« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012/02/27

NHK大河ドラマ「平清盛」(2/ 26)は、清盛が日宋貿易に目覚めるという中途半端なお話

盛り上がりに欠けた中途半端な第8回 

 低空飛行中の「平清盛」第8回は、清盛が日宋貿易に目覚めるお話だった。
 
 崇徳(すとく)天皇、鳥羽上皇の時代だが、実権は天皇ではなく、上皇が握って「院政」を執(と)り行っている頃のお話。

 ドラマ全体が、毎回、もって回ったような演出というか、ストーリー展開が多く、今回も面白いとか、グイグイと引き込まれるということがなかった。

 面白いと思ったのは、田中麓奈扮する「熱田神宮の大宮司藤原季範(ふじわらのすえのり)の娘」が源義朝(頼朝・義経の父)を好きになり、積極的にモーションをかけるという設定。
 そのかいあって、やがて彼女は頼朝の正室となり、頼朝を生むことになるのだ。


〝叔父子〟崇徳天皇の顔は、辛坊治郎そっくり!?

 肖像画によると、崇徳天皇は、テレビキャスターの辛坊治郎とそっくりの顔をしており、のちに、血で呪いの経文を書いた〝日本最大の怨霊〟と呼ばれるような恐ろしげな顔ではないが、息子の崇徳天皇は鳥羽上皇の実子ではなく、正室の璋子(たまこ)が祖父白河上皇と通じてはらんだ子だったから、鳥羽上皇も崇徳天皇も怨念がらみである。


〝平安時代を代表するオカマ〟藤原頼長 

 ドラマでは、摂関家藤原家の弟頼長(よりなが)が内大臣になるエピソードも描いていた。
 頼長が内大臣になるのは1136年のことなので、ドラマはそのあたりの時代ということになる。
 頼長は1149年に左大臣に昇進し、1156年に起きる「保元の乱」では、兄忠通を敵に回して戦死するが、ドラマではまだ先の話。

 ドラマでは、頼長が清盛を自邸に呼びつけて、清盛の父忠盛が偽造した日宋貿易を認める「院宣」という動かぬ証拠を突きつけて、チクチクやっていた。

 この男、「有名なオカマ」で、なんでもかんでも、「台記」と呼ぶ日記にこまめにつけていたから、几帳面というよりは不気味だった。


骨肉の争い「保元の乱」(1156年)

 いま描かれている皇室・藤原家・源平の人間模様のドラマは、やがて血みどろの骨肉の争いに発展していく。それが「保元の乱」。
 保元の乱は、保元元年(1156年)夏に起きた骨肉の覇権争いで、その対立構造といくさの結果は、次のようになっていた。

         勝ち組 ⇔ 負け組
 皇室    後白河天皇⇔鳥羽上皇
 藤原家  忠通(兄) ⇔頼長(弟)
 平家    清盛(甥) ⇔忠正(おじ)
 源氏    義朝(子&兄)⇔為義(父)・為朝(弟)

精彩を欠く女優(壇れい)の不可解な表情 
 
 鳥羽上皇は、祖父と内通して子(崇徳天皇)を生んだ奔放な〝魔性の女〟璋子(たまこ)を避け、〝男をとろけさす肉体の持ち主〟得子(なりこ)にどっぷりつかっている。

 得子を演じている松雪泰子、璋子ともに、どっちもイメージが違う気がする。

 第8回では、璋子が、自分が好きだった「水仙」を得子にとっぱらわれ「菊」に植え替えられたことを嘆く場面が描かれていた。

 壇れいは、やる気のない中途半端な表情をしている。
 サントリービールのCMで明るいキャラを演じている姿とのイメージとのギャップが大きすぎて、この役をやるメリットはなく、イヤイヤやっているのではないのかとさえ思わせる。

 得子は、その肉体で上皇をトリコにした女なのだから、ぎすぎすした体の松雪泰子というのはどうなのか。もっと「グラマラスな肉体派+コケティッシュな女優」にすべきだったのではないか。
 壇も松雪も、どちらも〝貧乳派〟という配役ではあまりに能がなさすぎる。


次男家盛との「平家の跡目相続」

 清盛の弟家盛は、歴史上、以下の2つの点で重要である。

 家盛は、清盛より5歳年下の忠盛次男(1123年生まれ)という扱いだが、正室藤原宗子(のち池禅尼)との間に生まれた実子である。
 清盛(1118年生まれ)は、好色だった白河上皇が遊女に生ませた子という説をNHKは取っているので、清盛と家盛の相続争いという問題が出てくる。

 家盛は、乱暴者の清盛と違って物静かな男であり、鳥羽上皇(のち)法皇に気に入られ、家督を継ぐ最有力者という見方もされていたが、20代半ばの1149年に病没。
 家盛の死によって平氏棟梁の跡目は清盛が継ぎ、血で血を洗う相続争いの可能性は回避されたのだ。

 保元の乱の後に起きた「平治の乱」(1160年)では、源平が闘うことになる。
 そのいくさで、玉木宏が演じている源頼朝の父義朝は死に、頼朝も捕われて殺されそうになるが、清盛の母(義母)池禅尼(宗子)が「死んだ家盛に面影が似ているから、助けてやってほしい」と清盛に懇願する。
 清盛は、その言葉を受け入れ、頼朝を伊豆への「島流し」に減刑する。この情けが、やがて平家を滅ぼすことにつながるのだ。

 家盛の死がもたらした2つの出来事が平家の運命を変えたのだ。


義朝は由良姫(熱田神宮の大宮司の娘)と結婚

 源頼朝は、玉木宏が演じている源義朝と熱田神宮の大宮司の娘「由良姫」(ゆらひめ)と結婚し、生まれた源氏の棟梁の嫡子である。

 田中麗奈が演じている由良姫は、義経の義母にあたる。
 頼朝と義経は異母兄弟で、「チビ・色白・出っ歯」だった義経の母は、武井咲が演じる常盤御前。

 常盤御前は、本邦初のミスコンで選ばれた絶世の美女で、近衛天皇の中宮藤原呈子(ていし)の雑用係をしていたときに義朝に見初められ結婚した。

 どれくらい美人だったかというと、容姿端麗な女子をまず千人撰び、それを100人に絞り、そこからさらに10人に絞って最後の1人に残ったのが常盤御前である。そのとき彼女は13歳。

 常盤御前を演じる武井咲も、「全日本国民的美少女コンテスト」で選ばれた美少女なので、共通点はある。


清盛はライバルの妻を自分の愛妾にした

 義朝のライバルだった清盛は、平治の乱で、源氏を破ると、義経ら3人の幼な子を連れて自首してきた常盤御前に、
 「おれの女になるなら、義経たちの命は助けてやる」
 といい、彼女をわがものにした。

 常盤御前は、やがて清盛との間に姫を生む。頼朝・義経の異父妹ということになる。

 常盤御前の美貌で命を助けられた義経は、京都の鞍馬山にあるお寺にあずけられるが、全国各地に逃亡して決起の機会をうかがっていた源氏ゆかりの者たちに説得されて、ついに平家打倒のために決起することになる。

 義経が山を降りて頼ろうとしたのは、遠縁にあたる奥州平泉の藤原氏。
 そこへ向かう途中で義経は、〝おばさんの実家〟である熱田神宮に立ち寄って元服式を行ってもらい、それまでの名「遮那王」(しゃなおう)を「左馬九郎(さまくろう)義経」に改めたと、『義経記』(ぎけいき)に書いてある。

 ちょっとした出来事で大きく狂ってしまう。それが歴史なのだ。

 (PR)義経を中心にして頼朝・常盤御前・清盛なども絡めて「真実はどうだったのか」を推理した〝裏返し日本史〟は、城島明彦『裏・義経本』(主婦の友社)に書かれています。2005年夏の発売と古いですが、絶版にならず、アマゾンでまだ売っているようですので、興味のある方はぜひご一読を。

(城島明彦)

2012/02/19

NHK大河ドラマ「平清盛」(第7回「光らない君」)は、話はわかりやすかったが……

視聴率はどう出る!?

 第7回のタイトル「光らない君」は、「光源氏とは比べものにならない、ダサい清盛」という意味だろうが、ストーリーとしては、清盛と最初の妻明子が結婚するエピソードが描かれるので、話としてはわかりやすい。

 前回は、裏番組に浅田真央が出ていた4大陸フィギアスケート選手権の実況中継もあって、視聴率13%台という惨憺たる結果だったが、今回はフィギアもないのだから、それで視聴率が回復しないようなら、清盛という人物そのものへの世人の関心が薄いか、演出や主演者らへの魅力が乏しいということになる。

清盛の初婚の相手と再婚の相手 

 加藤あいが扮する高階明子(たかしなのあきこ)は、下級官僚「近衛将監」(このえしょうげん)の娘。

 清盛との間に嫡男重盛(しげもり)を生むが、やがて死去する。
 加藤あいの顔つきには、どことない薄幸な影が漂っているので、長生きできない役には向いていた。
 
 後妻になるのが、深田恭子演じる〝仕切り大好き〟時子。
 
 時子は桓武平氏の流れをくむ中流貴族の娘だが、「高階明子とお友だち」という設定は、できすぎた話。

 清盛と再婚するときは、トウがたっている。

重盛の「忠と孝」 

 大河ドラマでもやがて登場する平重盛は、やがて「小松の大臣(おとど)」と呼ばれ、『平家物語』では「人間ができた人物」として描かれ、激高タイプの父清盛をしばしば諌める場面が出てくる。

 昔の道徳などの本には必ず登場した重盛の次の言葉は、名言として有名。
 
 忠ならんと欲すれば孝ならず、考ならんと欲すれば忠ならず。

 「主君に忠義を尽くそうとすると親に孝行できなくなり、逆に親に孝行しようとすると主君に逆らうことになって忠義だてできなくなる。はてさて、むずかしいものだ」
 
 といった意味である。

 一方、皇室では、のちの美福門院(びふくもんいん)得子(なりこ)が、「男の子を生みたい」といって鳥羽上皇を押し倒すサービスカットがあったが、皇子(のちの近衛天皇)が生まれるのは3度目の出産で、まだ先の話。

(城島明彦)

2012/02/13

相変わらず面白くないNHK大河ドラマ「平清盛」も、はや6回(低視聴率、更新中)

第6回「西国の海賊王」(2月12日放送)

 第6回「西国の海賊王」のストーリーは――

 清盛が、独断で唐船を根城にする海賊を退治しにいって、逆に人質にされ、父親の忠盛らが夜陰(やいん)に乗じて征伐するという話に、鳥羽上皇の后2人が対立する話が挟まれていたが、相変わらずの「頭でっかちの演出」であった。

 ――というわけで、視聴率は前回16.0%(関東地区)にまで落ち込んでいるが、今回は、裏番組が浅田真央の「4大陸選手権」の中継ということもあり、視聴率ばなれに拍車がかかったのではないか。


松山ケンイチは国民的番組の主役向きではない

 ただでさえ国民的人気がない清盛。
 その清盛を演じている松山ケンイチに魅力がないのは致命的。
 松山の演技は、目玉をむく芝居ばかりが目立って、好感度ゼロに限りなく近づいている。
 大ミスキャスト。

 清盛の父忠盛は中井貴一が好演しており、(年齢的な問題はあるかもしれないが)彼が清盛をやれば、もっと人気も出ただろうと思っている視聴者は多いのではないか。

 鎧を着たときの中井貴一の顔は、平忠盛というより、肖像画の頼朝にハッとするほどよく似ていた。

 中井貴一には存在感があるが、松山ケンイチからは存在感が感じられない。そこが決定的な違いだ。


ひとりよがりの「小汚い画面」

 「映像が汚い」と兵庫県知事が記者会見で3度も文句をいったが、この男は知事という立場がわかっていないバカ者。

 「画面の汚さは狙った。当時の空気感」
 と演出家はいっているが、それは美意識の問題であって、それが視聴者に受け入れられるかどうかは別問題。

 清盛にしても、いつもいつも小汚い格好をしているが、どんなに貧乏でも、いつもぼろばかり着ていたわけではない。極端に走りすぎると思われても仕方がない。たとえボロでも、洗濯ぐらいしているはずだ。それが感じられないから不思議な演出と思われるのだ。


「今様」の旋律が不気味で、チャンネルを変えたくなる

 白河法皇は、当時の歌謡曲である「今様」(いまよう)大好き人間。毎日毎晩歌っていて、3回もノドを痛めたというお方。

 そんな白河法皇が自ら撰者となって編(あ)んだ『梁塵秘抄』(りょうじんひしょう)におさめられた有名な今様が、

  遊びを せんとや 生まれけん 戯れせんとや 生まれけん……

 この今様に曲をつけたものが、大河ドラマのテーマ曲として繰り返し使われているが、この旋律は、調べてみればわかると思うが、耳に心地よくない音階である。

 それを繰り返し、繰り返し流され、聞かされたのではたまったものではない。

 「いや、そうじゃない。素晴らしい曲だ」
 と演出家や音楽監督が思っているとすれば、それは完全な1人よがりというものだ。


〝大バカ女〝平時子役を深キョンが!? 

 深キョン(深田恭子)が演じる清盛の嫁になる時子(ときこ)。

 時子と清盛の娘徳子(とくこ。のちの建礼門院)は、やがて高倉天皇の后(きさき)になり、皇子(安徳天皇)を生むことになるが、この時子、1185年の壇ノ浦合戦で源氏に敗れると、孫の幼帝(安徳天皇)を抱いて、乗っていた船から海に飛び込んで死んだ大バカ者。

 天皇の外祖母(がいそぼ)だからといって、幼い天皇をも道づれにする権利はない。海の底まで道づれにするとは思慮が浅すぎる。

 平家一門が都を追われるとき、
 「三種の神器さえ持っていれば、れっきとした天皇」
 と考えて、天皇を連れ、「三種の神器」をたずさえて逃げるのだから、おそろしい。

 しかも時子は、三種の神器を全部、海の底までもっていこうとしたのだから、考え違いもはなはだしい。
 
 三種の神器のうちの1つは納めた箱が水面に浮かび、もう1つは投げ入れようとするのを源氏の兵が阻止して水没をまぬがれたが、宝剣は時子が帯にさし、幼帝を抱いて入水するのだから無茶である。

 「くれぐれも三種の神器は絶対に取り返せ」
 と頼朝から厳命されていた義経は、顔色を変えて、漁師たちを総動員して戦場付近の大捜索を行うが、見つかるはずもなく、今日に至っている。


天皇家の「女の戦い」が戦乱の引き金に
 
 大河ドラマで、
 「なぜ天皇が女といちゃつく場面を妙に長く描いているのか」
 と不思議に思っている視聴者もいるだろう。

 それは、女が絡んで腹違いの天皇が生まれ、その結果、皇位継承権をめぐる争いが起き、そこに摂関家の相続争い、貴族と武士の闘争が絡んで「3つ巴」(みつどもえ)の対立構造が生まれ、「保元・平治の乱」の引き金となり、そのいくさで平安時代が終わるからである。

 女が日本の歴史を変えてしまったのだ。

 しかし、大河ドラマでは、そのあたりのことがわかりづらい。

 その時代を生きた天皇は、異腹が錯綜している。
  72代白河天皇(在位13年11か月)
  73代堀川天皇(在位20年7か月半)
  74代鳥羽天皇(在位15年6か月)
  75代崇徳天皇(在位10年11か月)
  76代近衛天皇(在位14年7か月)
  77後白河天皇(在位3年1か月)


院政をしいた〝怪人物〟白河院

 白河院は、『三大不如意』(さんだいふにょい)で知られる、権力志向がきわめて強い人物だった。

 不如意とは「自分の思い道理にならない」という意味だ。
 
 白河院は権力の頂点にいたが、それでも3つだけ自分の意のままにならないものがあるといったのだ。
 それは、
 「賀茂川(かもがわ)の水と双六(すごろく)の賽(さい)の目と山法師(やまほうし)」
 だった。

 山法師とは延暦寺や興福寺の僧をいい、僧が力を持つようになり、それが信長の時代まで続くことになる。

 院政を行って天皇も意のままに動かした白河院だったが、赤ん坊の頃から愛妾(祇園女御)の養女にさせ、猫かわいがりした女の子がいた。

 この女の子が、やがて日本の歴史を変えてしまうのである。


夫のジイさまの子(白河院の子)を生んだ〝淫乱・奇行の美女〟

 オウム真理教が世間を騒がしていた昭和の終わり頃、「しょうこ」といえば、江川笑子だった。

 時移り、平成のネット時代にブログ回数を競っている「しょうこ」は、中川翔子。

 しかし、今を去ること850年前、平安末期の「しょうこ」といえば、藤原璋子。
 日本の歴史を変えたのは、この璋子だったのである。
 ただし、「璋子」は、「しょうこ」とは読まず「たまこ」と読んだ。

 中宮璋子(ちゅうぐう たまこ)・のち待賢門院(たいけんもんいん)は、大納言藤原公実(きみざね)の娘。

 璋子は、生まれてすぐに白河法皇の愛妾の祇園女御(ぎおんのにょうご)の養女となり、白河法皇に溺愛される。

 どれだけで溺愛されたかというと、ふところに足を入れさせて暖めるほどで、その光景がほかの者に目撃されている。
 そこまでは祖父と孫娘のよくある光景であるが、可愛さのあまりか、爺さま、越えてはいけない一線を越えてしまった。

 しかし、いつまでもそばに置くわけにいかず、嫁入り先を考えた。最初は摂関家の藤原家に嫁がせようとしたが、〝法皇のお手つき女〟を息子の嫁に迎えたくないと拒まれる。

 そこで、法皇は孫の鳥羽上皇に押しつけた。
 
 上皇というと、天皇を退いたジイさまのイメージがあるが、鳥羽上皇はまだ30代の男ざかり。

 璋子は、白河法皇に命じられて、鳥羽上皇の中宮におさまり、第1皇子(のちの崇徳(すとく)天皇)を生むが、この子は天皇の子ではなく、結婚後も情を通じていた白河法皇の子。

 鳥羽上皇は、自分の子ではないその子を公然と〝叔父子〟(おじご)と呼び、遠ざけたことから、皇位継承をめぐる争いの種が蒔かれることになる。


〝名器〟で鳥羽院をトリコにした〝多産型・魔性の淫女〟
 
 鳥羽上皇ならずとも、結婚後も夫に隠れて祖父と通じ、しかも祖父の子を生んだ女をうとましく思わない男はいない。

 文句をいいたくても、祖父は絶対権力者。ただ、うじうじと耐えるしかない。 

 そこへ別の若くて美しい女が現れた。

 そうなったら、どんな男でも、自然に気持ちがそちらへ動く。

 藤原得子(なりこ)。権中納言(ごんちゅうなごん)藤原長実(ながざね)の娘である。

 得子は、のちに美福門院(びふくもんいん)と呼ばれるようになるが、たぐいまれな名器の持ち主で、屈折したマザコンの鳥羽上皇をたちまちとろけさせ、次から次へと子供を生むのだからすごい。

 これがホントの〝美腹(びふく)門淫〟?

 3番目に生まれた子は、待望の皇子だった。
 喜んだ鳥羽上皇は、その子を3歳で天皇(近衛天皇)にする。
 天皇を産んだ母得子は「皇后」となり、女の勝負はケリがついたのだった。

 しかし、近衛天皇は17歳で崩御し、時代は激動し続けるのである。

 こうした皇室の動きが、貴族を駆逐して台頭してきた源氏と平家の争いに大きな影響を及ぼすのだ。

◆(追記)2月12日放送の「平清盛」の関東地区視聴率は、前回より2・7ポイント下落した13.3%。この数字は、ドラマが始まって6回目というまだ早い時期での視聴率としては「異例の低さ」であるだけでなく、年間を通じた大河ドラマの各視聴率としても見ても「歴代ワースト何位」といったポジションにランキングされるような数字だった。

(城島明彦)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »