« 図書館の前の消毒液クレゾールのにおい | トップページ | 大学教授なら恥を知れ、斎藤孝! 人間わざを超える数の本を出すな! »

2014/11/27

執筆の仕事に追われる日々でありました


ウサギ追いし蚊の山、子豚おいしい? 何(か)の皮?

 スーパーに オジジ専用 肉コーナー オージービーフ (毎度おなじみのネタでございます)

 デパートに オババ専用 厚手のオーバー バーバリー (これまた同様)

 はてさて、ここ1か月ほど、『世界の名家・大富豪の経済学』というムックの執筆に追われていたせいか、頭の中がラリパッパのパッパ・ヘミングウェーだ。

 『老人と膿(うみ)』『ブキッチョよ、さらば』『タガメがために鐘は鳴る』……。

 というわけで(?)、いよいよ、今晩が最後のゲラチェックと相成りました。

 笑いタケを食べたわけでもないのに、ゲラゲラチェック。
 着ているシャツはタータンチェック。

 どうも、いけません、疲れがピークだ! 

 そこで、はっと正気に返るオイラでありました。

 「経済学」という書名のでは、いまから20年くらい前に『F1の経済学』という本を書いたことがある。
 その本は結構面白がられ、そこそこ、評判になった。

 その本は、カーレースの頂点に立つF1にまつわるカネの話だったが、今回は、世界の王室やらビルゲイツやら、ロッフフェラーやらカーネギーやらの、世界の大富豪のカネの話。

 表紙は、アカデミー主演女優をとったハリウッドの№1女優からモナコ王室のプリンセスになったグレース・ケリーをセンターに据えたデザイン。

 美女は世の中に、いっぱいいるが、この人の右に出る女優は、古今東西、まだ現れない。

 きれいな写真も満載で、年末とか正月に読むにはいい素材ではないか、と思っている。
 詳細は、後日また。

 おっと、こんなことをしている場合ではない。
 Oh! She! God?  お仕事、お仕事!


(城島明彦)

« 図書館の前の消毒液クレゾールのにおい | トップページ | 大学教授なら恥を知れ、斎藤孝! 人間わざを超える数の本を出すな! »