« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/19

NHK大河「江~姫たちの戦国~」(7月17日)、夏バテ? 視聴率、最低を記録


「江」は、面白くなくなった

 多忙に加えて、猛暑で体力も落ち、ブログをしばらく更新する気力が萎えていた。

 「江~姫たちの戦国~」の第25回「愛の嵐」(7月3日)は、ドラマとしてはなかなかよくまとまっていると思ったが、私の誕生日だった第26回「母になる時」(7月10日)はそうは思わず、7月17日の第27回「秀勝の遺言」は、初がまたまた見舞い来るなど、話を面白くしようとして筋書きをこしらえる〝ご都合主義〟が見え隠れして、途中で退屈になり、とうとう眠ってしまった。

 大河ドラマは、夏場になるとガクンと視聴率が落ち、そのままずるずると秋に入り、ぱっとしないまま最終回というパターンが多いが、「江」はどうか?

 「江~姫たちの戦国~」は7月に入って視聴率が16%で低迷していたが、第27回では遂に16%を割ったようだ。(関東地区15.3%)
 
 放送開始以来、15%台はたった2回しかなかったが、今回はそれを下回った。

 関が原の合戦、大阪冬の陣・夏の陣へと進んで、淀殿が自決へ至るあたりや、その後の江の、亭主を尻に敷きながら春日局との女の対決で盛り上がるか?

 「江」の話はこれで終わりだ。あとは、同じ17日のNHKの朝の番組の話。


第2階国語にフランス語を選んだ1年25組

 「日曜討論」という番組にチャンネルを合わせたら、原発問題をやっていて、学生時代の同級生がゲストとして出ていた。

 経済同友会の代表幹事をしている長谷川閑史(武田薬品社長)。

 彼が武田薬品の社長になったときに、大学時代の同じクラスの何人かが集まって就任祝いをして以来、会っていないが、いまでは財界を代表する論客になっている。

 口調は物静かで丁重だが、いうべきこと、いいたいことを理路整然とズバッという彼の顔に、早稲田大学政経学部1年25組時代の顔がだぶってくる。

 大学のクラスは語学がある1、2年の2年間だけで、担任の先生も決まっていた。
 25組はフランス語を第2外国語に選んだ学生のクラスだった。

 われらが学生時代は「学園紛争の時代」で、校内にはタテカン(立て看板)が乱立し、語学の時間が休講になると、クラス委員が教壇のところに立って、「クラス討論をやろう」などといいだしたものだった。

 要領のいい奴は、知らん顔して教室から出ていったが、要領が悪かった私は、そのまま教室に残ったものだ。

 過激な新左翼系の連中は、第2外国語にフランス語を選んだそのクラスにはいなかったが、民青系にかぶれた奴が何人かいた。
 そいつらは、ブックバインダーで止めた教科書やノートの上に、それがステータスででもあるかのように、これ見よがしに「朝日ジャーナル」を抱えていた。

 私は、左翼かぶれして、理屈をいう連中に対し、
 「テメエら、わかってもいないくせに、偉そうなことをいいやがって。就職面接のときに、豹変するなよ」
 などと憎まれ口をたたいていたが、長谷川閑史は、自分からシャシャリ出るようなことはせず、いまと同じように物静かに平然と構えていて、それでいながら、いうべきときにはビシッといっていた。
 
 そんな記憶と印象がある。

 (蛇足:ことば遊び)
 昭和も遠くなりにけりな いたずらに わが身世にふる 眺め世志凡太(せしぼんた)は 浅香光代(あさかみつよ)と いまどうしているの夜来(やらい)風雨の声 鼻水落ちること知る多少懲(こ)りも鳴く うぐいす谷ミュージックホールは鶴光(つるこう)でおま 「ええかァ? ええのんか!?」 

(城島明彦)

2011/07/04

ココログはインチキだ! 「昨日1位」だったブログのランキングが「今日2151位」って何?

しっかりせんかい、ニフティ!

 私のブログは、アクセス数がびっくりするほど多くはなかったのに、一昨日(7月2日)の「ココログ」のアクセスランキングで1位になっていたので、驚いてしまった。
 
 何かのまちがいではないのか? そう思って、この文章を書き始めた。

 いま発売されている経済誌「BOSS」のソニー特集に激辛の文章を書いたので、それを読んだ人が私に関心を持ったのか?

  それとも、

 NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」についてココログで展開している辛口コメントとか登場人物や事件に対する勝手な推理に興味をもたれているのか?

 ココログでは、半年ばかり前にも一度だけ(暫定)1位だったことはあったが、そのときは、不愉快な書き込みが増えたために途中でブログの書き込みを閉鎖したこともあって、最終的にはトップではなくなっていたから、今回が入会以来、初のトップということになる?

 それにしても変だ。

 アクセス数は、7月3日が741で917位である。(このアクセス数はPCだけの数字で、携帯はそれとほぼ同数)

 ところが、1位となっていた2日のアクセス数はその半数くらいに落ち込んでいたから、常識的に考えて1位というのはありえない。

 何週間か前に1日に4000件くらいアクセスがあったときも、たしか120位くらいだったようだし、1日1000アクセスを越えていた6月初め頃でも500位とか600位といったレベルではなかったか?

 私はツイッターをやめてしまったので、その分アクセス数にカウントされる数値は減っているはずだ。

 ただ単にアクセスを増やすだけなら、ツイッターで頻繁に発信したり、どぎつい話やエロ話を書けばいいが、そんなことはやろうとも思わない。

 何かネット事故があってココログにアップするブログ件数が激減したのか?

 おかしいなあと思っていたら、案の定、間違いだった!
 いま見たら、2151位となっていた。

 それにしても、2151位がどうして1位になるのか、説明してほしい!

 1位のまま1日半以上も放置されていたのだから、いいかげんにも程がある。

 
ココログは「有料」にふさわしい「優良」サービスを! 

 無料ならまだしも、ココログは有料なのだから、この手のミスを頻発することは許されない。

 ニフティのココログはブログの老舗のひとつといってよく、昔は会員数がトップだった時期もあるようだが、昨今では無料のブログに押されて会員数が激減しているらしい。

 IT関係に詳しい私のいとこにいわせると、「ニフティは化石。いまどき有料ブログなど古い!」。

 それでも、私がココログを続けているのは、これまで書き込んできたブログをほかの無料のところへ移す手間が面倒だからだ。

 なぜココログを利用し始めたかといえば、富士通のパソコンを使っているから、その系列のブログを利用したというだけの話である。

 私のパソコン歴は、ワープロから始まる。
 1984年にパーソナル用のワープロ第1号を購入したから、かなり早くから使っているほうである。
 そのワープロがNEC製だったから、NEC系のBIGLOBEを利用することになったが、その頃はパソコン通信といっていて使い勝手が悪く、ソフト業者に騙されて高いカネをふんだくられ、しかも使いこなせなかった。

 NECのワープロは、JISとは異なる「M式」と呼ばれる特殊な打鍵方式(富士通の親指シフトと似た方式)で、打つスピードは相当早かったが、その特殊な打鍵スタイルに慣れすぎたせいで、後日、JISのキーボードを使い始めたとき、ブラインドタッチで打てなくなってしまった。

 NECの関係者には個人的にとてもよくしてもらっって感謝しているが、M式は滅びてしまった。

 ウィンドウズ95が出たとき、NECのワープロを愛用していた延長で余り深く考えずにNEC製のパソコンに飛びついたところ、これが使い勝手がよくなかったので富士通製に変え、ココログに入会、今日に至っているというわけだ。

 ニフティには、
 「さすが有料だけのことはある」
 といわれるような「目に見える違いのわかるサービス」をやってもらいたい。


ココセレブのインチキ商法!

 ニフティのブログには 「ココセレブ」というのがある。
 「セレブ」という言い方がいかにも成り上がり風で、安っぽく、気に入らない。

 当初、私は、俳優とか歌手とか芸能人とか作家などがココログを使ってブログを書いていると、運営者の方から「ココセレブになってください」と頼んでくるものとばかり思っていたが、そうではなかった。

 ある程度の条件さえ備えていたら、金さえ出せば「ココセレブ」になれるのだと、ココセレブに入っている私の知り合いから聞いた。

 そういう方法以外に、ココログを運営するニフティ側から、客寄せのために著名な芸能人などに金を払って「ココセレブ」になってもらっているケースなど、いくつかのパターンがあるのだそうである。

 「世の中、どんなことにも裏がある」
 ということだったのかと、がっかりしたことがある。

 そういうことがわかる以前に、本にする前段階として実験的にケータイ小説をココログを使って発信した時期があった。

 そのとき、少しでも多くの読者の反応を知るためには「ココセレブ」になっていた方がいいのではないかと考え、ニフティに問い合わせたことがある。
 すると、審査会議があるのでそこで検討させてもらいたいとのことだった。

 しばらくしてニフティから返って来た返事は、
 「条件にはかなっているが、ブログの更新回数が少ないのでNG」
 ということだった。

 その頃は、2週間も3週間もブログを更新しないこともざらだったので、「そういうものか」と思ったものの、
 「文章を書いて金を稼いでいる人間が、ただでせっせと文章を書かなければならないなんておかしな話だ」
 とも感じたものだった。

 「もっと頻繁に更新してくれるのならココセレブにする」という言い方ではなかったので、こちらのプライドを傷つけないためにそういっただけで、もっと別の断る理由があったのかもしれないと思ったが、ほかの理由はいわれなかった。

 そのときには、金のことはいっさいいわれなかった。

 ニフティの審査結果のコメントにはなかったが、当時は1日のアクセス数がわずか数件とか数十件という日も多かったから、それも問題だったのではないか。

 ただアクセス数を上げるだけなら、たとえば、コードすれすれの危なそうな写真を掲載するなど、やり方はいくらでもあるが、そこまでやるのは邪道である。

 物書きとして原稿料や印税をもらって金を稼ぐ以外のところで、世の中に文句をいいたいこともいっぱいあるし、PRしたいことだってある。

 たとえ金はとらなくても「人様にお見せする」という意識は働き、物書きという仕事柄、ある程度きちんとした文章を書かないといけないだろうから、面倒ではあるが、人に読まれても構わない文章を書くことは必ずしも悪いことではない。

 紙にメモ書きにしておいても構わないのだが、整理がへたくそな性分ということもあって、いつのまにか紛失してしまうことが多い。
 その点、ブログにしておけば必要なときに引っぱり出せるというメリットもある。

 それに、私と面識がある人が、何かの折にふとブログを覗いてくれて、
 「相変わらず口の悪い奴だ。また、毒づいていやがる」
 とでも思ってくれたらいいという気持ちもある。

 私にとってのブログは、仕事の息抜きであったり、人に見られることを意識した日記であったり、アイデアノートかメモ帳のようなものかもしれないが、人目にさらす以上、話し言葉で書くのを意識的に避けているし、毎日せっせとこまめに書き続けるだけの時間も根性もない。
 
 あまりいいブロガーではないのだ。


(城島明彦)

2011/07/01

楽天の三木谷浩史は理屈をいうな。経団連にとどまって、改革すべきだった!

日本の政治も経済も狂っている

 震災特需で潤っている楽天の創業者三木谷浩史(みきたにひろし)は、
 「関経連会長が関電の会長森詳介であるのがおかしい。経団連が電力業界を擁護したのが気に入らない」
 という理由で、脱会した。

 2004年11月入会だから、6年半在籍していただけという計算になる。

 森は、関経連副会長だった2月の時点で、会長を退任する前会長(下妻住金会長)から後任を打診され、承諾しており、関経連が正式発表したのは2月10日。
 その1か月後に東日本大震災が起こったから、会長就任は仕方がないといえばいえなくもない。

 ただし、原発事故が起きて風向きが急変し、「原発バッシングの嵐」が吹き荒れる状況となって以降は、森が関西の財界の顔にふさわしいかどうかに疑問符がつく。

 取り巻く状況が180度変わったのだから、また、その地位にあることの影響力の大きさを考えると、たとえ就任間もなくても、自ら退任するという選択肢はある。

 森にそういう勇気があれば、賞賛されるだろう。やめても、ぶん投げたなどとは誰も思わない。
 むしろやめた方が、「国のためを思っている」「国士だ」と褒められる。

 政治も経済も狂っているのだ。


三木谷は、拝金主義者ホリエモンと同類

 日本を腐らせた元凶ともういうべき〝拝金主義の象徴〟ホリエモンは、ムショ入り直前に自著の宣伝のためにモヒカン刈りになってマスコミを集めて一席ぶち、彼のすぐ背後には版元(朝日新聞系出版社)の編集者とおぼしき人間が本の宣伝プラカードを掲げて立ち、テレビカメラに映るようにしていた。

 テレビも新聞も、みんな狂っている。

 森を関経連会長から引きずりおろしたいなら、三木谷は関経連の会員企業を説得すべきだった。
 その努力を放棄したのだから、偉そうなことはいえない。

 自社に益があると思って入会したが、そうではなかったと知り、「自分のいうことが通らないから辞める」というのでは、「底が浅すぎる人間」と指弾されても仕方がない。

 三木谷の楽天イーグルス買収は、ホリエモンの真似だった。
 そのことからも、三木谷は、機を見るに敏な男で、油揚げをさらうトンビのようなすばしっこさがあることはわかるが、所詮、日本を救える器(うつわ)ではない。


三木谷も狂っている

 経団連もテレビも狂っているが、三木谷も狂っている。

 「東電の賠償を電気料金値上げでやることを政府が承認」というニュースに対し、三木谷は「狂ってる。というか、終ってる」「日本の電気料金はすでにアメリカの倍」などとツイッターでつぶやいた。

 原発事故を電気料金値上げに転化するという単純な発想は、誰だって許しがたい。
 三木谷は一般人ではないのだから、ただ批判し、文句をいうだけではダメだ。
 国民が納得できる〝実現可能な〟妙案・代案を示せ。

 楽天は、東電の原発電力を利用してこれまでさんざんビジネスを展開してきたのではないのか。
 三木谷は経団連を退会せず、とどまって改革する努力をするのが筋だ。

 それを嫌うのなら、「政治家になって、国の電力政策を変えろ」といいたい。

 日本を変えた坂本龍馬は、ただつぶやいていただけではなかった。
 土佐藩は脱藩したが、敵対していた薩摩藩と長州藩を結びつけ、藩主山内容堂をも動かして日本を変えた。

 三木谷も本気で日本を変えたいなら、経団連にとどまって、関経連のみならず経団連を内部から揺さぶり、ひっくりかえすような大胆な行動をせよ。

 ツイッターでぼやいているようでは、負け犬の遠吠えだ。


星野仙一を評価するセンス

 三木谷は自分では新しい考え方をしていると思っているようだが、プロ野球の楽天はどうだ?
 古い野球の典型である星野仙一を、楽天の監督に起用しているではないか。
 それみたことか、いつのまにか最下位だ。

 〝戦前派〟野村はジジイながら〝ぼやき流IQ野球〟で楽天を強くしPRしまくったが、〝団塊〟星野はどうか?
 旧態依然たる「根性野球」「恐怖野球」で、気がつけば最下位じゃないか。
 暗い表情でベンチに座り、選手がミスするとしかめ面をする。

 指揮官が暗い顔をしていると、ベンチ全体が暗くなる。
 その意味でも星野は監督失格だ。
 そういうチームで優勝したチームは過去に例がない。

 その点、中日の監督落合博満は表情を変えない。愛想はないが、指揮官の器にふさわしい。

 (城島明彦)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »