« ニフティの有料ブログ「ココログ」は、「アノニマス」のサイバー攻撃に無力ではないのか? 危機管理はどうなっている!? | トップページ | 〝日本そのものを壊す〟小沢一郎の、「無理難題を吹っかけ、ゴネまくる、えげつない論理」 »

2012/06/29

NHKニュースウォッチ9(6月29日)の「おかしな訂正」

おかしな日本語

 私事ではあるが、ジジイになって体調も悪くなったが、口も悪くなっている。

 ニュースが終わり、天気予報に移る前に、キャスターの井上あさひが、以下のような訂正を伝えた。

 東京電力の株主総会が開かれたニュースで、

 「事実上、国有化された
  と報じたが、
 「実質、国有化が決まった
  が正しいので、訂正するといった。

 局内の誰かに指摘されて、そうしたのか、それとも視聴者からの指摘を受けて訂正したのか!?

 上記の2つの日本語には、言葉の上では微妙なニュアンスの違いはあるが、わざわざ訂正する必要はなかったのではないか。

NHKでは民放まがいのデタラメで低級な番組が激増し、もっと不自然な言葉がずいぶん使われている。むしろ、そっちの方を訂正してもらいたい。


 大越健介は好感が持てる

 キャスターの大越健介は、スポーツマンとしてのさわやかさ、人間的なあたたかみ、やさしさが表情や言葉に自然ににじみ出ており、いままでのNHKのニュースキャスターのなかで一番感じがいい。
 大越は、いうべきことはきちんといっているし、わかりやすく、民放の夜10時以降のニュース番組のキャスターを含めて、№1ではないか。
 
 ◆午後9時以降のニュース番組の評価・寸評は、以下のとおり。

  NHK   ◎  (井上あさひ、スポーツの廣瀬智美も感じがいい)
  日テレ  ×  (昔はよく見たが、今はまったく見る気がしない)
  TBS   ○  (膳場は頑張っているが、壁に突き当たっている印象)
  フジ    △  (秋元は落ち着いているが、笑顔不足。解説陣がイマイチ)
  テレ朝  △  (古館は、いうことが偏向し、だんだん鼻につくようになってきた)


 テレ朝は批判キャンペーンを張るなら、別のテーマでやれ 

 テレ朝の古館は、消費税増税の問題点をリストアップし、細かく点検していくというが、こんな問題はもっと前にやるべきこと。他の民放も同様。
 そういうことをやると、小沢派の太鼓持ちをやっていると視聴者に思われるだけだ。
  
 消費税が導入された年、増税があった年と経済成長を強引に重ねた表を見せていたが、日本の経済成長を左右する要因はそれだけではない。
 視聴者はバカだと見下しているのか!?

 正義づらしてやっていることは、国を滅ぼす手助けじゃないのか。

 消費税増税がどんなマイナス影響を及ぼすかという問題をやるのなら、どうやったら財源が増やせるのか、どうやったら日本経済が浮上できるのかを、具体的に提案したらどうか。

(城島明彦)

« ニフティの有料ブログ「ココログ」は、「アノニマス」のサイバー攻撃に無力ではないのか? 危機管理はどうなっている!? | トップページ | 〝日本そのものを壊す〟小沢一郎の、「無理難題を吹っかけ、ゴネまくる、えげつない論理」 »