« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014/10/12

「野毛坂47」はどうだ! 新曲は意表をついて「の~え武士」!

「ノー天気こばなし」はいかが?

 久方ぶりの料亭気楽(りょうていきらく)でございます。
 毎度ばかばかしいお話で――。

 「人は桜木、人は武士」なんてぇことを申しますが、
 やつがれ、今日は横浜は桜木町へ行って参りましたぞ。

 桜木町といえば、青江三奈の、
 ♪あなた知ってる? 港ヨコハマ 
  ドゥドゥドゥ・ドゥビドビ・ドゥビドゥバー
  伊勢崎あたりに 灯がと~もるゥ 
  あん、あん
 おっと、これは「伊勢崎町ブルース」。
 桜木町でしたな。

 桜木町といえば、
 花は桜木 人は武士
 武士といえば、「かつおぶし」。
 ぶすぶすと煙でかつおを燻(いぶ)すから、かつおぶし。
 かつおぶし――昔の日本人の知恵は素晴らしいですな。
 しかし、かつおならどんなものでもいいというわけじゃございません。
 姿かたちの美しいものに限るのでございます。
 
 「かつおぶす」はダメてぇことで――。
 いやいや、女の姿かたちではなく、〝男の中の男〞武士の話でしたな。
 
 いいですなあ、武士、「もののふ」!
 「もののふ」は「物部」(もののべ)氏に由来するなんてぇことを江戸の兵学者・山鹿素行(やまがそこう)が、『孫子の兵法』の注釈書『孫子諺義』(そんしげんぎ)でいうておりますな。
 兵学者のいうことだけに「へえ」と驚いてしまいますが、本当の話ですぞ。
 山鹿素行は、大石内蔵助ら赤穂義士の先生だった人ですな。
 幕末の吉田松陰が「先師」と仰いだのも、この素行ですぞ。
 ついでではありますが、松陰が勉強した部屋はどこかといえば、「書院」というのは嘘ですな。

 てなわけで、「もののふ」の始まりは物部氏。そういうことでございます。
 物部氏といえば、蘇我(そが)氏にやられてしまった名門ですが、その蘇我氏も、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)と中臣鎌足(なかとみのかまたり)に殺されてしまうのですから、これが本当の大忙し。

 もののふに似合う花は桜花でありますが、いまは秋。紅葉の季節でございます。
 といっても、今年は猛暑がながびきましたな。
 そのせいで、まだ紅葉してはおりませんで、風情も何もあったものではありません。

 やつがれ、桜木町は紅葉坂をおっちらおっちらと登ったのでございます。

 ♪目指すは遠い 夢の国
   ルソン 安南 カンボジア (遠い昔のラジオ連続ドラマ「風雲黒潮丸」主題歌の一節)
 ではなく、やつがれが目指したのは坂の中腹にある神奈川県立図書館でございます。

 登る坂は、その名もゆかし紅葉坂。
 返り見すれば、月などなくて、眼下はるかに寄せては返す高瀬波。
 いやいや、そこまではみえませんな。
 ただ海のどんよりとした青い広がりが見えるだけでしたな。 

 ところがギッチョン、やつがれ、寄る年波で、アギーレもあきれる息きれぎれ、ハラホロヒレと坂を登って館内に入ったのでございます。

 ほとんど人はおりませんで、閑古鳥が鳴いておりましたぞ。
 おまけに館内に流れる音楽が「閑古ワルツ」ってえことは100%ありませんが、探す「禁帯図書」(持ち出し禁止本)は、そこではなかったのでございます。
 うっかりして横浜市立中央図書館を県立図書館と勘違いしておったのでございます。
 年はとりたくありませんな。

 でもって、またしても、紅葉坂を登りますてぇと、ケルン大聖堂のような妙ちくりんな尖塔のある妙なつくりのホテルができておりましてな、なんともおかしな景色でございます。

 でもって、坂をさらに登ってまた下り、交差点をちょいと登って目指す横浜市立中央図書館へたどり着いたのでございます。

 中はと見れば、驚き、桃の木、ハイヒール桃子、こちらは、ずいぶんにぎわっておりましたぞ。

 幼児づれの若い夫婦、中学生・高校生・大学生、それにジジババで、館内はいっぱい。
 そこで一句。

 ジジババが 持つ紙袋 ジバンシー
 
 10冊まで借りられるとかで、大人気。
 盗難・紛失も大変な数だそうでございます。

 閉館は五時。
 しかし、「禁帯本」のコピーは時間切れで、残りは明日に持ち越し。
 外に出ると、そこは名にし負う「乃木坂」じゃなかった、「野毛坂」(のげさか)でございます。
 坂の右側をちょいと入りますてぇと、たちまち昭和の「飲み屋街」にタイムスリップでございますな。
 
 焼鳥屋、もつ屋、カウンター式の飲み屋などがぎょうさん軒を連ね、垢抜けない妙なファッションのおっさん、おばさん、ジジババ、若者の客がいっぱいで、逆さクラゲ時代のなごりの「○○ホテル」などという安宿まである界隈(かいわい)でございます。

 やつがれは下戸(げこ)ゆえ、その中の一軒の中華食堂でヨコハマ名物の「サンマーメン」と「餃子」を食べて野毛をあとにしたのでございます。

 猥雑さいっぱいの飲食街をそぞろ歩いて駅へと向かう道々、「乃木坂46」にあやかって、「野毛坂47」をデビューさせるアイデアが閃きましたぞ。

 「のぎさか」に比べると、どこの毛かはわかりませんが、「のげさか」は何となく下品でして、そこが桜木町にぴったりなんですな。

 47はむろん、「赤穂四十七士」にちなんでおりますぞ。
 よって、芸名も赤穂義士から借用。

 主だったメンバーの名前を挙げますてぇと、

 大石クララ(←大石内蔵助)
 堀部やす美(←堀部安兵衛)
 片岡げんこ(←片岡源五右衛門)
 磯貝ジュン(←磯貝十郎左衛門)
 堀部やち(←堀部弥兵衛)

 こんな按配(あんばい)の47人ですな。
 堀部弥兵衛は最年長で76歳ではありますが、そこんところは目をつむりますぞ。

 新曲のタイトルは「の~え武士」。曲は、そのまま流用いたします。
 赤穂義士の討ち入りの日は大雪でございましたから、こんなで出しでございます。

 ♪野毛の白雪ゃ の~え 
   野毛の白雪ゃ の~え 
   野毛のさいさい

 なぬっ? 「の~え節」の歌詞の出だしは、野毛じゃなくて「富士」?

 そうそう、そうでした、ふじが第一。
 「の~え節」(農兵節)は野毛ではなくて富士でしたな。
 なんたって、ふじは「不死」と「無事」にかけられますからな。

 歌詞をちょいとイジリますかな。

 ♪富士の白雪きゃ 野~毛
  野毛の白雪きゃ  の~え
  野毛の富士富士
 
 これでどうでしょう。

 おあとがよろしいようで――。

 Photo
※9月25日発売
 2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公文(ふみ)の兄・吉田松陰の遺書と彼の人生について書いた城島明彦の本。
 ぜひ一冊、お手元に!

 (城島明彦)

2014/10/05

御嶽山噴火に本当に「前兆」はなかったのか!? 気象庁は「火山探査ロボット」をつくれ!


微細かもしれないが、どんなことにも前兆はある

 昨日・今日と熱を出して寝込み、生活時間が大幅に狂った。
 そのせいで、国会図書館の蔵書を読みに行く予定が、パーになってしまった。

 改めて自分自身の健康管理を嘆いてみて、ふと気づいた。
 体調がおかしくなる前兆はあったのだ。それを軽視して手を打たなかったから、寝込むことになったのである。
 不養生というわけだ。

 今回の御嶽山噴火を気象庁は予知できなかったとしたが、それは違うのではないか。
 軽視してきただけの話だ。前兆を調べようとしなかったのだ。


「首筋のコリ」は「かぜ」の前兆、「月の笠」は「雨」の予兆だ

 首の筋肉や肩の筋肉が妙に張り、椅子の背の一番上のところに首を押し付けて、ぐりぐりと何度もやって、コリをほぐそうとしたが、一向に筋肉がほぐれてくれない。

 体温の調整機能が狂っていたのだが、もともと、すぐに熱を出す体質なので、「寝不足のせいだろう」とごく単純に考えていた。
 だが、よく考えると、それ以前に「前兆」と呼べるような次の症状があった。

 ①外出すると、汗が出た。(猛暑日のせいだと思っていたが、涼しい日も同じだった)
 ②室内が暑く感じ、エアコンをつけて、ゴミ出しに外に出ると、秋風が吹いていて肌寒く感じる気温だった。

 体は、いろいろとSOSを発して注意を喚起していたのだが、私がそれを無視ないしは軽視していたのだ。
 熱が出る前兆として、体が発した最後のSOSが、前記の「首・肩の強いコリ」だったのである。
 思えば、カゼで寝込んだり、高熱を発してダウンする前には、必ず体のあちこちの筋肉がこわばる。特に首筋の筋肉が強烈にこる。

 人によって程度の差はあろうが、カゼをひく前に首筋などの筋肉が凝った経験をした人は決して少なくないはずだ。

 その時点で、何らかの対策を講じていたら、熱を出して寝込むことは避けられた。


自然も、人の体のようにSOSを発するはずだ

 自然界にも、前兆がある。

 南極のオゾン層など、その典型だ。

 昔の人はいった。
 「月が笠をかぶると、明日は雨になる」
 「山に笠雲がかかると、大雨になる」
 「美しい朝焼けは、雨の前兆」
 「このあたりは雨が降っているが、西の空が晴れていると、翌日は晴れだ」

 過去の貴重な経験に基づく言い伝えで、科学的根拠に基づいていったわけではないが、調べてみると科学で証明できることがわかっている。
 
 気象庁は、今回の木曽の御嶽山噴火を「予知できなかった」としているが、はたしてそうか。

 昔の漁師は、沖に出て漁をしていて、ふだん見かけない鳥の大群が移動しているのに遭遇すると、何らかの天変地災の予兆と受け取り、引き上げたりした。

 大地震の前に山や海や川の生物が普段と違った行動を取ることもわかっている。
 火山噴火の前に、小動物が異変を感じて何らかの行動を取っているはずだ。
 山の湧き水や周辺の温泉に変化があったのではないか。

 数値に表れないからといって前兆を軽視し、そういうところをチェックしなかったというだけの話ではないのか。


「火山探査ロボット」を開発せよ

地表の温度変化は「サーモグラフィー」で測定できる。
火口周辺の温度変を測れば、噴火の前兆はつかめたはずだ。
リモコン操作できる飛行ロボットを飛ばせば、温度変化がわかったのではないのか!?

「そんなことは不可能だ。そんなロボットなどない」
と気象庁は逃げるかもしれない。
なければ、つくればいいじゃないか。

 「日本のロボット技術は世界一」
 といわれていたが、東日本大震災のときには全く役に立たず、アメリカ製のロボットやドイツ製の消防車が使われた。

 それを恥と感じて日本の学者たちは、精進を重ねているのではないのか。

 人のためになってこその科学だ。
 実践で役立たない技術は、机上の空論。
 科学のための科学であっては無意味だ。
 「深海探査潜水艇」ができて、「火山探査機」ができないわけがない。

 気象庁は「御嶽山噴火は予知できなかった」
 などと弁解する暇があったら、火口の上空を飛行して探査するロボット、火口内へ潜入してデータを収集できるロボットなど、世間が納得する無人ロボットを何種類かつくれ。

 富士山噴火を始め、休火山がいつ爆発するかもしれない〝緊急火山大国〞日本であれば、なおのこと、技術力に物をいわせて早急に開発しならないのではないか。

 (城島明彦)

御嶽山を「おたけさん」「みたけさん」と読んだのは、お粗末だった


「御嶽山」 あれこれ

 熱が出てダウンし、昼となく夜となく眠っていたが、熱が引いて夜中の中途半端な時間に目が覚めた。

 それにしても、突然の御嶽山噴火には驚いた。
 もっと驚いたのは、大勢の犠牲者が出たことだった。
 にもかかわらず、気象庁やら予知連やらは、冷淡で開き直ったような記者発表を行った。

 「御嶽山」を正しく読めないアナウンサーやキャスターがいたことにも驚いた。

 「みたけさん」(29日放送 フジテレビ「とくダネ!」のキャスター小倉智昭)
 「みたけ、おたけさん、みたけさんの噴火」(29日放送 NHK「正午のニュース」高瀬耕造アナ)

 東京の東急池上線に「御嶽山」という駅があり、「おんたけさん」と読む。
 東京の青梅市にある山は「御岳山」で、こちらは「みたけさん」である。

 小倉は東京暮らしが長く、高瀬は兵庫出身で大学は東京だから、それと混同したのか?

 それにしても、「おたけさん」はいかん! 名前がふざけすぎる。
 「オタケさん」は、昔、オームの鳴きまねをするときによく使われた言葉だ。
 念のために調べてみたが、「おたけやま」と読む山はあっても、「おたけさん」はない。

 高瀬はNHKに入局後、新潟支局に勤務しており、そこで知り合った女性と結婚している。
 もしかしたら、新潟にある山の読み方をしてしまったのではないか。
 好意的にそう考えて調べてみると、新潟県魚沼市に「おんたけさん」「みたけやま」と呼ぶ山が2つあったが、「おたけさん」などという〝ひょうきんな名前〞をつけた山は新潟にも全国にも1つもない!


「木曽節」の木曽の「なかのりさん」は山ではないのか?

 「木曽節」は、数多い民謡のなかでも比較的よく知られた部類の歌で、私が「木曽節」を知ったのは小学生の頃で、「おんたけさん」という名前は「木曽節」で知った。

 私が聞き知っている「木曽節」の歌詞は「バリエーション」で、「正調」ではない。
 私が覚えているのは2番の歌詞まで。

 ♪木曽のなあ なかのりさん
   木曽の御嶽山は なんじゃらほい
   夏でも寒い ヨイヨイヨイ
   ヨイヨイヨイのヨイヨイヨイ

 ♪あわせなあ なかのりさん
   あわせやりたや なんじゃらほい
   足袋そえて ヨイヨイヨイ
   ヨイヨイヨイのヨイヨイヨイ

 ※あわせは「袷」(裏地をつけた着物)で、山中が寒いことがわかる。

 「なかのりさん」「御嶽山」と続くので、「なかのりさん」という山もあるのかと思っていたが、そうではないらしい。
 どんな字を書くかといえば、「乗鞍岳」からの連想で、「中乗山」と書くのではないかと勝手に思っていたが、そうではないらしい。


「中乗りさん」に3節あり

 地元では、「中乗りさん」には3説あるといっている。

 木曽といえばヒノキ。ヒノキといえば木曽。
 木曽の山奥から切り出したヒノキの丸太を、いかだに組んで川下へ流した。
 いかだは3つで、先頭のいかだに乗る人を「舳(へ)乗り」、最後尾のいかだに乗る人を「艫(とも)乗り」、真ん中のいかだを操る人を
 「中乗り」
 といい、それだとする説。
 これが第1の説で、最も説得力があとされている。
 舳は「へさき」で「船首」、艫(とも)は「船尾」のことなので、3つのいかだは一心同体、一隻の船と見立てていたことがわかる。

 1960(昭和35)年に橋幸夫が歌ってヒットした「木曽ぶし三度笠」の詞を書いた佐伯孝夫は、この説を採り、「中乗り」ではなく「仲乗り」として「仲乗り新三(しんざ)」を登場させている。曲は名コンビの吉田正である。

 ♪やくざ渡世の 白無垢鉄火
   ほんにしがねえ 渡り鳥
   木曽の生まれよ 
   いつか水棹(みざお)を
   いつか水棹を長ドスに

 いかだを操る水棹を握っていた手に、いまでは長ドスを握るやくざになってしまった……実にうまい歌詞で、このあとに「木曽節」が入るが、その歌詞は、

 ♪夏でも寒い ヨイヨイヨイ
   ヨイヨイヨイのヨイヨイヨイ
 となっており、私が覚えていると同じだ。

 キャスターの小倉は私よりひとつ年下。
 この歌を知らないわけがないのに、読み間違えるとは、どういうわけか。

 第2の説は、馬の鞍の中央に乗った「人」をさすとする説。
 「正調 木曽節」の歌詞を読むと、この説も有力と思えてくる。
 第3の説は、山岳信仰に関係がある。御嶽山に宿る神のお告げを信者に伝える「中座」(なかざ)と呼ぶ人を指すとする説だが、これはちょっと無理がある。


新説「なかのりさん」 噴火して消えた幻の山か!?

 御嶽山の噴火活動は、詳しくわかっていない。
 「木曽節」に歌われた「木曽のなかのりさん」は、荒唐無稽かもしれないが、3説とは別の「伝説の中乗山」のことではないのかと私には思えてきた。
 はたして?

 (城島明彦)

2014/10/04

「蒲柳の質」(ほりゅうのしつ)で、どれだけ時間を損したか

土手の柳は風まかせ

 どうもいけませんや、楽しいはずの土曜日も熱を出してダウンしちまった。
 眠っていても、熟睡できないのがつらく、頭のなかはラリパッパ状態。
 
 ♪ツーツーレロレロ ツーレーロ

 妙な音楽が鳴りっぱなしだ。
 なんで、こうなるの!?

 それにしても、毎年毎年、季節の変わり目になると、どうしてこうなるの!?
 若い頃からずっとそう。
 こういう情けない体質の人間を、昔の人は、
 「蒲柳の質」
 といったのですな。

 蒲柳とは「川端柳」(かわばたやなぎ)のことですな。

 ♪かわばた松ちゃん きゃあめぐろ おてもや~ん

 おっと、この歌詞は関係なかった。川端が共通しているだけですな。

 川端に生える柳は、
 葉っぱが細く、へらへらと風になびき、見るからに頼りなげだ。
 秋の声を聞いたとたん、葉を落とす。
 
 はっぱ よれよれ。

 そこで、
 「体が弱くて、すぐに病気になってしまう体質の人」
 を「蒲柳の質」といったのだが、平成の今じゃ、まず使わない。
 死語だ。死語硬直。
 彼女は、風邪とともに去りぬ。遺品はセリーヌ。

 She gone! 
 ああ、お寺で鐘がゴ~ン。
 車のなかで、カルロス・ゴ~ン。
 サッカー場では、中山ゴ~ン。頭を打った?
 
  
 つまり、「蒲柳」はもはや死語じゃによって、 
 「蒲柳」は、もう「保留」
 と、またまたダジャレを思い浮かべる自分が、われながら情けない。

 情けないといえば――ガマだ、ガマにも我慢の限界がある。

 さて、お立合い、取り出だしましたるこの逸品、そこんじょそこいらにある薬とはわけが違うよ。
 富士山麓にオーム鳴き、筑波山麓じゃあガマが泣く!
 ガマをば、四面に鏡を張った箱に入れますてぇと、
 ガマは、鏡に映ったわが身のあまりの醜さに、がまんできず、
 「おしっこ!」じゃない、
 全身から、たら~りたら~りと脂汗を流すのでございます。
 その脂(あぶら)を凝縮したものが、この蝦蟇(がま)の脂だ。

 そんな話がインドの聖典「ガーマスートラ」といっておりますぞ!? グラッチェ!

 なんのこっちゃ? ああ、情けなや。


粋人・高杉晋作の都々逸(どどいつ)

 ♪何をくよくよ 川端柳 水の流れを見て暮らす

 これは、高杉晋作がつくったとされる「都々逸」(どどいつ)。
 高杉晋作の都々逸では、

 ♪三千世界の 烏を殺し ぬしと朝寝がしてみたい
 
 の方がよく知られている。

 この都々逸をもじった歌謡曲が、昭和の中頃にヒットした。
 昭和31(1956)年頃の話で、そのとき私は10歳。
 歌うは、高田浩吉(たかだこうきち)。高田美和のお父さん。高田美和も、「あの人は今?」か。

 ♪何をくよくよ 川端柳
   のぉ 三四郎さん
   水の流れを 見て暮らす

 元歌に「のぉ、三四郎さん」を加えただけの、「花笠太鼓」という松竹映画の主題歌。
 ラジオから流れてくる歌を聞いて、「何をくよくよ」のフレーズを覚えてしまったのだ。

 高田浩吉は、この歌より20年も前に同じ柳をテーマにしたこんな歌を歌ってヒットさせていた。

 ♪土手の柳は 風まかせ
   好きなあの子は 口まかせ
   ええ しょんがいな

 この歌も、ついでにラジオで流れたものだから、小学生でありながら覚えてしまった。
 というわけで(?)、替え歌でございます。

 ♪童貞の柳は 風邪まかせ
   好きなあの子は 愚痴まかせ 
   ええ しょんがいな
  
 ※「愚痴まかせ」は、「口まかせ」にすると意味深になるので、お気をつけ遊ばせ


昭和は遠くなりにけり

 高田浩吉、遠藤幸吉、円谷幸吉と語呂合わせしても、いまの若い人たちにはピンとこないでしょうな。

 高田浩吉は、「股旅物」がよく似合った美声の映画俳優。
 遠藤幸吉は、力道山の時代のプロレスラー。
 円谷幸吉は、東京五輪のマラソンの銅メダリスト。

 なんのこっちゃ。

 (城島明彦)

2014/10/03

おやじギャグが止まらない


困ったものでございますなぁ

 電車に乗っておりますてぇと、ばかばかしいギャグが頭に浮かんでは消えましてな。

 ♪ ロマンチックが止まらない……CCB
 ♪ 化膿してウミが止まらない……BCG

 「この靴、誰のだ?」
  と尋ねたら、かん高い声で答えが返ってきた。
 「靴だ、枝里子です」(楠田枝里子)

 「誰だ、こんなところにウンチしたのは!?」
  と尋ねたら、誰かが答えた。
 「糞だ、枝里子です」 (ストップ! どうも下品でいかん)

 熊さん「ストップ! ストップに〈ラ〉を入れたら、ストラップ!」 
 八つぁん「ストップ! ストップに〈リ〉を入れたら、ストリップ! どうだ、参ったか」。

 「誰だ、こんなところにSM用のロープを置き忘れた奴は?」
 「しまった、理恵」または「縛った理恵」(どちらも柴田理恵)

 芸能人で大富豪は誰?
 石原さとみ(石原さ、富)

 クオリティが落ちてきたところで、おしまいでございます。

(城島明彦)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »