« 酷暑お見舞い「納涼小噺(こばなし)」 | トップページ | 納涼の季節に、1か月のご無沙汰でした »

2013/07/12

「お笑いタレントが平手打ちで鼓膜を損傷した事件」を日本相撲協会はどう考えるのか!?


日本相撲協会は、「張り手」「張り差し」で鼓膜を損傷した力士の総数を公表せよ

 関西テレビは、同局制作のバラエティ番組で、目隠しをしたお笑いタレント3人が、プロレスラーや一般人から平手打ちを受けた結果、鼓膜を損傷したり脳震とうを起こしたりしたと発表。
 メディアもこれを報じた。

 このニュースを日本相撲協会は、どう受け止めたか、知りたいものだ。

 近年の大相撲では、「張り差し」「張り手」を連発する情けない横綱や大関が蔓延している。

 「張り手」「張り差し」は上位の力士が下位の力士に対して行うことが圧倒的に多く、平幕の力士が横綱相手に「張り差し」にいったり、取り組み中になんども「張り手」を連発することはほとんど見られない。

 要するに「張り手」「張り差し」は、一種の「パワーハラスメント」なのである。

 モンゴル出身の白鵬、日馬富士の両横綱は頻繁に張り差しをおこない、それをまねたわけでもある舞いが、大関の稀勢の里や琴奨菊も「張り差し」を平気で行う。

 白鵬などは、でっかい手で相手力士の耳を意図して狙い、強烈な張り差しを見舞っている。

 力士の力は強烈で、「張り手」や「張り差し」を受けた相手の力士はまず鼓膜を損傷し、さらには一瞬で脳震とうを起こしてその場に崩れ落ちるケースも過去に幾度となく見られた。

 しかし、日本相撲協会は、そうした危険な技を禁止しようとはしない。

 これまで何百人もの力士が鼓膜を損傷していることは間違いがないが、それを公表したことは一度もなかった。

 長身の力士が小柄な力士に上からのしかかるようにしてその力士の腰を折る「サバ折り」という技があったが、これは危険として禁じ手となっている。

 モンゴル出身の力士が増えた頃から「張り手」や「張り差し」のような荒っぽくて見苦しい手が増えた。

 日本相撲協会は、張り差しを受けた力士が身体にどういう影響を受けたかを当然知っているはずだ。
 もし知らないというなら、即刻調査し、メディアに好評すべきである。
 NHKを始めとするメディアも、日本相撲協会にデータの公表を迫るべきではないのか!

 (城島明彦)


« 酷暑お見舞い「納涼小噺(こばなし)」 | トップページ | 納涼の季節に、1か月のご無沙汰でした »