨張 チ○コいてて

    ほめ殺し されていきたや 天国へ

    ホステスの 種類が増えて じじ迷惑

    ほっといて インキンたむしは 持病です

    ほじくって ほじくりまくって 鼻血出し

 ……屁が出そう 思う先から ブツも出る

    へモリンド 妙な名前と 屁をこいた

    変態と いわれるほどの 趣味はなし 

    変態と いわれてもいい 覗きたい

    どうなのよ 興味津々 おばば観音

    ドスケベは どっちと口論 じじとばば

    へぇそうと 軽くあいづち へそのゴマ取り

 ……トカチェフを まねて爺さん 腸ねん転  ※トカチェフは体操の難しい技だよ

    東海の 小島の磯で パンツ洗濯

    トトカルチョ 冥土のみやげに やりたいな

    どっちみち 死ぬのだからと かき口説く

    トンカチを 持って外出 はい尋問

    まるでトド こんな女房は もうイヤだ

    床上手 ブスでいいから 雇いたい

 ……違います わたしゃ百恵じゃ ありません

    誓います 二度と寝グソ いたしません

    チンドン屋 後を追いかけ アメ配る

    千鳥足 股間もっこり やめなさい

    知恵故障 安達太良山(あだたらやま)で 迷ったわ

    チンくわえ むせたら出たよ ソーセージ (R15)

    痴漢だと 叫ぶお前が 痴漢じゃよ

 ……臨終の 床で一発 大放屁

    リモコンを お股に入れては いけません

    りちぎだね パンツもシャツも 二度洗い

    リーバイス 禿げた頭に つけている

    離婚して 家事ができずに 大弱り

    理由など どうでもいいのよ したいだけ

 ……ぬらりひょん ちびったときの 合言葉

    ぬくいわね ハッと気づけば 漏れていた

    ぬいぐるみ ベッドにあふれて 転落死

    ぬかずけを やりたいとゴネ クソもこね

    ぬるぬるの お股こすれば 即昇天

    抜き差しを やってみたいが 不如意なり

    ぬけめなく 遺言見せて サイン迫る

 ……ルンバ買い チン〇吸わせた ジジイあり (R15)

    留守がいい パンティ、ブラジャー 盗り放題

    ルーズソックス 頭にかぶった お年寄り

    ルービック キューブにはまって はめまくる

    ルーマニア それってどんな マニアなの

    瑠璃(るり)も 玻璃(はり)もキンタ〇も 磨けば光る

    ルック・アット・ミー 外人相手に 股ひろげ (R15) 

 ……お下劣の どこが悪いと 屁こきブンブン

    お品書き 選び疲れて 小休止

    お刺身に お醤油たっぷり お大事に

    おしろいで 遊ぶ快感 教えたの誰

    おおこわい 女房の頭に 角を見た

    おしっこを 飛ばす競争 やめなさい

    おっちんだ おちんちんを おいたして (R15)

    おしっこを もったいないと 飲んでいる

 ……うしろから ワッといったら 死んじゃった

    和食大好き いいつつ食べる ナポリタン

    わかってる わかっていない 花占い

    わだかまる 夫婦の溝や 半世紀

    われもこう 名前を聞いて 発情し

    和姦だヨ 問われもせぬのに 婆さん笑う (R15)

    若ければ 誰でもいいから 抱っこして

    われめちゃん そっと小声で 呼んでみる (R15)

 ……閑古鳥 鳴いてる店の 看板婆ァ

    鹿島立ち やってみたいが 足腰立たぬ

    紙袋 火で遊んでは いけません

    カーテンで 体くるんで アンコール

    カード詐欺 かかったふりして 暇つぶし

    カンジダも スピロヘータも 飼いました (R15)

    カンチョーを せがむジジイの あさましさ

    カシミヤも ウンコまみれじゃ 台なしだ

 ……妖怪と いわれるほどの ババでなし

    よっこいしょ 掛け声一発 屁は二発

    ヨーイ、ドン 餅食い競争 死者続々

    よしやるぞ まだまだやれる 鼻毛抜き

    ヨガまねて ジジイとババアが 救急車

    嫁の尻 触って金出す エロジジイ

    妖艶は 誉め言葉かよ 厚化粧

    酔ったふり 入れ歯はずして フェ〇奉仕 (R15) ※フェラガモは高いぞ

 ……ダッフンだ! 志村のまねして 脱糞だ

    タンカーの 寝心地ぼやき ひと騒動

    タンカーで 運ばれる手に バイブかな

    淡白が いけなかったか 尿に蛋白

    貯め込んだ ごうつくババア 落雷死

    頼むから 静かにしてくれ バイブ音

    タマにキズ かゆくてかゆくて がまん無理 (R15)

    太陽に 向かってハックション クソも出た

    垂れ乳は 寄せてあげても 効果なし

 ……レレレのレ ろれつ回らず 補導され

    練炭で 死ねずにサンマ 焼いて食う

    レモネード ボケて注文 トルネード

    レッスンは ロープがいいか ローソクか

    連発の 記録もむなし 今は臨終

    レズバイブ ウィンウィン(win-win)の 関係だ (R15)

    レールの上 ウンコ並べちゃ いけません

    霊柩車 自分で呼んで どうするの

 ……相続と 風俗の違い つきません

    葬式用 フォト撮影中 成仏す

    早春の 土手で眺める 観音さん

    卒倒中 にやにや笑うの やめてくれ

    そうなのよ 下(しも)の毛、金に 染めたのよ

    そっとした つもりがキン〇マ 大激痛 (R15)

    爽快と いいつつベッドに 立小便

    即死だよ 太マ〇くわえて 窒息死 (R15)  ※オー! マラゲーニア

 ……ツネツネを おねだりするジジ 寝小便

    つくします 遺産くれたら そうします

    月が出た 歌うあんたの ハゲ頭

    ついてねえ 妻子は逃げる 金落とす

    付き添いの 日々に疲れて ウンコ漏れ

    つんつるてん 生まれたときも 同じです (R15)

    ついでだよ ションと一緒に いつもクソ

 ……ネコじゃらし 一人遊んで 孤独死だ

    寝ぐそだよ カリント混ぜて どうするの

    猫いらず 飲んでも効かない 肥満体

    ねぶってと 体くねらす エロジジイ

    寝ぐそして 大飯食らう 悪循環

    ねじり飴 あそこに入れては いけません (R15)

    ねじりん棒 珍宝マンボウ 天気予報 (R15)

 ……なんのこっちゃ じさまとばさまが お医者さんごっこ

    なんじゃらほい いってることが パープリン

    南天の 赤い実たべて 目を白黒

    ナースコール 押す楽しみが 忘られぬ

    何すんの 寝ている股間 覗くなよ

    何すんの スカートまくっちゃ いけません

    なめんなよ いえたらどんなに うれしかろ

 ……ラッシュアワー 止まらない屁を なんとしよ

    ランタンを 懐かしがって 家全焼

    ラッパ飲み むせた拍子に こときれた

    ラーメンに 餃子に焼きめし まだ足りぬ

    ラッキョでも 福神漬でも OKよ

    欄干の 上に登ると 駄々をこね

    ライオンに 噛まれた快感 松島とも子

 ……昔はね もてたのといって 入れ歯はずす

    むらむらと しなくなったよ 枯れ尾花

    むいてみた ジジイの包茎 大出血 (R15)

    息子にも 旅をさせると ちんこ出し (R15)

    むかっ腹 立てては 長生きできません

    むすんで ひらいて股 ひらくバアさん

 ……浮かぬ顔 寄せては返す 尿意かな

    うんちだよ 無邪気に出す手に てんこもり

    うっかりと 柱にぶつかり ごめんなさい

    卯の花の 匂う垣根は どこじゃらほい

    うたた寝の 夢にまで出る 鬼ババア

    うめき声 ではありません 地声だヨ

 ……遺産じゃない 胃酸過多だよ このワシは

    イカとタコ 足の本数 わかりません

    石臼で 餅はつきたし 尻もち嫌だ

    いしみたい いわれてたあの頃 懐かしむ (R15)

    痛いよと いっている間に 遺体かな

    いけません あそこのシラガを 抜くなんて

    隕石(いんせき)を のどに詰まらせ 眼を白黒

    勇ましく 軍歌を歌って 死ねたらな

 の……のんびりと 日向ぼっこに スズメバチ

    野菊咲く 山にあったよ 野糞(のぐそ)の墓

    残り香は うんこの臭い 悪夢かな

    飲んで寝た ババアの股ぐら 見て吐いた

    ノーギャラで いいからAV 出てみたい

    のしつけて くれてやるぞと いいいたいな

    のし歩き 威張ってる夢 また見たよ

    のっけから ウンコするのは よさないか

 ……お年玉 いくつになっても もらいぐせ

    おとそです おそそじゃないよ おじいさん

    おめでとう といってるお前が おめでたい

    おのののか 舌が絡んで いえません

    お月見や 野ぐその陰の ススキかな

    オブラート どうしてそんなに ほしがるの

    オー、ノーと 英語でボケる 元教師

 ……くっさあ~ 鼻が曲がると 評判の屁

    クンタキンテ それがわかれば 高齢者

    九段坂 母は来ました 息キレた

    くそババア 透けパンはいて クソまみれ

    狂い咲き 桜はいいが ウバ桜はね

    汲み取りの 便所なつかし 夢を見た

 ……病みなれて 薬の知識 増えまくる

    やさしくね 恐ろしげなる おばばいい

    ヤットコで しらが抜く人 初めて見た

    掃除して 見つけたジジイの エロ雑誌

    やせたねと いわれてみたい ダブルベッド

    やりまくり ベッド転落 夢だった  (R15)

    やかましい 怒鳴るお前が もっとうるさい

 ……マジンガーZ! 絶叫したら 脳溢血

    まろとまら 一字違いで 放送禁止

    マネキンの 裸見つけて しがみつく

    まいったなあ AVコレクター 元校長

    まっとくれ いいつつかます 最後っ屁

    まいったよ またおもらしの 言い訳だ

 ……化粧して 体くねらす ハゲ頭

    けったいな 体位をせがむ ボケ老妻

    検便を やたらとせがむ 変態爺さん

    けつ拭けば ジジイうっとり 身もだえる

    ケツ拭いて 手を洗わずに クサヤ出す

    結構だ! ケツをまくって 舐めさせる

 ……ふんどしを つけてみたらば 玉ぽろり (R15)

    不思議だね おしべとめしべ 高齢くどき

    富士登山 やってみたいが 足腰立たず

    風鈴に 合わせて揺らす 玉袋

    不甲斐なや 揉めど擦れど 応答なし (R15)

    風俗は 好きでもエイズ わしゃ嫌よ

    ふがいない わが身を叱咤 屁を放つ

    フェ〇得意 入れ歯はずして 大奉仕 (R15)

    ふがふがと いってる割には よく飯を食い

 ……こしひかり 食べるおやじの 頭光る

    後悔は 先に立たず わしも立たず

    困ったな 知恵が回らず 体ぐるぐる

    公園の ベンチでゴロ寝 逝ってらっしゃい

    こぶくろを 聞きつついじる 玉ぶくろ (R15)

    股間から 異臭ただよう 猛暑かな

    こぶしってか 入るわよっと げすババァ (R15)

    警棒を バイブがわりに 老巡査 (R15)

    コンセント チン〇くっつけ 感電死 (R15)

 ……笑み浮かべ 手を振りながら 死にたいな

    エコよりは エロが好きだよ 人間だもの

    エンガチョ つぶやきまくる おじいさん

    駅弁が 懐かしから まとめ食い

    縁なのか 似ている名前 ボケと仏花

    えんまさん このクソババを こらしめて

 ……亭主死に 女房長生き 世は地獄

    てくてくと 歩く私は どこの誰

    手みやげと 差し出したのは シビンだよ

    天神の 境内の隅 わがトイレ

    天国へ 行けるはずが ないオババ

    『点と線』 清張よねと 薄笑い

    転倒し 手にしたエロ本 丸わかり

 ……あんれまあ 食っても食っても すぐ忘れ

    あの世から 呼ばれる夢は 正夢か

    あの世から 早くこいこい お正月

    あゝ無償 増資ではなく あゝ無配

    あのねのね 目がクルクルと 回ってる

    あかね雲 トンビ舞う山 野ぐそかな

 ……百日紅(さるすべり) 眺めて歩き すべったよ

    細雪 顔に受けたら 目に溶けた

    寂しいな 消えゆくクラゲ 逆さクラゲ

    さあやるぞ いってはみるが から回り

    散髪が 三発に聞こえ 顔赤らめる (R15)

    さあどうぞ いわれて棺に 入る夢

    下がり藤 ババアは無事だ 富士見中

 ……君たちがいて 僕がいた 養老院

    きらきらと 輝く瞳 いつだった

    撫でて知る オツムがショック ザビエルだ

    泣いちゃダメ おもらし脱糞 年のせい

    キンタ〇を タワシでこすれば ずるむけだ (R15)

    金田一 耕助よりも キンタ〇でかい (R15)

    誰からも 好かれていたが 化けて出た 

 ……夕刊を かぶって寝たら 窒息死

    夕顔に 顔を寄せたら ハチに刺された

    ゆるゆるの パンツのひもは どこにある

    夕まぐれ さまよう道で また野ぐそ

    ゆりかごに 揺られながらの 大往生

    愉快だと 笑うジジイの そばに大グソ

    有名な ジジイの割には しみったれ

 ……メロンだよ 見舞いの果物 リクエスト

    目ん玉を 舐めてとせがむ エロババア

    シヌシヌと いいまくった妻 まだ死なぬ

    目出し帽 かぶりたがっては いけません

    死に顔を 気にする顔では ないわいな

    目が悪く 口も悪いし 性格も

    めんどうと 思うこと増え ご臨終

    飯はまだ? さっき食べたの? へんだなあ

    面食いの 根性治らず 総スカン

 ……見晴るかす 幽体離脱が 始まった

    見る影も なく痩せ細り 標準体重

    ミーとケイ ペッパー警部が 懐かしい

    みたらしを のどに詰まらせ やばかった

    見せたがる ババアの股間に 旭日旗

    おむつ替え やたらとせがむ 困り者

 ……死んだふり したらホントに 死んじゃった

    出勤が 失禁と聞こえる 老後かな

    シミーズと いって笑われ 憤死した

    仕掛け人 わしの葬式 頼みます

    湿疹で 悩んだ昔 今失禁中

    失神で 泣かせたワシが 失禁なんて

    シーソーを 夫婦でしながら 死にたいな

    シミだらけ こんなババアに 誰がした

 ……縁側の ひなたぼっこで 熱中症

    笑みやめて 妖怪図鑑を 思い出す

    炎天下 しなびたチ○ポ 干してみる (R15)

    映画館 屁をしたついでに 席移動

    宴会で スカンクまねて 総スカン

    ええ子やなあ 尻を触って 玉蹴られ (R15)

    ゑびす顔 生まれつきだが 損ばかり

    縁あって 一緒になって ともにボケ

 ……昼日中(ひるひなか) 犬と一緒に 立小便

    悲惨です 臭い汚い 金がない

    ひいひいと いわせられずに おのれがヒーヒー  (R15)

    干物より 干からびた手を そっと撫で

    ひさしぶり 今晩どうと ババアの痴態 (R15)

    ひもじさを 感じまくって クソを食い

    ひどいめに あったといいつつ ウンチこね

 ……桃尻を なでなでしながら 死にたいな

    もう嫌だ 布団で屁をこく 古女房

    もしかして 死んだら地獄へ ゆくのかな

    もっこりと してはいるけど 元気なし

    漏れたかも 夢から覚めたら 大洪水

    もうやめて 便器にウンコ 貯めちゃダメ

    揉んでみた 力士のおっぱい ものたりぬ (R15)

    元風俗 年は食っても 生が一番 (R15)

 ……正解!と いわれて掛け算 お手のもの

    セメダイン 腹にくっつく チン○かな (R15)

    先生に お願いがある カンチョーして

    ♪背伸びして 見るカンチョーの 森進一

    ♪森昌子 先生、先生 それはセンベイ

    石鹼に 足を滑らせ 昇天だ

    生徒役 ババアにブルマー 大失敗

    性生活 隣はムチを 振るう家 (R15)

 ……すんましぇん 百まで生きて ごめんちゃい

    スースーする あたり前だよ はき忘れ

    すっからかん 金も精子も ありゃしねえ

    すっぽんぽん 庭とあそこを いじったよ

    すみれ草 すみませんけど うんこする

    スケートを つけてみたけど 顔面走行

    すけべ園長 スカートめくりで ネット炎上

 ……んんんんん 意味は不明だ ご臨終

    んなことを いわせちやあよと しなつくる

    んなことは あの世でぼやけ もうろくババア!

    んが出た 月が出た出た 盆踊り

    んとこどっこい 気張ったとたん んが出た

           んとこどっこい 気張れど力(りき)めど 糞づまり

    んにゃあ まだまだ死なんと 寝ぐそ山盛り

 

 おたのしみいただけましたかな。

 おあとがよろしいようで、本日は、これでおしまいでございます。

 (城島明彦)

 

2019/09/19

『代表的日本人』を書いた内村鑑三のラグビー魂One for all, All for oneに注目せよ

「私は日本のために、日本は世界のために」

 

 メディアは、20日から始まる日本開催のラグビーW杯を盛んに取り上げているが、

One for all, All for one〟(一人はみんなのために、みんなは一人のために)

 だけを、馬鹿の一つ覚えのように「ラグビー精神」といっているが、もっと深く掘り下げて、負の側面についても言及すべきである。

 

 この言葉の起源は、どうやらゲルマン民族つまりドイツ人が最初に言い出し、人々の間に広まっていったらしい。

 

 ゲルマン民族といえば、「大移動」を条件反射的に思い浮かべる人が多いだろうが、あのヒットラーの名を連想する人だっているのだ。

 ヒットラーというOne(一人の狂人)のために、Allドイツ国民が一致団結して狂気に走り、Allユダヤ人皆殺しの戦争をしたという、ネガティブな歴史を忘れてはいけない。

 

『代表的日本人』を英語で書いて世界に発信した内村鑑三は、アメリカに留学していたときに持っていた自分の聖書に次のように書き入れていた。

 

  I, for Japan

  Japan, for the World

  The World, for Christ

  And All, for God

 (私は、日本のために

  日本は、世界のために

  世界は、キリストのために

  そしてすべては神のために)

 

 キリスト教の信者だった内村鑑三は、アメリカ人やイギリス人が夢中になっていたラグビーからこの言葉を思いついたのではないか。

 (城島明彦)

2019/09/18

意地を見せたれ、中日ドラゴンズ! 〝逆転・3位浮上〟はあるのか!?

あと9試合、1敗もしない覚悟で突っ走らなアカンがや!

 

 9月17日の試合終了時点の成績は、次のとおり。

  広島(3位) 69勝67敗

  中日(5位) 63勝69敗

 残り試合は、広島4、中日9だが、そのうちの2戦が広島マツダ球場での戦い。

 

 もし中日が連勝するようだと、中日3位浮上の可能性も浮上する。

 そしてそのほかのチームとの試合7戦を全勝するくらいの勢いで突っ走ると、奇跡が起きるぞ!

 

 まずは18・19両日の巨人ジャイアンツ戦を撃破することだ。

 がんばれ、ドラゴンズ! 

 

 風は名古屋へ吹きまくっている!! 

 オリンピックの出場者を決める15日のMGC(マラソン・グランド・チャンピオンシップ)では、男子優勝中村匠吾が(わが故郷)三重県四日市出身、女子2位に入った愛鈴木亜由子が愛知県豊橋出身。

 どちらも、「ドラゴンズファンがみちあふれる東海地方じゃないか。

 ついでにいうなら、MGCを発想した瀬古利彦は三重県桑名市出身。わしの叔父さんが数学を教えていた桑高(桑名高校)で学んだんやで。(わしは四高〈四日市高校」だったから無関係のように見えるが、生れた場所はその叔父の桑名の家なんや) 

 勝利の追い風は名古屋方向へ吹いとるやないか!

 2人のパワーを応援歌にして、中日ドラゴンズもラストで大逆転せなあかんがや。

 それにしても、もっと早い時期に勝てる試合を2つ3つ落とさないできたら、よかったのになあ……

(城島明彦)

2019/09/17

千葉停電復旧の遅れで、東電の「うさん臭い企業体質」が露呈

「節電」はどうなった?

 

 千葉県の房総半島あたりは、9日に台風15号が上陸して停電になってから1週間がたっても、何万戸も停電のまま。

 想像を絶する自然の猛威に直接の原因があるにしても、昭和の時代ならいざ知らず、いまどき、

「超大規模停電が何日も復旧しない」

 というバカなことがあっていいものか!

 社長も他の役員も、菜っ葉靴にドタ靴はいて、現場に駆けつけ、泥にまみれながら片付けでもせんかい!

 

 福島原発事故関連にカネがかかるために、ほかにかける金を節約した結果、つまり「手抜きした」としか思えず、東電という企業の「その場しのぎ経営体質」が改めて露呈したかたちだ。

 

 東電には、もっと素朴な疑問がある。

 東北大震災後、東電は、

 「原発を稼働させないと、夏場の電力が持たない」

 という理由で、電気料金を上げ、猛暑下では「節電」をさかんに 呼びかけていた。

 

 しかし、今夏の異常な猛暑下では、どの会社も家も冷房をがんがんつけたが、「停電」の「て」の字も東電は発しなかった。

  企業努力で送電量を激増させたとでもいうのか。

 「東電は、いい加減な企業」

 という観をますます強くした人が多いのではないか。

(城島明彦)

2019/09/16

CMに多人数を使いすぎるビール各社よ、もっと賢くなれ! 

どのタレントがどのビールのキャラか、当てられる人が何人いるのか?

 

 長い夏がようやく終わりを告げつつあり、ほっと一息だが、夏の間、テレビを見るとき、私はそばからリモコンが離せなかった。

 特定のCMの音声を「消音」にするためだ。

 夏の間、「これでもか、これでもか」といわんばかりに、テレビからガンガン流され、うるさくてしようがなかったのは、日産のCMとビール各社のCMだった。

 

 日産のしつこすぎるCM露出は「企業不祥事を隠蔽せんがためか」と疑われ、不快この上なく、CMが流れるつど、リモコンで音を消した。 

 と、案の定、西川の不祥事発覚だ。

 

 一方、ビール各社は、判で押したかのように、大勢のタレントや芸人を起用した「ワイガヤ」(ワイワイ、ガヤガヤの略)CMばかり。 

 ビールのCMでは、三船敏郎や高倉健などの超大物俳優を1人だけ起用して商品訴求をしていた時代があったが、テレビ局と芸能プロの癒着が進み、いつの間にかテレビ番組の「ひな壇化」してきた。

 

 どのビールにどのタレント。俳優が出ているか、全部正解できる視聴者なんて果たしているのか!?

 

 広告代理店やビール企業は、

「好感度があるタレント、俳優、芸人を4、5人起用したら、そのなかに1人や2人は好きな者がいるだろう」

 といった軽くの考えているかもしれないが、その逆のことが頭から飛んでいる。

 

 起用する俳優やタレント、芸人が増えれば増えるほど、「こいつは気に食わない」「こいつの顔なんか見たくない」と思う人物が増える確率も高くなること。

 そういうことが頭から飛んでいるのだ。

 

 テレビ番組が〝ひな壇化〟して久しいが、それにつれて内容が陳腐化・低俗化の一途をたどっている。

 ビールCMも同様だ。

 馬鹿の一つ覚えのような低俗なCMばかり流すことで視聴者を不快な気分にさせて、どうする!

 来年の夏の商戦では、ビール会社は、もっと知恵をひねったらどうか。

 

(城島明彦)

2019/09/13

ZOZO前澤友作に〝株価操作疑惑〟浮上か?

 「高値で会社を売るために次々とアドバルーンを上げ続けた?」とする[陰の声] 

 

 前澤(ZOZO前社長)は、ドライこの上ない典型的なアメリカ的ベンチャー経営者。

 自分が作った会社が成長したら、できるだけ高く売って大金を、その資金で次なるベンチャー企業を立ち上げ、株価を高めて売る、ということをくりかえす〝虚業家〟だ。

そう考えると、「月旅行をする」とか、剛力彩芽との関係などを次々と会社の宣伝に利用するなど、プライベートを含めたあらゆる話題を不自然な形で次々と放って株価を釣り上げ、会社を売ろうとしたのではないかという〝株価操作疑惑〟も浮上する。 

 だが、カネをばらまいたことで「底が浅い軽薄な人間」と判断され、売り上げも減ったために「経営者としての評価」も急落して、株価は天井を打ち、下降トレンドに入った。

 高値で売り逃げることに失敗し、新事業にも失敗したため、株価が下げ止まっているうちに保有株を売って、次の事業に振り向ける金をの少しでも多く得たいと考え、今回の挙に走ったのではないか。 

 球団を買うといったり、月旅行をすると公言しまくるのは、〝究極の拝金主義者〟にして〝錬金術師〟ホリエモンこと堀江貴文のロケット事業に刺激を受けたからではないのか。

 ホリエモンも、かつては、次々とアドバルーンを打ち上げて株価を釣り上げたが、悪事が発覚し、〝オリのなかの人〟となった。

 

(城島明彦)

ゾゾっとしない晩夏の怪談「〝下げマン女優〟剛力彩芽と〝平成の紀文〟前澤友作」 

序章「転落のはじまり」~最終章「もっと地道に生きろ」

 

 ゾゾタウンの前澤友作には、カネを粗末にする行為が際立っているので、〝平成の紀文〟という形容詞を献上しておいたが、今回の「ゾゾタウンのヤフー(=ソフトバンク)への身売りと同社社長退陣」は、まさに〝平成の紀文〟の前途や末路を暗示するものではないか。

  紀文は、ミカンを江戸へ運んで売って大儲けするなどした江戸時代のバブル長者紀伊国屋文左衛門の略称だが、小判をばらまいて芸者らに拾わせるなど、「カネをおもちゃにした」のがたたって、次第に落ちぶれ、晩年はどこで死んだかさえわからないような末路をたどった。

 

 紀文の死を引っ張った女が誰だったのかは不明だが、〝平成の紀文〟の足を引っ張っているのは(元)女優剛力彩芽。

 こんなに〝特定の色のついた下げマン女優〟を、まだテレビ番組の司会に起用し続けている局があると知って驚いた。

 そういう番組をスポンサードしているバカ企業の社長の顔が見たい。

 

 前澤は、宇宙でふわふわ体を浮かせるアホなことに憧れていないで、もっとしっかり地に足をつけて生きろ。

 宇宙や月に行くカネがあったら、もっと困った人を救うなど、もっと有意義な金の使い途(みち)があるのではないか。

 

(城島明彦)

2019/09/02

よいこ一家の〝脳涼・川柳大会

 「あ行」の巻

 

 おとうさん  青空を 眺めて今日も 野ぐそかな

 おかあさん  あらいやだ 便器ですいすい あめんぼう

 おにいさん  当たるかな ウンチで占う 今日の運

 ぼく     遊びたい ウンコ投げして 遊びたい

 

 おとうさん  いじるなよ 股の下の ポニョ

 おかあさん  いけません 今日のカレーは ウンチ色

 おにいさん  インキンか かゆくてたまらん またのタマ

 ぼく     いい色の うんちが今日は てんこ盛り

 

 おとうさん  海ゆかば 不法投棄だ クソだらけ

 おかあさん  うかんでる プールにぽっかり かりんとう

 おにいさん  うっとりと みつめていたい とぐろの美形

 ぼく     ウルトラマン どこでどうやって うんちする?

 

 おとうさん  絵かきさん のぐその習慣 やめてけれ

 おかあさん  絵のように とぐろを巻いた わがうんち

 おにいさん  縁日で 踏んでしまった ビチぐその山 

 ぼく     縁日で がまんできずに 下痢ピッピ

 

 おとうさん  おけいっぱい 温泉でした ウンチなつかし

 おかあさん  おしまずに しぼりだすのよ ろうはいぶつ(老廃物)

 おにいさん  お豆でた らっかせい(落花生)でた さのよいよい

 ぼく     おー痛い 久しぶりだよ かた~いクソ

 

(城島明彦)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »