« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018/04/29

「西郷どん」第16回の「斉彬の遺言」は、史実重視。これまでで一番面白かったが、視聴率はこれまでで最低だった


史実を踏みはずさず、資料の空白を説得力のある想像で巧みに埋めて見せるのが脚本家・演出家の腕

 これまで私は、「西郷どん」の描き方を批判し続けてきたが、今回は褒めたい。

 4月29日放送の第16回「斉彬の遺言」は、ほぼ史実に忠実であり、その範囲内で資料の空白を想像力で補うという、きわめてオーソドックスな手法を取っていたので、なかなか緊迫感があり、面白いと感じたのだ。

 ただし、町人風情に変装した一橋慶喜と品川の旅籠の女を絡めるシーンとか、西郷隆盛が僧月照を守って京を脱出するときに、女中が出て来て口出しをするシーンは、ドラマに華のある場面をという意図なのかどうかはよくわからないが、不要としか思えず、見ていてシラケた。

 話としては、三千の兵を連れて島津斉彬が上京するために、炎天下で兵器の実践訓練を陣頭指揮していた斉彬が日射病で急死し、一方、幕府では、大老に就任した井伊直弼が、天皇の許可を得ないで不平等な日米条約を結んで、反対勢力の水戸斉昭らを激怒させるが、逆に謹慎させられたり、志士らが捕縛されるなどした。

 斉彬の親友で反井伊派の巨頭だった松平春嶽(福井越前藩主)の懐刀だった橋本左内は捕縛され、やがて処刑される。
 今回のドラマでは、左内はいいの手下の者に捕縛されるところまでだった。

 一方、西郷隆盛は、島津家と姻戚関係にある京都の公家屋敷に出入りしていた尊攘僧月照を薩摩藩でかくまうために、鹿児島へと向かうが、追手が厳しく、しかも頼みの薩摩藩が受け入れないと知って、月照と抱き合って舟の上から海に身を投げるのである。

 なぜ月照と心中したかといえば、島津斉彬が死んだとき、西郷が殉死しようとして、「生きて斉彬様の遺志を継ぎなされ」と諭されたという恩義を感じ、また月照を逃し切れないことに対する責任を感じたためだ。

 今回のドラマでは、心中まではいかず、追手が厳しく、西郷が追い詰められた気持ちになるところまでだった。
 ドラマでは、西郷が島津斉彬の亡霊を見るという描き方がされていたが、この描き方は荒唐無稽ではない。
 今回のドラマでは、月照と心中するに至る西郷の心境が見る者にもよく伝わってくるので、巧みな脚本であり演出であると評価できる。


[5月2日追記」
 4月29日放送の「西郷どん」の視聴率(ビデオリサーチ調べ)が発表された。
 関東地区は11.1%と、それまでの最低を記録した。
 書店には、西郷隆盛本があふれかえているが、テレビドラマは視聴者からそっぽを向かれている。
 
 放送開始以来、あまりにも史実を無視した描き方に、視聴者が「NO!」を突きつけた格好になった。
 第16回で、史実に基づいた描き方に近づけたものの、時すでに遅し、ということか。

 視聴者の受信料を投入して作った大河ドラマ「西郷どん」大失敗の責任は、NHKの誰が取るのか!?

◆以下は自著のPRであります
 Photo Photo_2 Photo_3 _cover_2 Photo_5 Photo_6

(城島明彦)

○○草の季節にはまだ早いが、日本の歌は素晴らしい


歌詞の断片が頭をかすめる日々

 中二だったか、中三だったか、音楽で習った歌がふと頭に浮かんだが、何十年も前のことだから、正確には覚えていない。
 一番と二番の判別もつきにくいが、ワルツの曲に乗って、いくつかのフレーズが断片的に浮かぶのだ。


 ♪ 夕霧こ~めし 草山の
 ♪ 都にいます 思い出の
 ♪ ほのかに咲きぬ 黄なる花
 ♪ ともに暮らしし 思い出の
 ♪ 花よ花よ その名もゆかし ○○〇草

 ○○〇草は「月見草」ではなかったかと思ったが、すぐに、「いやスミレ草ではないか」と思い返し、どちらだったか確信が持てない。

 秋空の下で行われた運動会のときに流れたのを聞いて、改めて「いい曲だな」と思ったことを思い出した。
 
 調べてみると、古い唱歌で、題名は「月見草」。
 こんな古文調の歌詞だった。
 
  夕霧こめし 草山に
  ほのかに咲きぬ 黄なる花
  都の友と 去年(こぞ)の夏
  手折(たお)り暮らしし 思い出の
  花よ花よ その名もゆかし 月見草

  月影白く 風揺らぎ
  ほのかに咲きぬ 黄なる花
  都にいます 思い出の
  友に贈らん 匂い込め
  花よ花よ その名もいとし 月見草

 この後、転調して格調高くなるが、これはなくてもよいのではないか。

  風清く 袂(たもと)かろし
  友よ友よ 来たれ丘に
  静けくも 月見草 花咲きぬ

 「月見草」のついた別の曲で「月見草の花」という童謡もあるが、こちらも美しいワルツで、歌詞も素晴らしい。

  はるかに海の 見える丘
  月のしずくを すって咲く
  夢のお花の 月見草
  花咲く丘よ なつかしの

 「哀愁を帯びていて、胸に響きますな。日本の歌はA4ん」
 と、思わずダジャレが口を付いて出てしまったオイラでありました。

(城島明彦)

2018/04/27

西郷隆盛を飛躍させた薩摩藩主島津斉彬の遺言「7つの教え」


西郷が優秀だと教えたのは松平春嶽だった

 島津藩主島津斉彬(なりあきら)は西郷隆盛を秘書役のようなお庭方に抜擢し、そのことで西郷は大飛躍するのだが、斉彬は最初、西郷隆盛のことを知らなかったと越前福井藩主松平春嶽(慶永よしなが)はいっている。

 斉彬と春嶽はウマが合い、互いに親友と認め合うほどの間柄だったので、あるとき春嶽が、
 「西郷隆盛という優秀な者がいると教えた」
 と、春嶽は記しているのだ。


島津斉彬の7つの教え

 斉彬は、西郷を教育した。その主なものは、以下のことだった。
 現代語訳すると、つぎのようになる。

 ①政治の要諦は、人心の一致団結にある。
 ②「民が富めば国が富む」という言葉は、藩主たるものが一日も忘れてはならない格言である
 ③人の上に立つ者は、えこひいきをしてはならない。
 ④誰にも一つくらいは人より得意な能力や優れた芸がある。その長所をうまく活かすのが、人の上に立つ者の務めである。
 ⑤過去のことを参考にして、これから先のことを計画せよ。
 ⑥勇断できない者は、事を成すことができない。
 ⑦国政の成否は、衣食に困窮する人がいるかいないかで判断できる。

 Photo

(城島明彦)

2018/04/26

TOKIO山口達也事件に疑問! キスを迫っただけで強制わいせつ?


NHKも被害者もジャニーズ事務所も何を隠しているのか!? もっとエロイことをしでかしたのではないのか!?

 NHKの番組で知り合ったという話が絡んでいた山口達也事件は、所属するジャニーズ事務所が「無期限謹慎」を打ち出すほどの重大事件扱いとなったが、相手が女子高生で、自宅に連れ込んでの出来事とはいえ、「キス」を迫っただけで、そこまでいくか。

 何かを隠しているのではないのか。

(城島明彦)

2018/04/24

宝塚市長に問いたい! 土俵の女人禁制に文句をいうなら、オカマは宝塚に入学できるのか?


神社の「巫女」はどうだ? 名称も差別ではないのか?

 女の宝塚市長が土俵上で挨拶せてもらえなかったのは「男女差別」といったニュースが流れたとき、私が思ったのは、
 「なら、宝塚に男も入学を許可されるのか」
 ということだった。
 
 いや、少し譲って、「宝塚音楽学校は、性同一障害の男を生徒として受け容れるのか」と問いたい。

 宝塚市長なら、まず足元のその問題を改革してから、いえ!

 日本で一番偉い神様は天照大神だが、このお方は女神である。
 「なぜ女が偉いのか」
 と文句をいう人は誰もいないが、明治になって、平塚らいてうという女性活動家が、
 「元始、女性は太陽であった」といい、しかし、今は月で、太陽(男)に照らされていると女性差別、女の自立を訴えた。

 確かに日本では、邪馬台国の統治者卑弥呼も女王だったが、この人は神と交信できる「巫女」だったということになっている。
 卑弥呼が神と交信する部屋は「男子禁制」だったとされているが、このことに異を唱える人はいない。歴史だからである。

 しかし、天照大神も卑弥呼も、月経(生理)になると、「穢れ」ているという理由で政務は行わず、人にも会わなかった。

 生理期間中の女性は、肉体的・精神的にきつかったりするので、戦後、「生理休暇」が設けられたが、上司に報告しづらいのと「好奇の目で見られる」といった理由から、休暇を取る人はほとんどいない。


 ギリシャ神話では、男神アポロンが一番偉いが、なぜ男なのかと文句をいう人もいない。
 アポロンは太陽神だが、天照大神も太陽神だ。

 「大相撲の土俵が「女人禁制」になっているのことに目くじらを立てるのは、日本神話やギリシャ神話に文句をつけるのと同じようなものだ」
 と私は考えてきた。

 宝塚市長よ!大相撲の土俵の「女人禁制」にいちゃもんをつけるなら、「女性の生理」についても言及しないと話にならないことを知れ!


女相撲=ゲテモノ視の歴史がある

 「女相撲」もあったが、歴史的に見れば〝ゲテモノ的な興行〟の側面が強かった。
 大相撲は、まわし以外は身にまとわないが、女はそうはいかない。
 男と違って胸を露出できないという制約や、まわしが股間に食い込むなどと体の構造的差異を嘲笑する声も強かったせいである。

 「女は入山禁止」としてきた山が存在するのは、「月経血は汚らわしい」「生理中の女を忌む」という昔の人々の感覚に基づいており、そうした考えは今は時代錯誤なものとなったが、そういう感覚に基づいて禁忌とされてきた行事やしきたりも「日本民族の伝統」なのである。 

 茶道や華道を見ても、一般的な感覚で判断すると、「おかしい」と思える点は多々あるが、それは「昔から脈々と継承されてきた伝統」なのであって、時代錯誤ではないのだ。

 大相撲は、『日本書紀』にある野見宿祢禰(のみのすくね)と当麻蹴速(たいまのけはや)に端を発する神事としての体裁を整え、今日に至っている。

 「男女同権なのに女はなぜ土俵に上がれない!?」
 とする見方は、一見、正論に思えるが、長い歴史と伝統を考えると、みそくそを一緒にした極めて軽薄で論拠に乏しい言い分であることがわかる。
 今の時代感覚では、承服できなかったり、理解できなかったりするからこそ「古いしきたり」であり「日本古来の伝統文化」なのである。


単なる男女同権で「女人禁制」を語るな!

 伝統と礼儀は重なるところがある。
 たとえば、古来、人の礼儀として「畳」の縁(へり)は踏むなといわれてきたが、今の時代、それを守っている人は少ない。だが、縁は踏まないのが礼儀なのだ。

 明治以後、洋風文化が雪崩を打って流入した結果、日本人が次第に洋服を着るようになったが、着方は男は右前なのに対し、女は左前である。
しかし、日本の着物は、男女ともに右前に着る。
 着方に限っていえば、日本の方が性差がない。

 女しか入れない修道院や寺院もあれば、男しか入れない修道院や寺院もある。
 しかし、それを男女差別という非難する人はいない。
 
 女も土俵に上がれる相撲にしたければ、極論をいうなら、今の相撲とは異なる流派の大相撲をこしらえればいいのだ。
 単なる男女同権のみを掲げて、土俵の女人禁制という差別撤廃を叫ぶのは、当たらない。

(城島明彦)

2018/04/22

「西郷どん」、14回目で早々と〝不評域〟に突入! 歴史に無知な視聴者を嘘八百で愚弄した結果だ!


歴史軽視・荒唐無稽な邪道街道をひた走るNHK大河の存続意義は、もはやないに等しい

 4月15日(第14回)の「西郷どん」では、将軍継嗣をめぐって刺客が一橋慶喜(のちの15代将軍徳川慶喜)を襲う現場に西郷隆盛がいわせ、その刺客を逆に視察するという場面があったが、歴史をひもとけば、そのような事実はない。

 そう考えると、西郷がドラマの中で、
 「人をはじめて殺した」
 といって泣き叫ぶ場面は、滑稽に思えてくる。

 そういう事実無根の場面を捏造すれば、ドラマとして面白くなるだろうという制作側の浅ましい魂胆が透けて見え、不快な気持ちにさせられた。
 
 そう思ったのは私だけではなかったようだ。
 チャンネルを切り替えた視聴者も多かったらしく、関東地区の視聴率はついに12%を切った。 
 ビデオリサーチ調べでは、11.9%である。
 近年の大河ドラマの同じ回数(第14回)の視聴率と比べると、2015年の「花燃ゆ」の11.2%、2013年「八重の桜」11、7%をかろうじて超えたものの、大河史上最悪といわれた「平清盛」の13.7%をも大きく下回り、〝完璧な不評域に突入〟したことが見て取れる。

「女城主 直虎」(2017年) 12.9%
「真田丸」(2016年)     17.1%
「軍師官兵衛」(2014年)   14.9%

 数字は正直だ。それ以前の視聴率が、評価を端的に物語っている。
 「江」(2011年)       19.2%
 「龍馬伝」(2010年)    18.5%
 「天地人」(2009年)    19.8%
 「篤姫」(2008年)      22.3%

 今後も歴史を無視した軽佻浮薄なドラマ制作手法が続ける限り、視聴率は低落傾向を続けるはずである。


NHKにしかできない重厚な大河ドラマになぜしないのか!?

 私は、昨年秋に『西郷隆盛の正体』という本を出したこともあり、今年冒頭にはBS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」の西郷隆盛(1回目)のメインゲストとして声がかかり、春先には、3回ばかり講演会で西郷隆盛のことを話す機会に恵まれた。

 講演会の参会者とは、その後のパーティ-で話を交わす場があったが、多数の人がNHKの西郷隆盛の描き方に不満ないし疑問を呈していた。

 NHKは、放送料でドラマをつくっている公共放送であることを忘れて、
 「視聴者はバカだ。歴史や実在した登場人物の性格を無視しようが、どう描こうと勝手だ」
 と〝上から目線〟で見ているとしか思えない。

 歴史にうとい視聴者は、「西郷どん」を見て、ドラマで描かれた出来事や事件を見て、本当にあったのではないかと思ってしまうが、NHKは、そういうことは気にもかけていないのではないか。

 オリジナルな恋愛ドラマとか、架空の登場人物を描いた時代劇なら、どういう筋書きにしようが、どういう事件を起こそうが、脚本家や演出陣の勝手だが、歴史上の人物を描き、しかも信頼できる歴史的資料がいっぱいあるのを無視して、嘘八百を並べまくるという手法は、NHK大河としてはいかがなものか。

 たとえば西郷隆盛に扮した鈴木亮平は軽すぎるし、妙に明るすぎるが、実在の西郷はどうだったのか。
 西郷隆盛の実弟で明治の元勲となる従道(つぐみち)は、存命中に、
 「兄は寡黙で、そばにいるだけで怖く、特にあの大きな目でギョロッとにらまれると怖かったが、目の底には慈愛の光があった」
 といったことを人に語り、それが記録されている。

 鈴木亮平の演じる西郷から、そのような雰囲気のカケラも伝わってこず、体育会系のどこかおっちょこちょいな人柄のように映る。


西郷隆盛の人格のどこが偉大だったのか

 西郷隆盛の偉大なところは、人を見分で差別せず、「同じ人間」として接したことだが、必ずしも若い頃からそうだったわけではなく、井伊直弼の恐怖政治「安政の大獄」で追われた尊攘僧月照(そんじょうそう げっしょう)を逃亡させる任務を負ったが、それが果たせず、責任を感じて月照とともに海に身投げした事件で西郷だけ蘇生したために、奄美大島に島流しになったことがきっかけで、人間性に目覚めていくのだ。

 西郷は、島津斉彬にかわいがられ、「自分でいいと思ったことはやれ」という思想を植え付けられ、生来備わっていた「大きな器」が開花していくのだが、島津斉彬が死んで、薩摩藩主の父となった斉彬の異腹弟島津久光(大名行列を横切った英国人を殺傷した生麦事件で有名)は西郷を嫌っていたため、勝手な行動を許さず、奄美大島から帰還してほどなく、今度は再び島流しに遭う。

 最初の奄美大島送りは、罪人としてではなく幕府の追求から身を隠させるとの意味合いだったから、島で愛加那という女性と所帯を持ち、二児を設けているが、二度目は藩父島津久光の命令を無視したという罪での島流しだったから、牢屋に込められ、衰弱死する手前までいった。
 その牢屋で西郷は読書三昧の日を送り、
「天敬愛人」(てんけいあいじん/天を敬い、人を愛する)
 という悟りの境地に達するのである。


「大河ドラマの主人公を明るく描けばいい」と単純に考えているNHKのバカさ加減

 NHKは、お茶の間ドラマは明るくなければいけないとでも思い込んでいるのか、「花燃ゆ」のときの吉田松陰の描き方もそうだった。
 私は吉田松陰の遺書「留魂録」の現代語訳と、彼の生涯を追跡した本を当時、上梓した関係で吉田松陰のことを調べ尽くしたが、どう転んでもNHK大河ドラマで描かれたような軽妙な人物ではなかった。

 NHKはNHKという立場を忘れている。
 時代が変わったのだから、大河ドラマの描き方も変わって当然だが、多少なりとも歴史や登場人物について知っている人を失望させるような描き方はすべきではない。
 たとえ、従来の通説とは異なった描き方をしても、
 「そういう解釈の仕方が描き方があったか」
 と感服させる必要がある。

 ところが、NHKはそういう域には達しておらず、嘘っぽさ、わざとらしさ、軽すぎるといった邪道ばかりが目につく不快な描き方ばかりやって来た。
 NHKにかけているのは、そこだ。


少しは歴史に忠実なドラマにしたらどうか

 「西郷どん」は、西郷隆盛の後妻になる糸(糸子)の大幅な年齢詐称に始まり、島津斉彬が実父にロシアンルーレットを挑むという荒唐無稽な展開にしろ、西郷隆盛と橋本左内が井伊直弼と直接、話をする場面で、西郷や左内が井伊直弼を面罵するなど、身分制度の厳しかった江戸時代に天下の大老に対し、そのような口のきき方をすること自体、ありえない。
 現代ですら大企業の若い平社員が社長に面と向かって公然と悪口をいうなどありえないのだ。
 反幕府的な西郷や橋本は、隠然と倒幕運動を展開するのであって、にらまれたら殺されるが、自ら殺されに行くようなことはしていない。
 話を面白くするために、直接井伊直弼を罵倒すればいいという、あまりにも単純軽薄で荒唐無稽な演出技法にNHKは走っているが、視聴者もバカではない。

 視聴者を愚弄しているNHK大河「西郷どん」の視聴者は、まだ始まったばかりだ。
 西郷隆盛と同郷で大久保利通の描き方も、実在の人物とは思えない。
 折しも、その大久保利通役の瑛太の暴行事件がメディアに取り上げられているが、瑛太同様、NHKも〝横暴〟〝捏造〟という名の〝強権映像的暴力〟で視聴者を愚弄蹂躙しているといったらいいすぎか。

 鹿児島では西郷隆盛の人気が絶大なのに対し、大久保利通は極めて人気薄だ。
 西郷を島流しにした島津久光に取り入るために、大久保は久光の趣味である囲碁を習い覚えて接近し、自分を売り込むことに成功したり、西郷が西南戦争を起こした際も、西郷を助けるために命を張ろうとしなかったなど、きわめて打算的で、誰からも好かれる西郷隆盛とは対極にある人物だったのである。

 それにしても、NHKの上層部は、何を考えているのか!?
 視聴者は、特に鹿児島県人はもっと怒り、もっとあざ笑ってよい。

(城島明彦)

2018/04/20

人の命ははかないが、そう簡単には死なないのも事実


死者が何度も私を呼びに来るたび、体調がおかしくなる
 
 長い間、ブログを更新しなかったのは、仕事で体力を消耗し、地獄の淵近くをさまよっていたが、体に備わった「生命力」が回復して次第に元気になってきた。

 私は霊感がきわめて強い方で、縁の深かった人が亡くなると、きまって熱を出す。
 「お前も来い」
 と呼ばれているのを、私の意識とは別の次元で体が抵抗し、発熱する。
 そのため、葬儀に顔を出せなくなることがしばしばだ。

 最初のうちは、どうして葬儀などの直前になると熱が出て動けなるのか不思議だったが、葬儀が続いたときに、はたと気づいた。
 死者が呼んでいる以外に、これといった原因が思い当たらない、と。
 
 今回、あの世へと私を招き続けた霊力は、かつてなく強かった。
 招き続ける力は強かったが、悪霊ではなく、霊のすべてが善霊だったから、呪ったり、就寝中に首を絞めたりというような不気味な目に私を遭わせたりはしなかった。
 
 善霊は一種の守護霊で、普段は私を見守ってくれるが、体力が落ちたり精神が疲弊したりすると、彼岸へ招き寄せようとする力が強く感じられるようになるようだ。
 
 中学1年のときに胃がんで亡くなった母方の祖母が闘病中、夢から覚めたときに、川の向こうにきれいなお花畑があったという話を見舞いに行った母にしたことがあった。
 それからほどなくして祖母は亡くなった。
 まさに「彼岸」である。

 その手の話は、祖母に限らず、多くの人が語り残している。
 それにとると、花々が咲き乱れる川の向こうには亡くなった人が大勢いて、
 「こっちへおいで」
 と手招きしており、渡ろうとしているところで目が覚めたというエピソードである。

 今日のところは、ここまで。

(城島明彦)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »