« 2006年6月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/08/29

「メッセージ」~伝説のCMディレクター 杉山登志~の感想

 
 8月27日が「CMの日」というので、記念番組が作られた。

 2時間テレビドラマ「メッセージ」。サブタイトルは「伝説のCMディレクター 杉山登志」。

 彼は1960年代から70年代前半に大活躍した〝CM界の鬼才〟。

 ドラマは、なかなかよくできていた。うまい演出と評価してよいのではないか。

 番組が始まった午後9時から、杉山登志のことを記した私のブログへのアクセス件数が急増した。

 9時から12時までの3時間で、1000件を超えていた。

 杉山登志のことを知らない若い世代が、彼のことを知りたいと思ったからだろう。

 ドラマは、過去と現在を錯綜させ、「CMとは何か」というテーマで貫かれていた。
 
 単なる過去の話ではなく、現代に生きる「メッセージ」という形でドラマが作られているのは、よかった。

 しかし、二つのドラマを描くことで時間的制約が生じ、杉山の人間的懊悩や葛藤を掘り下げて描けなかった。

 エピソードの断片・さわり・ダイジェスト的に触れるという形でうまく表現してはいるが、表面的との印象も残る。

 役者は好演していたが、石黒扮する大新聞社の〝屈折しているが、明るい落ちこぼれ記者〟は、演技過剰。

 カウンターバーのテレビ画面にその時代のニュース画像やCMを写すアイデアは買うが、無理がある。

 番組提供は資生堂一社で、しかもドラマは、資生堂のCMのすべてを作った杉山の話。そこに限界がある。

 CMクリエーターとクライアント(スポンサー)の確執は常識。クリエータの悩み・苦しみのほとんどはそれ。

 杉山と妻との関係は、あれが限界なのか。もう少し深く突っ込んだ方がよかった。

 「志を登る」兄とその「命を伝える」弟の伝命という二人の名前そのものがドラマ。着眼点がよかった。

 (城島明彦)
 

2006/08/28

杉山登志のドラマ、本日夜9時

 TBSテレビが杉山登志のテレビドラマの予告CMをガンガン流しています。

 若い人たちがずいぶん関心を持っているようです。
 
 予告篇を見た限りでは、面白そうな気がします。
 
 自死した人にはわからないことがいくつもあるので、ただ事実を追いかけても仕方がありません。

 どういう謎解きをするのか、興味があります。

  PS 私が書いたケータイライブドア小説「怪し不思議の物語」は、27日で短期集中連載(10回)が終わりました。

 読んでくださった方、ありがとうございました。
 
 まだお読みでない方は、これからしばらくは読めるようなので、アクセスしてみてください。(城島明彦)


 
 

2006/08/25

杉山登志のテレビドラマ

 8月28日の夜9時からTBSテレビで、〝CM界の鬼才〟といわれた故杉山登志のドラマが放送される。

 読売新聞の8月23日付夕刊が、ドラマの概要を報じていた。
 
 それによると、製作は毎日放送で、プロデューサーは小学生の頃、杉山登志のテレビドラマを見たとのこと。

 私が見たのは三十代で、詳細は覚えていないが、内容的には全体に暗い感じだったように記憶している。

 そういうドラマに小学生が感動したというのは驚きである。

 ドラマは、登志の実弟のカメラマンとの話が軸になっていて、謎の部分をクリエーターが探るという構成らしい。

 若い世代が考える杉山像とは、一体どんなものか。

 表面的なことだけしか描いていないのか。人間の内面まで描いたのか。放送が楽しみだ。

(城島明彦)


 

 

2006/08/19

怪奇ケータイ小説、スタート

 
 8月18日から「ケータイ小説」で「怪し不思議の物語」を連載しています。
 
 無料ですから、気軽にご一読ください。
 
 27日まで毎日更新します。

 今の季節にふさわしい「怪奇小説」で、一話完結です。
 
 掌編(ショートショート)なので、すぐに読了できます。
 
 「ケータイlivedoor小説」へのアクセスは、以下の手順です。

 (1)http://mobile.livedoor.com/novel/

 (2)そのページの一番下を見ていただくと、ケータイでの見方がいくつか載っています。

 (3)ケータイから「nv@ld.tv」 宛に空メールを送ると、折り返しURLがメールで送られてきます。

 (4)そのURLにアクセスするのが一番確実です。

 ご意見・ご感想をお寄せください。

2006/08/12

予告篇 ケータイ掌編ホラー小説『怪し不思議の物語』

 予告
 ライブドアのケータイサイトで、8月18日から10日間にわたって掌編ホラー小説(城島明彦の『怪し不思議の物語』)をお送りするのに先立って、その方面のお話を少ししておきましょう。(購読料金は無料)


 うらめしや~
 古典的怪談を象徴する言葉は「うらめしや~」で、その代表格は「四谷怪談」。夫にさんざん裏切られ、いびり倒されたあげく、殺された女が、「うらめしや~」と化けて出る話ですね。

 怪談を一言でいうと、「こわ~い話」「ぞーっとする話」「身の毛もよだつ話」で、そこで語られるのは、怨念(おんねん)とか呪(のろ)いで、自分をしに追いやった相手への万感(ばんかん)の思いが集約されたのが「うらめしや~」です。
 「怪談 牡丹灯篭」とか「怪談 累ヶ淵(かさねがふち)」といった古典的怪談のハイライトシーンで使われる「うらめしや~」は、男に対する女の愛憎の表現であって、男が男に対して「うらめしや~」と迫ることは、あまりありません。

 城島明彦の『怪し不思議の物語』は、タイトルが示しているように、「背筋が凍る」とか「うわー、こわっ。トイレにいけなくなった」という感じの怖さではなく、「不思議な話だなあ」「怪しげな世界だ」と感じる内容になっています。
 その意味で、筆者は「ライトホラー小説」と呼んでいます。

 くわぃだん
 小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の小説のタイトルは、そのものズバリの「怪談」。原作の英語では「KWAIDAN」(くわぁいだん)ですね。
 古くから日本に伝わる「こわ~い話」や「因縁話(いんねんばなし)」をいくつかまとめたもので、「耳なし芳一」「雪女」(「雪女郎」)「むじな」などが有名です。
 筆者が好きなのは、そういう話です。今回お届けする10話の中には、小泉八雲の「雪女」へのオマージュが一篇含まれています。

 夏の季語「怪談」
 「怪談」の怪は、「怪しい」とか「怪しげな」という意味ですが、この「怪」という字のつく熟語を思いつくままにいくつかあげてみましょう。
 怪奇、奇怪、怪異、怪人、妖怪、怪獣、怪物、怪作、怪傑、怪人物、怪情報……。
 熟語によっては、ずいぶん意味が変わっていますね。
 「怪人二十面相」とか「怪傑ゾロ」になると、「ぞーっとする」という意味での「怖い」というイメージはなくなっています。

 化け犬?
 同じ動物でも、化けるものとそうでないものがあります。
 「化け猫」とか「怪猫(かいびょう)」という言葉はありますが「化け犬」とか「怪犬」というのは聞いたことがありません。
 犬は、うらみがましい動物ではないのです。飼い主に叱られたことよりも、かわいがられた思い出のほうを大事にする性格の動物です。「忠犬ハチ公」が好例で、彼は、主人の死後もずっと待ち続けます。
 映画「南極物語」でも描かれましたが、犬は、人間に置き去りにされても、再会すれば、過去のいきさつにこだわることなく、人に飛びついていきます。
 キリンやゾウが化けたという話も聞いたことがありません。
 狸や狐は変身して「人を化かし」ますが、化けて出てくるということはあまりありません。


 怨念(おんねん)
 動物の中で一番恐がられているのは、蛇です。
 姿かたちもさることながら、くねくねと動く様子の気味悪さ、二つに割れた舌……。
 蛇は、「怨念」とか「執念」という意味で怖がられてきた代表格です。
 歌舞伎などで演じられる「安珍清姫」は、男にそでにされた女が蛇になって、とことん男を追いかけます。
 「鶴の恩返し」の対極にあるのが、「蛇の怨念」でしょう。
 上田秋成の『雨月物語』には、「蛇執の淫(じゃしゅうのいん)」という短編小説が収められています。
 「蛇のような、ねちねちとした執念深さ。それがこわ~い」と思わせることが、古典的怪談の必須条件です。

 ケータイlivedoorは、ケータイからhttp://m.livedoor.com/へ

2006/08/04

お知らせ(2)

 本ブログで前に紹介したことがある、城島明彦の「掌編ホラー小説」は、近日中にライブドアの「ケータイ小説」に登場することになりました。
 ご愛読ください。
 開始日時等については、改めて告知します。

 何か月か前から、杉山登志に関する城島のブログにたくさんの訪問者があるので、どうしてだろうと思っていたら、8月下旬に彼をモデルにした2時間ドラマ(リメイク)が、TBSで放送されるようです。
 

« 2006年6月 | トップページ | 2006年10月 »