« 選手のプライドと自信をなくさせた星野仙一よ、蟄居(ちっきょ)せよ | トップページ | 星野仙一は、世間の感覚とズレまくっていることに気づかない〝トンチンカン男〟 »

2008/08/25

星野仙一は往生際が悪い!

 銅メダルすら取れなかった「星野ジャパン」の監督星野仙一は、北京五輪から戻っての記者会見で、球史に残る迷言(金メダルを取っていれば名言)を吐いた。

 「強いものが勝つのではない。勝ったものが強いのだ」

 この発言は、星野という男の本質を端的にあらわしている。 

 深く考えずに聞くと、実にいいことをいっている。とても耳ざわりのいい名言だ。

 しかし、彼の立場や責任といったことを考慮に入れると、実に無責任で巧妙な言い逃れの文言であることに気づく。

 女子ソフトボールが優勝し、金メダルを取っているだけに、星野の言い訳はよけい聞き苦しい。

 「バカなことをいうんじゃないぞ、星野。強いものが勝つ――これが勝負事の鉄則じゃないか」

 「大リーガーが一人も出場していないアメリカチームに二度も負け、韓国チームにも二度負けて、何をいうか」

 と思った人は多いに違いないが、こうした巧妙な表現を用いて人を煙にまくのが「星野流の処世術」なのだ。

 星野は、こういう詭弁を弄して、政財界の「ジジ殺し」をし、女性ファンも増やしてきたのである。

 強いから勝つ。強くなったから勝った――野村が再建のお膳立てした万年最下位の阪神の監督を星野が引き継いで優勝に導いたときは、誰もがそう思ったのではなかったか。

 そして、強くした星野の監督としての手腕を皆が高く評価したのではなかったか。

 長いペナントレースでは、たとえ常勝のトップチームであっても、出れば負けの最下位チームに大敗することもあるが、その試合では最下位チームの投手力や打力・走力がトップチームに優っていたからだ。

 2008年のセリーグのペナントレースでは、阪神がぶっちぎりの強さを発揮しているが、それは「阪神が強いから」。野村―星野―岡田と監督をつないだ阪神が、打力や投手力で他チームに優っているから。

 ただそれだけの話。

 私は中日ファンなので、阪神独走は悔しくてたまらないが、その無類の強さは認める。岡田の監督としての力量も高く評価する。

 星野は、オリンピックに臨んで、日本の12球団のなかから、大リーガーになってもすぐに活躍できるような「超一流の勝てる選手」を選んだのではなかったのか?

 「強いものが勝つのではない。勝ったものが強いのだ」と、星野が選手たちにもいっていたとしたら、誰もついていかない。

 「強いものが勝つ」のは、プロ野球のペナントレースでも同じ。そんなことは誰でも知っている。

 監督・コーチに気心の知れた田淵、山本浩二らを選んだのも星野の責任。

 星野は野球ファンを初めとする多くの人々が、星野に「どういう責任のとり方をしてもらいたいと思っているか」を知れ!

 星野は、WBC(野球のワールドカップ)の監督をしてリベンジを果たしたいと思っているようだが、野球ファンはそれを許さないぞ。
 
 野球ファンの声を言葉にすると、こうなる。

 「星野仙一よ、(当分の間)球界から退け! マスコミにも顔を出すな! それが誰もが納得する星野の責任のとり方だ」 

(城島明彦)

« 選手のプライドと自信をなくさせた星野仙一よ、蟄居(ちっきょ)せよ | トップページ | 星野仙一は、世間の感覚とズレまくっていることに気づかない〝トンチンカン男〟 »