« WBC監督は王で決まり。「辞退演出」した〝計算高い〟星野 | トップページ | 朝青龍は、モンゴルへ帰れ! 細木数子はどうした!? »

2008/09/19

〝角界のブラックバス〟は、国外追放がふさわしい

 ニッポンは、不良害人天国だ!

 「2倍、2倍」と高見山がいっている時代は、まだブラックバスもまだ珍しく、かわいかった。

 巨大化したブラックバス=どでかい体だけで横綱までの登った曙や武蔵丸が出てきたあたりから、大和文化の象徴だった大相撲はおかしくなった。

 武蔵丸は、まだかわいげがあるが、曙は救いがたい! K-1でのぶざまな姿は、陸に上がったブラックバスだ。

 目を覆いたくなるドンくさい動きで、口をパクパク。出ると負けを繰り返し、「横綱の権威」を完全に汚した。

 朝青龍を筆頭に、〝出稼ぎ害人〟の相撲取りが国技を引っ掻き回している。

 大麻を吸うなど、もってのほか。露鵬、白露山、若ノ鵬は、国外追放されて当たり前。

 にもかかわらず、解雇不承知で、裁判するだと? 日本をなめるなよ!

 親方や兄弟子たちは、こいつら不良害人に、「郷に入っては郷に従え」という諺をおしえなかったのか。

 たどたどしい日本語を使って、黒を白と言いくるめようとする横着(おうちゃく)害人どもには、開いた口がふさがらない。

 悪知恵を吹き込んだのは、どこのどんな日本人なのか?

(城島明彦)

« WBC監督は王で決まり。「辞退演出」した〝計算高い〟星野 | トップページ | 朝青龍は、モンゴルへ帰れ! 細木数子はどうした!? »