« 星野仙一よ、韓国に大敗した責任を取って、球界から引退せよ | トップページ | 星野仙一は往生際が悪い! »

2008/08/23

選手のプライドと自信をなくさせた星野仙一よ、蟄居(ちっきょ)せよ

 ダルビッシュ、川上、和田、岩瀬……日本球界を代表する一線級の投手は、星野の起用ミスで、相手チームにボコボコにされ、全員が自信を喪失したに違いない。

 打者も同様だろう。

 代表選手を「日の丸」のために送り出した日本の各球団の監督の心中や推して知るべし。

 声に出して直接星野本人に文句をいうかどうかはわからないが、彼らの共通の思いは「星野、いい加減にしろ。ただじゃおかんぞ」だろう。
 
 サッカー人気に押され、年々下降傾向にあるプロ野球の人気を回復する起爆剤としての期待も裏切った。

 ホンダの創業者、本田宗一郎は、モータースポーツの最高峰F1レースで世界制覇をめざし続けたが、自身の目の前でチームのドライバーがトップを逃し、その夢を逸したとき、うなだれている総監督に「勝負は時の運」といって慰めた。

 北京五輪の野球も時の運かもしれないが、それには「選手が死に物狂いでやった」という前提が必要。

 しかし、テレビ観戦している限りでは、「死に物狂いで向かっていった」という姿勢が「星野ジャパン」からは感じられなかった。

 星野仙一よ、あんたの責任は対アメリカ戦後にテレビカメラに向かって「申し訳ない」といった程度ではすまないぞ。

 これから先の何年間は、マスコミの前から姿を消し、蟄居すべきである。

 対韓国戦で、最後の球をキャッチした韓国のライトを守っていた選手は、敵ながら胸を打った。

 胸の前で外野フライを捕球した後、うずくまり、グラウンドに突っ伏した。

 その姿は、韓国の日本に対する思いのすべてを象徴していた。

 日本の植民地だったことへの屈辱感、それを野球で晴らしたいという強い思いが韓国地チームにはあった。

 韓国人の血が流れているといわれている星野は、あの光景を何と見た。

 星野ジャパンに、あの思いに匹敵するものがあったか?

 韓国野球は日本野球から学び、「日本に追いつき、追い越せ」をスローガンにやってきた。

 そういうチームに負けてどうする。

 立場上、大差で勝って突き放し、「これからも頑張るんだよ」と告げてやるような豪快な勝ち方をすべきだった。

 それが勝負の世界というものではないのか。

 星野は、お茶の間受けする男だ。女性は「男の色気がある」といい、若いサラリーマンは「理想の上司」と彼を評価し、そういうイメージを買って保険会社はCMキャラクターに起用した。

 しかしそれは、彼の上っ面(つら)だけを見て、過大評価した結果に過ぎない。

 彼は自分を育ててスター選手にし、監督もやらせてくれた中日球団と中日ファンを裏切り、金のために阪神に魂を売った男だ。

 中日の監督を解雇されたのは、星野の金遣いをめぐって当時のオーナーが怒ったからで、普通なら、しばらく静かにしているべきところを、星野は、あろうことか、その足で同じセリーグのライバル球団阪神の監督になった。

 「自分をクビにした中日ドラゴンズに仕返ししてやる」との思いが星野を阪神監督にさせた。そう考えるのが自然。

 恩を仇で返そうとした男。それが星野仙一。私には、そう映る。

 私は子供の頃からの熱狂的な中日ドラゴンズファンだから、そういう星野は絶対に許さないし、認めない。

 これは、全中日ファンの声といってよいだろう。

 星野は、いっていることはもっともで、しかも説得力があるから、厄介である。

 テレビ解説者をしている男だから、テレビ映りは十分わかっているはず。

 それを承知で、星野は北京五輪中継の映像では、表情に生彩を欠いた。

 星野は重病をかかえての采配だったのか。もしそうであれば、監督を引き受けるべきではなかった。

 ちょうどいい機会だ。

 星野仙一よ、帰国したら、直ちに蟄居し、以後はいっさいマスコミには出るな。

 それが星野仙一という男に最も似合う「けじめのつけ方」だ。

(城島明彦)

« 星野仙一よ、韓国に大敗した責任を取って、球界から引退せよ | トップページ | 星野仙一は往生際が悪い! »