« 2018年6月 | トップページ

2018/07/21

三力士を次々と負傷休場させた玉鷲に、相撲協会はなぜ警告しないのか!?


栃ノ心、琴奨菊、千代の国を血祭りにしたモンゴル流プロレス技の恐怖

 大相撲名古屋場所も、残すところ、あと2日。
 御嶽海の優勝が見えてきたが、栃ノ心など、途中休場者が多いのが目につく。
 そのことで、クレームを一つ!

 玉鷲は怪物か? その力は尋常ではない。
 ①手始めは6日目。優勝最有力候補だった栃ノ心を土俵上にねじ伏せ、古傷の太ももを挫傷させ、休場に追い込んだ。
 普通の投げ方ではなく、妙なひねりを効かせていたため、栃ノ心の下半身がねじれた結果、そうなったのである。
 私は、その相撲を見て「プロレスまがいの危険な取り口だ。まだまだ犠牲者が出る」と判断し、当ブログで指摘した。

 ②10日目。琴奨菊を土俵下までぶん投げて大けがをさせ、休場に追い込んだ。
 勝負がほぼ決まっているのに、力を抜かず、相手が土俵下に転落するのを防ぐ体制にもならず。思いっきり投げ飛ばしたので、琴奨菊は土俵下まですっ飛んで大けがをした。
  
 ③12日目。今度は千代の国の肘をプロレスまがいの関節技で決めながら小手投げを打って、「骨がボキボキッと2回鳴った」と取組後に千代の国にいわせ、休場へと追い込んだ。

 これだけのことをやらかしているのに、相撲協会は、何の注意も玉鷲に与えていない。
 もっともっと犠牲者が出てからでは遅すぎる。
 
 日馬富士の事件の後、目に余る白鵬の張り差し、かち上げの連発に対する横審委員長の苦言があり、他の力士も翌場所は控えていたが、張り差しの方はいつの間にか復活している。

 耳を狙った張り差しや顎を狙ったかち上げは、見ていて気持ちのよい技ではない。
 それを同じ力士が連日繰り返すのは、相撲ファンや横審委員長をなめているとしか思えない。

 張り差しを連発する力士は、松鳳山、逸ノ城など限られている。
 「おまえら、ほかにもっとやる手があるだろう。馬鹿の一つ覚えのように、相手の顔面を張ることしか能がないのか」
 と声を大にしていいたい。

 もう一つ、相撲協会に注文がある。
 明生という力士は、仕切り中の土俵態度が悪すぎる。
 高安も、首をくねくねしたり、手を叩いたり、もっとシャキッとしろといいたくなる。

 観客が感心するような堂々とした土俵態度を見せられないのか!、
 相撲協会も、重量級の大型力士が増え、荒っぽいモンゴル相撲で鍛えられた力士が増えている昨今の情勢を考え、昔からある決まり手、反則技を洗い直すべきではないのか?

(城島明彦)

2018/07/19

「お熱いのがお好き」やて? 古い映画をまた見てしもた!


アジッ! アジッ! 暑すぎるやないか

 だ、誰や、このクソ暑いさなかに、こんな映画つくったんは?
 ナヌッ? 「あつい」という字が違う?
 そんなこと、どうでも「栄光への五千キロ」や。
 これも古いってか?

 古い奴ほど、新しいものを欲しがるもんでございます。
 それも古すぎるってか?

 アジッ、アジッ!
 暑すぎるやないか! 責任者、出て来い!

 わしはアジや、断然、アジやで、「アジの塩焼き定食」や!

 「アジ定、いっちょう!」

 ナヌ、一丁あがりやて!? よけいなお世話じゃ!

 そんなこと、どうでも映画。
 う~ん、「お熱いのがお好き」やて!?

 ん? だ、誰や、こんな映画つくったんは?
 気温が40度というのに、ええ加減にせんかい。
 ナヌ? ビリー・パック? 
 なつかしいじゃろう!
 ん? ちがうってか、監督はビリー・ワイルダーはんかいな。
 名匠やないか。

 主演は、マリリン・モンロー、ノータリンやて?
 頭はパ~でも、ええ体しよるやないか。
 女ははこうでなきゃあのう。
 そんなこというたら、セクハラになるやて?
 えらい時代になってしもうたなぁ。

 おひとつ、どうどす、やて?
 酒や、酒や、冷酒持って来い。
 ♪芸のためなら 女房も泣かす ってか
 こうなったら、ゲーリー・クーパーや。

 なんや、この酒は? 焼酎やないか!?

 これがホントの焼酎お見舞い申し上げます、ってか?
 あかん、暑すぎて頭がパラボラアンテナになってしもうた。

(城島明彦)

2018/07/14

モンゴル相撲に問題あり! 稀勢の里に大ケガをさせたのは日馬富士。栃ノ心に大ケガさせたのは玉鷲


力士の巨漢化+モンゴル相撲の荒っぽさが原因ではないのか

 栃ノ心が玉鷲に投げられて負傷し、途中休場するという。
 栃ノ心は若い頃、柔道をやっていたので、受け身を知っている。
 それなのに、大ケガをしてしまったところに問題がある。
 投げ方に問題があったのではないか、ということだ。

 栃ノ心は日本人以上に謙虚であり、好感が持てた。
 制限時間いっぱいになると、土俵上を走って塩を取りに行く姿はみっともないし、やめるよう親方は注意すべきだが、直すべきはそれぐらいで、
 「このまま突っ走って優勝し、横綱昇進も近いのではないか」」
 と思っていた人は多かったはずだが、そこに冷や水をぶっかけたのが、モンゴル出身の玉鷲だ。
 栃ノ心は太ももに古傷を抱え、テーピングしていたとはいえ、それまでの取り組みでは何の問題もなかったわけだから、土俵上で投げられたぐらいでは休場にまで追い込まれるような大ケガはしないと考えるのがふつうだ

 思い出すのは、日馬富士が、土俵際で稀勢の里を投げ飛ばし、土俵下まで転落させた勝負だ。それが原因で、日本人横綱になって間もない稀勢の里の体は再起不能に近い状態にされてしまった。

 相撲を取っている本人は、ケガをさせようとしてやったことではないのだろうが、本人がそうと気づかないで、ケガをさせる取り口、投げ方をしてはいないだろうか。
 私がいいたいのは、それだ。

 「モンゴル人を差別しているのではないか」
 と反論する向きもあろうが、張り差し、かち上げなど、プロレス技のような荒っぽい相撲を連発するのがモンゴル出身の力士に多いことは、周知の事実であり、過日の横審委員長が白鵬を例に出して注意したばかりだ。

 あれだけ注意されてのに、白鵬は今場所初日に張り差しにいった。
 さすがに二日目以後は控えていたが、それにしても、常識の範囲を超えている。
 土俵入りの方にしても、自分流をr採り入れるなど、随所に勝手気ままが目立つ。
 
 張り差しについては、鶴竜など他の力士も同様だ。
 一度注意されたことは守れ! といいたい。


(重要追記) 7月18日記

 この記事から3日後の17日(10日目)の取り組みで、玉鷲に投げられた琴奨菊は、土俵下にすっ飛ばされて膝を痛め、休場することになった。
 これで、私のいっていることが単なる偶然ではないことがわかったと思う。
 投げを打っても、勝負がついた後、まわしや相手の体から手を離さないようにして相手が土俵下に落ちないようにするのが、日本の伝統的な相撲である。

(城島明彦)

2018/07/10

次のCMは「くたばれ日産」か⁉ ――「不正のどこが悪い! やっちゃえ日産」と開き直るゴーマン社員がゴマンといる〝腐臭体質企業〟にヘキエキ


「一度あることは、二度ある」「二度あることは三度ある」のが日産の企業体質

 また、日産がやらかした。
 排ガスや燃費の測定データを改ざんするなどの不正を続けていたことが発覚。10日17時から横浜市の本社でトップが謝罪会見を行ったのである。

 「やっちゃえ日産」という矢沢永吉のCMをガンガン流し、「何様のつもりか」と思っていたら、案の定、「不正をやっちゃっていた」のは昨年9月。無資格社員が検査していたのに、有資格社員がやったように偽装した問題が発覚した。
 その件で、国交省から業務改善命令を二度も食らい、社長が国交大臣に謝罪したのは、今年の3月。
 「やっちゃえ日産」のテレビCMの方はというと、「やってしまった」不正事件後はピタリと流さなくなり、しばらくすると矢沢の声の入らないCMに変えていた。

 と思っていたら、「もう世間のほとぼりが冷めたのではないか」と見たのか、最近はまた矢沢永吉の声を使い始めた。

 そしてまた、今回の事件発覚!。
 と思ったら、またピタリとCMを流すのをやめた。
 「腹のなかでは舌を出しつつ謹慎して見せ、ほとぼりが冷めたら、また、やっちゃえ!」
 それが日産にこびりついた〝どす黒い悪のスピリット〟なのだ。
 カルロス・ゴーン体制が長期間に及び、極端な成果主義が社員にしみついて、「コンプライアンスなどクソくらえ」という流儀になっているのが日産だ。


スーパーでわざわざ日産社員を名乗って口論していた男がいた

 私の知人がいうには、1か月くらい前に、スーパーの店内でバッグが当たった当たらないで「日産社員」を名乗る男が口論している現場に居合わせたが、その男は相手に「てめえ」「この野郎」とヤクザめいた口調で罵倒し、なぜか「俺は日産の追浜工場で働いているんだ。てめえ、3Dが使えるか。使えねえだろう」などと大声で自分を自慢していたそうといっていたが、その常軌を逸したあまりのひどさに日産本社のコンプライアンス担当役員に、その人物が名乗った名前を記入した匿名の手紙を出したとのことである。

 今回の不正事件を知って、日産という企業や社員には、「国交省が何だ。世間が何だ。メディアが何だ。おれたちが法律だ」と信じて疑わない「天上天下、唯我独尊」的なゴーマンな考え方がしみついているのではないか、と改めて思った次第である。
 
 前回、あれだけ叩かれながら、また不正を隠し続けてやっていたという出来事は、一人や二人、あるいは、一つや二つの部とか課だけがおかしいのではなく、日産という会社にそのものに脈々と流れている〝忌まわしい血〟であり〝腐食しきった遺伝的体質〟ではないのか。


CMの向こうに見え隠れする「あざとい開き直り体質」
 CMのイメージは消費者に残る。
 矢沢永吉の「やっちゃえ日産」の〝上からCM〟は、企業不正と連動する嫌なイメージとして残ってしまった。

 矢沢の声を聞けば、「やっちゃえ日産」という挑戦的な声がよみがえり、さらに「不祥事を起こした日産」というイメージも連鎖的に脳裏に浮かんでくる。
 「やっちゃえ日産」「やっちゃった不正を」では、笑い話にもならない。
 そういうことは当たり前なのに、日産はそれでも、また矢沢の声を流したのである。

 その神経を疑い、私は次の2点を思った。
 ①この会社には「開き直り体質」が感じられる。
 ②一般人の感覚とズレた「思い上がり」がある。
 

 矢沢CMやコンビニで日産社員を名乗った事件は、日産の体質のわかりやすい例といえる。
 事件が発覚すると、頻繁に流していたCMをピタリと流さなくなるのは、今回も同じだが、そこにも日産という企業の「せこい裏体質」が見え隠れしているように思えてならない。

(城島明彦)

2018/07/05

休場を決断した稀勢の里の勇気を褒めたい!


休場は自信回復の表れだ

 稽古風景からは、かなり体調が回復している様子が感じられたものの、盤石とまではいえななかった。
 そのまま出場しても、思ったような相撲は取れないだろう。

 誰もがそう思ったが、それ以上に本人は強く確信したのではないか。
 「もう一場所やすめば、以前のような万全な体調になる!」
 そういう自信を回復したのではないか。

 その勇気を褒めてあげたい。
 来場所(9月秋場所)に余裕をもって土俵に復帰し、かつての雄姿を見せてくれ!
 その日を今から心待ちにしている。

 「8場所休場は年6場所制になった1958年以降の横綱では初めて」などとメディアは書き立てているが、ここまで来たら、そんなことはどうでもいい話だ。

 まだ三十二歳。
 来場所、優勝すればいいのだ。
 それでダメなら引退すればいいだけの話じゃないか。
 添う割り切って、稀勢の里、頑張れ!

(城島明彦)

« 2018年6月 | トップページ