« 少年時代の魚釣り | トップページ | せこい柔道に日本は負けた »

2008/08/14

野口みずきをつぶした超A級戦犯は、コーチ! おまえだ

 北京五輪の花、女子マラソンの優勝候補、野口みずきをレースに出られなくしたのは、彼女のコーチや監督だ。

 どれだけ多くの日本人が、彼女の走りに期待したことか。

 野口の不出場は、その夢を破ってしまった。

 野口に一位になってほしいと誰もが願っていたが、二位でもよかったし、入賞圏外に終わってもよかったのだ。

 出場さえしてくれたら、それで日本国民は満足だったはず。

 野口の走る姿を見たかっただけだ。

 それを不可能にしてしまった罪は重い。

 多くのテレビ局が、北京五輪が開催される前の野口の練習風景の映像を流した。

 それを見て私は思ったものだった。

 (こんなにも過酷な練習に耐えられる野口は、鉄人なのか)

 しかし、彼女も普通の肉体を持った人間だった。

 野口に無茶な練習を強いたコーチや監督、そしてそれを黙認した陸連幹部。

 こいつらが彼女をつぶしたことは間違いない。

 どういう責任のとり方をするのか、見ものだ。

(城島明彦) 

« 少年時代の魚釣り | トップページ | せこい柔道に日本は負けた »