« 純真無垢な真子さまをかどわかし、傷つけた小室圭なる人物を放置しておいていいのか!? | トップページ | 聞くにたえない残虐さ。5歳の女児を虐待し、死に至らしめた両親に公開処刑を!  »

2018/05/13

稀勢の里がまた休場とは聞いてあきれるが、気の毒でもある。ケガを長引かせたA級戦犯は誰なのか!?


専門家チームを組んでシミュレーションしたとは思えないが……

 大相撲夏場所が始まったが、稀勢の里の休場でガッカリしている相撲ファンは多いのではないか。

 稀勢の里のケガが長引いているのは、誰の目にも治療方法を誤ったからとしか思えない。

 当初いわれたのは、
 「当人の意思が第一」
 ということだったが、稀勢の里自身は、新横綱としての重責を感じているから、
 「出場する」
 としかいわないだろう。

 だから、親方をはじめとする角界の関係者たちが、
 「そうはいっても、中途半端な状態で出て途中休場することは許されない。とことん休んで、万全という状態まで治療せよ」
 と、押し留めなければならななかったが、そうしなかった。

 医師(内科・外科など)、筋肉の専門家、鍼灸師、スポーツドクター、異業種の格闘技家や選手で大けがを負って苦しんだ経験者、親方などが「専門家チームを組んで、どうするのがベストなのか、コンピュータを駆使して徹底的に症状を分析し、過去に長期休場した横綱の例も加味した上で、徹底的に幾通りものシミュレーションを科学的に行い、ベストと思える方法で休養・治療をすべきだった。

 そうすれば、中途半端な状態で出ては途中休場という、ぶざまな繰り返しは避けられた可能性が高い。

 いまからでは遅いが、それでも、やらないよりはましだ。
 
 関係者の無策が、日本国民の期待を担った久しぶりの横綱の再起への道を誤らせてしまった。
 自体を誤らせた張本人であるA級戦犯は誰なのか!?
 その人物の責任は大きい。

(城島明彦)

« 純真無垢な真子さまをかどわかし、傷つけた小室圭なる人物を放置しておいていいのか!? | トップページ | 聞くにたえない残虐さ。5歳の女児を虐待し、死に至らしめた両親に公開処刑を!  »