« 王は無理してもWBC監督をやれ! 「星野が監督なら出ない」というイチローの声をどう聞く | トップページ | 恩義が金に負けた! FAで中日を出る中村紀洋の悲しき性(さが) »

2008/11/08

でたらめな映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」

 西岸良平原作のマンガを映画化した第二弾「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を、公開から一年が過ぎた先日、DVDで観て驚いた。

 昭和34年当時のことを描きながら、時代考証がでたらめで、嘘があまりに多すぎる。

 全編でたらめなら、「それはそれで面白い」と評価できるが、この映画は、町は架空であっても、東京タワーやら当時の東京の町を再現し、市電まで走らせたことを売り物にした映画である。

 しかし、石原裕次郎の映画「嵐を呼ぶ男」の観客は、誰もが彼の歌声に合わせて体をゆすったり、手でリズムを取ったりしていた。

 ストーリーのコアとなる吉岡秀隆扮する作家志望の青年が、芥川賞候補になる話では、プレス関係者が多数押しかけ、町内の人たちもどっと集まって受賞の知らせをまっているというシーンがあったが、これもでたらめ。

 当時の芥川賞・直木賞に、そういう騒ぎはなかった。

 第一作はよくできていて、映画に描かれた昭和33年当時、少年だった私は、映画のシーンにその頃の自分自身の姿をダブらせて、とても感動し、何度も涙をこぼしたものだった。

 しかし、続編は、ひどい。ひどすぎる。急いで作ったことがわかり、映画館で見なくてよかったと思った。

 話そのものは架空であって飛躍があっても構わないが、実際にあった出来事まで嘘・でたらめにすることは許されない。その時代に生きた観客、その時代を知っている観客を小馬鹿にすることになる。
 
 もっとしっかりシナリオ作りをし、嘘・でたらめな演出はやめてもらいたい。

(城島明彦)

« 王は無理してもWBC監督をやれ! 「星野が監督なら出ない」というイチローの声をどう聞く | トップページ | 恩義が金に負けた! FAで中日を出る中村紀洋の悲しき性(さが) »