« 締め切りを気にしつつ、50年前の古い映画を見てしまった | トップページ | 昭和30年代のB級白黒映画も、それはそれで面白い »

2009/06/29

〝日本映画史上初の全裸女優〟前田通子の主演映画『女真珠王の復讐』の話

 前田通子(まえだみちこ)は、今から50年以上も前の日本のセックスシンボルだった女性だ。

 1956年(昭和31年)に封切られた新東宝映画「女真珠王の復讐」で、うしろ姿ではあったが、日本映画史上初の全裸をスクリーンで披露した主演女優として、知る人ぞ知る存在。

 岩場にしゃがんでいたスッポンポンの彼女がさっと立ち上がる場面がそれだが、日本映画史上記念すべきシーンは、されど、まばたきするくらいの時間に過ぎず、「なんだ、この短さは」と腹立たしく思うくらい極端に短いが、それでも当時は大騒ぎになり、当時青年や少年だった人たちの語り草となって今に至っている。

 この映画の共演陣は、藤田進(黒沢明の「姿三四郎」で主演)以下、のちにビッグネームになる宇津井健、丹波哲郎、天知茂、三ツ矢歌子が共演している。

 「女真珠王の復讐」は、そこそこの予算をかけているので、筋書きは〝それなり〟にしっかりしている。

 社長の椅子を狙っている貿易会社の専務(藤田進)は、自分が海外出張中というアリバイを設定しておいて、戦地で部下だった男(丹波哲郎)に命じて社長を殺させ、金庫の金も盗ませて、その罪を社員(宇津井健)と彼の婚約者(前田通子)にかぶせる。そのために宇津井健は刑務所にぶち込まれる。
専務は、秘書の前田通子を前々から狙っており、海外出張に同伴させて船の甲板で襲うが、彼女は抵抗し、海に転落して、行方不明になる。

 だが、うまい具合に無人島に漂着する。そこには、カツオ漁に出て難破し、漂着した漁師が5人いて、天知茂ともう一人以外の男は、久しぶりでみる日本の女に欲情してしまい、女をわがものにせんとして殺しあいに発展する。(これは、アナタハン事件という実際にあった事件が元ネタ)

 その島の海には真珠があり、彼女はアメリカに渡って「女真珠王」となり、復讐のために名前を変えて日本へ戻ってくる。そして、刑務所を脱獄した婚約者らと協力して復讐をはたし、めでたしめでたしというお話。

 扇情的という意味では、前田通子扮する秘書が、専務の魔手を逃れようとして航行中の船から海に転落し、無人島の浜に打ち上げられたシーンが一番ではないか、と私は思う。
 上半身は裸、下半身はなぜか(今では死語同然の)シミーズ一枚で、それが水に濡れて透けている。浜に横たわった彼女の腰、ヒップから太もも、足へと伸びる曲線がなんとも艶(なまめ)かしいのだ。

 カメラは最初、砂浜側から撮り、次に海側から彼女を撮る。砂に少し埋まる形で乳房の柔らかな丸みが見える。このカットの演出はいい。日本人のエロティシズムをうまく表現している。

 彼女が日本映画史上初の〝半乳〟ならぬ〝半乳輪〟を見せたのは、難破したマグロ漁船の漁師に小屋のなかで襲われるシーンである。
 抵抗し、揉みあっているときに胸に巻いた衣装が少しずり落ち、左右の乳輪が半分ばかり顔を出すのだ。といっても、ほんの一瞬! コマ送りで見ないと確認できないくらい超短い時間だが、乳輪の箇所が丸く黒く見えるので、それとわかる。(白黒映画なので黒く見えるのであって、実際の色は不明)
 
 彼女は演技に夢中で、そういうことに気づかなかったと思われる。監督はラッシュ(粗つなぎ)を見たときに「ありゃ」と思ったろうが、一瞬のことだから、「ま、いいか」とそのまま使ったのだろう。

 どうということの話ではあるが、主演女優の〝半乳輪〟出しは、とにかく日本映画史上初ということになる。

 新東宝は、この映画が大ヒットしたのに味をしめ、次の作品では前田通子を最初から裸同然にするにはどうしたらいいかと知恵を絞った。
 そして思いついたのが、「海女」という設定。これなら、裸になることに無理がない。ということで、翌年は「海女の戦慄」を作って、全編これ、大サービスに努めたのである。

 「女真珠王の復讐」では、貿易会社のOLという設定であるから、むやみやたらと脱ぎまくるわけにはいかなかったが、こちらは、海にもぐるのが仕事の海女だから、思う存分に肌を露出させることができる。

 で、この映画は、場内が暗くなると、いきなり、スクリーンに髪を肩まで伸ばした前田通子の背中を映し出し、彼女がおびえたような表情でこちらを向くと、上半身は裸とわかる。両手で胸を押さえているが、はみだしまくっていて、なんとも扇情的である。
 キャメラが少し引くと、彼女の立っている背後は白い壁で、そこにピストルを構えた男のシルエットが映し出され、彼女は誰かに脅されているのだということがわかる。と、「海女の戦慄」というタイトルが立ち上がってくる。

 映画を全部見終わると、このシーンは映画とは関係のないサービスカットであることがわかる。この割きりのよさは、〝B級映画のお手本〟のようなものである。

 DVDが発売されているので、この映画を再鑑賞した人は何人もいるだろうが、岩場に一糸まとわぬ姿ですっくと立った〝日本初の女優の全裸シーン〟や冒頭のシーンにばかりを注目して、別のシーンをおろそかにしたため、前田通子の「半乳輪」シーンに気づかずにきたに違いない。

 前田通子のことを書いているブログもチェックしたが、誰もこのことには触れていないのは、ほんの一瞬だけ左右の乳輪が半分露出しているのがわかる程度なので、見落としてきた可能性が高いが、私のように、目を皿のようにしてDVDを見るだけでは満足せず、何度もコマ送りして確認するような人は、いなかったということだろう。

 私が〝新発見〟に執念を燃やしたのは、このDVDを今頃になって見たという情けなさに加え、当時はとても厳しい性表現規制が敷かれていて、乳首や乳輪はおろか、乳房であっても画面で露出することはご法度だったから、それを覆すような新事実を見つけて悦に入りたいという気持ちがあったからだった。

 前田通子は、主題歌も歌っている。野村俊夫作詞・服部レイモンド作曲の「海女の慕情」で、なかなか上手だ。ときおり、美空ひばりそっくりの目元になるときがあるが、声はひばりほどうまくないが、歌がへたではない。

 「海女の戦慄」でチーフ所監督を務めたのは、のちに松竹で監督として喜劇を量産する渡辺裕介。小坂一也も挿入歌を歌っている。一流の連中が、この映画作りに参加していたのも見逃せない。

 「海女の戦慄」では、性表現がさらに進み、万里昌子(昌代。のち大映に移籍)が、何かというと、くっきり透け乳首で登場しているのも目を引く。万里昌代は、小柄なので、昔の用語でいう〝トラグラ〟(トランジスタ・グラマー)で、殺されて海中に下向きに浮かぶシーンでは豊満な胸と深い谷間を見せる大サービスもしている。

  故水野晴夫ふうにいうなら、「B級映画って、たまに見ると、ほんとに楽しいですね」というところか。

※2009年6月29日初出/2010年3月31日 更新(見出し改題)

(城島明彦)

« 締め切りを気にしつつ、50年前の古い映画を見てしまった | トップページ | 昭和30年代のB級白黒映画も、それはそれで面白い »