« あゝ懐かしの「俳優座養成所の1954年度入試(二次)問題」 | トップページ | 拙訳『宮本武蔵「五輪書」』は4刷増刷中。しばしお待ちを! »

2017/02/04

親子で楽しむ「節分・豆まき・恵方巻クイズ」――どれがホントで、どれがウソ? 


「節分は2月4日」という感覚の私!
 

 江角マキコで~す、じゃなかった、恵方(えほう)マキで~す。
 今年もまた、

  ♪ 恵方 巻き巻き 恵方 巻き巻き 巻いて巻いてトントントン

 の節分の季節になりましたな。

 今年の恵方(運のよい方角)は北北西ということですな。
 ほくほくせい。北斗七星と語呂が似ておりますな。
 北北西に進路を取れビアン!  
 そうすれば、きっといいことがあり、ふところもあたたかくなるから、そのときは、
 「ほくほくせいよ」
 と神様がいっているのですございます。


 世間じゃ節分が2月3日などといっておりますが、2月4日だった時代もありましてな、私など、いまだに「節分は2月4日」と思い込んでいる始末でございます。始末におえませんな。

 というわけで、本日は体調の悪いのをおして、「節分」に関するどうでもよいお話をクイズ仕立てにしたのでございます。
 では、始めますかな。次の文章は、正しいか間違っているか、さあ、どっちでしょう。

 ①節分は、昔は「せちぶん」「せちぶ」と読んでもよかったんだよ。
 ⇒これ、ホント。

 ②節分の「節」は「季節」の節、「分」「区分」の分で、季節の変わり目を意味するので、昔は立春・立夏・立秋・立冬の4つを「節分」といっていたが、今は「立春」の前夜だけを「節分」というようになったんだよ。
 ⇒これ、ホント。

 ③昔は、「福は内、鬼は外」ではなく、「えいほっ、えいほっ」という掛け声をかけて豆をまいた。それが「恵方撒(ま)き」の起源だよ。
 ⇒そんな話、聞いたことがありませんな。
 
 ④節分の日に「豆まきをする」のを最初に始めた人の名前が恵方真紀(えかたまき)。それを誰かが名字を読み違え、それが広まって「えほうマキ」となり、「恵方巻」になった。
 ⇒そんな話、聞いたことがありませんな。

 ⑤キャバレーが全盛だった頃、節分の日のイベントとして「接吻の日」というサービスを実施した店があったんだよ。
 ⇒これ、ホント。ホステスにとっちゃあ、えらい迷惑な話です。

 ⑥豆まきが始まったのは、奈良時代。疫病が流行したので、僧行基の提案で、文武天皇が慶雲3(706)年に宮中で行った「追儺」(ついな)の儀式が起源だよ。
 ⇒これ、ほんと。勉強になりますぞ。
 
 ⑦小学唱歌「夏は来ぬ」(♪卯の花の におう垣根に……)の4番の歌詞にも歌われているよ。
   ♪五月闇(さつきやみ) 蛍飛び交い
     ついな鳴き 卯の花咲きて
    早苗(さなえ)植え渡す 夏は来ぬ
 ⇒「ついな」ではなく、「くいな」(水鶏)だろ。「腹減ったろう、さあ、食いな」。追儺(ついな)に起こる病気を「ついな間板ヘルニア」というわけないか。

 ⑧鬼は、もともとは先祖の霊を意味する神様として「鬼神」(きしん)と呼ばれる偉い存在だったのだが、いつしか角を生やした「悪魔」にされて、「鬼遣(おにやらい)」という儀式で悪魔祓いされるようになってしまったんだ。
 ⇒これ、ホントだよ。

 ⑨どうして鬼に豆をぶつけるのかというと、「魔を滅ぼす」→「摩滅」→「まめ」→「豆」となったんだ。豆→マメ(健康・元気)の意味もかけているんだ。魔を滅ぼして、健康になるということだね。
 ⇒一見、ダジャレっぽいが、これ正解だよ。

 ⑩昔は、門とか玄関の外に鬼の嫌いなヒイラギの葉や魚の頭を飾った時代もあった。ドラキュラ除(よ)けに、ニンニクをぶら下げるのと同じ感覚だね。
 ⇒これ、ホント。

 ⑪昔は、一家の主であるお父さんが炒(い)った豆を家の中でまいて、家族がそれぞれ年の数だけ拾って食べた。しかし、高齢化が進んだため、80個も90個も食べなければならない人が大勢増え、豆を喉に詰まらせて窒息死する可能性もあるから、そういう習慣はなくなったんだ。
 ⇒年の数だけ豆を食べる習慣があったのはホント。消化の悪い炒り豆をそんなに食べたら病気になるし、それ以前に床にまいたものを食べるというのも不潔だよね。

(城島明彦)

« あゝ懐かしの「俳優座養成所の1954年度入試(二次)問題」 | トップページ | 拙訳『宮本武蔵「五輪書」』は4刷増刷中。しばしお待ちを! »