« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012/05/28

視聴率ヒトケタまで、あと0.3ポイント! NHK大河「平清盛」(第21回「保元の乱」)のひどすぎる内容

視聴率ヒトケタへのカウントダウンが始まった

 
 5月27日放送の「平清盛」(第21回「保元の乱」)の関東地区の視聴率(ビデオリサーチ調べ)は、ついに10.2%を記録した。

 大河ドラマ史上初のヒトケタ視聴率は、目の前だ。

 NHKがどんなに弁解しようが、「ひとりよがりで、面白くない」から、そうなった。

 この一言に尽きる。

 視聴率が低かった主原因は、裏番組のロンドン五輪の女子バレーの世界最終予選(日本対セルビア)で、こちらの視聴率は23・3%。「平清盛」が終わる午後8時44分が最高視聴率(31.6%)だったとか。

 それ以前にも、浅田真央が出場したフィギアスケートの実況中継があったときは大河ドラマの視聴率は低かったが、そんなことは理由にはならない。

 ドラマ自体が面白ければ、視聴者は見るのだ。

 今回の出来事ではっきりわかったのは、過去に視聴率が回復したことがあったのは(といっても、低視聴率に変わりはないが)、その回の大河ドラマが面白かったからではなく、ただ単に裏番組が面白くなかったために、
 「しようがないなあ。大河でも見るか」
 とチャンネルを合わせていたからにすぎないということだ。

 国民から見放されたドラマに大金をかけているNHK。

 さあ、どう言い訳する!? 

(城島明彦) 

2012/05/27

〝国民的不人気大河ドラマ〟「平清盛」の演出はあざとい。もっと素直になれ

戦闘シーンは視聴率が高いといわれているが、「平清盛」はどうか 

 第21回「保元の乱」は、敵か味方かという話であり、それを家族が見守るわけで、これまでのドラマのなかでは一番わかりやすかった。

 だが、しかし、である。

 骨肉の争いで、内容的にはわかりやすいのに、その話の腰を折るように、いざ出陣というときに士気を削ぐかのように、後白河天皇に「叔父子」の話をさせたりするNHK演出陣のペダンチック(衒学的)な露悪趣味は鼻持ちならない。何とかならないか。

 親子対決・叔父甥対決など、そのままストレートに描かず、妙な理屈をこねるから、話が面白くなくなる。

 あれこれ中途半端なセリフで説明するより、黙って肉親同士が殺し合う方がインパクトは強くなる。 

 「平清盛」の視聴率アップのための支援番組として、NHKは5月23日(水)に「歴史秘話ヒストリア」( 午後10:00~10:43)で、保元の乱で崇徳上皇側についた〝男色家〟藤原頼長を取り上げていた。
 頼長は男色家として有名だった人物だが、過日放送のNHK大河「平清盛」では、わざわざそういうシーンを入れていた。

 家族で見る大河ドラマに、そんなシーンが必要だったかどうかという苦情が多数寄せられたであろうことは想像に難くない。

 そうした視聴者の声に対するNHKの開き直り的反論が、今回のヒストリアとなったのではないか。「歴史的事実はこうだ」といわんばかりに頼長の日記をわざとらしく示すNHKの態度は、あざとさが目立って、不快きわまりない。

 登場人物がわんさか出る番組では、毎回、テロップで人名を入れるのが親切というものではないか。
 それすら怠っているNHKって何?

◆追記(5月28日) 誰もが知っている、あるいは、一度は聞いたことがある「保元の乱」というタイトルで、視聴率(関東地区)は10.2%。これまでの最低。これがNHKに対する国民の反応だ。
 大河ドラマ史上初のヒトケタ突入の日は近い!?

(城島明彦)
  

2012/05/21

NHK大河「平清盛」(5月20日放送視聴率11.8%)のダメさ加減――なぜもっと人物を絞れなかったのか

話を絞るか、わかりやすくすれば視聴者は観る

 NHK大河ドラマ「平清盛」も、第20回「前夜の決断」(5月20日放送)で、やっと保元の乱までたどり着いた。

 視聴率は依然低迷しているが、それでも番宣(番組宣伝)的な紹介番組を流したせいか、視聴率は4月22日の11.3%を底に、翌週以降、13.9%、13,5%、14.7%とそれなりに回復してきた。

 視聴者は正直で、前回は登場人物が絞り込まれいて話がわかりやすく、視聴率も、それなりに健闘した。

 だが、「前夜の決断」では11.8%に低下した。その理由は、あまりにもはっきりしすぎている。


関係者に均等にスポットを当てる必要はない

 保元の乱(1156年)は、「体制派VS非体制派」の覇権争い。
 「白河上皇が院政を開始して以来の、天皇家、摂関家、武家(源平)による〝三つ巴(どもえ)の鬱屈(うっくつ)した感情〟がついに噴火した」という構図だが、人物関係が入り組んでいる。

 そこにあるのは、骨肉相食(あいはむ)む〝おぞましい〟人間関係。

  ①天皇家……後白河天皇(弟)VS崇徳上皇(兄)

  ②摂関家……藤原忠通(兄)VS藤原頼長(弟)

  ③武家(源平連合軍VS源平連合軍)
   平家……清盛(甥)VS忠正(叔父)
   源氏……義朝(長男)VS為義(父)・為朝(弟)

  ※次の平治の乱で「さらし首」になる信西(しんぜい/阿部サダヲ)も体制派として加わり、暗躍する。

 これだけでも、たいへんな人数で、人間関係が把握しづらい。
 
 それなのにNHKは演出的に欲張って、清盛の息子や義朝の妻妾ら、何人もの人物をさらに登場させ、セリフまでいわせた。
 その結果、誰が誰で、誰と誰がどういう関係にあるのかという人物関係がきわめてわかりづらくなり、話を十分理解できた視聴者は皆無に近いのではないか。


NHKは、使い勝手が悪い「機能満載の家電製品」と同じ

 誰もが子どもの頃の歴史の時間で習う「保元の乱」ということで、今回のドラマを観た人もいたに違いないが、ツギハギ的な演出に辟易(へきえき)したのではないか。

 NHKの演出家心理は、家電製品の企画者に似ていると私は思った。
 「あの機能も、この機能も、みんな付けないと消費者は買ってくれないのではないか」
 その結果、機能満載となり、操作もややこしく、使い勝手が悪くなり、売れない。
 そういう製品が世の中にはゴマンとあるが、NHKが「平清盛」でやっているのはまさにそれ。

 枝葉はばっさり落とし、シンプルな構成、シンプルな人間関係に絞り込むことは、脚本家や演出家にとっては「不安」だろうが、そうしないと話がすっきりしないし、まとまりを欠く。

 誰も知らない(あるいはそれに近い)か、名前ぐらいは知っていても関心がない歴史的人物を登場させても、視聴者はソッポを向く。そういうことだ。

(城島明彦)

2012/05/10

物書きなのに、ブログを書く気にならない日が多い

ブログをセッセと書いている人は、こまめな人である

  「料理家は、自分のための料理をつくるのは面倒なのではないか」
 などと思うことがある。

 私など、文章を書くことだけを職業にして30年近くになるが、手紙を書くのは好きではない。

 ブログ書くのも苦手だ。

 しかし、日頃、ご無沙汰している知人・友人のなかには、そのブログを目にして、
 「あの野郎、まだ生きていやがるな」
 と思ってくれる人もいるわけで、気分に任せて書いているというわけだ。


音楽をまったく聞かない日が何日も続く 

 若い頃は音楽を耳にしない日はなかったが、いまは1週間、音楽を聞かなくても平気だ。

 気分のいい日は、クラシック、ナツメロ、童謡……と節操のない聴き方をするが、いまは、どのジャンルも聴く気にならない。

 そういうときは、体調が悪いときだ。

 そういえば、テレビの地上波で放送される映画は観るが、映画のDVDも、ここしばらく観ていない。
 「旧作1本100円」
 につられて、ふらふらとTSUTAYAへ足を運んでも、観たいと思うものがなく、手ぶらで店を出る。


暗鬱な気分を吹き飛ばすべく、ダジャレを1つ、2つ 

 ◆フランス人が、百貨店の食器売り場で、お盆を手に取った。
 「セ・シ・ボン!」(C'est si bon.! =It's so good! )

 ◆フランス人が、百貨店のゲーム売り場で立ち止まった。
 「ア・ラ・カルト」(あら、歌留多? a la carte お好み料理)

 ◆中川翔子が北海道旅行をした。
  積丹(しゃこたん)半島←しょこたん

 ◆30前後の女が御神輿(おみこし)をかついだ。
 「アラサー」

 ◆電機メーカーのエンジニアが御神輿を担いだ。
 「せいのう~っ!」(性能)

 ◆無賃乗車のガキが顔をしかめた。
 「ウンチっ」(運賃)

 だ、だめだ、われながらレベルが低すぎる……。

 (城島明彦)

 

 

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »