« 週刊文春のターゲットとなった鳥越俊太郎  危ない「なぞかけ」 | トップページ | 我、糞闘奮闘す。怒りつつ都合何十回! 「ウィンドウズ7 →10」に成功す »

2016/07/21

〝ミドリムシ小池〟(小池百合子)は〝温泉街〟だ。湯(言う)ばかり


信号はグリーンからレッドへ突入中

 「議会の冒頭解散」で、また金を使うというのか?

 夢と理想を語るのはいいが、実現の可能性の低い、あるいは実現するには巨額の費用を要する公約をぶち上げて、どうする!


①グリーンピース

 グリーンと聞いて、主婦層が頭に思い浮かべるのは、「グリーンピース」。
 「みどりの平和」じゃございません。豆です。
 ハトが豆鉄砲を食らったような顔をするでない。

 当選した暁には、自民が攻撃の標的にしている「都議会の冒頭解散」というが、また、金を使うってか!?  懲りない女だ。

 ♪ ドンと鳴った花火 うれしくない!


②フォークソング「グリーン グリーン」

 グリーンと聞いて、団塊世代は、東京五輪の前年の1963年に「ザ・ニュー・クリスティ ミンストレルズ」が歌って大ヒットしたフォークソング「グリーン グリーン」のメロディが頭に浮かびます。

 ♪ Green, green, it's green they say

 いま聞いてみると、オイラの耳には、こう聞こえます。

 ♪ 五輪、五輪、いつ? グリーン税制
 (Green, green, it's green they say)

〝ミドリムシ小池〟は、2020年のオリンピックの際の東京の景観をよくするために、電柱を地下に埋めるという。

いくらかかると思ってるの!? 

 2020年をグリーンピックにするための「グリーン税制」を導入するのか!?

 ♪ Green, green, it's green they say
 ♪ 五輪、五輪、いつ? グリーン税制(導入)

 ♪ Green, green, I'm goin' away
   五輪、五輪、 強引あひゃ~
 

    ※愛無 愛がないという意味だよ)

 孤立を逆手に取って訴えているが、都議会と対決すれば、空転必至。
 また税金の無駄づかいだ。

 国会議員の自民党は説得できないが、都議会の自民党なら説得できるというのか。
 考え方が甘すぎる。

 国のため、東京都のためというより、自分のためとしか思えない。
 それを口で誤魔化すのは、猪瀬や舛添と一緒。
 この女にも進呈! 「巧言令色、鮮(すくな)し仁!
 
  (城島明彦)

« 週刊文春のターゲットとなった鳥越俊太郎  危ない「なぞかけ」 | トップページ | 我、糞闘奮闘す。怒りつつ都合何十回! 「ウィンドウズ7 →10」に成功す »