« WBC第2ラウンド初戦「キューバ戦」とカーネル・サンダースの呪い | トップページ | WBCのグラウンドに韓国旗! そこまでされて優勝できなかったら腹を切れよ、侍ジャパン! »

2009/03/16

気分爽快! 侍ジャパン、キューバ粉砕。松坂は武士道精神を発揮した!

 眠い。朝4時45分からの(WBC第2ラウンド)「対キューバ戦・実況中継」は眠くてつらかったが、面白かった。

 侍ジャパンの打者が、キューバの160キロ投手チャップマンをコツンコツンと当てにいくのを見て、チャップマンの調子はベストではないなと感じた。

 攻略法が完璧にできていたらしい。揺さぶり戦法も効を奏した。破壊力はあっても大味なチームには、やはり「小技」が効くということだ。

 松坂がすごかった。松坂の立ち上がりは、例によって、あまりよくなかったが、走者を出しても後続をピタリと断ち、以後は、快刀乱麻(かいとうらんま)ともいうべき、奪三振ショーだった。
 松坂のおかげで、彼の後を継いだ岩隈も、藤川もよかった。野球は、こうでなくっちゃ!

 テレビ観戦していた人は、今日一日、楽しい気分で過ごせるだろう。私も、試合後、睡魔に襲われ眠ってしまったが、侍ジャパンのおかげで今日は仕事がはかどっている。

 松坂の活躍で、原辰徳はまた男を上げた。
 それに反比例して、イチローが出てくる製薬会社の薬のCMに出ている星野仙一は、何もしなくても、相対的に男を下げた。
 この製薬会社、イチローが毛嫌いしているダーティ・イメージの星野を起用するなんて、一体全体、何を考えているのだろう。

(城島明彦)

« WBC第2ラウンド初戦「キューバ戦」とカーネル・サンダースの呪い | トップページ | WBCのグラウンドに韓国旗! そこまでされて優勝できなかったら腹を切れよ、侍ジャパン! »