« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016/02/18

NHK「真田丸」は視聴者をなめている! なぜ重厚なドラマにしないのか?


コミカルな演出は朝ドラだけで十分

 ここ何年か、NHKと大河ドラマファンの間には、大きな溝が生じている。

 NHKの制作陣は、(上から目線で)
 「どうだ! 面白いだろう!」
 と思っているようだが、その狙いは完全に空回りしている。

 「真田丸」では軌道修正してくるかと思ったが、案に相違して、依然として視聴者をなめている。
 第1話から第6話までで、記憶に残るような感動的なドラマはなかった。

 同じNHKの「ファミリーヒストリー」はノンフィクションではあるが、見ていると胸がじんと熱くなり、気がつくと涙をこぼしていることがしばしばある。
 文句なしに、いい番組だ。そう思っている視聴者は多いはずだ。

 しかし、近年の大河ドラマでは、そういう感動的な場面にお目にかかったことがない。

 特に「真田丸」は、放送前の視聴者の期待が大きかっただけに、失望も大きい。 
 視聴率の推移をみれば、そのことがわかる。
(「平清盛」は低視聴率過ぎて話にならないので、「平清盛」以前の「江」と比較。「真田丸」で起死回生を狙ったNHKの意気込みを考えるなら、少なくとも「江」の視聴率を超えるのが使命だが……)

  真田丸   VS    江        江との差
 第1回(1/10)19・9% 21・7%(1/9)   -1・8%
 第2回(1/17)20・1% 22・1%(1/16)  -2・0%
 第3回(1/24)18・3% 22・6%(1/23)  -4・3%
 第4回(1/31)17・8% 21・5%(1/30)  -3・7%
 第5回(2/7) 19・0%  22・0%(2/6)  -3・0%
 第6話(2/14)16・9% 19・6%(2/13)  -2・7%  ※ビデオリサーチ調べ・関東地区の視聴率

 「真田丸」の女性陣の描き方は、いかにも軽すぎて、ドラマの質を落としている。
 (第6話では、真田信繁(幸村)の姉・村松(むらまつ。ドラマでは「まつ」となっている)が追っ手に迫られ、崖から海へ身を投じる場面があったが、この人は60歳ぐらいまで生きたとされているので、「死んだと思っていたら、実は生きていた」というクサイ演出なのか)

 軽い大河ドラマを見たいと思っている視聴者は、いるにしても少数派だ。
 大多数の視聴者は、NHKならではの重厚な大河ドラマを期待している。
 NHKは、そういう要望をなぜネグレクトするのか。

 俳優や女優も、ファン層狙いなのか、「今、話題の」といった感じの人気者を起用し、これも軽さに拍車をかける要因となっている。


 (城島明彦)

2016/02/14

NHK大河「真田丸」(第1話~第5話)は、可もなく不可もなく


満を持し、鳴り物入りで登場させたNHKだったが……

 テレビの連続ドラマはNHK大河ドラマしか見ていないが、これまで感想を述べずに今日まで来た。

 それなりの理由があってのことだ。

 2012年の「平清盛」があまりにもひどすぎ、無理に女性を主人公にした大河を隔年でやる無理などもかさなって、人気が落ち続けてきたことにNHKも危機感を覚えたようで、智謀の将・真田信繁(幸村)を主人公にした大河ドラマ「真田丸」を満を持して制作した。

 ①真田幸村は、大坂の陣で豊臣方について戦死した敗軍の将ではあるが、家康・秀吉・信長)、武田信玄、上杉謙信らと並んで、昔からよく知られ、国民的人気も高い。
 ②信繁役には視聴率№1俳優の堺雅人、脚本家には知名度の高い三谷幸喜を起用。
 ③ナレーターには、主婦層にも好感度の高い有働由美子を起用。
 ④そのほか、NHKドラマやバラエティ番組などに出て人気があると思える俳優や女優を多数起用。
 ⑤放送前の番組宣伝にも相当力を入れた。

 いわば「鳴り物入り」で登場させたのである。

 ならば、何回か見てから批評したほうがよいのではないかと考えたのだ。


可もなく不可もない、そこそこの視聴率

 第1話から第5話まで見た私の感想を、ひとことでいうと、
 「ドラマとしてのツボは心得ているが、期待したほどではなく、可もなく不可もない」
 
 視聴者の多くは、私と似たり寄ったりの感想を持ったのではないか。つまり、「期待ほどではなかった」と感じているはずだ。

 ビデオリサーチの関東地区の数字が、そのことを示している。
 第1話が19・1%、そして第2話が20・0%になったといって騒ぐメディアもあったが、それは「平清盛」やそれに続く2013年の「八重の桜」、2014年の「軍師官兵衛絵」、2015年の「花燃ゆ」と比べてのことで、「平清盛」がメチャメチャにする前年の2011年放送の「江」は、もっと視聴率が高かったのだ。両者は主人公が男かという違いはあるが、放送日はたった1日違いである。
 以下に「真田丸」と「江」の視聴率を比べてみる(カッコ内が「江」)

  真田丸   VS    江
 第1回(1/10)19・9% 21・7%(1/9)
 第2回(1/17)20・1% 22・1%(1/16)
 第3回(1/24)18・3% 22・6%(1/23)
 第4回(1/31)17・8% 21・5%(1/30)
 第5回(2/7) 19・0% 22・0%(2/6)
 第6話(2/14)??? 19・6%(2/13)


三谷流ギャグを容認できない視聴者も多い

 三谷流ギャグが端的に表れた場面があった。
 真田昌幸が「富士山や浅間山が爆発しない限り、世の中が変わるようなことはない」といったようなセリフをいった直後に、浅間山が大噴火するのだ。
 こういうギャグが受け入れられるかどうかで、視聴率の高低が決まってくるのではなかろうか。


女性の描き方が軽薄すぎる

 真田信繁の祖母を除く真田家の女性は、何とも今風で、馬鹿っぽい。

 一番ひどいのは、高畑淳子が演じる母だ。
 その言動は、戦国乱世を生き抜く武将の妻とは思えない軽さだ。
 こんなバカがいたのか。そう思わずにいられないのは私だけだろうか。

 木村佳乃が扮する信繁の姉・まつ(村松)も、軽薄を地で行くような現代風の姫だ。
 わがままで奔放、しかも小児的で、現実ばなれしており、「いったい、いつの時代の姫なのだ」といった違和感をかもしだしている。

 のちに真田信繁の側室になる高梨内記(家臣)の娘きり(長澤まさみ)も、いかにも現代風。


吉田鋼太郎の信長がジジむさすぎた

 信長は享年49。演じた吉田鋼太郎は60歳で、しかも老け顔。

 信長の息子役は〝蛇顔〟で、気持ち悪い顔をしている。


家康を「小心者」「臆病者」としてデフォルメしすぎている

 家康は、江戸時代は、「神君」「大御所様」「権現様」と崇め奉られた人物だったが、明治時代になると、それまでのうっぷんを晴らすかのように、家康をあしざまにいうものも多く出てきたが、それにしても、家康に対する三谷流ギャグは大げさすぎる。


救いは、勝頼の平岳大、昌幸の草刈正雄は好印象

 勝頼と昌幸の話は、日を改めて触れたい。

 今日のところは、これくらいで……。


 (城島明彦)

2016/02/06

前世占い! 長嶋はガマ、原は魚、高橋は豚の化身だった?


笑って許して! 日本語狂室「名前に秘められた謎」

○長嶋茂雄 ガマの化身
 ながしましげお 
 (順番を変えると)
 がまおしげなし(ガマ惜しげなし)

○王貞治 猿の化身
 おうさだはる
 (順番を変えると)
 おうはさるだ(王は猿だ)

○原辰徳 タラ(魚)の化身 はらたつのり
 (順番を変えると)
 たらのりはつ(タラの理髪)
 
○高橋由伸 豚の化身
 たかはしよしのぶ
 (順番を変えると)
 ぶたのはしかよし(豚のハシカよし)

※番外
○桑田真澄 風俗嬢の化身
 くわたますみ
 (順番を変えると)
 みわくすまた(魅惑素股)

 (城島明彦)

呪われし清原、その謎を解く!


 清原和博

 きよはらかずひろ

 という名前の順番を変えると、

 きひ はよ ずらかろ

 「(逮捕を)忌避 はよ、ずらかろ

 という意味になる

 (城島明彦)

2016/02/04

びっくりぽん! キワモノ謎かけ2つ


◆ベッキーとかけて

 「ローレライ」と解く

 その心は?

 ラインの流れ ※ラインは、LINE/ライン川(ローレライの伝説があるドイツの川)


◆清原和博とかけて

 NHKの朝ドラ「あさが来た」の波瑠と解く。

 その心は?

 はまりやく ※やくは、覚醒剤の「ヤク」/ドラマの役(今井あさ役がはまり高視聴率)


 (城島明彦)

2016年は〝大異変の年〞だ! 突発事件・事故が多発する!


新年早々、「寝耳に水」の出来事多発が暗示するもの


 ①1月4日の「大発会」から日経平均株価が5日連続下落、戦後最長下落記録更新!

 中国のバブル崩壊を反映した上海市場の大暴落に足を引っぱられる形だが、21年前の連続下落記録を更新、その後も乱高下を繰り返している。


 ②1月7日 この日発売の「週刊文春」が、ベッキーの不倫を暴露!

 「清潔で明るい元気印の優等生」という表のイメージとは180度異なる「したたかな悪女」という裏の顔が報道され、バッシング。「ゲスの極み乙女」の川谷絵音との不倫はゲスの勘ぐりなんかじゃなかった。


 ③1月13日 国民的人気グループ「SMAP」の解散報道!

 元のサヤに戻り、大山鳴動して鼠一匹(女性マネージャーの退社でケリ)。
 メンバー5人が謝罪したのは、凋落著しいフジテレビの生番組「SMAP×SMAP」というオチも異変。


 ④1月13日 CoCo壱番屋が、廃棄したはずのカツが大量に流通していたと発表!
 
  みそ、チーズ、ヨーグルトなど108品目の廃棄用食品が、激安ショップだけで売られていた。


 ⑤1月19日 ありえない「観光バス横転事故」で、大学生ら多数死亡!

 事故を起こしたのは、岸和田観光バス。岸和田といえば、よく人身事故が起きる「だんじり祭り」と元プロ野球選手の清原和博(岸和田市の出身)が有名。


 ⑥1月24日 大関琴奨菊、大相撲初場所で日本人力士として十年ぶりの優勝!

 琴奨菊の優勝は誰も予想しておらず、奇跡に近い出来事だった。


 ⑦1月27日 「STAP細胞事件」の小保方晴子嬢、唐突に逆襲本『あの日』発売!

 誰もが「事件は終った」「小保方さんは過去の人」と思っていたら、いきなりの弁明で驚かせたが、共感性は乏しい。SMAPとSTAP。一字違いというのも、何かを暗示か。


 ⑧1月28日 甘利大臣(経済再生担当相)、突然の〝浪花節辞任〞!

 甘利明大臣は「慎重なハード・ネゴシエイター」としてTPPをまとめ上げた功労者で、安倍内閣の顔の一人。
 それが、出来が悪すぎる秘書のせいで「金銭授受疑惑」とは、気の毒というべきか、情けないというべきか。
 甘利氏は私と同じソニー出身(もっとも在籍期間は超短期)。


 ⑨1月29日 日銀の黒田総裁、日本初の「マイナス金利」の導入を発表

 円安誘導などが狙いだが、「マイナス金利」導入には異論も多く、白黒つけた結果、賛成した審議委員は9人中5人。総裁の名前が黒田だけに、危険な賭けだ?


 ⑩2月2日 元プロ野球の清原和博、覚醒剤で逮捕!

 噂は前からあったが、警察が2年も捜査を続け、満を持して逮捕。


 ――これだけ、人々を驚かせる事件が短期間にたて続けに起こると、「2016年は〝意外性の時代〞の序章か」と思うしかない。


 ◆おまけ
 1月1日以来の久しぶりのブログ更新なので、著書のPRも! 

 Daifugo_cover _cover Photo

 ①『「世界の大富豪」成功の法則』〔プレジデント社)は、雑誌「フォーブス」が毎年発表している「ビリオネアランキング」(世界長者番付)のデータを駆使したもので、単行本としては日本初。
 
 ②『養生訓』(致知出版社)は、江戸時代に貝原益軒が書いた名著の現代語訳。1970年代に出版された講談社学術文庫および松田道雄の現代語訳(今は、中公文庫『養生訓』になっている)が、ひどすぎるのに腹が立ったのが、執筆のきっかけ。わかりやすく、読みやすくしたので、団塊世代をはじめ、高齢者の方の必読書。

 ③『吉田松陰「留魂録」』(致知出版社)は、高杉晋作ら幕末の志士を鼓舞した松陰の遺書の現代語訳と、遺書をめぐる謎、諸運の人となりなどについて記した本。

  ※蛇足 長い間、ブログを更新しなかったのは、〝休眠状態〞(何となく書く気がしない状態)のせい。
 
 (城島明彦)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »