« Oh,SAM! Co-SUM! 春とはいえ、まだ肌寒い | トップページ | 4月4日は何の日? »

2016/04/02

あゝ、ボッケリーニと少年探偵団


木になる瓜(うり)と気になるメヌエット

 春や春、春らんまんの、ローマンス。気持ちうきうき、ウィキペディア。
 公園をそぞろ歩けば――
 頭の中に、ベートーベンの「バイオリンソナタ第五番『春』」の旋律が流れます。

 主役を桜に譲ったボケが、赤い花やピンクの花をつけております。
 果実が瓜(うり)に似ているというので、「木瓜」と書いて、「ボケ」と読むのでございます。
 爪(つめ)にツメなし、瓜(うり)にツメあり。(受験生は、覚えておきませう)
 ボケの花を見ると、反射的に別の作曲家の名曲が頭の奥に流れます。

 ボッケリーニの「弦楽五重奏曲ホ長調」のメヌエットでございます。
 有名な曲なので、誰もが一度は耳にしているはずで、私なども遠い昔、東宝で映画の助監督をしていた頃には、監督になったら、こんな場面でこんな曲を流そうなどと夢想したのでありました。

 ――と、ここまでは、それなりに、やや真面目でありますが、ここで、「店長! 転調ですよ」


ボケ……何と酷な名前でせう

 団塊世代の連中が、紅顔の美少年だった頃には、よく歌ったものでございます。

 (^^♪ ぼ、ぼ、ぼくらは少年探偵団

 その団塊世代も、いまやすっかり老いてしまいましたな。
 わしづかみにした和紙に筆を走らすこのワシも、同じく老いた。
 空から見ていた鷲もつぶやいている。
 「おいたわしや」
 (このギャグ、前にも使った。それを忘れるのが、ボケのしるし)

 すっかり老いた団塊世代の連中が、こんな替え歌を歌っているとかいないとか

 〽 ぼ、ぼ、ぼけたら老年鑑定団

 ギャグを飛ばしている場合じゃございません。
 拙者も、昨晩は、完全にボケておりました。
 駅近くの店に入って、タンメンと餃子を食べて、お金を払い、
 そのあと、駄菓子を売っている店に入って、アッと驚く為五郎。

 お財布を携帯しておりませなんだ。
 ポケットを探ると、カゴに入れた駄菓子を全部勘定すると、完全にアウト。
 何点か、元の棚に返却したのでございます。

 食事代の支払い時には、ズボンのポケットに1000円弱の小銭が入っていたので、気づかなかったというわけで――

 そしてふと、
 「そうだ、銀行でカードでお金をおろせば、いいじゃないか」
 と思った直後に、はたと気づいた。
 
 「カードは、家に於いてきた財布に入っている」

 あゝ、オイラの頭は、なんてボッケリーニなの?


 (城島明彦)

« Oh,SAM! Co-SUM! 春とはいえ、まだ肌寒い | トップページ | 4月4日は何の日? »