« 高島忠夫の新東宝映画「坊ぼん罷り通る」の思い出 | トップページ | 小泉進次郎・滝クリ――ぼーっと生きてんじゃねえぞ、芸能記者ども! »

2019/07/02

中日監督与田よ、応援歌にイチャモンつける暇があったら、ドラを勝たせんかい!

 

「お前」は「ヨーダ」か「与太郎」か?

 

 いつのまにか、Bクラス中日ドラゴンズ安住の地となり果てとるでいかんわ。。

 

 今年こそは、と思うとったが、気づいてみれば、いつか来た道や。

 ヨロヨロ、ヨタヨタ、また負けた。

 ヨタヨタ与田与田、また負けた。

 やだよ、やだよ! (さかさまから読むと、与田や与田や)

 

 負けて当たり前のチームになってしもうとるやないか。

 采配の方は、どないなっとるんじゃ。

 

 応援歌の「お前」が気に食わない?

 名古屋じゃ「おみゃあ」が正しいで。

 

 そんなことはどうでもええ。

 今頃、なにいうんや。

 こういうのを「六日の菖蒲(あやめ)」いうんやで。

 菖蒲は五月五日のもんやで、ずれとるという意味や。

 あんたの采配とおんなじや。

 

「お前」が嫌なら「おみゃあ」に変えたら、どうなんや。

 それが嫌なら、

 あんた、われ、貴様(きさ~ま)、おんどれ、you……

 どれにすんのや。

 

 くだらんことをいう余裕があるんなら、もっと頑張らんかい!

 悔しかったら、一位になってみなはれ!

(あかん、いつのまにか関西弁になってしもた)

 

(城島明彦)

 

« 高島忠夫の新東宝映画「坊ぼん罷り通る」の思い出 | トップページ | 小泉進次郎・滝クリ――ぼーっと生きてんじゃねえぞ、芸能記者ども! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高島忠夫の新東宝映画「坊ぼん罷り通る」の思い出 | トップページ | 小泉進次郎・滝クリ――ぼーっと生きてんじゃねえぞ、芸能記者ども! »