« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014/11/29

NHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」の演出は秀逸!

〝華〞はないが、欠点やマイナス点がほとんどないドラマ

 大河ドラマ「軍師 官兵衛」は、あと数回で終わり。
 急用などで見られなかったのが1~2回あるが、それ以外はすべて見た。
 これまでの全体的な評は「よくできました」である。
 いつも辛口な私だが、「軍師官兵衛」には、珍しく高評価をつけたい。
 
 どうして高評価になったかの具体的理由は、以下に列記するが、〝華〞のない地味な感じのするドラマで、大きな欠点とかマイナス点がないのが大きな特徴だ。
 ならば、「いぶし銀」のような感じかというと、そういう地味さでもない。


◆「軍師 官兵衛」の5つの評価

①テーマが明確

 時代を読む眼力にすぐれ、3人の天下人に重用された武将。
 3つの絆(家族の絆、家臣らとの絆、同盟を結んだ他国の領主との絆)を大事にした男。
 「孫子の兵法」に精通し、奇想天外な策で、敵を撃破した稀代の軍師。

②脚本・演出が巧み

 歴史上の有名なエピソードを長々と説明することなく、手短にさらっと象徴的に描く演出技法は、なかなかのもの。
 たとえば、家康の演出。長政と飲んでいて、「酔ってしまった」といって部屋を出た家康を、廊下に出るなりシャキッとする演出は、実際にあったかどうかわからない話だが、「〝タヌキ親父〞と家康ならありそう」と思わせる。

 映画やドラマでは、こういう「説得力」が大事。他の登場人物にもいえる。
 過去のNHK大河では、演出家の力みがドラマに現れ、視聴者を白けさせる場面が多々あったが、「軍師 官兵衛の演出では力みが感じられなかった。
 音楽も出しゃばらず、好印象。

 見ていて、「あっ、カットが変わった」「音楽が流れた」と視聴者が思うような演出は失敗だ。視聴者が気づかないうちにカット代わりしていたり、音楽がバックに流れていたりする演出が最高。しかも、その場面やその音楽が、見 終わったあとにも脳裏に残っていれば、いうことなし。

 今回のドラマでは、カット変わりに気づかずにドラマの中に引き込まれることが多く、その意味ではすぐれた演出といえる。

③固定ファンがいて視聴率が安定

 視聴率は、高くも低くもなく、年間を通じて波がなく、安定。健闘したという印象。
 近年のNHK大河では珍しいパターンである。
 固定ファン(歴史が好きな男の視聴者)が多いからと考えられる。

④官兵衛に扮した岡田準一が好演

 主演の岡田は、顔も演技も派手ではないが、〝岡田官兵衛〞にはそれなりの説得力があった。「妻はただ一人」とする当時では異端的な考え方をした官兵衛の家族に対する考え方が、岡田準一のクリーンなイメージとも重なった。

⑤〝怪優〞竹中直人の秀吉が、話を面白くした

 肖像画の秀吉は、痩せた猿面冠者の顔だが、ドラマの竹中はふっくらしすぎ。役に徹するなら、もっと激痩せすべきだったが、それ以外では、古女房「おね」の手のひらの上で踊る秀吉を〝怪演〞。

(城島明彦)

2014/11/28

大学教授なら恥を知れ、斎藤孝! 人間わざを超える数の本を出すな!

読者を愚弄・冒とく! 〝ゴースト〞はやってもいいが、限度というものがあるぞ

 超多忙な斎藤孝の本が、次々と出る現象、おかしいと思わないか。

 明大教授の斎藤孝は、2004年に草思社から出た『声に出して読みたい日本語』(草思社)がベストセラーになって人気者になり、著書を連発するようになった。

 斎藤孝は、やさしそうな笑顔、人当たりのよさそうな話し方がテレビ受けし、みのもんた降板後の今年4月からTBSの朝の情報バラエティ番組「あさチャン」のレギュラー・キャスターに抜擢され、ウィークデーは連日、早朝からテレビ局通いだ。
 4月から始まった新番組への出演に慣れるのは大変で、それ以外にも「情報7days ニュースキャスター」のレギュラーもやっている。

 執筆どころではないはずなのに、くそ忙しくなった時期の6月に、新書や単行本が4冊もどっと出版された。
 「売らんかな」の出版社の商魂も凄いが、斎藤孝に、いつ、それだけの本を書く時間的余裕があったのか。
 教授会で何の話題にもならなかったのか。大学の授業を休講にして書いたのなら、停職・失職ものだ。

 人間の執筆能力には限界があり、スーパーマンでもない限り、1か月に4冊など不可能。別の月に書いたものがたまたま同じ月に出ただけにしても、毎日テレビに出始めた人間には不可能だ。
 普通でないことが行われていたのだ。
 学者であれば、それぐらいのことに気づかなければならない。


大学の講義をきちんとやっているのか

 以下は、今年(11月までに)発売された斎藤の著書だ。
 (アマゾンに載っているものだが、見落としている本もあるかもしれない)

◆斎藤孝 著書一覧(2014年11月末まで)

2月
 ◎ Kindle版『筋(すじ)を通せば道は開ける フランクリンに学ぶ人生の習慣』(PHP新書) (2/21) ¥602
3月
 ◎『なぜ受験勉強は人生に役立つのか』(祥伝社新書)※共著 (3/3)
4月
 ◎『雑談力が上がる大事典---会話に困ったとき最初のひとことがスッと出てくる!』(4/18) (ダイヤモンド社)
5月
 ◎『これでカンペキ!マンガでおぼえる敬語』 (5/19) (岩崎書店)
6月
 ◎『最強の家訓 仕事と人生に効く言葉』(祥伝社新書)(6/2)
 ◎『すぐに使える! 頭がいい人の話し 方』(PHP新書) (6/14) ¥ 821
 ◎Kindle版『うまくいく人はいつも交渉上手』 (講談社+α文庫) 共著 (6/6)
 ◎『35歳のチェックリスト』(光文社新書)(6/17)
 ◎『頭が鋭くなる齋藤レッスン』 (6/25)
7月
 ◎『35歳からの勉強法』(日経ビジネス人文庫) (7/2)
 ◎『5日間で「自分の考え」をつくる本』(PHP研究所)(7/9)
 ◎ Kindle版『論語力』(ちくま新書)(7/12)
 ◎『余計な一言』(新潮新書)(7/17) ※
8月
 ◎『大人のための読書の全技術』(中経出版)(8/1)
 ◎『学校では教えてくれない日本語の授業』(PHP研究所) (8/23)
9月
 ◎Kindle版『「甘え」と日本人』(角川oneテーマ21)共著 (9/10)
 ◎Kindle版『上機嫌の作法』(角川oneテーマ21) (9/10)
 ◎Kindle版『結果を出す人の「やる気」の技術 “特訓”式モチベーション術 』(角川oneテーマ21)(9/10)
 ◎Kindle版『「頭がいい」とは、文脈力である。』(角川文庫)(9/10)
 ◎Kindle版『違和感のチカラ 最初の「あれ?」は案外正しい!』(角川oneテーマ21) (9/10)
 ◎『仏教 心を軽くする智慧」(日経新聞社)(9/11)
 ◎『「何から読めばいいか」がわかる全方位的読書案内』(ウェッジ)(9/20) ※
10月
 ◎ Kindle版『齋藤孝の30分散歩術』(実業之日本社) (10/17)
 ◎『斎藤ゼミ「才能」に気づく19の自己分析」(講談社)(10/22)
11月
 ◎『超訳 吉田松陰語録――運命を動かせ』(キノブックス)(11/26)

  ※印は後日追加(あまりに多いので見落としていた)


斎藤孝本乱発は「出版業界のレベルの低さ」を象徴

 斎藤孝本が乱発される裏には、顔が売れている斎藤孝の名前で出せば本が売れるという構造不況業種「出版界」の裏事情も絡んでいる。

 作曲家のゴーストライターがいたという事件があって、ゴーストライターという言葉がメディアにぎわせたが、出版業界ではゴーストライターは遠い昔から常識。
 しかし、流行語大賞にノミネートされるほどの目新しさなど、どこにもない。

 ゴーストライターが書いても、著者はそれに目を通し赤を入れるのが普通で、まったくノータッチということは特殊なケース以外、考えられない。その特殊ケースとして新聞種になったは、評論家の竹村健一。盗作騒ぎになったとき、「俺は読んでいなかった」と自著について語ったのだ。

 斎藤孝の場合は、大学教授で、しかも国語教育については第一人者のような立場にあり、さらに、忙しすぎる人間でありながら、人間の能力を超える分量の本を自著として世の中に送り出している。そこが問題なのだ。
 
 看板に偽りありの「商品偽装」の類いだ。
 歌とか映画ではありえないが、本ではありうる。それがゴーストだ。
 
 出版不況は年を追ってひどくなっており、大手出版社は対前年比売上減を毎年更新している状況下で、斎藤孝の知名度に便乗し、彼の本なら売れると安易に考えた出版社に一番問題があるが、そういう企画を軽く引き受けてきた斎藤孝の考えの甘さにも問題がある。

 「あの斎藤孝が書いた」と信じ込んで買う読者こそ、いい面の皮だ。
 本の場合は、助手がやった実験データを使ったり、助教授が書いた論文を教授が自分の名前で発表するのとは、わけが違う。
 看板に偽りあり。斎藤孝が書いたと信じて買った読者を愚弄している。
 斎藤孝には、「学者としての良心」が欠如している。

 たとえば、斎藤孝の講演会だから聞きに行くのであって、ほかの誰かが彼の仮面をかぶって物まねをして講演したら、それは「詐欺」である。
 出版物ではそれが目に見えないからやっているのであり、一種の「詐欺商法」である。

 斎藤孝は、詐欺まがいのことをやっているのだ。
 こういうことをやっていると、彼自身が全編執筆した本まで他人が書いたと思われ、そういうことに対する「倫理観」が欠落した人間ではないかと疑われる結果を招くことになる。
 自重すべきだ。


人間が書くスピードには限界がある

 昔、1か月に(400字詰め原稿用紙で)「800枚書いた」などと豪語した作家がいたが、その実体はといえば、セリフ多超多様、地の分も改行に次ぐ改行で、中身はスカスカというレベル。
 小説ならそういう芸当も可能だが、データとか資料を調べたり、誰かの引用などを用いたりすれば、そんなに早くはかけない。
 自分の書いた文章をきちんと推敲すれば、その分、時間もかかる。
 口述筆記を用いても、加筆作業に時間がかかるから、1か月で1冊あげるのはきつい。

 私の場合、睡眠時間を2~3時間に切り詰めて執筆に明け暮れたとしても、せいぜい1月半に1冊書き下ろせるかどうかだ。
 根をつめて、ハイスピードで執筆できたとしても、多くて年に5~6冊がMAXだ。それ以上やれば、中身はデタラメ。そう考えて間違いない。

 斎藤孝自身はどう考えているのか知らないが、外から見ると、アカデミックな大学の先生だということが頭から飛んでいる。明治大学にはこんないい加減な教授しかいないのかと思う人も多く、大学レベルをダウンさせる結果も招いている。
 私の出身校早稲田も、「スタップ細胞はあります」の女性のせいで、博士論文の審査レベルの低さ、審査教授たちの馬鹿さ加減を満天下に知られてしまった。

 (城島明彦)

2014/11/27

執筆の仕事に追われる日々でありました


ウサギ追いし蚊の山、子豚おいしい? 何(か)の皮?

 スーパーに オジジ専用 肉コーナー オージービーフ (毎度おなじみのネタでございます)

 デパートに オババ専用 厚手のオーバー バーバリー (これまた同様)

 はてさて、ここ1か月ほど、『世界の名家・大富豪の経済学』というムックの執筆に追われていたせいか、頭の中がラリパッパのパッパ・ヘミングウェーだ。

 『老人と膿(うみ)』『ブキッチョよ、さらば』『タガメがために鐘は鳴る』……。

 というわけで(?)、いよいよ、今晩が最後のゲラチェックと相成りました。

 笑いタケを食べたわけでもないのに、ゲラゲラチェック。
 着ているシャツはタータンチェック。

 どうも、いけません、疲れがピークだ! 

 そこで、はっと正気に返るオイラでありました。

 「経済学」という書名のでは、いまから20年くらい前に『F1の経済学』という本を書いたことがある。
 その本は結構面白がられ、そこそこ、評判になった。

 その本は、カーレースの頂点に立つF1にまつわるカネの話だったが、今回は、世界の王室やらビルゲイツやら、ロッフフェラーやらカーネギーやらの、世界の大富豪のカネの話。

 表紙は、アカデミー主演女優をとったハリウッドの№1女優からモナコ王室のプリンセスになったグレース・ケリーをセンターに据えたデザイン。

 美女は世の中に、いっぱいいるが、この人の右に出る女優は、古今東西、まだ現れない。

 きれいな写真も満載で、年末とか正月に読むにはいい素材ではないか、と思っている。
 詳細は、後日また。

 おっと、こんなことをしている場合ではない。
 Oh! She! God?  お仕事、お仕事!


(城島明彦)

2014/11/25

図書館の前の消毒液クレゾールのにおい


唱歌「冬景色」が似合う季節になってきた

 すっかり冬の気配だ。
 体調に波があり、具合の悪い日といい日が交錯するのがつらい。
 「寄る年波」
 という言葉が、繰り返し、頭の奥に浮かんでは消える。

 まだまだ老いぼれてはいないと思っていたが、体は正直だ。
 執筆に無理がきかなくなった。
 集中できる時間が、若いときに比べて短くなっている。

 徹夜をしようとすると、効率が極端に悪くない、気がつくと椅子に座った状態で眠っている。
 寒くなって目を覚まし、ベッドへ倒れこむと、そのまま眠ってしまう。

 情けない限りだが、その代わりとでもいうか、不思議なもので発想力が増した。
 脳内に病的な変化が起きているのかもしれないが、原因は何であれ、物書きにとっては大歓迎。

 若い頃に蓄えた知識とか企画力の断片が、年をとるにつれて、脳の中で勝手に合体しているようだ。

 「若い頃は目的などなくてもいいから、がむしゃらに働け」
 「濫読せよ」
 などといわれても、若い頃は、その意味がわからなかったが、70に近づいた今は、その意味がよくわかる。

 窓の向こうで冬の足音がする。
 
 ♪狭霧(さぎり)消ゆる 港江の
   舟に白し 朝の露 
 
 耳の奥に「冬景色」が聞こえてくる。

 小学校の古い木造校舎の、音楽教室に続く暗い廊下の焦げ茶色の床が頭に浮かんでくる。
 戦争中、その校舎は兵舎として使われていたという話だった。
 図書室の入り口の前に置かれた白い洗面器には、手の消毒用のクレゾールが入っていた。

 そのにおいが、ふっと思い出される11月下旬の昼下がり。

 (城島明彦)

吉田松陰「留魂録」、本屋用のPOP2点

 
アマゾンのランキングの動き――城島明彦『吉田松陰「留魂録」』

 9月末に上梓された拙著『吉田松陰「留魂録」』は、当初、アマゾンの「一般」というジャンルで、1位とか3位とか、落ちても8位くらいだったが、ある日、突然、在庫切れ表示になった。

 すると、その翌日から順位がどんどん下落し始め、10位を割ると、20位、30位と下落し、172位あたりまで落ちて、そこで止まった。

 相変わらず、「在庫なし」の表示は続いているのに、中古本でも買ってもらっているのか、10位とか9位とかに浮上した日もあったものの、すぐに20台、30台となり、50台に接近したところで、在庫が補充された。

 すると、(陳腐な比喩を使えば)まるで水を得た魚のように、順位は10位とか11位を付け、6位とか7位に浮上する日も出てきた。

 しかし、在庫切れの期間中に、発売当初の勢いは失せ、20台をうろうろし、下手をすると30台を記録するようになった。

 「これが実力か」
 と思う半面、
 「在庫切れで、勢いをなくし、商機を逸した」
 とも思った。

 在庫切れの期間中、類書が次から次へと出版された。
 来年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」が、吉田松陰の妹を主人公にしているのに便乗して、いろんな出版社が大同小異の吉田松陰の本をぶつけてきたのだ。

 世の中には利にさとい人がいて、在庫切れになったとたん、定価よりはるかに高い値段をつけた中古本をアマゾンに出品してきた。1人や2人ではないから、驚いてしまう。

 著者としては、不愉快でしかない。

 それにしても、あっという間に人気離散。さびしい限りだ。


書店で使う宣伝用のPOP

 本屋で宣伝用に使うPOPがつくられた。
 ずいぶん前に版元に送ってもらっていたが、執筆に追われてブログにアップする余裕もなかった。

 やっと一段落したので、ブログともどもPOPもアップだ。

 Pop

 Pop_2

(城島明彦)


« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »