« 手のうちバレバレ。新卒採用48%減に見る〝ソニー・マジック〟 | トップページ | 「〝男装の麗人〟川島芳子は処刑されておらず、生きていた(テレ朝)」だって?!  じゃあ、昨年末のドラマやこれまでの彼女に関するドキュメンタリーは一体なんだったのか? »

2009/04/06

イチローの「胃かいよう」が凡人に勇気を与えた!

 イチローが「胃から出血していた」「胃かいようになっていた」というニュースを聞いて、
 「あのイチローが?!」
 と驚いた人が多かったのではなかろうか。

 私もそんな一人で、
 「イチローは、これまで幾多の大プレッシャーと戦いながら、数々の大リーグ記録を打ち立ててきたではないか。それが、短期間のWBCで――」
 と半信半疑だった。

 イチローは、WBCでの自身の任務を「助監督に限りなく近い主将」と位置づけていた。
 重責を感じていることは、彼の言動の端々(はしばし)から感じ取れた。
 一方、他の選手は、イチローをチームリーダーとして尊敬し、絶対的な信頼を寄せていた。このことも、彼らの言動からうかがい知れた。

 イチローは、「そういう期待に応え、他の選手のお手本となるような打撃をしてこそ真のリーダーである」と思っていた。
 イチローは、そういう気概で試合に臨んだ。
 
 しかし、WBCの試合が始まると、バットがいうことをきかなかった。
 (そのうち、打てるようになるさ)
 イチローはそう思い、周囲もそう思った。

 だが、打棒は目を覚まさない。好機で何度も打順が回ってくるが、凡打また凡打の連続。むしろブレーキとなっている感さえあった。野村克也などは「イチローをはずせ」とコメントする始末だった。

〝安打製造機〟を自他ともに認める〝バットコントロールの天才〝はあせっただろう。だが、あせればあせるほど、彼のバットは湿った。

 テレビ画面に映し出されるイチローのクールな風貌からは、苦渋の色は感じ取れなかった。
 しかし彼は、人知れず、苦しんでいたのだ。

 並みの選手なら、「それはそれでしかたがない」「こういうときもある」と自ら思いもし、観客もマスコミもそう思っただろう。

 だがイチローは、並みの選手ではない。結果を出さなければならない。

 その重責が重くのしかかり、彼の胃袋を直撃し続けたのだ。

 心身ともに追い詰められた絶体絶命状態でありながら、それでもイチローは、優勝決定戦の最後も最後、延長10回表の2死2,3塁からセンター前に快打を放ったのだ。

 その瞬間を、イチローは、「神が(舞い)降りた」という比喩でコメントした。

 今回のWBCが、普段は野球にまったく関心のない連中をも狂喜乱舞(きょうきらんぶ)させたのは、ペナントレースでは敵としてしのぎを削っている選手たちが一丸となって真剣そのものの表情で相手チームに向かっていく素晴らしい姿だった。

 選手たちの胸の奥でメラメラと燃える闘志や気迫が、テレビを通じて観戦している者に伝わってきた。だからこそ、男も女も、老いも若きも、あれだけの声援を送ったのだろう。

 「イチローですら、胃かいようになる。ましてや、自分のような凡人は」

 そう思えば、仕事で少々失敗しても、元気が出てくるのではないか。

 (城島明彦)

« 手のうちバレバレ。新卒採用48%減に見る〝ソニー・マジック〟 | トップページ | 「〝男装の麗人〟川島芳子は処刑されておらず、生きていた(テレ朝)」だって?!  じゃあ、昨年末のドラマやこれまでの彼女に関するドキュメンタリーは一体なんだったのか? »