« 日馬富士の貴ノ岩への暴行はパワハラ! 白鵬の得意技「張り差し」もパワハラ! | トップページ | 「外来種」が「在来種」を駆逐する大相撲界は「日本の縮図」だ! »

2017/11/30

次は〝大相撲をなめきった天狗横綱〟白鵬、おまえがやめる番だ!


メディアよ、優勝インタビューで思わず口走った白鵬の「膿」の中身をどんどんあばき出せ!

 日馬富士の引退会見は、ひどすぎた。
 いわずもがなのことをまくしたて、天に唾する形になった。
 
 先輩として、よその部屋の後輩(弟弟子)に対して礼儀・礼節を指導するだと!?
 バカいうでない。弟子の教育は、部屋の親方の仕事だ!
 そういう「越権意識」が今回の暴力事件を招いたのだ
 白鵬の「万歳三唱」も、そういう意識が先走って行われたと考えると、納得がいくのではないないか。
 ただ単に口がすべったといった問題ではなく、根が深いのだ。
 多くの人がそういうことに気づいていなかっただけの話である。


弟子の教育は部屋の親方の仕事

 「理由のいかんを問わず、暴力を振るったことに弁解の余地はない。横綱の品格を汚してすみません」
 と詫びるだけで十分だった。
 それなのに、
 「貴ノ岩には、礼節・礼儀をわきまえて頑張ってほしい」だと!?
 余計なお世話で、暴力事件を起こした当人が説教がましく口にすべき言葉ではない。
 こういうのを〝イタチの最後っ屁〟というのだ。

 先述したように、弟子の教育は部屋の親方がやること。
 同じモンゴル人だから、モンゴル人横綱という理由で、よその部屋の力士に先輩風を吹かせて、指導する義務や権利などどこにもない。
 思い上がりも、はなはだしい。

 そういう自意識過剰連中に、権威を踏みにじられ、小馬鹿にされてきた日本相撲協会って何なのか!?

 暴力と八百長(星のやりとり)は、大相撲界の悪しき伝統だったが、その「膿」はまだ完全に絞り切れてはいなかったのだ。

 「週刊文春」や「週刊新潮」などの日本のメディアは、〝モンゴル人互助会〟の闇に迫ろうとしているが、とことん調べ尽くして白日の下にさらしてほしい。


シラフでリモコンで殴ることが〝モンゴル流〟の礼節・礼儀なのか!?

 「酒癖が悪いといわれたことはない」
 というのもおかしい。いや、これは致命的な発言だ。
 シラフでカラオケのリモコンを使って何度も殴打し続けた、と記者会見で語ったことは、判断力が普通に働く状態で行った「傷害罪」だと自分で白状したわけで、この言葉の持つ意味は大きく重い。

 日馬富士は賢そうに見えて、本当は〝バカ〟じゃないのか。
 そういう弟子に育てた〝記者会見逆ギレ親方〟(伊勢ケ浜親方)の責任は重大だ。

(城島明彦)

« 日馬富士の貴ノ岩への暴行はパワハラ! 白鵬の得意技「張り差し」もパワハラ! | トップページ | 「外来種」が「在来種」を駆逐する大相撲界は「日本の縮図」だ! »