« テレ朝のドキュメンタリー番組「〝男装の麗人〟川島芳子は生きていた〟」は〝昭和史最大のスクープ〟どころか、インチキ臭さがいっぱいだった | トップページ | テレ朝「〝男装の麗人〟川島芳子は生きていた」の超インチキ加減 »

2009/04/16

認知症の南田洋子をさらし者にしていいのか?

 長門裕之にかいがいしく世話される痴呆症の南田洋子。

 テレビのドキュメンタリー番組のなかで繰り返し報道される彼女の様子を見ていて、痛々しい、気の毒だ、残酷だ、むごすぎる、と何度思ったことか。

 何か妙だと思ったら、明日(4月17日)に介護本がでるんだとさ。

 長門裕之の介護ぶりは立派で頭が下がるけれども、南田洋子がもし認知症でなかったら、今の老醜をテレビカメラの前にさらしたかどうか。

 彼女は、正常な判断ができないのだ。

 彼女の頭脳が正常に機能していたら、今の自分自身の姿をテレビで全国放送させたかどうか。

 そのあたりの彼女の気持ちを推測してあげないといけない。

 彼女は、美人女優として売った人だ。

 日本映画の全盛時代に、日活を代表する女優の一人として活躍した女性である。

 南田洋子は、コルゲンコーワのカエルのような顔をした市原悦子のような演技派ではなく、整った容姿だけがセールスポイントであった。そういう女優の変貌はNGである。

 ファッションモデルを例にあげると、わかりやすい。

 売れっ子のモデルが、長い休止期間を経て登場したと思ったら、でぶでぶだったら、これは職業として成り立たないし、ショーとしてもぶちこわしになる。

 でぶでぶで思い出すのは、天地真理だ。

 十代の頃の彼女は、「白雪姫」と呼ばれ、愛くるしい顔をしていた。

 もちろん体も細かったが、その後、表舞台から消え、何年もたったある日、ブクブクに太ってテレビに登場し、多くの視聴者を仰天させた。というより、ひんしゅくを買ったといったほうが適切だろう。

 しかも、でたらめな声で、かつての自身の大ヒット曲をうたったのだから、たまらない。

 「あの昔の姿は、なんだったの?!」
 と、彼女に夢中になったファンは怒りすら覚えたのではなかったか。

 あの大竹まことが「そんな姿で出てくるのは犯罪じゃないか」というようなことをいったのではなかったか。

 かわいさで売った歌手、あるいは美しさで売った女優が、そのイメージを壊すことは問題である。

 人は老いる。老いれば皺も増えるし、髪も薄くなる。シミも浮かべば、皮膚もたるむ。

 老いをうまく生かせる女優もいる。南田洋子も、ある時期まではそうだった。

 フジテレビの「ミュージック・フェア」の司会を夫婦でやっているときも、中年になっていたが、南田洋子は美しい中年になっていた。女優としての美しい老い方であった。

 それからかなり経ってからテレビで見た南田洋子は、長い間のトレードマークだったセンター分けのストレートな髪の、分け目のあたりが、えらく薄くなっていた。
 インタビューされている場面だったように記憶しているが、ヘアピースもつけずに出ている彼女を見て、「自然のままを好む人なのかもしれない」と好感をもったものだった。

 だが、今考えると、彼女はその時分から、「自分の容姿を商品として人に見せる」ということを意識しなくなっていたのかもしれなかった。

 だからといって、「もがもが」「ふがふが」とやっている姿をブラウン管にさらけだしていいということにはならない。

 繰り返すが、一般人ならどうということはなくても、彼女は「美しさを売り物にしてきた美人女優。
 女優は、ファンあってこその職業。
 そのファンを驚愕させたり、落胆させたりしてはならない。、

 長門裕之には、そのあたりの感覚が抜けている。

 長門裕之をそそのかしたマスコミにも大きな問題がある。 

 執筆の合間に、テレビのワイドショーを見ていたら、「二人の姿は、全国の痴呆症の人に勇気を与える」というようことをいうコメンテーターがいた。

 バカをいうでない、と思った。

 老いても、老いたなりに美しくいることで、人々は「さすが、女優」「やっぱり女優は違う」と思うのである。

 長門裕之は考え違いをしていないか。

 彼の優しさ、愛妻家ぶりは、人の心を打つ。だが彼は、イメージを壊してしまった。

 彼女の若い頃の美しい容姿を映画で見知っている人たちの圧倒的多数は、決してあのように老いぼれた彼女の姿を見たいとは思わないはずである。

 美しさと気品を備え、「永遠の処女」といわれた原節子はあ、惜しまれながら映画界を去った後は、一度だけ盗撮された姿が週刊誌に出た以外、決してマスコミに姿をさらすことはなかった。
 盗撮された写真は、家の庭で洗濯物を乾している普通のおばさんの姿だった。

 これから、長門裕之と南田洋子が共演した「太陽の季節」や「豚と軍艦」などの映画をDVDで観る人たちは、画面のなかの南田洋子の若き日の姿に、老いさらばえた認知症の南田洋子の顔をだぶらせることになっってしまった。
 
(城島明彦)

« テレ朝のドキュメンタリー番組「〝男装の麗人〟川島芳子は生きていた〟」は〝昭和史最大のスクープ〟どころか、インチキ臭さがいっぱいだった | トップページ | テレ朝「〝男装の麗人〟川島芳子は生きていた」の超インチキ加減 »