« 野口みずきをつぶした超A級戦犯は、コーチ! おまえだ | トップページ | 女子マラソンの指導者は責任を取れ »

2008/08/15

せこい柔道に日本は負けた

 柔道は、日本のお家芸。相撲と並んで、日本の国技だ。

 柔道には、日本人の美意識があったが、柔道着もカラフルになり、技は足取りなど、せこい技が連発されている。

 鈴木桂治など裾(すそ)をつかまれてひっくり返され、それで一本負けの一回戦で敗退。
 
 なんと、せこい技か!

 「こんなの、日本の柔道じゃない」

 と、昔の美しい柔道を知っている人は思っているはずだ。

 「一本背負い」にしても、立ち姿のまま、人間が宙を舞って畳にたたきつけられる美しさがあったが、今のj柔道で、そのようなきれいな技を見ることは、めったになくなってしまった。

 柔(やわら)ちゃんも、さかんに動き回って相手選手に向かっていっているという「パフォーマンス」を審判員に見せつけることをしなかったから、「戦意がない」とみなされ、注意されて失点し、それでまけてしまった。

 せこい判定になってしまったものだ。

 日本の伝統は、国際化(世界化)されることで、独自色を失ってしまったが、せこいやり方を認めるのがルールなら、日本人は、むしろ得意だ。

 相撲の「小股すくい」「けたぐり」「とったり」など、日本人が得意とする相手の挙を突く技はいっぱいあるし、決まり手にはならないが「猫だまし」という奇手もある。

 試合開始早々、組むと見せかけて、相手の顔前で両手をパチンとたたき、相手がびっくりした一瞬をついて技を仕掛けるのだ。何度もやるというわけにはいかないが、一度やってみる手はある。

 正々堂々、がっしり組んで戦う柔道の時代は、もう終わった。

(城島明彦)

« 野口みずきをつぶした超A級戦犯は、コーチ! おまえだ | トップページ | 女子マラソンの指導者は責任を取れ »