« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013/03/29

物書きなのに、ブログを書くのが億劫(おっくう)


気がつけば、3月も残すところ、今日を入れてあと3日

 文章を書く仕事をしていながら、ブログを書く気になれない日が続いた。
 その間、仕事用の文章は、いっぱい書いているのだから、自分でも不思議になる。

 昨年春に出た『ケアマネのための社会知識ナビ』という本が、この手の本としては完売となり、昨年の終わり頃から倉庫にも在庫がなくなったので、第2版が出ることになり、1月に集中的に加筆作業をし、先週ゲラが出たので、監修を担当してくれた友人と昨日照らし合わせをした。
 
 この本は、さまざまな数値や調査データを満載しており、刊行されてから日が経つと掲載したデータが古くなり、なかには改正されて内容が変わってしまう法律などもあるので、第2版ではデータを一新すると同時に編集者にお願いしてレイアウトなども大きく変更してもらった。

 当初発売は4月を考えていたのだが、出版不況のあおりを食って担当編集者がリストラされてしまうという予期せぬ事態が発生し、発売は5月連休明けにズレ込んだ。

 年明けから、書きたい本の企画書をいくつも作成したが、なかなか通らず、イライラする毎日が続いた。そのなかで、夜の11時頃電話があって、「明日の11時までに『天才』をテーマにしたムックの企画書にできないか」といわれ、徹夜してまとめた企画書が通り、これから1か月と少々で書き上げることになった。

 誰もが知っている人を書くのは難しい。当たり前のことを当たり前に書いては意味がない。
 同じ素材を使って、どうしたら違いを出せるか。
 そこが腕の見せどころだ。

 前回書いた「世界の名家と大富豪」が幸いにも売れたので、それを超える内容のものにしたいと自分にいいきかせている。


出版業界は構造不況業種と成り果てた

 出版業界は、日を追って地盤沈下し続け、ひどいことになっている。
 読者の目を向けさせようと、話題づくりに躍起になっている。

 昔は、編集者から「何か書きたいもの、ある?」と声をかけられ、
 「こういうのを書きたい」
 というと、翌日には、
 「決まりです。あれでいきましょう。いいのを書いてください」
 という電話がかかってきたりした。

 しかし、いまは、そんなことをいわれる作家は数えるほどしかいない。
 芥川賞や直木賞を受賞して〝物書きピラミッド〟の頂点に位置づけられる作家でも、注文が少なく、注文があって執筆しても、その本が売れないと次第に置いてけぼりを食う時代になった。

 したがって、ほとんどの作家は、
 「自分は、こういうものしか書かない」
 などと偉そうなことをいっていられなくなってきた。

 私も、そんな一人だが、興味や関心のないものは書かない。


作家はなぜ年をとると「時代小説」に手を染めるのか

 興味や関心は年齢とともに変化するので、若い頃には目を向けなかったジャンルに対して興味を覚えるようになる。

 現代を舞台にした小説を書いていた作家が年をとってから時代小説や歴史小説を書き始めるのは、そういう理由からだ。

 年をとると、
 「新しい風俗や若者たちに対して心底から共感を覚えなくなる」
 という理由もある。言葉を変えると、
 「時代の流れについていけなくなる」
 ということだ。

 共感できない人間、理解でいない言動や言葉を発する人間を小説の主人公として活写することができなくなるということだ。


「柳の下のどじょう」ばかり追いかける出版社のモラルの低さ

 ある本がヒットすると、ほかの出版社が狙いすましたように砂糖に群がるアリのようにそこに殺到し、似たような本を続々と出す。

 「新書」や「実用書」がその典型的な例だ。
 ハードカバーの本に比べて値段が安く、読者にとって「手ごろ感」があり、目新しさも手伝って当初は売れた。

 たとえば、光文社新書の「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」は、タイトルの妙もあり、バカ売れし、私の知りあいの編集者の何人かは「ああいう本を書かなきゃダメだ」と私にいった。

 だが、私は、その頃、数えきれないくらいのさおだけ屋がつぶれて廃業している実態を知っていたので、心中で「何をバカなことをいっているのか」と、あざ笑っていた。

 要するに、意図的に読者の関心を引くタイトルをつけたり、根拠もなく、不安心理を煽り立てるような内容にしたり、一見、役に立つと思わせるようなインチキな話を書いて売っているだけの話である。
 そして、読者がその策略に乗ってしまうのだ。

 「こうすれば、○○になれる」
 「30代でやっておくべき、△△なこと」
 などという、もっともらしい謳い文句が続出するのは、そういう理由による。

 そうしたモラルの低さが、いつのまにか出版界に定着している。

 その手の実用書を買って、そのとおりになれた人がいったい何人いるというのか!?

 かつて、「新書」といえば岩波新書が代表格で、ほかにもいくつかある程度だったが、いつのまにか、書店には新書の山が築かれている。
 が、どこもかしこも新書を出せば、競争は激化するし、内容の似た類書も増えて、次第にクオリティが低下し、売上も次第に落ちていく。

 グチ、文句、批判を言い出すとキリがないので、このへんでやめておこう。

 (城島明彦)

2013/03/11

「八重の桜」の視聴率が下がる大きな原因は、演出の不親切と音楽センスのなさ!

視聴率激落(前回15.1%→今回12.6%)――「八重の桜」(3月10日「池田屋事件」)は、なぜ無闇に不快な音楽をかぶせるのか!?

近年、「民放のような番組づくりで国民に迎合しようとする情けない番組がやたら目につくNHK」だが、「八重の桜」の演出はNHKらしい正統派が感じられ、「よく撮(と)れている」と高く評価するが、演出家は音楽がわからない人間なのか?

 元治元年(1864年)夏の「祇園祭」の宵山の日に、尊皇攘夷派の長州藩士らが宿泊している京都三条小橋のたもとにある旅宿「池田屋」を新選組が急襲し、多数殺傷した惨劇の後の会話シーンでは、不必要と思われる音楽をかなり長く流し、会話を邪魔した。

 しかも、聞いていて不快になる音楽だった。どういう料簡(りょうけん)なのか。

 新撰組の殺傷事件はド迫力で、うまい演出と感じたし、「八重の桜」のテーマ曲も私は好きだが、こういうレベルの低い演出は許しがたい。

 音楽をやたらかぶせるシーンを多くするのが当今の流行なのかもしれないが、セリフだけで十二分に持つ場面にまで演出家は平気で延々(えんえん)と音楽を流す。
 
 こういうことは今回だけではない。どういうセンスをしているのか。

 こういったことを繰り返し、積み重ねていくから視聴率がジリジリと下がってくるのだ。


血を吐いた新選組隊士が沖田総司とわかる人だけ見ればいいのか!?
 
 強そうな若い隊員が戦闘中に血を吐く場面が出てくる。
 新選組や幕末のことに詳しい人は、それが新選組で一二を争う剣の遣(つか)い手として知られる一番組組長の沖田総司(おきた そうじ)であることがすぐにわかるが、それ以外の人はまずやらわからない。

 新選組といえば近藤勇ぐらいしか知らないおばちゃんやおばあちゃんは、それが誰なのかわからない。
 なぜ人名のテロップを出さないのか。

 大河ドラマという性格上、何人もの歴史上の人物が多勢出てくるが、池田屋襲撃現場で深手を負い、敵にとどめを刺されるよりはとは思って自決した尊攘派の武士が熊本藩士の宮部鼎蔵(みやべ ていぞう)とすぐにわかる人が何人いるか。

 それまでのドラマを見てきた人でも、次から次へといろいろな武士が出てくるので、しかも、前回のドラマから一週間も立っているから、どの俳優がどの役を演じているのかわからなくなってくるはずだ。

 毎回、主要人物にはテロップを入れるのが、視聴者への親切というものである。NHKは、また不評をかこった去年の「平清盛」のときと同じことをやっている。


NHK職員の平均年収は1100万円――高すぎると思えるその給料は視聴者が出している

 NHK職員の平均年収は1100万円と高額だが、それはどこから出ているのかと「週刊実話」は書いているが、出所は改めていうまでもなく聴取料からである。

 高い給料に聴取料を使い、大河ドラマの制作費に金をたっぷりかけながら、視聴者サービスを軽視するとは、どういうことか。
 視聴者に親切にしなければならない理由、そして低視聴率では済まされない理由がここにある。

 裏番組ではWBCで侍ジャパンが打つわ打つわで打線大爆発! そちらは繰り返し選手の名目をしつこいくらい連呼したりテロップが流れ、野球のルールを知らないおねえちゃんやおばさんが見ても、気分爽快!

 裏番組で、浅田真央が出場するフィギュアの選手権大会やオリンピックといった人気のある実況中継があると、NHKの大河ドラマはガクンと視聴率が起き、翌週、そうした裏番組がないと視聴率はそれよりよくはなるが、当初の勢いを失う――というのが、ここ何年かのパターンになっている。

 問題は、それをきっかけに徐々に視聴者ばなれが起きていくことだ。
 
 
(城島明彦)


2013/03/06

サムスンとの資本提携、NO! シャープは2分割し、AV 部門はソニーと、白物部門はパナソニックと合併せよ!

シャープは売国奴になるな。韓国に魂を売るな

 サムスンは、ソニーのいいところだけを徹底的に盗み、悪いところはマネしなかった。
 
 ソニーは、かつてサムスンと液晶テレビで手を結んでシャープに対抗しようとして、技術や経営のブラックボックス的な部分まで盗み取られ、精気をなくした。

 シャープは同じ轍(てつ)を踏んではならない。

 しかし、経営危機に瀕したシャープは、台湾企業との交渉がうまく行かないのに業(ごう)を煮やし、サムスンに100億円の出資を仰ぐことになったと報道された。


孫正義は「恩あるシャープ」になぜ100億円出資しないのか

 孫正義は、震災の義援金に100億円を寄付したり、アメリカ人でさえ仰天する豪邸を2つも買ったというニュースも報道されている。

 うなるほど個人資産を持っているらしい。

 孫正義が事業家として成功するきっかけは、シャープの副社長だった佐々木正がつくった。
 佐々木は、孫正義を気に入り、彼が開発した「翻訳機」独断で1億円で買い取った。
 1979年のことで、いまなら100億円にそうとうするような金額だ。

 孫正義がそれを「恩」と思い、感謝しているなら、その「恩義」に報いるなら今だ。


孫正義は、シャープに100億円黙って貸してやるか、シャープの経営陣に加われ!

 シャープの創業者早川徳次(はやかわとくじ)の考え方はソニー的だ

 シャープの本を書いたのは20数年前になるが、それ以来、シャープとソニーの「技術に対する考え方」はよく似ていると強く思い、以後、「シャープとソニーは合併した方がいい」といってきた。

 ソニーの創業者井深大(いぶかまさる)は「よそにないものをつくれ」といい、シャープの創業者早川徳次は「よそがまねするようなものをつくれ」といった。

 言葉は違っているが、いっていることは同じ。シャープとソニーは似ているのだ。

 シャープは大阪に本社があるので、パナソニック同様、「大阪的な色彩が強い企業」と思われているが、そうではない。早川徳次は東京の出身。その考え方が大きく影響している。


「日立・東芝・三菱」「ソニー・シャープ」は合併せよ

 日立と東芝は重電をやっているという共通点がある。
 そこへ三菱も加えて、重電で統合、家電で統合し、巨大企業になって世界を制すればよい。
 
 この程度のことは、いまの時代、大胆でも荒唐無稽でもない。

 _obi_2
 (城島明彦『広報がダメだから社長が謝罪会見をする!』(阪急コミュニケーションズ)

(城島明彦)

2013/03/04

NHK大河ドラマ「八重の桜」の視聴率ジリ貧を招いたのは、致命的ミスキャストが原因。綾野剛がなぜ会津藩主(松平容保)なのか?


視聴率は長期低落トレンドに入った!?

 3月3日の「八重の桜」(第9回)は「八月の動乱」、いわゆる「8月18日の政変」を軸にして描いた話だったが、視聴率(関東地区/ビデオリサーチ調べ)は15.1%で、前回より0.6ポイント落ちた。

 第9回の視聴率比較 平清盛13.4%、江20.0%、龍馬伝21.0%、天地人20.3%、篤姫25.3% 

 「八重の桜」が20%超えを達成したのは初回のみ(21.4%)で、1月は18%台をキープ(18.8→18.1%→18.2)し、2月初めも18.1%と健闘したが、そこで息切れ。一気に15%台に下落した。

 2月 18.1%→15.3%→17.5%→15.6%

 数値の推移は、
 「関心をもって初回を見た人が、少しずつドラマの内容に失望し、見なくなった」
 ということを物語っている。

 民放ならこの数字で御の字なのだろうが、NHKはそうはいかない。
 

何が視聴者の関心が薄らいだのか!? 

 演出方法は、正統的で好意が持てる。
 脚本もよくできている。
 主演の綾瀬はるかは好感が持てる。

 問題は2つだ。
 1つは、正統的な時代劇を意識するあまり、セリフに難しい言い回しが多くなり、若い連中のみならず、年寄りでも、
 「? いま、なんていった?」
 と思うところが、結構あるのだ。

 もうひとつは、主要な人物の配役を誤ったことだ。


松平容保役に品のない顔つきの綾野剛をなぜ起用したのか!? 

 幕末・維新の時代史のなかで、きわめて重要な人物だった会津藩主・松平容保役を演じている綾野剛という役者に対して違和感をいだいている視聴者は、私だけではあるまい。

 その違和感は、演技以前だ。
 顔つきである。

 松平容保は孝明天皇に目をかけられた忠臣なのだから、それなりの気品がある役者がふさわしいが、綾野にはそれが感じられない。まるで、そのへんのチンピラ侍がふさわしいような顔つきだ。

 目が釣り上がり、どうひいき目に見ても、賢明そうには見せず、おまけに短気そうな印象を受けてしまう。完全なミスキャストといっていいだろう。

 何回目のドラマだったかは忘れたが、京都守護職となった松平容保が千人を超える会津藩士を率いて入京するシーンで、町の人に、
 「きれいなお殿様だ」
 といわせていた(正確な表現は忘れた)が、綾野の顔は「きれいな」というイメージではない。

 NHKは折角きちんとしたドラマづくりをしたのに、ミスキャストがすべてをぶち壊すことを考えないといけない。
 ミスキャストが致命傷になることをNHKは去年の松山ケンイチで思い知ったはずなのに、たとえ主役の人選ではなくても、何回かのドラマで主役に匹敵する重要な人物の人選では、もっと慎重になるべきである。


西郷隆盛はなぜ痩せているのか!?

 少し前の話になる。「八重の桜」を見た私の友人が、
「若い頃は痩せていたのかもしれないが、あの西郷隆盛はないよね」
 といっていたが、私もそう思っていた。
 
 西郷隆盛といえば、やはり太ったイメージがある。

 西郷隆盛という偉人のイメージは、明治以来、日本人に広く浸透してきたのであり、それを覆すことは難しい。

 西郷に鹿児島弁をしゃべらせたり、八重に会津弁をしゃべらせたり、当時の時代考証をどんなにしっかりやったとしても、圧倒的多数の視聴者がそれを演じる役者に違和感を覚えたら意味がない。
 NHKは、もっとイメージを大事にしたらどうか。


若いOLと宮本武蔵

 話は変わるが、先日、少人数制の「読書会」が渋谷であった。

 読書対象となった本は、私が現代語訳し、昨年末発売された宮本武蔵『五輪書』(致知出版社)である。

 幸いにも拙訳は好評なようだが、現代語にするときに気をつけたのは、誰にもわかるような言葉づかいにするという点だった。

 勝つ方法について武蔵が述べている個所では、私は「勝利の方程式」と訳すなど、独自性を出す工夫をしたが、それは、古い言葉を知らないいまの若い人たちにもわかるようにとの配慮からである。

 NHK大河ドラマは、老若男女が見ているし、江戸時代の出来事をよく知らない人も見ている。そういう人への配慮をNHKは最大限すべきだが、大河ドラマでは多勢の登場人物が入れ替わり立ち代り出てくrので、役者の印象が弱いと、
「この人が演じているのは誰だっけ?」
 ということがしばしば起こる。

 「八重の桜」では、当初に比べ、人物名のテロップが減っている。不親切きわまりなく、私など、
 「後で、DVDにする作業で面倒になるので、いちいち名前を入れないようにしているのではないか」
 と勘ぐってしまう。

 「五輪書」の読者会の話に戻すと、当初、私は、宮本武蔵に関心があるのは剣道をやっていた人とか時代劇や時代小説に関心がある人だろうと思っていた。
 しかし、出かけてみたら、違っていた。
 剣道の心得のある人や時代小説が大好きという人はおらず、しかも女性が何人もいたので驚いてしまった。

 彼女たちは、「五輪書」を仕事する上で何かをつかむためのビジネス書、あるいは実用書として読んでいた。

 NHKの大河ドラマに描かれた主人公たちの生き方を、毎日の仕事の場でどう対処していくかのヒントにしている
視聴者もいるということである。
 
(城島明彦)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »