« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/29

福島の 正体見たり 北朝鮮

 〝国賊〟〝平和ボケ〟社民党党首・福島瑞穂。

 国防・安保を無視して、理想論を語るなかれ!

 きな臭くなってきた朝鮮半島。戦争になったら、火の粉が真っ先にどこへ落ちてくるのか、わかっているのか。

 沖縄県民や国民を裏切るまねはできないという裏で、これまで社会党時代に、あんたらは何をしてきた!?

 靖国神社問題や教科書問題で、中国や韓国に日本を売ったのは、どこのどいつだ。

 国士ぶるのはよせ。
 
 少数の支持しかえられない政党の意見が、国民の総意であるかのごとき、選挙目当ての発言をするのはよせ。

 米軍に駐留させ続けさければならない憲法を死守する軍事オンチが、何をいうか。

 沖縄県民の苦しさ、辛さは、日本国民は誰でもわかっている。もうしばらく辛抱してほしいと思っている。

 軍事オンチの鳩山や小沢が、選挙目当てで、非現実的な理想論を口にするから、沖縄県民は期待する。

 そういう発言を真に受けた国民もアホだ。意識と知識が低すぎる。

 経過はどうであれ、狂った国が近隣にある以上、国防をしなければならないのだ。それが現実。

 日本は、自国で守る体制ができていない〝半ば植民地〟の敗戦国なのだから、米軍に頼らなくて、どこに頼るのか。

 米軍に出ていってほしいというなら、沖縄や九州にそれに代わる自前の軍隊を置くのが当たり前。

 そういうことをまったく論議しないで、「少なくとも県外」なとどいう馬鹿が政権中枢にいること自体、日本は狂っている。

 鳩山は、遅まきながら、自分が選挙中にいった誤りに気づいて詫びているのだから、許してやったらどうか。
 もう少し長い目で見ないと、日本は立ち直れない。

 腐りきった自民政権にまた戻ったところで、同じことが起きるだけだ。民主が採決を強行したといって自民は憤っているが、そういうやり方を教えたのは自民ではないか。

 マスコミの近視眼的報道も、日本をおかしくしている。
 民主党待望論を国民に浸透させたのは、どこのどいつなのか。
 
 「普天間問題」では、代理人と称する民間人が何人も米政府高官に会いにいったことで、日本は信用をなくした、と米紙が報じているが、エエカッコした奴は誰と誰なのか。

 政府は具体的な名前を公表した方がよい。マスコミは、そういう連中をテレビに出すな。
 
 そういう連中がマスコミに登場して、調子のいい論評をえらそうに吹聴しているのだから、そいつらも日本をおかしくしている〝国賊〟である。

 日本人は、本来、気の長い国民であるにもかかわらず、短兵急に事を運ぼうとするようになってしまった。

  (城島明彦)

2010/05/15

ソニーが考える「ソニーらしさ」に失望

 NHK総合テレビの「BIZスポ」(5月14日金曜日)が、「ものづくり」のテーマでソニーを取り上げたので、「何か新しいものを開発したのか」と期待してみたら、「望遠レンズ付きデジカメ」を小型軽量化したというだけ。

 ソニーの考える「ソニーらしさ」だと開発チームの統括部長は胸を張っていたが、もし本心からそう思っているとしたら、消費者の考えるソニーイメージとは大きな隔たりがある。
 消費者の考える「ソニーらしい商品」とは、iPodやiPadのような、それまで市場になかった商品。
 このデジカメは、ソニーらしさは備えてはいるが、「これがソニーを代表する商品」と主張したら、「この程度か」と消費者の失望を買うだけ。

 ソニーほかエレクトロニクス各社は、前日、そろって決算を発表し、いずれも営業黒字を達成している。
 ソニーは売上減で営業黒字だからリストラ効果依存体質であり、まだ本格回復とはいえない。
 デジカメに見られるような考え違いをしているから、株価も下げる。
 CEOの名をつけた〝ストリンガー改革〟なるものは、リストラによる効果しか見るべきものはない。

 NHKの取り上げ方にも疑問がある。なぜ、こんな商品を取り上げるのか。ソニーに頼まれて、決算発表直後のイメージ戦略株価対策にNHKが協力したのではないか。

 この番組は初めて見たが、この日に関する限り、極めて安易な造り方で、大学教授やらシンクタンクの関係者やらの〝井戸端会議レベル〟〝雑談的〟な内容に終始しており、視聴者を舐めている。
 あるメーカーの顧問の肩書きで出ていたコメンテーターなど、「東レの炭素繊維」とか「パラダイム・シフト」という20年以上も前の用語を平気で使っていた。
 もう少し事前にきちんと調べて、少しは目新しいことを発言したらどうか。

 最近のNHKは、予算削減のためか、この手の安易な番組作りが増えている。どういう人選なのか知らないが、「さすがNHK」という発言ができる人間をそろえたらどうか。
 司会者たちのやたらはしゃぐ姿だけが目についた。
 制作の連中が、内容の親しみやすさをレベルの低さと勘違いしているのか?

(城島明彦)

2010/05/02

「龍馬伝」の音楽のつけ方は、NHK大河ドラマ史上最低

 音楽が大きすぎて、うるさく、騒がしい、長すぎて耳ざわり。何とかならないか。

 芝居が主で、音楽は従。それを忘れてどうする。

 映画音楽を知らない音楽家が音楽を担当しているようで、視聴者が、芝居をじっくり見たい場面、セリフを聞きたい場面でも、執拗にでっかい音で音楽がばんばん続く。

 演出家も音楽家もプロデューサーも、バカじゃないのか。
 
 効果的、印象的に使ってこそ、音楽。やみくもに延々と流せばいいというものではない。

 黒澤明の「用心棒」「七人の侍」「椿三十郎」などをじっくり見て、もっと勉強しろ。

(城島明彦)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »