« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/12

小説家志望者は、ぜひご一読を(掌編小説、ケータイサイトで再開)

 ライブドアのケータイサイトで、10月10日から再開された城島明彦の『怪し不思議の物語』は、小説のジャンルでいうと「掌編小説」に属します。別の言い方をすると、ショートショート。小説の一番短いスタイルです。

 小説の種類を原稿(400字詰め)の長さで分類すると、人によって多少の違いはありますが、短編は30枚~80枚、中編が100枚~200枚、長編は250枚以上で、掌編は10枚以下になります。

 知り合いの複数の元文芸誌の編集者からは、「掌編小説は4の倍数の原稿枚数で書くとよい」とアドバイスされたことがあります。

 掌編小説は、たくさんのアイデアを考えないといけないし、無駄な説明をカットする必要があるので、しんどいです。

 同じ掌編であっても、短めのものと、やや長めのものを混在させました。ご賞味ください。 (城島明彦)

 

2006/10/09

ケータイ怪奇小説、32話を連日更新

 
 8月半ばから10回にわたって、ケータイlivedoor小説で、一話完結の「怪し不思議の物語」を連日更新して発信したところ、おかげさまで大反響でした。
 
 読んでくださった多くの方々に、お礼申し上げます。

 その怪奇掌編小説(ショートショート)を、今度は、10月10日から32日間にわたって連日更新しますので、ぜひお読みください。 (城島明彦)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »