« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/19

負けても懲りない〝楽天家〟星野仙一の〝欲得銭戦計算〟と〝野球オンチ〟楽天三木谷の〝ノー天気〟ぶり

「星野仙一が楽天監督を引き受けた」とのニュースに接して、「今度は阪神を裏切ったか」と思った。
〝銭まみれスポーツマン〟〝球団私物化の常習犯〟星野仙一が、遂に本性をあらわしたといえる。

 中日監督をクビになった腹いせに、こともあろうに、一年間という最低限のインターバルもおかずに、その足で同じセリーグのライバル球団の阪神の監督になった男である。
 いづらくなると、すぐ逃げる。
 それが〝星野流〟であり、プロ野球のことを知っている人間は、もはや彼の行動には誰も驚かない。阪神ファンも、遅まきながらそのことに気づいたのではないか。

 義理とか恩とかはまったくなく、ドライで銭勘定にたけ、計算高くて口だけが達者な男の典型が星野仙一だが、義理も人情もあるように吹きまくるから、たちが悪い。
 そういう男をバックアップしている財界人がいるから、手に負えない。そういう財界人には「星野をバックアップすることは、自分も星野と同じように思われる」という正常な感覚が欠如しているわけで、そういうのをトップにいただく企業の社員は気の毒である。

 星野仙一には、どこのチームでもいいから、監督になりたいという切実な思いがあった。北京オリンピックで惨敗して大恥をさらし、日本国民の総ブーイングを受け、マスコミに叩きまくられたその汚名返上をWBCで果たそうと裏工作をしていたが、世間がそれを許さず、原辰徳に優勝監督の名誉をひっさらわれたことは、記憶に新しい。

 侍ジャパンがWBCで韓国を退けて奇跡とも思える優勝を飾ったとき、チームリーダーだったイチローは原を讃えたが、星野の名前を出されるとムシズが走ったような表情になった。イチローが高校生だった頃、彼は子どもの頃からの大ファンだった地元の中日に入団を希望したが、それを知って入団に反対したのは当時の中日監督だった星野その人だったことも関係あるだろう。

 星野の野球センスは、そのレベルである。

 今シーズンも、日テレの「NEWS ZERO」キャスター村尾信尚が9月はじめの同番組のなかで、当日のゲストコメンテーターだった星野に「優勝チームはどこか」と聞いたとき、星野は当時の順位だけを見て、「阪神、それに巨人」と断言した。〝ドラゴンズ圏〟の岐阜出身の村尾が、「3位の中日は」と問うと「ダメでしょう」と一刀両断のもとに切り捨てたことがある。
 かつて二度も中日の監督を経験していながら、そういう言い方はないだろう。野球人以前に、人間として失格で、のときテレビを見ていた中日ファンは、「星野の野郎、あんなことをいいやがって」と思ったはずである。中日の選手は、「今に見てろ」と思ったのではないか。

 星野は、最下位を低迷していた阪神を優勝させたことで、「男を上げた」と思っている。その成功体験が忘れられず、北京五輪の屈辱を楽天で晴らそうと考えているのだ。星野は、阪神のSD(シニアディレクター)として、自分の後継者の岡田や真弓をバックアップして勝てるようにしてやらなければならないが、足を引っぱるようなことを平気でやった。
 自分を抜いて阪神の名監督になられるのを嫌がるような、みみっち気持ちも星野の内心にはあるようで、阪神ファンもそういうことがわかってきた。
 
 落合博満が優勝回数で「中日の歴代№1監督」になったことも星野には不愉快で、楽天の監督になって交流戦で落合と中日を叩きのめそうという下心もある。

 阪神は、野村克也が三年計画で再建途上だったときに、野村は、悪妻の「コロムビア大学卒」だのなんだといった嘘発言で阪神のイメージを落とし、クビを切られた。
 おいしい状況になっていたところへ、中日を解雇された腹いせに飛びついたのが星野だった。
 常識的には、星野が同じセリーグの他球団い移るということは考えられないから、仲介役として星野と近い財界人が裏で動いた。
 星野は「中日監督時代に入手した各チームの弱点やら攻略法やらのマル秘データ」や「中日内部の極秘資料」を手土産にして契約料を吊り上げ、常識ではありえない、「解雇即同チーム監督就任」という、〝同義なき行為〟に走ったのである。そのために、めったにない中日の「OB会除名」と相なった。
 湯水のごとく金を使うのは読売巨人の常套手段だが、それでも勝てない時代があったから、金をかけても阪神を優勝させたのは立派という見方もなくはないが、一般人の感覚では、「あんなに金をかけて大物をそろえても勝てなかったのは、監督の采配が悪いか、適材適所でなかったから、持てる力をふるにはっきできなかったからじゃないのか」ということになる。

 星野流は、時代遅れの〝金田正一流〟で「気合だ! 気合だ!」のガッツ野球。
 スポーツに気合は必要だが、それだけで長いシーズンは闘えない。気合が空回りすると立ち直れるものも立ち直れなくなってしまう。
 
 落合の現役時代は、「こいつ何を考えて打席に立っているのか」と思うほど淡々としていた。清原みたいにファイトむき出しで打席に立っていたら、妙に肩に力が入って三振してしまう。
「練習して体に覚えこませる。練習しまくって、体が反射的に動くようにする」
 というのが落合式練習法だが、これは「ただガッツだ! ガッツだ! たるんでいるからミスするんだ」怒鳴りつけてキャッチャーの中村あたりをベンチ裏で殴りつけ、アザを作ってベンチに戻ってきた中村の顔を見たほかのナインに「おお、こわ」と発奮させるのとはワケが違う。

 星野流は、1年目は通用するが、2年目になると神通力を失う。過去の例がそのことをハッキリ示している。星野が監督をしたときのチームは、2年連続して優勝したことはないのである。

 楽天の三木谷は野球がよくわかっていない。買収したのは、ホリエモンのまね。最初の監督として指名したのは田尾だったが、1年で首を切った。短期決戦は、IT産業の得意技だ。
 野村はもう一年やりたがっていたが、小便が近い野村や、悪妻が昔のことを忘れて、野村のマネジメントにかこつけて、何かにつけてシャシャリ出てくるのも目障りになり、ひと悶着あって名誉監督なる地位に祭り上げることでお茶を濁し、マット投げしか得意技のない外国人監督を新監督の座に据えた。その時点で、最下位は予想できた。
 楽天は、そういう情けないチームなのだ。

 口先上手な星野は、野球をよく知らない三木谷を騙して、楽天との〝銭戦〟に勝った。ダントツのというか、ダンケツの最下位の楽天だ。誰がやっても今年ほどひどい成績にはならない。そういうところも計算高く、シーズン中から狙って、水面下で、「こうしたら勝てる」などと公言しつつ動いていたのである。失敗ばかりしてきた男に、また白羽の矢を立てるプロ野球界は、極端な監督人材不足ということか。

(城島明彦)

2010/10/02

祝! 中日ドラゴンズ、セ・リーグ優勝

 巨人びいきの 女房の酌で 今宵飲む酒 格別うまし

 これは、1974年のペナントレースで、中日ドラゴンズが巨人のV10を阻止してセ・リーグの覇者となったときに、ソニーが中日スポーツに掲出した祝勝広告のコピーである。

 ソニーの創業者盛田昭夫会長(当時)は、実家の盛田酒造の第15代当主も兼務しており、同酒造が名古屋を中心にしてビジネスを展開していたこともあっての広告出稿だった。

 このコピーは、実は私が書いたものである。
 「君しかいない。コピーを考えてくれ」
 と宣伝課長にいわれて、何のことかと思ったら、当時ソニーの宣伝部員は50名前後いたが、ドラゴンズファンは私一人だけだった。

 で、考えついたのが冒頭のコピーというわけだ。
 そのとき私は28歳で、独身。しかも、酒は飲めないときた。
 
 昨10月1日にセ・リーグの優勝を飾った中日ドラゴンズに、改めて冒頭の祝勝コピーを贈りたい。
 
 落合博満の監督手腕は、中日歴代監督のなかで群れを抜いて光っている。
 「点を与えなければ負けない。投手力で勝つ」
 という落合流〝守りの野球〟で〝打の巨人・阪神〟を駆逐した中日。
 
 折しも、民主党の菅直人首相のめざす日本は「最小幸福社会」。
 「最少得点野球」ともいうべき落合流とどこか似てはいまいか。
 
 時代は変わる。セ・パを問わず、どの球団も来シーズンは、投手力重視の落合セオリーを意識せざるをえなくなった。

(城島明彦)

2010/10/01

〝ジイさんたちのセクシー・マドンナ〟前田通子と〝昼メロの女王〟池内淳子は、日本橋三越の元同僚だった

 池内淳子の訃報に接して、前田通子のことが頭をかすめた。

 前田通子という往年のグラマー女優に対するジイさんたちの関心は、根強いものがある。
 前田通子は、日本映画史上初の全裸ヌードを見せた女優でありながら、芝居もまあまあうまかったからだ。
 ただハダカだけが売りものの大根役者ではなかったところが、いまだにエルビス・プレスリー世代、L盤アワー世代の親父たちの心を捉えているのだろう。

 亡くなった池内淳子と前田通子は、おない年(池内が1933年11月生まれで、前田は1934年2月生まれ)である。二人は、相前後して新東宝に入社するが、同じ1955年にデビューする。二人はともに日本橋三越の呉服売り場のOL(当時はBG)だったというから、奇遇も奇遇である。

 池内淳子の代表作「けものみち」(1965年東宝映画)のDVDを先日見た後、吉田輝男主演の新東宝映画の「セクシー地帯」(1960年石井輝男監督)も見たが、池内淳子はそれにも出演していて、「今は見かけなくなった純日本風の顔で、きれいだなあ」と思ったものだった。(その日は、同じ石井輝男監督作品の新東宝作品「女王蜂の怒り」(1958年)も見たが、こちらの出演者は久保菜穂子、天知茂、宇津井健、菅原文太というそうそうたる連中だった)

 奇遇といえば、池内淳子の最後の夏となった今夏、阿佐ヶ谷の小劇場「ラピュタ阿佐ヶ谷」が、モーニングショーとして「前田通子月間」(8月15日~10月9日)を実施、毎朝一本、彼女の出演した映画を1週間単位で上映し、初日には映画上演前に前田本人がゲストとしてスピーチした。

 私はスピーチには関心がないので初日は行かなかったが、横浜くんだりから遠路はるばる阿佐ヶ谷まで、「三等社員と女秘書」(1955年)「ドライ夫人と亭主関白」(1957年)のコミカル映画二本を見にいった。

 「三等社員と女秘書」は前田通子のデビュー作である。主演は高島忠夫、宇津井健、船橋元の三人で、前田は宇津井健を誘惑する中小企業社長の2号さんの役どころ。(この映画の高島忠夫は、顔も細く、息子二人とそっくりな顔だちだった。というより、息子たちが親父の若い頃にそっくりだというべきか)
 
 もう一本の「ドライ夫人と亭主関白」は、典型的なB級というか、ほとんどC級作品といってよいドタバタ映画で、こちらの主演も高島忠夫だったが、マツゲのマスカラがハッキリわかるメイクがひどかった。主演は高島ともう一人、ボードビリアンの坊谷三郎だった。
 前田通子は、高島扮する気の弱い亭主を尻に敷くドライなモデル役で、映画の冒頭からネグリジェ姿で太腿もあらわに登場した。前田は、とびっきりの美女というわけではないが、モデルに扮するくらいだから当時としてはスタイルがよく、しかも肉感的なボディの役柄を割り振られたのだろう。

 彼女が干された原因であまり語られていないのは、監督の志村敏夫と愛人関係に陥ったことだろう。
 「金比羅利生剣」という映画で前田が町娘役に扮したとき、「階段の上で、着物のすそをまくれ」と監督(加戸野五郎)に命じられて、不自然だと拒絶したのがきっかけで彼女は干されることになるのだが、加戸野にいわせると、
 「志村のいうことなら黙って聞いて全裸にまでなったくせに、おれのいうことは聞けないのか。たかがすそをまくるだけのことじゃないか」
 ということになる。

 映画会社には監督会というのがあり、監督連中は交流がある。
 その事件が起きたとき、監督会が守ってくれたら会社も黙ったろうが、そうは行かなかった。ほかの新東宝所属の監督たちが、加戸野の考えに同調したのだ。そのため、前田が新東宝を追放されると志村も居づらくなり、同社を出ざるを得なくなったのである。

 自分の映画に起用した女優と結婚した監督は何人もいるから、もし前田と志村が愛人関係ではなく、志村が妻と別れて前田と正式に結婚していたら、映画界から干されるような事態にまでは発展しなかったのではないか。
 あるいは、前田が志村との愛人関係を清算して女優を続けるということになっていれば、話の展開はまったく違ったものになっていただろう。
 だが、当時若くて世間知らずだった前田に、そういうことまで考えろというのは無理だったろう。その結果、前田通子は、志村ともども、ドサ回りのようなことを余儀なくされ、後年、赤坂でバーのママになるのだ。

 池内淳子も前田通子も、大蔵貢というワンマン社長の強引なやり方に反発して新東宝をやめた。
 池内は、その後、東宝に移り、映画、テレビ、舞台と大活躍するが、前田は、五社協定に縛られて女優生命を断たれた。
 
 同じ日本橋三越の呉服売場の出身で、しかも同じ新東宝という今はなき映画会社で同じ年にデビューし、ワンマン社長に毛嫌いされて同社を出たという共通点がある二人が、その後、まったく異なった運命をたどったことはとても興味深いものがある。

(城島明彦)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »