« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012/07/31

〝ニッポン病〟を救う〝平成の龍馬〟は、なぜ現れぬ!?

 
「紺屋の白袴」+「医者の不養生」

 20日ぶりのブログ更新だが、物書きとしての仕事はそれなりにこなしてはきたものの、こういうところへ書こうという気にならないのである。
 いわゆる「紺屋(こんや)の白袴(しろばかま)」というやつだ。

 しかも、体調悪(あ)しきなかで、貝原益軒の『養生訓』の原稿を書いていたのだから、こちらは「医者の不養生」に近く、我ながら実に情けない。
 だが、これが現実。自力では、いかんともしがたい。


平成の龍馬よ、いでよ!

 ニッポン病。それが今日のわが国の姿である。
 政治の混迷、経済の停滞、制度疲労、人心の荒廃……。
 高度経済成長やバブルの果てにたどり着いた日本の、
 末期的症状の大病を、そう呼ばずして何と呼ぶ。
 この難病の処方箋は、ただひとつ。
 「日本を今一度せんたくいたし申し候」
 あまりにも有名な150年前の坂本龍馬の至言だ。
 国を憂え、命がけで日本の洗濯に挑んだ龍馬。
 黒船襲来で右往左往し、決断できない幕閣を尻目に、
 己を捨て龍馬の国家再生(クリーニング)に呼応した若き志士たち。
 髙杉晋作、桂小五郎、小松帯刀、中岡慎太郎、勝海舟、西郷隆盛……綺羅星のごとく、であった。
 政情不安、大震災、国防問題……酷似する幕末と今。
 折しも、大阪で〝平成維新〟の狼煙が上がった。
 はたして今の日本に、〝ニッポン病〟を救う唯一の道、
 英雄〝平成の龍馬〟の出現は叶うのか。

 ――というわけで、今日は先日執筆した原稿が掲載されたムック(『坂本龍馬スペシャル――英雄待望論』)のPRといきたい。
 前記の文章は、その冒頭に記したものを流用した。

 Photo_2

『坂本龍馬スペシャル――英雄待望論』(徳間書店/本体714円+税) 発売中

 本文の構成
  巻頭特集1 幕末は若者の時代(龍馬の魅力、龍馬と髙杉晋作、沖田総司)
  巻頭特集2 英雄待望論(橋下徹は〝平成の龍馬〟になれるか、ほか)
  第1章    龍馬とは何者か(人物相関図、中岡慎太郎ほか)
  第2章    龍馬の33年(少年の龍馬を変えた継母、旅立ちの19歳ほか)
  第3章    龍馬の大仕事(薩長同盟、亀山社中ほか)
  第4章    龍馬が愛した女たち(平井加尾ほか)
  第5章    知られざる龍馬(龍馬暗殺の謎ほか)

 執筆陣は、以下のとおり。
 ◆監修:原口泉
   鹿児島大教授を経て、志學館大教授。(坂本龍馬、小松帯刀らの著書多数。「篤姫」ほかNHK大河ドラマの時代考証も担当)
 ◆執筆:原口泉/鏡川伊一郎(歴史作家)/柳下要司郎(作家)/城島明彦(作家)
 
 (城島明彦)

2012/07/11

いのち はかなく いのち せつない


 上野のパンダの赤ちゃんが、母乳が気管支に入り、肺炎で死んだというニュースを聞いて、詩人の野口雨情が愛児を失ったときの体験を綴ったといわれている童謡「しゃぼんだま」の歌詞が頭に浮かんだ。

   ♪ シャボン玉消えた  飛ばずに消えた
     産まれてすぐに    こわれて消えた

(城島明彦)

2012/07/09

不人気「平清盛」(7月8日放送)は、視聴率との「宿命の対決」だった

視聴率(関東地区)は11.7%(前回より1.5ポイント下落)

 「NHK大河「平清盛」は、前回は5月放送の第18回以来の13%台を久方ぶりで回復し(13.2%)、しかも昨晩(7月8日)放送の第27回は「宿命の対決」というタイトルで気を引いた。
 加えて、昼間、清盛関係の番組を放送し、NHKは視聴率アップに躍起になっているようだった。

 ところがというか、やはりというべきか、ふたを開けてみれば、ドラマの展開は、例によってNHKの一人相撲に終始し、タイトルの割には内容的に盛り上がらず、視聴率は11.7%(ビデオリサーチ調べ)と再び下落、もはや〝不人気ぶりが板についた感〟がある。

 私は、ベッドに寝ころがって見ていたが、このところずっと熱があって体調も悪いのと、ドラマの内容がつまらなかったのとで、途中で眠ってしまい、気がついたら番組が終わっていた。

(城島明彦)

2012/07/05

見よ、投壊の空明けて! 翼がぼろぼろだぜ、中日ドラゴンズ!

梅雨になったら打線も湿り、投手もヨレヨレ

 中日ドラゴンズが投壊してしまった。

 巨人戦3連敗に続いて、(雨天中止を挟んで)ヤクルトにも連敗して5連敗。
 出る投手、出る投手、ボコボコ状態。

 バッティング投手さながらじゃないか。

 しっかりせんかい、高木守道!


 AかげんにCや

 そもそも中日は投手王国だぞ。

 対戦相手に点を与えない投手力で、昨シーズン、一昨シーズンとセリーグの覇者となった。

 ところが、その落合セオリーを、高木老新監督はひっくり返し、打線におぶさる戦闘方式に変えてしまった。

 打線なんて、アテにならない。15安打放った次の日は完封負けということが当り前のように起こる。

 高木采配は、妙なところでスクイズさせたり、バントさせたり、おかしなことをよくやる。

 権藤御老体ヘッドコーチも、意地を張らずに、もう一度、投手力重視の野球に変えたらどうでやんしょう。

 ♪ 燃えよ、ドラゴンズ

  じゃなかった。応援せんでも、

 ♪ もう、ええよ、ドラゴンズ


 (城島明彦)

パンダの赤ちゃん、こんにちは!

  
 
 八(はつ)っあん 「上野動物園で、パンダの赤ちゃんが生まれたそうだね」

 ご隠居 「オー、パンダスティック!」

  
(城島明彦)

緊急取材「ハトちゃん、ぺっ」

鳩山由紀夫元総理に国民代表が緊急質問したとさ

 Q「民主党の党首、つまり総理は、鳩山さん、菅さん、そして野田さんで3人目ですね。これをどう思いますか」
 A「アイム・ソーリーなんて私はクチバシがさけてもいわないよ。サッカーと同じ『鳩トリック』とほめてほしいね」

 Q「鳩山さんは総理になったときに『友愛』ということを掲げられましたが、ついに分裂しましたね」
 A「〈YOU&I〉のことをいっているんだね。『君は君、俺は俺』という意味だから、造反は理念にかなっているんだよ」

 Q「マニフェストは、でたらめという批判に対しては?」
 A「マヌケフェストのことかい? 人間は本来、間抜けだという意味だよ。それに、マニフェストに掲げた項目のいくつかは抜け落ちる、つまり『間抜け』をかけているんだな。ちょっとクッククック、苦チィか」

 Q「何十億、いや何百の資産めあてに集まってくる議員をどう思いますか?」
 A「政治はカネが命の母だ。 ♪母のんきだね。 ♪ みんなで なかよく 飛んでこい。何? はと(はた)めいわくだって?」

 だめだ~っ、こりゃ。

(城島明彦)

2012/07/04

衣里子様 「大雨を 集めて速し 新党離脱」


小沢ガールズ、脱党だっちゅうの

 6月が過ぎ、7月になったというのに、「五月雨(さみだれ)」式に離脱ですか。
 
〝小沢ガールズ〟の福田衣里子衆院議員の「小沢新党離脱」に接して詠めり。
 
   大雨を 集めて速し 新党離脱

  これでは、まじめすぎるし、工夫がない。そこで、川柳。

   結党と 聞いて上がった 血糖値 

   これからは エリを正して やる×(ばってん)

 衣里子様は、長崎出身でございます。
  
 「脱原発」といったって、大飯原発は再稼動しているわね。

 「脱消費税増税」たって、衆議院を通過してしまっているわね。

 それなのに「脱原発・脱消費税増税」? 
 そんなのおかしいって、小学生でもわかる話。

 遅まきながら、そのことに気づいたってことかな?

 どうも おざわがせしました。

(城島明彦)

チャンポランのノラリコホイ

 
仕事の合い間の息抜きざんす

 広報本の原稿の次は、江戸の医学の話の原稿に追われる日々と書くと、

 「物書きは儲かるみたいだな」

 と早とちりする人がいるかもしれませんが、とんでもナイトメアでございます。

 出版不況で、ヒーヒー、カララムーチョの日々でございます。

 「日々是好日」は武者小路実篤先生でありますが、オイラはといえば、

 「日々是悪日」でありゃりんこ。

 日本の夜明けは遠いざんすが、オイラの夜明けはもっと遠くにありて思うもの。

 日本の明日は暗いが、オイラの明日はもっと暗いざんす。

 誰か、誰か、儲かる仕事をくりゃりんこ!
 
 などと、イライラしながら「小咄」を一発。


   「総理、小沢派大量造反の責任をとってください」
   
   と側近が迫ったとさ。

   しばし、沈黙の後、総理いわく、

   「私の答えは決まっている。『ノーだ』(野田)。野球でいえば、まだノーダンだもの」

   「そんなことは国民には通じませんよ」

   「それなら、よし、引こ(佳彦)う」

  
   あ、あかん。われながら、イマイチ、朝市、座頭市。なんのこっちゃ。 


 (城島明彦)

2012/07/03

民主ばらばらSONG (作詞 鳩沢直人)

新風ではなく、新譜紹介

 ♪ざわざわ小沢 政局あらし  ※あらし:「荒らす」と「嵐」のかけことば。
  (コーラス)OH! ばらばら
  出るも地獄 残るも地獄 
  (コーラス)OH! ばらばら 党内ばらばら
  二ホンのことより 自分が大事
  (コーラス)OH! ばらばら 日本ばらばら
  選挙めあてだ 文句があるか
  (コーラス)OH! ばらばら
  カネがほしいか そらやるぞ
  (コーラス)ポッポッポ ハト ポッポ

 (蛇足)山岡賢次 殿 
  貴殿は、小沢派の番頭として、またぞろシャシャリ出てきたが、民主党の国家公安委員長・内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)の在任期間が2011年9月2日~2012年1月13日とえらく短かったのは、どういうわけでございましょうかな、山岡殿。
 いけませんぞ。貴殿は謹慎中の身ではなかったのですかな?
 小沢様のお力でやっと大臣になれても、何ひとつできず、国会答弁ではしどろもどろの繰り返し。挙句の果てに任期途中で罷免でございましたなあ。
 そのことを、まさかお忘れではございませんでしょうな。
 そんな人間は、口が裂けても偉そうなことをいってはなりませんぞ。 (水戸の御老公からのご伝言じゃ)

 (城島明彦)

2012/07/02

NHK大河ドラマ「平清盛」(7月1日放送「平治の乱)  視聴率13.2%と低いところで健闘!

 
視聴率10%を割らずに踏みとどまった

 前回が10.1%という喫水線ギリギリの低視聴率だったことから、
 「いつ10%を割って、大河ドラマ50年の歴史を塗り替えてくれるのか?」
 と、妙な期待のされ方をしている「平清盛」。
 
 ところが、第26回 「平治の乱」(7月1日放送)は、
 視聴率13.2%(関東地区/ビデオリサーチ調べ)と大健闘(?)

 NHK、あんたはえらい?

 「夜襲」という奇襲戦法で「保元の乱」を勝利に導いたにもかかわらず、恩賞が清盛に比べて低すぎたことで不満をつのらせた源義朝が、清盛が熊野参詣に出かけた隙を狙って、後白河上皇と二条天皇の身柄を確保するという荒業に出たのが、「平治の乱」である。

 「体制権勢派(信西入道と組んだ清盛)VS反体制不遇派(信頼と結んだ義朝)」
 という構図だ。

 5月以来という久しぶりの13%台の視聴率になったのは、戦争する理由や対立する相手がはっきりしており、話がわかりやすかったからだろうか。

 しかし、清盛が「自分は(信西との)友情を大切にする」といった臭いセリフを吐くところなどは、昔の青春ドラマで、「俺は君が好きだーっ!」などと叫んで砂浜を駆けるシーンとだぶり、いただけなかった。

 次は、清盛の逆襲にあって義朝が敗走し、風呂場で元の家来に惨殺され、途中ではぐれた頼朝が捕まり、源氏が潜伏を余儀なくされる過程になるのか。

(城島明彦)

沖縄新報や仲井真知事は、「日本が敗戦国」であることを忘れて、沖縄県民をミスリードしている

 小沢派は「消費税増税前にやることがある」というなら「基地問題を解決せよ」

 普天間基地の移転問題で、バカ首相が「最低でも県外移設」などと口を滑らせたお陰で、日本はめちゃくちゃになった。

 非難ごうごうで、幹事長だった小沢一郎も引責辞任したのではなかったか。

 その小沢が「消費税増税の前にやることがある」だって?
 どのツラ下げて、そんなご立派なことがいえるのか。

 沖縄の普天間基地を、〝豪腕〟小沢なら、ただちに解決できるとでもいうのか。


折も折、沖縄が左傾化を強めている

 沖縄県民が戦争の犠牲になり、苦しんできたことは、日本国民は誰でもわかっているし、同情している。

 だが、それをいいことに、沖縄県知事がいいたい放題はおかしい。

 仲井真知事は森本敏防衛相との会談後、
 「垂直離着陸輸送機オスプレイの配備を米軍が強行したら、全基地即時閉鎖という動きに行かざるを得ない」
 と記者団に語ったと沖縄新報が報じた。
 
 仲井真は、共産党の手先なのか?
 政局の混乱に乗じて、日本をおかしな方向へ持っていきたいのか?


治外法権をどう考える? 

 日本は敗戦国だ。
 沖縄を含め、日本には外国大使館以外に治外法権を認めた基地がいくつもある!

 国連を見よ。
 世界有数の経済大国日本が、なぜ常任理事国になれないのか。
 常任理事国は、いまだに第二次世界大戦の戦勝国ではないか。
 中国と旧ソ連そしてロシアが反対するからだ。

 終戦から65年以上経つのに、日本は軍事的にはまだ独立できていないのだ。

 沖縄新報や仲井真知事は、そういう現実がわかっていて、好き勝手なことを発言し、国のやることにことごとく難癖をつけている。

 地方自治は重視・尊重されるべきではあるが、全国各地の自治体がそれぞれ勝手なことを主張したら、国は成り立たない。日本は、そういう危険域に近づいている。

 沖縄は、独立国になることを望んでいるのか?
 それとも、中国に属したいとでもいうのか?

(城島明彦)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »