« 星野よ、どう弁明する? 「岩瀬、復活」で、「星野の選手起用法は最低!」を落合が実証したぞ | トップページ | WBC監督候補、ファン投票では野村がダントツ人気 »

2008/08/30

お騒がせの〝マッチポンプ女〟姫井由美子参院議員は、稀代(きだい)のバカ

 「民主党を離党し、新党『改革クラブ』を結成!」とのニュースが流れ、その脱藩議員のなかに、〝あの姫井由美子〟が混じっていると知って、「こいつ、節操のない女だなあ」「また、何かやらかすのではないか」と思った人は多かったのではないか。

 案の定、たった一日で撤回、復党してしまった。

 こういうのを「泰山(たいざん)鳴動して鼠一匹」(大騒ぎしたが、ちっぽけなネズミしか出てこなかったという意味)といい、姫井のやった行為を「マッチポンプ」(火をつけた本人が自分で消火したという意味)という。 

 姫井の復党理由が、聞いてあきれる。

 「参議院改革をめざすと聞いて新党結成に参加したが、自民党の民主党崩しの受け皿になる可能性があると知った」「支持者への裏切りになることもわかった」云々。

 そうしたことを事前に熟慮した上で、姫井は脱藩行為に走った、と誰もが思っていたぞ! 

 ところが姫井は、そんなことも考えずに勧誘員のいうことだけを聞いて、『じゃあ、私も仲間に入れて』と参加したらしい。

 こういうのを、「軽挙妄動」(けいきょもうどう)という。

 姫井は地元岡山大の大学院まで出ているのに、このピンボケ、パープリンぶり。

 こういうバカを選出したことを、岡山県民は恥じているのではないか。

(城島明彦)

« 星野よ、どう弁明する? 「岩瀬、復活」で、「星野の選手起用法は最低!」を落合が実証したぞ | トップページ | WBC監督候補、ファン投票では野村がダントツ人気 »