« 苗字はおもしろい(天・空・神・仏編) | トップページ | 苗字はおもしろい(木偏) »

2008/06/18

世直しに効く、電車の中吊り広告・駅貼りポスター

 タイトルは「世直し」となっているが、「マナーの徹底」というべきかもしれない。

 最近、電車のなかでケータイ電話をかける人は、めったに見かけなくなった。

 かける人は、他の乗客の冷やかな視線にさらされ、居心地が悪くなるようになった。

 車内での電話に抑止力を発揮したのが、車内放送であり、駅構内や地下通路などに貼られた「注意書き」。

 人は弱い生き物。繰り返し繰り返し、注意されると、やめてしまう。やめざるを得なくなる。

 ケータイの次は、「車内での化粧」というわけで、東京メトロ文化財団は、

 「家でやろう」
 
 というキャッチコピーの高校を駅構内などに貼った。

 それでもまだ、車内で化粧しているトシマOLやガキンチョ娘が結構いる。

 彼女らは、

 「なぜ車内で化粧してはいけないのか」

 「車内での化粧は、なぜ他人を不快にするのか」

 ということがわかっていない、おバカさん。
 
 ケータイも、最初はそうだった。

 繰り返し、繰り返し、放送されているうちに、次第にやめるようになった。

 そこで、

 「車内で化粧するのは控えましょう」

 というアナウンスを流したらどうか、といいたい。百里の道も一歩から。

 「車内が込んでいるときは、足を伸ばしたり、足を組んだりするのはやめましょう」

 というアナウンスは、あちこちの電車ですでに流れているが、このようなことはいわれなくてもするのが常識。

 しかし、そういう常識をわきまえない人間が激増した昨今は、車内アナウンスなどで注意し続けるのが効果大。

 足の間にスポーツバッグや荷物を挟み込んで、足を広げて二人分の席を独占する奴など、まだまだ注意すべきことはいっぱいある。

 というわけで、私は横浜市交通局のモニターに応募した。

(城島明彦) 

« 苗字はおもしろい(天・空・神・仏編) | トップページ | 苗字はおもしろい(木偏) »