« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015/12/28

全日本フィギュア女子の「若い力」が暗示した「日本の明日は明るい!」

正しい英才教育が日本を飛躍させる

 昨27日に全日本フィギュアの男女入賞者が決定した。
 浅田真央は、依然としてオーラを放ってはいるが、最近の彼女は、一年間のブランクを差し引いて考えても、宮原知子に比べると安定性を欠き、二十代半ばという年齢も考慮すると、ピークは過ぎてしまったと判断せざるを得ない。

 彼女の存在価値は、彼女に憧れてフィギュアを始めた女子が続々現れ、その中から昨日、浅田真央や本郷理華を抑えて2位に輝いた中二の樋口新葉(わかば)のような天才的な新人たちを輩出させた。

 ほかにも、何人もの若い力の台頭があり、「ポスト浅田真央」の日本女子フィギュア界は輝いている。

 ノーベル賞の日本人受賞者が増えてきたが、学問に限らず、スポーツの世界でも、裾野を広げ、上手に教育をすれば、世界に通用する日本人が次々と生まれてくるということをフィギュアだけでなく、ラグビーも示した。
 音楽の世界でも、世界に活躍の場を広げている日本人は増え続けている。

 そういう人材が少ない分野は、そうなるような教育をしていないからだ。
 国も都道府県も市区町村も、子どもの頃から才能のある者を見つけて、英才教育をするようにすれば、日本の前途は明るく輝くようになるはずだ。
 大事なのは、才能を見抜く眼力であり、それを個性に沿ってまっすぐに大きく伸ばす指導力だ。


 ◆若者よ、明日のビル・ゲイツを目指せ
 Daifugo_cover

(城島明彦)

2015/12/19

「花燃ゆ」の平均視聴率は、「平清盛」と同率で史上最低と報じられたが、実は「単独で史上最低」だった!


最後の3回の視聴率がすべてを物語る

 スポーツ紙は、そろって、「花燃ゆ」の全50回の平均視聴率が「平清盛」と同率の12・0%を記録、大河ドラマ史上最低となったと報じたが、それは〝まやかしの数字〞であって、そうではなく、「花燃ゆ」が史上最低だったのだ。
そのことは、ここ7年間の大河ドラマの「最終回までの3回の視聴率」を比較すると、一目瞭然である。

 花燃ゆ    13・2%→13・0%→12・4%(前回比-0・6%
 軍師官兵衛 16・6%→15・8回→17・6%(前回比+1・8%))
 八重の桜   13・7%→12・2%→16・6%(前回比+4・4%)
 平清盛    10・4→9・2%→9・5%(前回比+0・3%)
 江       15・6→15・6%→19・1%(前回比+3・5%)
 龍馬伝    15・7%→17・6→21・3%(前回比+3・7%)
 天地人    22・2→21・7→22・7(前回比+1・0%)

 最終回だけでも見ておこうという人が結構いて、毎年、最終回は視聴率が上がるのが常識で、汚い画面が視聴者に受け入れられず、酷評され、総スカンを食った「平清盛」でさえ、最終回はその前回や前々回の視聴率を上回っている。

 ところが、「花燃ゆ」だけは前回、前々回を下回ったのである。
 こんな現象は、大河ドラマの放送開始以来、初の珍事なのだ。


「花燃ゆ」最終回視聴率が下落した最大原因は裏番組

 「花燃ゆ」の最終回の視聴率を下げさせた裏番組とは、浅田真央や羽生結弦が出場したアイススケートの「グランプリファイナル」である。
 スペインのバルセロナで開催されたために、時差が生じ、放送局は視聴率を考えて、同時中継ではなく、録画放送にしたが、「浅田真央は6人出場した中の最下位」「羽生は、自己最高を更新する世界新で優勝」というニュースが既に流され、手に汗握る同時中継のハラハラドキドキはなかった。
 しかし、浅田や羽生がどんな滑りをしたのか、この目で確かめたいと思う視聴者が、録画放送を見たために、「花燃ゆ」の最終回の視聴率が前回を下回るという結果を生んだのである。

 その意味では、かわいそうというか、気の毒ではあるが、それ以前の放送では不思議なことに裏番組で国民が熱狂するようなスポーツのビッグイベント中継が行われず、この点も例年と違っていた。
 そのおかげで、「花燃ゆ」は、「平清盛」が記録したヒトケタの最低視聴率を次々と更新せずにすんだのだ。
 非常に運に恵まれてきた「花燃ゆ」だったが、最後の最後にビッグイベントとかち合ってしまった結果、前記のような視聴率となったのである。


蛇足だが、個人的には「花燃ゆ」の恩恵を受けた

 さんざん「花燃ゆ」に毒づいた私ではあるが、昨年秋に発売された拙著『吉田松陰「留魂録」』は、「花燃ゆ」が放送されたおかげで、吉田松陰に関心を持った視聴者層に買ってもらったようで、重版がかかった。その意味では、NHKに感謝しなければならないが、「花燃ゆ」に期待した分、裏切られた思いの方がもっと深い。

Photo

(売上が落ちてきたので、宣伝するついでに、さらに欲の皮を突っ張らせ、巨大サイズで近著も宣伝するのであります。決して損はさせません)

_cover

(11月27日発売)

Daifugo_cover

(12月17日発売)

(城島明彦)

2015/12/10

世界の大富豪には「成功の法則」があった


ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットら大富豪たちの法則とは!?

 世界の大富豪たちの資産は、昔はミリオネア(億万長者)だったが、いまはビリオネア(兆億長者)の時代。
 ミリオンは100万ドルで、ビリオンは10億ドルだ。

 雑誌「フォーブス」が毎年発表している世界長者番付に名を連ねる大富豪たちの資産は、天文学的数字になっている。

 彼らはどうやって天文学的数字の資産を築き上げたのか。
 彼らのビジネス哲学とは?
 彼らの蓄財方法は、どうなっているのか?
 
 そういったことを記した拙著は、12月17日にプレジデント社から発売されるので、ぜひご一読ください、

 Daifugo_cover_3
 (写真をクリックすると大きくなります)

 まずは、発売予告PRでございます。
 ついでに、11月末発売の既刊・現代語訳の『養生訓』(致知出版社)も、どうぞ。

 _cover_2

 (城島明彦)
 

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »