« 「仰げば尊し」は、生徒と教師が交互に歌うコーラス! | トップページ | WBC「日韓戦」(1・2位決定戦)敗北の戦犯は、誰か? »

2009/03/08

韓国戦にコールド勝ちで、原辰徳株は急上昇し、星野仙一株は大暴落!

 原辰徳率いる「侍ジャパン」は、3月7日に宿敵韓国チームを「14対2」のコールドゲームで下すという、信じがたい結果を出した。

 野球ファンの多くは、その試合のテレビ中継(テレ朝)を見ながら、「星野が監督だったら、こうはいかなかっただろう」と思ったに違いない。

 スポーツは結果がすべて。「金メダル以外はいらない」と大言壮語して「銅メダル」も取れなかった星野と違って、原は偉そうなことをいわなかったが、選手をその気にさせた。

 画面に大写しになる選手の顔つき、顔色が、北京五輪のときとはまったく違っていた。
 北京五輪のときの選手は生気がなかったが、韓国戦での選手の顔には気迫が漂っていた。

 原は、世論やファンの声を重視し、「原ジャパン」と呼ばれることを嫌い、「侍ジャパン」という呼称を選んだ。「侍ジャパンとは実にいいネーミングで、反対する声は皆無に近いのではないか。
 
 そういう感覚は選手に微妙に伝わる。それが結果に現れた。

 ところで、中日ファンとして気になるのは、落合の胸中。
 WBCに1人も選手を送り込まなかった中日は、今期、「優勝」しかない。もし2位に甘んじるようであれば、「落合はクビ」。しかし、優勝できる戦力なのか?

(城島明彦)

« 「仰げば尊し」は、生徒と教師が交互に歌うコーラス! | トップページ | WBC「日韓戦」(1・2位決定戦)敗北の戦犯は、誰か? »