« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013/09/24

小説とドラマは違う。ドラマの「半沢直樹」は結末を変えるべきだった

「勧善懲悪」だからこそ、「倍がえし」のセリフが意味を持つ

 今世紀最高のドラマ視聴率を記録した「半沢直樹」の最終回だったが、TBSは「悪が栄えて、正義が負ける」という納得のいかない結末にした。

 銀行の窮地を救い、常務の不正まで暴いた功労者を出向させるような銀行であれば、半沢直樹のような男はもっと早い段階でそうされている。

 小説とドラマは別ものだ。
 文字で読ませるのと、映像とセリフで見せるのとでは描き方も変わる。

 原作では出向という「悪が栄える」結末かもしれないが、それまでドラマが強調していたのは、「正義が勝つ」ということだった。

 視聴者は、現実にはありえない話だと思いながらも、悪をやっつける半沢直樹を一種のヒーローとして拍手喝采し、スカッとしていたのだ。

 それが視聴者に受け入れられた最大の理由だったが、TBSは原作者にゴマをすり、原作の結末を踏襲。「正義は報われず、悪が栄える」結末としてしまった。
 
 サラリーマン社会では、権力者や地位が上の者に反旗を翻せば、その時点で左遷されるのが常識。悪事が露見した大王製紙やオリンパスなどの例を見てもわかるように、企業悪を社内告発した人間は、その会社にはいづらくなっている。それが現実だ。

 したがって、ドラマでも「証券会社に出向」という小説のような結末にすると、そうした現実と何ら変わらず、視聴者はスカッとできなくなる。
 サラリーマンがやろうとしてもできないことをやってのけたのが、ドラマのなかの半沢直樹なのだ。


〝現代版水戸黄門〟〝現代版赤穂義士〟として受けた 
 
 ネジを扱う小さな町工場を営む父親が冷酷な銀行員に見放されて自殺したことが、半沢直樹の生き方の原点にある。
 しかし、よりによって、その銀行に就職するという設定そのものが、そもそも現実離れしているが、そこが小説の面白さである。

 TBSは、親の仇である常務に対する「復讐劇」の要素もかなり強く全面に出していたが、ラストで役員たちの前で土下座させたことで、仇は討ったということなのか。

 視聴者がドラマに求めていたのは、〝現代版水戸黄門〟のような単純明快な「勧善懲悪」であり、親の仇を討つという点では〝現代版赤穂義士〟であって、現実が云々という妙な理屈ではない。

 正しいことをしたのに「冷や飯」を食わされる結末になるのなら、流行語にもなった「倍返し」とはならないのだ。

(城島明彦)

2013/09/23

伝説のドラマとなった「半沢直樹」の謎――番組提供スポンサー「サントリー」は、なぜ上戸彩(ライバル商品の「アサヒビール」のCMキャラ)の出演を許したのか!?

視聴者の心情を無視した「半沢直樹」のラストのひどさ 

 TBS日曜劇場の連続ドラマ「半沢直樹」は、回を追うごとに視聴率はうなぎのぼりとなり、伝説のドラマ入りを果たした。

 まれに見る高視聴率を記録した主な理由として挙げられるのは、悪が栄える世の中に辟易している視聴者が、主人公半沢直樹が悪人を次々と〝倍返し〟でやっつけるという「勧善懲悪」に胸をスカッとさせたからだ。

 ところが、TBSは何を勘違いしたのか、最終回のラストを「半沢直樹左遷辞令」で終わらせた。

 ほとんどの視聴率は、後味の悪さを感じて不快になり、憤(いきどお)ったはずである。

 半沢直樹が頭取室に入っていくところでカメラを引き、後は視聴者に想像させるという余韻を持った終わり方にすべきだった。

 続編を登場させたいのなら、そういう終わり方にしておいても、続編の冒頭で「実は頭取室で」というやり方ができる。その方が話題性がある。
 にもかかわらず、わざわざ視聴者を不快にさせる演出にするという考え方がわからない。


ドラマ「半沢直樹」には、もう1つの見方・楽しみ方があった

 「番組提供スポンサーと主要登場人物を演じた役者のCMとの関係」という観点でドラマを見ると、もっと面白くなった。

 「半沢直樹」の番組提供企業は、日本生命花王サントリー東芝の4社だった。

 ○堺雅人(半沢直樹役)……妻の菅野美穂がサントリーウィスキー角瓶のCMに出ている。
   堺自身はトヨタの「プリウス」のCMキャラの一人。
 ○香川照之(半沢の父を死に追いやり、悪の限りをつくす大和田常務役)……花王ヘルシア緑茶のCMに出ている。
 ○及川光博(半沢直樹の同期で親友役)…妻の檀れいがサントリービール「金麦」に出ている。
 ○壇蜜(愛人役)……サントリーの新CMに起用。最終回でそのCMが流れた。


なぜ、上戸彩を半沢の妻役に起用したのか!?

 「主人公半沢直樹の妻役がなぜ上戸彩なのか」について疑問を抱いたり、違和感を覚えた視聴者は多かったと思われる。
 なぜなら、彼女は、番組提供企業のライバル企業のライバル商品のCMに長く出ているからだ。
 上戸彩はアサヒビールのCMに、長期にわたって登場している関係で、「上戸彩=アサヒビール」というイメージはかなり浸透している。

 テレビ局や広告代理店は、番組を提供してくれるスポンサーに必要以上に気を使い、ドラマの中に競合企業の商品を絶対に登場させないのが常識である。
 と同時に、ライバル企業のCMに起用されている俳優も使わないのが普通だ。

 それなのに、サントリーがスポンサーになった「半沢直樹」に重要な役で起用された。なぜ、なのか!?
 しかも、彼女は「ミスキャスト」ではないかとみる視聴者も多かったようだ。
 彼女は、飲料では、三ツ矢サイダーのCMキャラにも起用されている。


CMから考えた半沢直樹の妻役候補は、①菅野美穂、②檀れい、③綾瀬はるか、④天海祐希、⑤井川遥
 

 話題づくりや視聴率アップを狙うなら、サントリーのCMキャラである実生活の妻である菅野美穂か、半沢直樹の親友役を演じた及川博光の妻である檀れいを起用するという手があった。

 どちらもサントリーのCMキャラとして知られているが、彼女らを起用するとサントリー色が強くなりすぎて、他のスポンサーが難色を示した可能性はなきにしもあらずではあるが、菅野美穂と檀れいをチョイ役ででも出せばもっと視聴率は上がったはずだ。

 特に菅野美穂は、花王の化粧品ソフィーナのCMに井川遥、石原さとみと一緒に出ている。ただし、井川、石原は、どちらも銀行員の妻というイメージに欠ける。

 半沢直樹の妻役は、菅野美穂や檀れいが、スケジュールやその他の事情で無理だったなら、スポンサー間のバランスを取るという意味で、共同スポンサーである日本生命のCMに出ている綾瀬はるかか、東芝のCMに出ている天海祐希という手もあった。
 ただし、天海は病気で倒れたし、綾瀬はNHKの「八重の桜」最優先で、出演が難しかったかもしれない。

 「ショムニ」の江角マキコも花王の化粧品のCMに出ているので候補の一角となりえたが、明治安田生命のCMに出ているので起用は無理。

 竹下景子も日本生命のCMに出ている。しかし、年齢的に考えると倍賞美津子がやった悪女しか見当たらないが、彼女に悪女の演技は無理。驚いたのは、倍賞美津子のシワシワのばあさん顔だった。

 私はかつてソニーの宣伝部にいた時代があるが、これだけのめぼしい半沢の妻役候補がいるなかで、よりによって、ライバル企業のライバル商品のCMタレントを起用するという神経がわからない。

 東芝のCMキャラクターの福山雅治は1枚看板で扱いなので、起用は無理だったろう。しかし、日本生命のCMキャラの岡田準一を重要な役で出演させる手はあった。
 岡田は、 「半沢直樹」のなかで繰り返し流された日本生命のCM(同じ人物の20代から50代が一堂に会し、会話するCM)に出ており、視聴者に与える印象は強かったのも、もったいないとしかいいようがない。

 上記の配役が実現しなかった裏には、ギャラの問題やプロダクションの意向が絡んだという事情もあるかもしれない。

(城島明彦)

2013/09/22

後味が悪すぎる「半沢直樹」最終回のラスト

こんな後味の悪い人気ドラマを見たことがない

 TBSは何を考えているのか。
 見終わった後、後味の悪さで気分が悪くなった。

 水戸黄門が悪行に目をつむるようなラストは、視聴者を完全に愚弄している。
 
 それまでさんざん現実ばなれした銀行の話と勧善懲悪で視聴者をさんざん喜ばせておいて、最後の最後に、「現実の銀行はこうだ」「悪は栄える」とでもいいたげに、悪の権化である大和田常務を取締役に降格させるにとどめ、功労者の半沢を証券会社に出向させるという、ありえない〝勧悪懲善〟のラストにした狙いは何なのか。

 ほとんどの視聴者は、ラストの筋書きが納得できないのではないか。

 高視聴率に色気を出して、続編でも狙っているのか。

(城島明彦)

2013/09/19

辞世の句ができた

わが辞世の句

 辞世の句は、必ずしも死の直前につくるとは限らないが、元気いっぱいの頃には、そういうものをつくろうという気にはならないものだ。

   夢を追い  いつしか老いし  人生か
     
      道はてる先  視野に迫りて
 
 
 これが、昨晩浮かんだ私の句だ。


 (城島明彦)

2013/09/11

滝川クリステルの「お・も・て・な・し」と「東京五輪決定狂騒曲」の〝影の功労者〟?

おつかれサマー 猛暑猛暑で ラリパッパ

 2020年の五輪誘致成功に湧く日本列島だが、ニュースで報じられなかった〝影の功労者〟がいたことは、ほとんど知られていない。

◆「五輪書」がオリンピック特需で売れる!?
 いつも早とちりする友人から、妙な電話があった。
 「オリンピックのことを書いた本を昨年12月に出すなんて、先見の明があるじゃないか。ベストセラー、間違いなしだ」
 Oh! ミステイク! オイラが現代語訳したのは、宮本武蔵の『五輪書』(ごりんのしょ)。オリンピックの五輪ではないのだ。
 ※とてもわかりやすい訳だよ。興味のある人は買ってね。

◆元祖招致は、この人
 「承知(≒招致)しました」
 と繰り返しいっているのに、「家政婦のミタ」の松嶋菜々子を、どうして招致委員にしなかったのか!

◆「お・も・て・な・し」の元祖は、滝クリではなかった
 「お・も・て・なし! 当店は裏オンリーです。表はありません」
 と宣伝していたのは、通販専門の裏DVD販売店。

◆滝川クリステルの母校(小学校)では、お祝いの「ぜんざい」が!  
 給食時に配られた「ぜんざい」を見て、ある児童が、
 「大好きなお餅が1個も入ってないよォ」
 とブーイングの声をあげた。
 すると、先生は、
 「それでいいの。これがほんとの、〝おもち、なし〟」(チャンチャン)

 ♪ロリポップ ロリポップ オー ローリロリロリ
 ♪ラリパッパ ラリパッパ オー ラーリラリラリ
 

 ※「ロリポップ」(Lollipop)は、1957年にヒットしたアメリカのポップス。日本語の歌詞では、ロリポップは「飴ん棒(あめんぼう)」と訳されているよ。
 
 ※「ラリパッパ」は、それとよく似た響きの昭和(1960年代の終わりから70年代初め頃)の流行語で、シンナーとか薬物によって、ろれつが回らなくなり、ヨロヨロ、フラフラした状態のことだよ。

 ※「♪ラリポップ……」は、ロリポップをまねた城島のギャグだよ。
 ♪ラリパッパ ラリパッパ オー ラーリラリラリ
   朝も早(はよ)から ラリパッパ 
   昼はヒルが血ィ吸い ラリパッパ
   夜は酒飲んで ラリパッパ
   そんなこんなで 朝から晩まで ラリパッパ
 ♪ラリパッパ ラリパッパ オー ラーリラリラリ

(城島明彦)

2013/09/06

実際にあった話「降霊」

亡くなった人を思ったときは近くに霊魂が来ている

 ふと亡くなった人のことを思うことは誰にもあるが、そういうときは、その人の魂がすぐ近くに来ているときではないか、と私はずっと思ってきた。

 そういうときは、心の奥で、その人の霊が安らかに眠るように祈ればいい、それが供養で、墓参りとか仏壇に手を合わせることだけが、霊を弔うことではない、と私は思っている。

 亡くなった人の霊魂が、虚空から地上に降りてくることを「降霊」という。
 

ひと月たらずで死んだ叔母の霊魂

 つい先日、先祖の戸籍を調べていて、不思議な現象に遭遇した。

 私の叔母にあたる人の名が記された戸籍の欄を目にしたとき、不意に少し肌がざわつく感じになり、涙が急にあふれてきたのである。

 その人は、私の亡父より6つ年下の妹だった人だが、生まれて1か月たらずで天に昇っている。
 私が生まれる20数年も前の出来事だから、無論、どういう顔の赤ん坊だったのかは知るよしもない。

 大正12年(1923年)2月12日に生まれ、2月24日に役所に届け出たと戸籍簿に記されている。

 すべて2の倍数というのが不思議である。

 彼女は3女だったが、次女はなくなっていたから、そのまま生きていたら次女(2女)である。

 2月生まれなのに、どういう訳か、祖父母は「やよい」という名をつけた。

 「栄え繁る」という願いを込めて「やよい」としたのだと思うが、弥生は陰暦3月のことである。

 彼女は、弥生3月の10日午後5時に亡くなった。

 だが私は、彼女の遺骨がどこの墓に埋葬されているのかを知らない。

 戸籍簿のコピーを見ながら、私はその叔母の冥福を祈った。

(城島明彦)

私の先祖は、武田信玄が大嫌いで信濃から逃げた!?


40年前に先祖のことを調べた

 年を重ねるにつれて、身辺の整理をしなければならないという思いが強くなってきた。

 今から40年近く前に、先祖のことを調べたことがある。
 
 先祖の墓がある土地の役場へいって、戸籍謄本や戸籍抄本のコピーをもらい、次に本家を訪ねて系図を見せてもらって、それを写した。

 今は戸籍を調べまくることは法律的に難しくなっているが、当時はほかの家の戸籍も自由に閲覧でき、コピーももらえたので、本家の戸籍簿の写しも手元にある。

 それによると、わが先祖は、いかなる理由かはさだかではないが、信濃佐久郡大日向(しなのさくぐん おおひなた)というところから三重の員弁郡(いなべぐん/現いなべ市)へとはるばる流れてきたらしい。
 

戦国時代の大日向直政・直武の家来か?

 大日向という姓の戦国城主がいた。
 信濃水内郡(しなの みのちぐん)に城(小川城)を構えた大日向直政・直武(おおひなたなおまさ・なおたけ)親子で、彼らは武田信玄に従ったという記録がある。

 すんなり信玄の家臣になったのではなく、城内は信玄派と反信玄派に二分されていたとされ、そのとき、わが先祖が大日向親子の家来で反信玄派だったとすれば、信玄に帰属することを嫌って信濃を逃れ、伊勢方面へと向かった可能性は十分にありうる。

 わが先祖の姓は小林で、系図によると、「大日向長在(おおひなた ながあり)の外家(がいけ)を嗣(つ)ぎし為、小林氏となる」とある。外家とは、「母方の親族」のことだ。

 肝心の「大日向長在」という人がどういう人なのかは、よくわからない。
 わからないということは、極端な言い方をすれば、「どこの馬の骨ともわからない」ということになる。


戦国時代、三重には300をはるかに超える城があった

 先祖が移り住んだ員弁(いなべ/現いなべ市)という土地は、戦国時代に数え切れないくらい戦いが行われた伊勢國(現三重県)にあり、数多くの寺や人家が、繰り返し、戦火に遭って消失しているが、現在わかっているだけでも40近い城があったようだ。

 城といっても、石積みをした城郭建築ではなく、砦(とりで)といってもいいような土塁(どるい)の山城だ。

 桑名、四日市、鈴鹿、津なども加えると、戦国時代には300~400もの城主がいたことがわかっている。まさに群雄割拠だ。それらのほとんどは、信長らに攻められて落城したり、廃城になるなどした。

 城主が他の領地に移封されるときに付き従いたくないときは、別の城主に鞍替えするか、その時点で武士を廃業するなどしたが、わが先祖の動向は不明だ。歴史に名を残すような武士でなかったということだけは確かだ。

 江戸時代は「郷士」で名字帯刀(みょうじたいとう)を許されていたというが、戦国城主の数が多すぎて、どの城主に仕えたのかといった正確な記録が残っていないことから、いつ、どんな事情で武士を廃業し、農民化したのかは明白ではない。


寺で「過去帳」を調べる
 
 戸籍調べに続いて、系図や戸籍簿に記された名前の人が実際に存在したかどうかを確認するために寺へ行った。
寺には「過去帳」と呼ばれるものがあり、そこに誰がいつ死んだかが記されているのだ。

 そこで壁にぶつかった。系図には元禄(元禄年間は1688~1704年)の火事で過去帳が消失とあるが、災難はさらに続き、住職の話では、「戦後の混乱期に寺に泥棒が入り、いろいろなものを盗まれたが、そのなかに過去帳をしまった行李(こうり)も含まれていた」というのだ。
 泥棒は、あとで行李を開け、金品ではないことを知って、どこかへ捨ててしまったに違いない。
 
 そんな関係で、わが先祖の初代は、江戸時代中期の8代将軍吉宗の時代から始まっている。「善正」という人が「享保16年(1731年)亥夭 正月二十四日」と過去帳に記載されているのだ。

 享保年間は1716年から1745年なので、中頃になくなったようだ。何歳でなくなったのかはわからないが、生まれたのは享保以前である。
 
 寛文(1661→1673年)→延宝(1673~1681年)→元禄(1688~1704年)→宝永(1704~1711年)→正徳(1711~1716年)→享保
 
 60~70歳まで生きたなら寛文年間の生まれになるし、50歳で死んでいたら延宝末年の生まれ、40歳なら……ということになる。

 根拠など何もないが、ないからこそ勝手な想像ができるのであり、そうした想像をすることは楽しい。

(城島明彦)

2013/09/02

土曜夜はNHK「夫婦善哉」、日曜夜はNHK「八重の桜」と「半沢直樹」

NHK土曜ドラマ「夫婦善哉」の主演女優尾野真千子と膳場貴子(元NHKアナ→TBSキャスター)の顔は激似!?

①「夫婦善哉」

 尾野真千子と膳場貴子の顔がよく似ている。ドラマを観ながら、そんなことを考えていた。
 顔つきが似ているということは、骨格も同じということになり、話す声も似ている。
 年齢は膳場の方が6歳上だ。

 それにしても、尾野真千子は、もしかしたら「地」なのかと思えるくらい、どうしようもないボンボンに惚れて尽くしまくる昔の大阪女の役が怖いほどハマっている。
 この人が、11月には民放で、サザエさんの原作者長谷川町子役を演じるというのだから、彼女の演技に期待が集まるに違いない。


②「八重の桜」

 「八重の桜」は、先週日曜日に見た第34回(8月25日「帰って来た男」)を土曜日昼間の再放送でも繰り返し見た。
 そのとき気になったのは、夏場に八重が京都の自宅庭にある井戸に板を渡し、そこに腰かけて裁縫をしていると新島襄が訪ねてくるという場面だった。

 井戸は、古来、神が宿っているとさされてきた神聖な場所である。
 武士の娘で、しつけにうるさい家庭に育った八重が、「夏の京都は暑い」というだけの理由で、井戸に腰をかけて、しかも足を飲み水の方に向けるという動作をするはずがない。
 八重は直射日光を浴びており、足だけ涼しくするというのも妙な話だ。

 NHKは、どういう考えから、このような突拍子もない演出をしたのか知りたいと思いながら観た。

 「八重の桜」では、観ていて涙腺がゆるんでくる場面がこれまでにも幾度もあった。第35回「襄のプロポーズ」でも、八重の前夫川崎尚之助が結核で死ぬ場面や、戦場へと向かう弟三郎を八重が見送った日や戦傷を負った父が死んだ日を回想する場面があり、しんみりさせた。


③「半沢直樹」

 善悪がハッキリしていて、わかりやすいのと、銀行の表の顔と裏の顔をおもしろおかしく描くのが巧みだ。

 大事な書類をめぐってスリリングな展開が毎回あるが、そのつど、タッチの差で悪側に渡らないようにするという設定は、現実にはありえない。
 しかし、視聴者は、「これはドラマだ」と思いながらも、悪側にそれが渡らないことを願いながら観ている。

 今回のドラマを観ながら、遠い昔、同じような思いで観たテレビドラマがあったと思った。

 「月光仮面」である。
 
 悪漢が好きなようにしようとすると、どこからかオートバイにまたがった〝正義の味方〟月光仮面が現れて、そいつらをやっつけ、またさっそうといずこかへ消えてゆく。

 ♪ どこの誰かは 知らないけれど
   誰もがみんな 知っている
   月光仮面の おじさんは 
   正義の味方よ よい人よ ……

 毎回、似たような場面が繰り返されるのだが、それで視聴者の少年たちは満足するのだった。

 「水戸黄門」も「暴れん坊将軍」も「桃太郎侍」も「大岡越前守」も、正義が悪を倒さないと視聴者は納得できないのだ。

 「赤穂浪士」でも、吉良の首をあげるから皆、納得できるのだ。

 世の中を見渡せば、正直者がバカを見て、悪い奴が偉くなったり、羽振りがよかったりすることの方が多い。
 それが現実。
 せめて、ドラマのなかだけでも、正義が悪に勝つようにしてほしい。
 そういう願いを叶えるのが「半沢直樹」ではないのか。

 半沢直樹は、〝水戸黄門の庶民版〟あるいは〝大人版アンパンマン〟なのだ。
 悪役の暗躍で、はらはらドキドキさせるが、最後は正義が勝つ。勝たなければ、おかしい。
 でも、どうやって勝つのか!? その知恵・方法を知りたい。

 視聴者は、そういう感覚・感情・願望で「半沢直樹」を観ているのだ。

(城島明彦)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »