« 赤福は「店じまい」せよ | トップページ | 御福餅よ、おまえもか »

2007/10/30

赤福問題を軽く考えるべきでない

 赤福は店じまいせよとの私の主張に、「Mr.ノー・ネーム」さんから以下の反論があった。

 「期限切れくらいで何? 別に死ぬわけではあるまいし」

 この人は、赤福の社員なのだろうか。

 こういう考え方をする人がいるから、雪印や不二家などの問題が過去に起き、最近では石屋製菓に続いて赤福、そして今度は船場吉兆の問題が起きるのである。

 期限切れになった食品の場合、たとえば牡蠣(かき)のように、目では見えないが、腐敗が進行していて食中毒を起こす危険性だってあるということを考えないといけない。

 すべてのレストラン、すべての食品メーカー、すべての生鮮食料品店が、「別に死ぬわけではあるまいし」と主張して、期限を偽りまくったら、どうなるのか。

 薬の期限をどう考えるのか。副作用が起きる可能性もなくはないのだ。
 
 「死ぬわけではあるまい」
 
 ということで、たとえばレストランで汚れた皿や茶碗を出されたら、食べる方は気分がいいかどうかという問題もある。

 この人の考え方は、非常に危険である。こういう考え方に立つと、

 「輸入牛を国産牛と偽ったところで、死ぬわけではあるまい」

 ということにもなる。

 消費者を騙すということもよくないのである。

 期限切れを日をごまかすということは、企業の良心にもとる行為なのである。

 (城島明彦)

 
 

« 赤福は「店じまい」せよ | トップページ | 御福餅よ、おまえもか »