« 長門裕之の〝痴呆度〟と南田洋子 | トップページ | 高島屋に関する〝うんちく〟 「一年間、ウンチ垂れ流し事件」 »

2009/04/23

著名タレントを起用する怖さ。 草彅剛は〝痴デジ〟か、〝チンデジ〟か。

 タレントの草彅剛が、泥酔し、公園で全裸で〝チン〟デジをさらしていたとして通報され、逮捕された、というニュースが流れた。
 
 わいせつ物チン列罪かと思ったら、公然わいせつ罪だそうである。
 公然ということは、何人もの人が彼のチンデジを見たということか。

 彼は、「地デジ」のイメージキャラクター、PRマンとして、テレビ各局が流すCMに頻繁に登場しているので、幼児からジイちゃんバアちゃんまで知っている。

 最近のテレビCMを見ていて気づくのは、タレントや俳優をイメージキャラクターに使用している企業がいかに多いかということだ。

 独創的な商品ではなく、商品力がないから、ついついタレントの人気や好感度におぶさろうとするのだろう。

 一方、起用されたタレントや俳優たちは、バラエティ番組にも頻繁に出てバカなことをいって騒いでいるうちに、自身の置かれた立場を忘れ、飲酒運転したり、大麻を吸ったりして問題を起こす。

 その結果、企業イメージを壊してしまう。

 草彅の所属は、芸能界や放送局に隠然たる力を持っているジャニーズ事務所。どういう展開になるのか、興味津々といったところだ。
 
(城島明彦)

« 長門裕之の〝痴呆度〟と南田洋子 | トップページ | 高島屋に関する〝うんちく〟 「一年間、ウンチ垂れ流し事件」 »